ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > PC

    • カテゴリ:

    パソコンタブレットメーカーのCHUWI(ツーウェイ)は、人気タブレットPC「Hi10」シリーズの最新作として、スペックを全面的にグレードアップした「Hi10 XR」を近日発売予定です。


    ■商品の特徴

    パワフルなN4120プロセッサ搭載

    Hi10 XRは4コア4スレッドインテルGemini Lake Refresh N4120プロセッサを搭載。周波数は2.6Ghzに達し、過去のHi10シリーズ製品より性能が大きくパワーアップしています。

    N4120マルチスコア:N4100(Hi10 X)より125アップ
    N4120マルチスコア:Z8350(Hi10 Air)より165アップ


    自由に切り替えられるモード

    解像度1920×1200の10.1インチディスプレイは、画面の細部まではっきりと表示され、4K映像の鑑賞に最適です。また、6GBメモリ128GBストレージを内蔵しており、好きな動画をたっぷり保存できます。
    さらにドッキングキーボードを接続すれば、ノートPCのように使えますので、効率よく仕事を進められます。

    世界初N4120プロセッサ搭載の10.1インチタブレットPCであるHi10XRは、優れた性能だけでなく、色鮮やかなディスプレイや2-in-1モードも魅力です。タブレットPCのご購入を検討されている方にお勧めします。


    https://promotion.chuwi.com/Hi10XR/index.php/jp

    https://www.chuwi.com/jp/

    配信元企業:CHUWI INNOVATION LIMITED.

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    N4120プロセッサ搭載、CHUWI 10.1インチタブレットPC「Hi10 XR」発表



    これ欲しくなりますね!!






    <このニュースへのネットの反応>

    【N4120プロセッサ搭載、CHUWI 10.1インチタブレットPC「Hi10 XR」発表】の続きを読む

    • カテゴリ:

    Image:Amazon

    元の値段が高すぎるという話もありますが。

    Microsoftマイクロソフト)の、ディスプレイが取れる2 in 1なハイスペックラップトップPC 「Surface Book 3」。性能的には申し分ないのですが、いかんせんお高い。欲しいけどなかなか手が出せないという人も多いかと思います。

    しかし、Amazonプライムデーはそんな常識をぶち破ってくれます。なんと、Surface Book 3にArc MouseSurfaceペンの3点セットが、25%オフの27万9224円になっています!

    【Microsoft ストア限定】3点セット: Surface Book 3 (Core i7/32GB/512GB) Surface Arc Mouse (グレー) Surface ペン (プラチナ)

    279,224円(プライム限定セール25%オフ/2020年10月14日23:59まで)

    「なんだよ、高いじゃないかよ」と思うかもしれませんが、このセットの通常価格は37万4638円。なんと9万5414円オフなんです!

    なんなら値引き分でSurface GO 2買っちゃってもいいくらいですね。

    マイクロソフト Surface Go 2 [サーフェス ゴー 2] Office Home and Business 2019 / 10.5 インチ PixelSense ディスプレイ /インテル Pentium Gold 4425Y/8GB/128GB プラチナ STQ-00012

    69,700円

    憧れのSurface Book 3がこんなにお得に手に入るのは、今だけかもしれません。ほら、「カートに入れる」を押しちゃってください。

    ※価格など表示内容は執筆時点のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

    Source: Amazon12



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【Amazonプライムデー】「Surface Book 3」てんこ盛りセットが9万5000円オフ。尋常じゃない


    これ最高のセットですね!




    <このニュースへのネットの反応>

    【【Amazonプライムデー】「Surface Book 3」てんこ盛りセットが9万5000円オフ。尋常じゃない】の続きを読む

    • カテゴリ:

     「BCNランキング2020年9月28日から10月4日の日次集計データによると、デスクトップPCの実売台数ランキングは以下の通りとなった。

    画像付きの記事はこちら

    1位 LAVIE Home All-in-one ファインブラック

    HA370/RABNEC

    2位 LAVIE Home All-in-one ファインホワイト

    HA370/RAWNEC

    3位 LAVIE Home All-in-one ファインブラック

    HA700/RABNEC

    4位 FMV ESPRIMO FH

    FMVF90E2B(富士通

    5位 iMac 3.1GHz Intel Core i5

    MXWT2J/A(アップル

    6位 ESPRIMO FH90/D2

    FMVF90D2B富士通

    7位 iMac 3.3GHz Intel Core i5

    MXWU2J/A(アップル

    8位 ideaCentre A340

    F0E6008FJP(レノボジャパン

    8位 iMac 3.6GHz Intel Core i3

    MHK23J/A(アップル

    10位 Mac mini 3.6GHz Intel Core i3

    MXNF2J/A(アップル

    *「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

    HA700/RAB


    (出典 news.nicovideo.jp)

    デスクトップPC、NECとアップル製がいま売れている! デスクトップPC週間売れ筋ランキング

    これ気になりますね!!


    コンセントに繋ぐだけの簡単Wi-Fi【SoftBank Air】

    <このニュースへのネットの反応>

    【デスクトップPC、NECとアップル製がいま売れている! デスクトップPC週間売れ筋ランキング】の続きを読む

    • カテゴリ:

    本誌でも既報のとおり、MicrosoftはクラムシェルノートPCSurface Laptop Go」、ARMベースのSoCを採用した2in1 PC「新Surface Pro X」を発表した。

    いずれもMicrosoft Storeに注文ページ(Surface Laptop Go、Surface Pro X)を設けており、Surface Laptop Goは2020年10月13日から出荷を開始する。Surface Pro Xは2019年10月に発売したモデルと同列に扱っているが、SoCとしてMicrosoft SQ 1を搭載したモデルはすでに選択不可能。今回発表したMicrosoft SQ 2搭載モデルのみ取り扱うようだ。

    現行のモバイル向けSurfaceシリーズを俯瞰(ふかん)すると、Surface Book 3を筆頭に、Surface Pro 7、Surface Laptop 3、Surface Go 2と並んでいるが、クラムシェル型はSurface Laptop 3のみ。Surface Laptop 3の国内価格は139,480円(税込み、価格はすべてMicrosoft Store調べ)だ。米国では999.99ドルで販売されており、当初は教育向けデバイスという位置付けだった。

    当時の公式ブログMicrosoft CPOPanos Panay氏は、「Surface LaptopWindows 10 Sのために作られた」と述べている。Windows 10 Sモードは教育分野向けに軽量化したOSで、実行可能なアプリを制限したり、USBメモリーによって初期設定の負担を軽減した。

    だが、Microsoftの文教向けPCリストを見ると分かるように、主な価格帯は300ドル。同ページでは価格順にデバイスが並び、OEM PCとともにまず登場するSurfaceシリーズは、米国では399.99ドル(日本国内は65,780円)で販売されているSurface Go 2だ。

    米国K-12(幼稚園から高校)市場が盛況で、日本でも小中学校の全児童・生徒に1人1台のPCを整備する「GIGAスクール構想」が進んでいる。2018年時点では、GoogleのOSを搭載したChromebookが米K-12市場の約6割を占めるという数字もあり、コロナ禍によるリモート授業の増加を踏まえると、Microsoftが文教向けPCのラインナップ強化を図るのも理解しやすい。

    話をSurface Go 2とSurface Laptop Goに戻そう。Surface Go 2の大きな特徴は携帯性だが、リモート授業という利用形態を踏まえると、携帯性の重要度は下がる。また、Surface Go 2に129.99ドルのSurface Go Type Coverを追加すると529.98ドルになり、Surface Laptop Go(549.99ドル)に迫る値段になってしまう。

    それならば、Intel Core i5を搭載してパフォーマンス面で有利であると同時に安価な、Surface Laptop Goを文教用PCとして推し進める戦略も納得できる。なお、一般向けSurface Laptop GoのOSはWindows 10 Home(Sモード)だ。

    安価ラップトップPCとして、Surface Laptop Goを選択するビジネスパーソンもいるだろう。法人向けSurface Laptop GoにOffice Home & Business 2019は付属せず、そのぶん安価になると思われたが、日本マイクロソフトの発表によれば、Intel Core i5メモリ4GB・ストレージ64GBモデルは用意せず、Intel Core i5メモリ8GB・ストレージ128GBモデルからとなる。また、Surface Laptop GoとSurface Go 2をMicrosoft Storeで比較(下図)したので参考にしてほしい。

    著者 : 阿久津良和 あくつよしかず 1972年まれのITライター。PC総合誌やDOS/V専門誌、Windows専門誌など、各PC雑誌の編集部員を経たのちに独立。WindowsLinuxをこよなく愛しつつ、PC関連の著書を多数手がける。近年はBtoCにとどまらず、BtoBソリューションの取材やインタビューが主戦場。休肝日を設けず日々飲み続けてきたが、γ-GTP値が急激に増加し、早急な対応を求められている。ご連絡は以下のサイト内設置したフォームからお願いいたします。https://www.cactus.ne.jp/ この著者の記事一覧はこちら
    阿久津良和)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Surface Laptop Goは新たな文教用PCの選択肢 - 阿久津良和のWindows Weekly Report

    これいい選択肢ですね!!

    欲しくなりますが笑



    <このニュースへのネットの反応>

    【Surface Laptop Goは新たな文教用PCの選択肢】の続きを読む

    • カテゴリ:

    Image: Microsoft

    データ全滅回避可能に!

    忘れたころにやってくるのが、パソコントラブルです。昔はHDDカラカラ異音を発し、動きがぎこちなくなってはお蔵入りだなんて悲劇に見舞われることが、けっこうありましたよね? ただ最近はSSDを採用するPCが主流となり、HDDのような異音を耳にする機会は減っていますが、そのぶんだけSSD故障は、前触れなく突如としてやってくるような…?

    このほどWebProNewsは、新たにDev Channelへ配信されたWindows 10 Insider Previewの「Build 20226」が、SSDの異常を事前に検知して警告する新機能を実装していると報じました。NVMe対応のSSDが、正常に動作していない状態にあるとき、その現状を表示し、すぐにユーザーにはバックアップを取るよう促してくれるそうです。

    日ごろから定期的にバックアップを取っておく習慣がある人は、意外と少なかったりするかもしれません。SSDは、HDDよりも故障に強いものの、いざ異常が発見されたら、完全にダメになってしまうスピードは、逆にHDDより速いともいわれています。Windows 10標準機能として、こうしたアラートが実装されるのは心強いかぎりですよね。

    Source: WebProNews



    (出典 news.nicovideo.jp)

    パソコン壊れそう…を事前警告! Windows 10にSSD異常検知機能が実装へ


    これいいサービスですね!!

    SSD当たり前になってきてているの最高ですね!!



    <このニュースへのネットの反応>

    【パソコン壊れそう…を事前警告! Windows 10にSSD異常検知機能が実装へ】の続きを読む

    このページのトップヘ