ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > PC

    • カテゴリ:

     

    ここ数年、PCゲーム市場の拡大やeスポーツの盛り上がりによって、国内でもゲーミングPCの認知度が高まっています。一般的なゲーム機に比べて遊べるゲームタイトルの幅が広い、環境によってはゲーム機以上になめらかな映像や精細な画質で遊べるといったメリットがあるわけですが、購入にあたってちょっとしたハードルもあります。それは、「どんなゲーミングPCを買えばいいかわかりにくい」という問題です。

     

    ゲーム専用のハードウェアと異なり、ゲーミングPCは搭載するCPUGPUなどのパーツによって性能が大きく変わってきます。選んだPCのスペックや画質設定によってはゲームを快適に遊べるかどうかが変わってくるため、そもそもPCを選ぶために、ある程度の知識が求められてくるわけです。さらに価格もピンキリなので、どれぐらいの価格・性能のPCを買うべきなのか、悩んでしまう人も多いと思います。

     

    では実際のところ、安価なゲーミングPCでは満足にゲームを楽しめないのでしょうか? そんな疑問に答えるため、この記事では「メーカーの一番安価なゲーミングPCPCゲームはどれぐらいプレイできるか」を検証してみようと思います。用意したのは、マウスコンピューターゲーミングブランドG-Tune」のノートPCラインアップで現行最安モデルG-Tune P5-H」です。

     

    最安モデルながら総合性能はそれなりに高い

    G-Tune P5-H。直販価格は15万9280円(税込)

     

    まずはG-Tune P5-Hについて簡単に確認していきましょう。マウスコンピューターゲーミングブランドであるG-Tuneは、デスクトップPCタイプも含め、実に豊富なラインアップを誇ります。その中でG-Tune P5-Hは、従来モデルG-Tune P5」に若干のスペックアップを加えたモデルで、現行のゲーミングノートPCラインアップでは最も安価な製品という位置付けです。直販価格は15万9280円(税込)。一般的なノートPCと比べれば安くはないですが、PCゲーム向けとしては安価と言えます。

     

    ゲーミングPCの要とも言えるGPUは「GeForce GTX 1650 Ti」を搭載。エントリー向けで、フルHD(1920×1080ドット解像度ゲーム描画をターゲットにしています

     

    最安モデルとは言え、ゲーミングPCだけあって総合性能はそれなりに高めです。CPUインテルの6コア/12スレッドモデルCore i7-10750H」。最新世代よりも1世代古いモデルですが、エントリーやミドルクラスゲーミングPCで採用例が多い高性能CPUです。グラフィックスの処理を司るGPUは、NVIDIAの「GeForce GTX 1650 Ti」を採用。こちらは純然たるエントリー向けのモデルですが、近年はノートPC向けGPU全体の性能向上が著しく、フルHD解像度でのゲーム描画であれば決して悪い選択肢ではありません。

     

    そのほか、メモリー容量は16GB、ストレージは512GB SSDと、この価格帯のゲーミングノートPCとしては一般的なスペックを採用しています。ディスプレイは15.6型のフルHDパネルのほか、本体重量は2.01kgと、同クラスの製品の中では比較的軽量ですが、大きいので持ち運びにはそれほど向きません。総じて、自室やリビングに据え置きでゲームプレイするための、ごくスタンダードゲーミングノートPCといった印象です。

     

    検証1:描画負荷の軽いゲームでは文句のない性能を発揮

    では、G-Tune P5-Hの性能をいくつかのベンチマークで計測してみましょう。こういった計測において重要視されるのが、ゲームの「フレームレート」と呼ばれる指標です。ざっくり言えば、1秒間に描画されるゲーム画面のコマ数のことで、単位は「fpsframe per second)」で表します。PCゲームの場合、ゲームの描画にかかる負荷状況とPCの性能によってこのフレームレートが変動するため、fpsが高い=なめらかな画面描画でさまざまなゲームプレイできる高性能なPC、というわけです。一般的なPC向けディスプレイは1秒間に60回の画面更新を行うため、おおむね60fps(1秒間に60コマ)前後のフレームレートが出ていれば、見た目にカクつき感のない快適な描画ができているとされます。

     

    今回は、「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ」、「Apex Legends」、「Horizon Zero Dawn」、「Cyberpunk 2077」といった人気のタイトルパフォーマンスを確認してみました。まずは、比較的ゲーム自体の描画負荷が軽い「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ」の専用ベンチマークソフトの結果を見てみましょう。

     

    ↑「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク」。フルHD・最高品質の設定でも「非常に快適」の判定を獲得しています

     

    このベンチマークソフトでは総合スコアと快適さの指標が表示されますが、スコアは見事10,000を超え、最高判定の「非常に快適」を獲得できています。「レポート出力」からは実際のフレームレートも確認できるのですが、平均フレームレートは72fpsで、しっかりと60fps超えを果たせていることも確認できました。本作のようなオンラインゲームとりあえず遊びたいのであれば、G-Tune P5-Hは文句のない性能を持っていると言えそうです。

     

    ちなみに先述の通り、PCゲームの場合はPCの性能によってゲームパフォーマンスが左右されるため、このように「実際にどの程度快適にゲームを遊べるか」を計測してくれるベンチマークソフトや、ゲーム自体にベンチマークモードが搭載されることも珍しくありません。

     

    検証2:人気の「Apex Legends」は最高画質設定でもプレイ可能

    ↑「Apex Legends」のフルHD最高画質でのフレームレート

     

    続いて、人気のシューターオンラインタイトルである「Apex Legends」の結果も見てみましょう。こちらはベンチマークソフトベンチマークモードが存在しないため、オプションから解像度フルHDに、さらに画質設定がもっとも高くなるよう設定し、ゲーム内の一定コースを移動する際の60秒間のフレームレートを計測ソフトFrameView」で計測しています。

     

    結果は平均フレームレートが76.2fps、最小フレームレートが62.0fpsシューター系のゲームとしては、プレイ可能と言っていい値です。友だちとの付き合いでプレイするくらい、もしくはフレームレートを気にせず一人で幅広いジャンルゲームプレイするくらいなど、いずれもフレームレートにそこまでこだわりがないのであればまったく問題なくプレイできるでしょう。

     

    検証3:描画負荷が高めなタイトルは60fpsを切るものの、プレイ自体はまったく問題なし

    ↑「Horizon Zero Dawn」、フルHD・画質「デフォルト」でのベンチマーク結果

     

    ↑「Horizon Zero Dawn」、フルHD・画質「最高画質」でのベンチマーク結果

     

    続いて「Horizon Zero Dawn」は、ゲームベンチマークモードフレームレートを計測しました。画質設定はゲーム開始時点の設定である「デフォルト」と、よりリッチな「最高画質」の2パターンを試しています。結果は「デフォルト」設定時が平均56fps、「最高画質」設定時が平均40fpsと、どちらも目安となる60fpsには届いていません。本作はオープンワールドを舞台にした、比較的描画負荷の高いタイトルであるため、先の2タイトルと比べればフレームレートはどうしても落ちてしまいます。

     

    とはいえ、負荷が高まる場面で処理落ちによる若干のカクつきが見られるものの、基本的にはなめらかで自然な描画ができており、プレイ自体にはまったく問題がありません。「デフォルト」画質では60fpsに近い数字を出せていることもあり、画質設定を好みで調整すれば、ほとんど快適にプレイ可能な水準でしょう。PlayStation 4屈指の名作タイトルをPCでもプレイしてみたい、というニーズは満たせるはずです。

     

    検証4:描画負荷の高いタイトルは高画質で楽しむのは難しい

    ↑「Cyberpunk 2077」の画質設定「中」と「低」でのフレームレート

     

    最後に、現時点で屈指のヘビー級タイトルである「Cyberpunk 2077」の結果を見てみます。本作もベンチマークモードはないので、ゲーム内の一定コースを移動する際の60秒間のフレームレートを計測ソフトFrameViewで計測しました。

     

    見ての通り、画質「中」設定では平均フレームレートは33fps前後、最低プリセットである「低」設定でも平均44fpsと、「Horizon Zero Dawn」よりもさらにフレームレートが低下しています。さらに上の画質設定としては「高」や「ウルトラ」が用意されているものの、平均フレームレートが30fpsを切ってしまうため、現実的な選択肢ではないでしょう。

     

    「中」や「低」画質ではPC版らしい画質面でのメリットは享受しにくいうえに、場面によってカクつきが気になるところもありますが、プレイ自体は可能です。少なくとも、ゲームを進行できないほど負荷が重くなるところはないでしょう。画質にこだわらないのであれば、十分な選択肢と言えます。

     

    結論:画質にこだわらなければ最安モデルの選択は十分アリ

    いくつかのタイトルパフォーマンスを見てきましたが、G-Tune P5-Hでも結構快適にゲームプレイできます。もちろん、性能に余裕があるに越したことはないのですが、上を見ればきりがないのも事実。より高性能なゲーミングPCであれば、144fps超えの極めてなめらかな画面描画、WQHD(2561440ドット)や4K(3842160ドット)といった高解像度で映像美を堪能することなども可能になってくるものの、当然価格も上がります。

     

    そういったビジュアルの強化に強いこだわりがないのであれば、エントリーゲーミングPCでもPCゲームは楽しめると言っていいでしょう。

     

    繰り返しになりますが、近年はゲーミングノートPC全体が目覚ましい性能向上を見せているため、予算次第ではエントリークラスの製品でPCゲームデビューするのも悪い選択肢ではありません。予算の限られる学生ゲーマー、ある程度しっかりした性能のPCが必要で、ついでにゲームも遊びたいといった社会人ゲーマーは、こういった比較的安価なゲーミングノートPCの購入を検討してみるのもいいかもしれません。

     

    【フォトギャラリー】※画像をタップすると閲覧できます。一部SNSからは閲覧できません。

    マウスの最安ゲーミングノートPC「G-Tune P5-H」で、PCゲームはどこまで楽しめるのか


    (出典 news.nicovideo.jp)

    マウスの最安ゲーミングノートPC「G-Tune P5-H」で、PCゲームはどこまで楽しめるのか

    この思わず気になってしまいますね!!

    ゲーミングPCってなぜかキュンとしちゃいます!!

    やっぱり高スペックに魅力を感じてしまいますね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【マウスの最安ゲーミングノートPC「G-Tune P5-H」で、PCゲームはどこまで楽しめるのか】の続きを読む

    • カテゴリ:

    コロナ禍における仕事環境の改善ニーズに関する調査」を実施したところ、リモートワーク中心で働く方の約8割が「移動時の荷物をコンパクトにしたい」と考えているという結果に。さらにノートP Cの充電器に求められている要素は、第1位が「軽さ」、第2位「コンパクトさ」ということがわかりました。
    2011年の創業当初より先駆的にD2Cを採用し、米国・日本・欧州を中心にデジタル関連製品でトップクラスの販売実績を誇るAnkerグループの日本法人、アンカージャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:井戸義経)は、“充電”のグローバル・リーディンブランドAnker」において、「コロナ禍における仕事環境の改善ニーズに関する調査」を実施致しました。

    【調査のポイント

    1. コロナ禍リモートワークが進んだことで、オフィス以外で仕事をする機会が増えた方は全体の約4割
    2. リモートワーク中心で働く人のうち、約8割の人が「移動時の荷物をコンパクトにしたい」と考えている
    3. リモートワーク中心で働く人のうち、約4割の人がノートPC充電器に不満を感じており、充電器に最も求めているのは「軽さ」と「コンパクトさ」

    調査によるとコロナ禍で働き方が変化し、オフィス外で仕事をする機会が増えたという方は全体の約4割。その中でリモートワーク中心の働き方にシフトした方に「移動時の荷物を軽量・コンパクトにしたいか」と質問したところ約8割が「とてもそう思う / そう思う」と回答し、また同グループの約4割がノートPCに付属する純正充電器に「不満を持っている」と回答を寄せました。全体の約7割が純正充電器を使っているとの調査結果と併せると、不満を持ちながらも純正充電器を使い続けていることを見て取ることができます。またノートPC充電器に求める要素については、第1位に「軽さ」、第2位に「コンパクトさ」が挙がっており、荷物を軽量化できる充電器が求められていることがわかりました。

    これらのニーズを満たした最新モデルとして2021年5月25日(火)の発売から高いご支持を頂いているのが、Anker独自の新技術「Anker GaN ll」を搭載し、超コンパクト&超軽量設計を実現した「Anker Nano ll 45W」です。一台でスマートフォンからノートPCまで幅広い機器を急速充電でき、Amazon.co.jp売れ筋ランキングの【携帯電話スマートフォン用AC式充電器カテゴリでは、ベストセラー1位を獲得(※)しました。7月中にはコンパクトさを追求した「Anker Nano ll 30W」とMacBook Proを含むより幅広い機器の充電に最適な「Anker Nano ll 65W」の発売も控えており、お持ちの機器やライフスタイルに合わせた選択が可能となります。

    オフィス外にノートPCを持ち出す機会が増える等、コロナ禍において働き方は急速に多様化しています。AnkerではAnker Nano llシリーズの他にも「Anker PowerPort Atom III 45W Slim」や「Anker PowerPort Atom III 63W Slim」等、ノートPCの充電に適したモデルを多数取り揃えております。今回の調査結果に見るお客様のニーズを基に、今後もスマートな充電環境の構築をサポートする製品をご提案して参ります。

    2021年5月29日3時30分時点

    • コロナ禍における仕事環境の改善ニーズに関する調査」結果(一部抜粋)
    ------------------------------------------------------------
    調査期間:2021年4月23日(金)~4月26日(月)
    調査対象:全国の20~50代の会社員男女1,094名
    調査方法:インターネット調査(Anker調べ)
    -----------------------------------------------------------

    1. 約4割の方が仕事環境に変化があったと回答
    コロナ禍において、あなたが仕事をする場所について、選択肢の中からあてはまるものをお選びください」という質問に対して37%の方「オフィス外で仕事をすることが増えた」を選択。仕事場所の多様化が進んでいることがわかりました。

    2. リモートワーク中心の方の約8割が荷物の軽量・コンパクト化を希望
    リモートワーク中心の働き方にシフトしたと回答した方のうち、「移動時の荷物を軽量・コンパクトにしたいか」という質問に対して「とてもそう思う・そう思う」と回答した方が75%と、仕事に係る荷物に関して軽量・コンパクト化のニーズの高さが見られました。

    3. リモートワーク中心の方の約4割がノートPC充電器に不満あり
    「あなたが使用しているノートPC充電器に不満はありますか?(純正充電器 / 別途購入したもの問わず)」という質問に対して、リモートワーク中心の働き方にシフトしたと回答した方の36%の方が「ノートPC充電器に不満を抱えている」と回答しました。仕事に欠かせないノートPC充電器に関する不満および問題解決ニーズがあることがわかりました。

    4. 約7割の方が純正充電器を使用
    ノートPCに付属する純正充電器を使用している方が約70%と、大多数を占める結果になりました。不満がありつつも純正充電器を使い続けている状況が見えました。

    5. ノートPC充電器に求めること第1位は「軽さ」、第2位は「コンパクトさ」
    ノートPC充電器に求めるものとして、選択肢の中から当てはまるものを全てお選びください(複数回答可)」という設問に対して、「より軽いタイプ充電器がほしい」と回答した方が38%で第1位となりました。第2位は「よりサイズが小さい、コンパクトタイプ充電器がほしい」、第3位は「より充電のスピードの速い充電器がほしい」と続き、ノートPC充電器には【軽量】・【コンパクト】・【充電速度の速さ】の3要素が求められていることがわかりました。


    Ankerグループは「Empowering Smarter Lives」をミッションに、“充電”のグローバル・リーディンブランドAnker」、オーディオブランドSoundcore」、スマートホームブランド「Eufy」、スマートプロジェクターブランドNebula」等を米国・日本・欧州を中心とした世界100ヶ国以上で展開するハードウェアメーカーです。2011年の創業時より、時代に先駆けてD2C (Direct to Consumer) モデルを採用すると共に、お客様の声に基づいてスピーディーに製品の開発・改善を行うソフトウェア的発想のものづくりを実践し、安心のサービスと納得の価格で高品質のスマートデバイス周辺機器を提案し続けています。2020年8月には、グループ本社のAnker Innovationsが上場を果たしました。


    アンカージャパン株式会社(概要)
    本社:〒101-0063東京都千代田区神田淡路町2-101テラスタワー9階
    代表者:代表取締役 井戸義経
    設立:2013年1月
    資本金:1億6,000万円
    TEL:03-4455-7823(アンカージャパン カスタマーサポート
    事業内容:デジタル製品の開発・製造・販売(Ankerグループの日本法人)
    連結子会社アンカー・ストア株式会社2021年4月1日設立)
    公式サイト:https://www.ankerjapan.com

    知的財産権について
    - Anker、Soundcore、Eufy、NebulaおよびAnker GaN llは、アンカージャパン株式会社またはその関連会社の商標または登録商標です。
    - その他会社名、各製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。

    配信元企業:アンカージャパン株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【Anker】ノートPCの充電器に求めることは「軽さ」と「コンパクトさ」。「コロナ禍における仕事環境の改善ニーズに関する調査」を実施


    これよくわかりますね!!

    ノートPCの充電器って本当に重たいですね!!







    <このニュースへのネットの反応>

    【【Anker】ノートPCの充電器に求めることは「軽さ」と「コンパクトさ」。「コロナ禍における仕事環境の改善ニーズに関する調査」を実施】の続きを読む

    • カテゴリ:

    image:秒刊SUNDAY

    テレワーク需要の高まりもあってか急速に普及したChromeOSを搭載したChromebook。そんなChromebookではOSのアップデートも頻繁に行われており、セキュリティ面でも信頼性が高いと評価されているようです。しかし、アップデートを行ったところ、不具合が発生する出来事があったので「こういったトラブルも起こり得る」という内容を今回は紹介していきます。

    ChromeOSアップデートを行ったら・・・

    image:秒刊SUNDAY

    Chromebookではアップデートが可能になると通知バーに表示されます。

    そちらをクリックするすぐに更新作業が始まり、再起動するとバージョンが更新されている、と非常に簡単に行えるようになっています。

    このアップデートそれなりの頻度で通知されますが、一回一回の更新作業は2−3分で終了するものが大半なのでそれほどストレスには感じていません。

    しかし、本日の朝方に以前から表示されていたアップデートを実行したところ、端末の再起動ができなくなる事象に見舞われました。

    慌ててスマートフォンで調べてみると”Chromebookアップデート(個別のバージョンの確認は取れず)後に端末が起動できなくなった”というケースはいくつかSNS掲示板ブログ等で確認できました。更新を行うタイミングもあるのでしょうが、アップデートによって端末が不安定になる場合もあるようです。

    やむなくリセット

    この場合、

    端末のリセットを行う

    端末を復元する

    復元プログラムを実行する

    上記いずれかを行う必要性が高いと考えられます。

    復元プログラムの用意はなかったので、今回は端末の復元を行います。

     

    モデルによって若干違いはありますが「更新」を押しながら電源ボタンを押すと復元のための画面が立ち上がります。

    後は指示に従ってスペースキー、エンターキーを押すとリセットが始まります。なお今回は無理でしたが可能であれば、

    グーグルアカウントからログアウトしておく

    データバックアップを取っておく

    できるなら復元の前にリセットを行う

    のが好ましいです(当たり前ですが)。

    正常に復元でき、今現在問題なく使用できていますので不具合発生時の最終手段として復元の方法は知っておいても良いかもしれません。

    ローカルストレージに保存してあったデータはすべて消えてしまいましたが、Chromebookの特性上、データの大半はクラウドに保存されていますので思っていたほどの被害は受けずに済みました。これもChromebookメリットのひとつと言えるかもしれません。

    予防法は自動更新のオフが安全か

    今回のようなトラブルの予防法としては、「自動更新はオフにしておく」といった方法を推奨している人もいます。安全性を確認してから更新を行うのがベターですから心配な人は設定を見直しておくと良いかもしれません。

    とはいえ安定した動作を確保するためには定期的なアップデートは必要な訳で、ある程度の柔軟な対応を心がける必要がありそうです。

    なお普段のChromebookの快適性に関してはこちらで紹介しました。

    Source: Chromebook ヘルプ ,



    画像が見られない場合はこちら
    アップデートしたChromebookが起動しない、実際に不具合を解消してみた結果


    (出典 news.nicovideo.jp)

    アップデートしたChromebookが起動しない、実際に不具合を解消してみた結果


    これ参考になりますね!!

    NURO回線網の2Gbps!最大85000円還元実施中【光マッハ】


    <このニュースへのネットの反応>

    【アップデートしたChromebookが起動しない、実際に不具合を解消してみた結果】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【元記事をASCII.jpで読む】

     デルは、「Dell G5 15」を値引して販売している(最新の構成例/価格はデルの公式サイトを参照していただきたい)。

     Windows 10 Home(64bit)、Core i7-10750H、GeForce GTX 1660 Ti、16GBメモリー、512GB SSDを搭載(「Dell G5 15 プラチナ」構成時)した15.6型のゲーミングPCキーボードのGキー(日本語キーボードの場合はF7キー)を押すと、「ターボ ブースト モード」を始動し、ゲームプレイを中断することなく、「Alienware Command Center」内で「ダイナミック パフォーマンス モード」を起動するという「Game Shiftテクノロジーに対応したモデルファンの速度が最大化され、システムを冷却しながら、プロセッサーの処理性能をアップさせることをうたう。

     注文時にクーポンコードを適用することで、上記スペックモデルでは、13万4656円で購入できる。ハイパフォーマンスなPCを探している読者は、この機会にぜひ購入してほしい!

     
    Core i7+GTX 1660 Ti搭載のデル製ゲーミングPC「Dell G5 15」が13万円台!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Core i7+GTX 1660 Ti搭載のデル製ゲーミングPC「Dell G5 15」が13万円台!

    この金額でゲーミングPCっていいですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【Core i7+GTX 1660 Ti搭載のデル製ゲーミングPC「Dell G5 15」が13万円台!】の続きを読む

    • カテゴリ:

    モバイルパソコン「カスタマイズレッツノート」
    パナソニック株式会社は、パナソニック コンシューマーマーケティング株式会社Web上で運営するパナソニックのショッピングサイト「Panasonic Store(パナソニック ストア)」にて、モバイルノートパソコン「カスタマイズレッツノート」の2021年モデル「FV1」「SV1」「QV1」シリーズ2021年6月24日に発売します。(CF-FV1STCQP/CF-FV1SSDQPは2021年7月9日
    デザインスペックを一新したFV1シリーズに加え、従来からのラインナップもスペックを向上、更に5G通信対応モデルや、インテル(R) Evo(TM) vPro(R) プラットフォーム準拠モデルの登場など、モバイルユースの生産性向上と新たな選択肢をご提供します。

    <主な特長>
    1. デザインスペックを一新した「FV1」シリーズ登場
    ・高まるテレワークモバイルワークニーズに対応した大画面&コンパクトボディ
    リモート会議で力を発揮する音響性能の強化「COMFORTALK」
    ・使いやすさを追求した「大型ホイールパッド」「バックライトキーボード
    デスクユースにも応える高い基本性能
    2. 5Gモデルインテル(R) Evo(TM) vPro(R) プラットフォーム準拠モデル登場(FV1シリーズ
    ・レッツノート初、最先端の通信規格「5G」に対応した5Gモデル登場
    ・レッツノート初、インテル(R) Evo(TM) vPro(R) プラットフォーム準拠モデル登場
    3. より自由に、よりスマートな働き方を提案するラインナップ
    ・用途にあわせて選べる3シリーズラインナップ
    ・仕様各種を高スペックで選択可能

    【品名】ノートパソコン
    【愛称】Let's note(レッツノート
    シリーズ】FV1シリーズ/SV1シリーズ/QV1シリーズ
    【価格(税込)276,100円
    【発売日】2021年6月24日(CF-FV1STCQP/CF-FV1SSDQPは2021年7月9日
    【予約受付開始日】2021年6月3日(CF-FV1STCQP/CF-FV1SSDQPは2021年6月10日

    (商標について)
    MicrosoftWindowsWindowsロゴ、Officeロゴは、マイクロソフト企業グループの商標です。
    IntelインテルIntelロゴ、その他のインテルの名称やロゴは、Intel Corporationまたはその子会社の商標です。
    ●その他記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
    ※仕様および意匠につきましては、予告なく変更する場合がありますのでご了承願います。

    【お問い合わせ先】
    Panasonic Storeカスタマーセンター
    TEL:0120-872-086

    全文は以下プレスリリースをご覧ください。
    ▼[プレスリリース] モバイルノートパソコン「カスタマイズLet's noteパナソニックストア夏モデルを発売(2021年6月3日
    https://news.panasonic.com/jp/press/data/2021/06/jn210603-2/jn210603-2.html

    <関連情報>
    パナソニック オンラインストア
    https://ec-club.panasonic.jp/
    パナソニック 5Gモデル特設サイト
    https://ec-club.panasonic.jp/pc/sp/fv1_5g/
    パナソニック インテル(R)Evo(TM)vPro(R)プラットフォーム準拠モデル特設サイト
    https://ec-club.panasonic.jp/pc/sp/fv1_evo/
    パナソニック オンラインストア カスタマイズレッツノート
    https://ec-club.panasonic.jp/pc/
    パナソニック カスタマイズレッツノートプレミアムサロン
    https://ec-club.panasonic.jp/pc/sp/premium_salon/
    パナソニック カスタマイズレッツノート キャンペーン一覧
    https://ec-club.panasonic.jp/pc/campaign/

    配信元企業:パナソニック株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    モバイルノートパソコン「カスタマイズLet's note」パナソニックストア夏モデルを発売

    これ最高ですね!!

    欲しくなりますね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【モバイルノートパソコン「カスタマイズLet's note」パナソニックストア夏モデルを発売】の続きを読む

    このページのトップヘ