ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > PC

    • カテゴリ:

    Image: Microsoft

    ついに!

    多くのユーザーが「これがあればなぁ」と思っていただろう端末でました。MicrosoftからSurface Laptop Goの登場です。プロセッサがIntel第10世代Core i5で、550ドルから!(日本では8万4480円から)

    Microsoftのバジェットラインナップには、安価って言いつつなんかちょっと高い気がするというモヤモヤがありました。例えば、Surdace Go 2。400ドル(6万5780円スタートとはいえ、ちょっと仕様アップすると(当たり前ですが)値があがり、さらにキーボードプラス100ドル。気がつけばそんなにバジェット端末じゃなくなってしまうというね。そこで、Microsoftのバジェットラインナップをバジェットラインナップとして機能させる、それがSurface Laptop Goの存在なのかと!

    550ドルのエントリーモデルスペックは、CPUIntel第10世代Core i5、64GB eMMCドライブRAMが4GB。価格とスペック見ると非常にお手頃。容量やRAMがもうちょいあればなぁという人は、オプション256GB SSDにするもよし、RAMを8GBにあげるもよし。でも、エントリースペックと価格がこれってのが嬉しいわけで。もちろん、他を見れば、15インチ端末でもっと容量もRAMもいいやつはあるでしょう。でも、端末自体の品質やディスプレイは、Surface Laptop Goの方が上かと思いますけれど。そう、見た目や触り心地がチープじゃない。それがSurface Laptop Goの魅力の1つなんです。

    カラバリは3色。アイスブルーサンドストーン、そしてプラチナ

    Image: Microsoft

    Image: Microsoft

    Image: Microsoft

    ハードウェア面は、ディスプレイが12.45インチ1536 x 1024)のタッチスクリーンキーボードはフルサイズで、キーストロークは1.3mm、ガラストラックパッドウェブカム(720p)は、Windows Hello対応。電源ボタンに指紋センサ搭載のアップグレーオプションもあり。ポートは、Surface ConnectorにオーディオジャックUSB-CUSB-A。バッテリーは、Microsoftいわく1度のフル充電で13時間もつというので、これは7時間強のSurface Go 2の2倍ということになります。

    発売は10月13日。ただいま予約注文受付中です。

    Source: Microsoft



    (出典 news.nicovideo.jp)

    待望の安価ラップトップ! Microsoft Surface Laptop Go発表!

    これいいですね!!

    使ってみたいですね!!


    <このニュースへのネットの反応>

    【待望の安価ラップトップ! Microsoft Surface Laptop Go発表!】の続きを読む

    • カテゴリ:


    ~ 本日より事前予約を開始する Surface Laptop Go は、魅力的なデザインをお求めやすい価格で提供することで Surface ファミリー選択肢を拡充 ~







     本日、マイクロソフトは、新機種 Surface Laptop Go、そして、Surface Pro X のアップデートを発表し、Surfaceファミリーをさらに拡げます。私たちが目指しているのはあらゆる人、さまざまな仕事のスタイル、利用する場所などに応じて Surface を設計し、多様なデザイン、色、価格帯を提供することです。家庭や職場といったすべての人にとって、使う必要があるから使うのではなく、使いたいから使うと思わせるようなデバイスを提供することが大切なのです。明るく鮮やかな画面、流麗で快適なキーボード、高品質のカメラマイク、高機能のタッチスクリーンにより、長時間いても心地よい仮想的なオフィス空間、更なる学びを約束するバーチャル教室、そして、お気に入りのゲームや映画を楽しむ憩いの場所を実現します。

     Surface Laptop Go は、これまでの Surface Laptop において多くのお客様に最も愛されている機能を厳選し、お求めやすい価格のより小型なデザインの中に凝縮しました。Surface Pro X のアップデートでは、鮮やかなエッジツーエッジの画面、常時のインターネット接続、2-in-1 の万能性を求める人々のための新たなアプリケーション体験、性能の強化、プラチナ風のコーティングなどを提供します。また、ホームオフィスホームスクールでの気分を一新されたい方々のために、新しい Surface 向けアクセサリも提供いたします。

    Surface Laptop Go のご紹介

     549 ドルから提供される Surface Laptop Goはかつてなく軽量でお求めやすい価格の Surface Laptopであり、スタイル、性能、バッテリー持続時間の完璧なバランスを持ち合わせたデバイスです。美しい 12.4 インチPixelSense タッチスクリーンディスプレイ、大型の高精細なトラックパッドを備え、キーストローク 1.3 ミリのフルサイズキーボードが、正確で快適なタイピングを実現します。スリムでシンプルデザインは、耐久性があり軽量な 3 色(アイス ブルーサンドストーン、プラチナ)のメタルフィニッシュでご用意。迅速で安全なサインインのために一部のモデルでは Windows Hello を介した One Touch サインインを提供する指紋認証付き電源ボタン(Fingerprint Power Button)を装備しています。また、One Touch サインインは、OneDrive Personal Vault ファイルなどへの安全で高速なアクセスも実現し、セキュアな環境に素早くアクセス、すぐに作業に取りかかって生産性を向上することが可能です。Surface Laptop Go は、Intel の第 10 世代 i5 Quad-Core プロセッサ、最大 16GB の RAM256GB のストレージを備え、あらゆる構成がパフォーマンスバッテリー持続時間に最適化されています。Surface Laptop Go は、エントリーモデルであっても快適に動作し、Microsoft 365オンラインストレージなどのクラウド体験を最大限に活用できます。最大 13 時間のバッテリー持続時間と急速充電 により、Surface Laptop Go を一日中使うことができるのです。

     そして、オンライン授業やテレワーク等でも、カメラスピーカーマイクを使うシーンが増えているのではないでしょうか。Surface Laptop Go は、720p HD カメラスタジオ マイクを内蔵しており、バーチャルな会議や教室の空間にあっても、仕事仲間やクラスメイトがあなたのクリアな声とその表情を見ることが出来るのです。Omnisonic スピーカーDolby(R)Audio が、ビデオ通話でも、映画でも、音楽でも驚異的なサラウンドであなたを魅了します。さらに様々な機器接続のために、USB A と USB C の両方のポート、ヘッドフォン ジャックSurface Connect も用意されています。

     ご家庭で、教室で、そしてビジネス領域において、新たにデバイスを求めるすべての人々にとって、Surface Laptop Go はSurface の高級感のあるデザインをそのままにお求めやすい価格で提供します。

    Surface Pro X のご紹介

     昨年 10 月私たちは Surface Pro X を発表し、常時接続の超軽量・超薄型 2-in-1 デバイスの可能性を拡張しました。Surface Pro X は、いつでもインターネットに接続し、生産性を向上し、創造性を発揮したい、一歩先を行く人々に向けて設計されています。Qualcomm との緊密な連携によりカスタム チップを設計し、モバイルアーキテクチャの複数世代のイノベーションから恩恵を得られる強力な PC を生み出しました。今回発表した Surface Pro X ではさらに改良され、マイクロソフトの次世代プロセッサを搭載し、新たな Platinum フィニッシュコーティング、新しいアプリケーション体験などにより、Surface Pro X の全モデルにおいて、性能とバッテリー持続時間が向上しました。

     より高い処理能力を求めるお客様のために、新たにクラス最高速のプロセッサであるMicrosoft SQ(R)2 と、新しい Platinum フィニッシュを追加することで、トップエンドモデルのリフレッシュを行いました。最低価格は 999.99 ドルです。また、Signature Keyboard に 3 つの新色(プラチナアイス ブルーポピー レッド)を追加。いずれのカラーも、今までと同様に Surface スリムペンを格納し、ペンの無線充電機能を備えています。

     Surface Pro X は、Microsoft 365Microsoft EdgeNetflixSpotify など今日のウェブファースト体験に最適であり、Google ChromeFirefox、Whatsapp といったおなじみの 1000 種もの既存 Windows アプリサポートします。また、主要なアプリケーションパートナーWindows on ARMサポートを強化し、Microsoft SQ(R)1 と SQ(R)2 プロセッサの性能上の優位性を活かして、Surface Pro X のお客様に新たな体験を提供しています。マイクロソフトは、Microsoft Edge を高速化し、 Windows on ARM最適化した Teams の新バーションを発表しました。また、年末に向けて提供開始される X64 エミュレーションにより、X64 アプリの稼働のサポートも拡張していきます。開発者にとっては、Visual Studio Codeアップデートされ、ネイティブで稼働するようになりました。企業のお客様には、FastTrack の App Assureにより、ARM64 デバイス上で自社アプリWindows 10 および Microsoft 365 アプリと共に稼働するよう支援を続けてまいります。こうした強化の組み合わせにより、全体的な性能向上とさらなるバッテリー持続時間の延長が達成されました。Surface Pro X は、いずれの構成でも最大 15 時間のバッテリー持続時間を実現します。

     Surface Pro X は、これまでで最も薄型で、最も長時間インターネット接続を実現する2-in-1 デバイスであり、これらの新たな体験を、インターネットへの接続性が今まで以上に重要視されている今、まさにこの時に提供できることをたいへん嬉しく思います。ご家庭内では家族のそれぞれがオンライン授業やテレワークを行うために、高速で信頼できるネットワークアクセスすることが求められるケースが増えています。超高速のギガビット LTE の接続により、Surface Pro X のユーザーは、たとえ子供たちがXbox で遊んでいる時でも、ルームメイトが隣でビデオ電話をしている時であっても、いつでも必要な時に直接インターネットへ接続できます。

     Surface Laptop Go と新たな Surface Pro X は、一部の市場(Microsoft Store および主要小売店)で本日より予約受付を開始し、10 月 13 日(火)から発売します。マイクロソフトは、Surface ファミリーデバイスアクセサリラインアップ拡充を継続し、お客様にとって最適な Surface と出逢えるよう今後も努力してまいります。また、世界的な需要に適切に対応できるよう、ブルガリアクロアチアチェコ共和国エストニアギリシャハンガリーラトビアリトアニアルーマニアスロバキアスロベニアという欧州 11 カ国のお客様にも Surface の提供を開始します。

    ■日本での展開に関して

     Surface Laptop Go は Surface Laptopシリーズ史上、最軽量なモデルです。日本では携帯性が求められるリモートワークハイブリッドワークでの活用をはじめ、教育や医療、店舗や現場業務などさまざまな業種、職種のほか、確かな機能性と価格のバランスを求める学生やモバイルワーカー、お子様のいる家庭など幅広いワークスタイルライフスタイルを支援するデバイスとして活用いただけます。また、今回より新たな日本語キーボードレイアウトとして [あ] キー(ImeOn)、 [A] キー(ImeOff)を搭載することで直感的に日本語入力と英字入力の切り替えができるようになり、日々の文章作成をさらに効率化します。レイアウトの変更により、キーボードはより美しく洗練されたデザインに仕上がっています。Surface Laptop Goの価格は76,800円(一般向け)からです。






     Surface Pro X は、長時間駆動と常時接続を必要とする新時代のお客様向けに理想を追求した 2 in 1 PCです。今回、カスタム CPU の第 2 弾となる Microsoft SQ(R)2 をリリースし、新しいプラチナ カラーモデルを追加します。従来モデル同様に超高速ギガビット LTE に対応し、国内で提供される幅広いバンドに対応する、SIM フリー仕様となります。同時に、Surface Pro X Signature キーボードに、アイスブルーポピーレッドプラチナの 3 色を新たに追加しました。Surface Pro X の価格は185,800円(一般向け)からです。

     Surface Laptop Go と Surface Po X は、本日 2020 年 10 月 2 日 (金) より予約受付を開始し、10 月 13 日 (火) より発売します。

     各製品の構成、価格は日本マイクロソフトの広報サイトをご覧ください。
    https://news.microsoft.com/ja-jp/2020/10/02/201001-introducing-surface-laptop-go-new-updates-to-surface-pro-x-and-new-accessories/

     一般向けには全国家電量販店グループオンラインストア、および店舗) およびMicrosoft Store から、法人向けには、マイクロソフト認定 Surface リセラーおよび3,600 社を超える D-VAR(Device Value Added Reseller)各社、Microsoft Store(法人窓口)から販売します。

     また、10 月 8 日 (木) より、家電量販店の一部店舗にて販売に先駆け Surface Laptop Go の展示を開始いたします。

     また、同時に発表される各Microsoft アクセサリの詳細は、以下をご確認ください。
    https://blogs.windows.com/japan/2020/10/02/introducing-the-microsoft-accessory-series/

     日本マイクロソフトは、今回の新製品の展開により、さまざまなニーズに合わせたSurface Family をご活用いただくことで、人々のつながりを深め、あらゆる生活様式に柔軟に対応出来るよう日本のお客様に寄り添い、支援を続けてまいります。



    配信元企業:日本マイクロソフト株式会社

    プレスリリース詳細へ

    ドリームニューストップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    新たに Surface Laptop Go、Surface Pro X のアップデート、アクセサリを発表

    これいいですね!!
    最近の Surfaceには目が離せません!!

    ってか、欲しい!笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【新たに Surface Laptop Go、Surface Pro X のアップデート、アクセサリを発表】の続きを読む

    • カテゴリ:

    インバースネット9月29日FRONTIERのBTOデスクトップの新製品として、フロントメッシュパネルを採用してエアフローを高めたマイクロタワー型PC「GXシリーズ」に、第3世代Ryzen搭載モデルを発売した。NVIDIA GeForce RTX 3080搭載モデルも用意する。基本モデルの価格は84,800円(税別)から。

    マザーボードASRock「B550M-HDV」を採用し、ケースにW190×H356×D421mmとコンパクトマイクロタワー型を採用するデスクトップPC。BTOに対応し、構成例では共通してOSにWindows 10 Home 64ビット版をインストールする。

    基本モデルではAMD Ryzen 5 3600、8GBメモリ240GB SSDNVIDIA GeForce GTX 1650を搭載し、84,800円(税別)。

    最新グラフィックスを搭載するハイエンドモデルではAMD Ryzen 9 3900X、16GBメモリ、1TB M.2 NVMe SSD、2TB HDDNVIDIA GeForce RTX 3080を搭載して239,800円(税別)。

    製品には1年間の無償修理保証が付帯する。
    (原修一郎)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    FRONTIER、マイクロタワー「GXシリーズ」に第3世代Ryzen+RTX 3080搭載モデル

    これいいですね!!

    欲しくなりますね!!


    携帯電話とおまとめ+【SoftBank光】をご入力下さい。
    “"


    最新GPUも格安構成も自由に選べる!パソコン買うならBTOの【FRONTIER】

    <このニュースへのネットの反応>

    【FRONTIER、マイクロタワー「GXシリーズ」に第3世代Ryzen+RTX 3080搭載モデル】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【元記事をASCII.jpで読む】

     ユニットコム9月28日、「iiyama PC」ブランドから、「NVIDIA GeForce RTX 20 シリーズ 0円アップグレードキャンペーン」を対象のBTOデスクトップパソコンで開始した。

     パソコン工房では、下記ビデオカードを搭載したBTOデスクトップパソコンの0円アップグレードと値引きを実施中。本キャンペーンは、規定台数に達し次第終了する。対象のビデオカードは以下のとおり。

    NVIDIA GeForce RTX 2060 SUPERNVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER

    NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPERNVIDIA GeForce RTX 2080 SUPER

    NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPERNVIDIA GeForce RTX 2080 Ti

    NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti → 3万円(税別)オフ

     対象のBTOデスクトップパソコンは、「LEVEL-M049-iX7-RWS」「LEVEL-R049-LCiX7K-TWXH」「SENSE-M0B4-R73X-VWS」「LEVEL-R049-LCiX9K-XYXH」などを用意する。

     LEVEL-M049-iX7-RWSは、Core i7-10700、NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPERNVIDIA GeForce RTX 2060 SUPER)、16GBメモリー、480GB SSDという構成だ。光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブを搭載。ATX電源は700Wで、80PLUS BRONZE認証を得ている。OSはWindows 10 Home(64bit)を採用する。価格は14万5980円(税別)。


     LEVEL-R049-LCiX7K-TWXHは、Core i7-10700K、NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPERNVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER)、16GBメモリー500GB M.2 SSD+2TB HDDという構成だ。光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブを搭載。ATX電源は700Wで、80PLUS BRONZE認証を得ている。OSはWindows 10 Home(64bit)を採用する。価格は17万4980円(税別)。


     SENSE-M0B4-R73X-VWSは、Ryzen 7 3700X、NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti(NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPER)、16GBメモリー、480GB SSDという構成だ。光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブを搭載。ATX電源は700Wで、80PLUS BRONZE認証を得ている。OSはWindows 10 Home(64bit)を採用する。価格は17万3980円(税別)。


     LEVEL-R049-LCiX9K-XYXHは、Core i9-10900K、NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti、16GBメモリー500GB M.2 SSD+2TB HDDという構成だ。光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブを搭載。ATX電源は700Wで、80PLUS GOLD認証を得ている。OSはWindows 10 Home(64bit)を採用する。通常価格は25万9980円(税別)のところ、22万9980円(税別)と3万円(税別)オフで購入できる。


    パソコン工房でBTOパソコンのビデオカードが0円アップグレード! GeForce RTX 20シリーズ搭載モデルが対象


    (出典 news.nicovideo.jp)

    パソコン工房でBTOパソコンのビデオカードが0円アップグレード! GeForce RTX 20シリーズ搭載モデルが対象

    これ無料って最高ですね!!

    最新GPUも格安構成も自由に選べる!パソコン買うならBTOの【FRONTIER】

    <このニュースへのネットの反応>

    【パソコン工房でBTOパソコンのビデオカードが0円アップグレード! GeForce RTX 20シリーズ搭載モデルが対象】の続きを読む

    • カテゴリ:

    自宅のマルチプラットホームはどのように管理していますか?

    AppleGoogleMicrosoftなどのテック企業の、どこかひとつに完全に統一している人はいないでしょう。iPhoneを持っていて、Windowsパソコンを使っている人もいるはずです。

    Androidカメラと、MacBookキーボードが好きな人もいるでしょう。ただのデバイス大好きな、昔ながらのオタクという人もいます。

    今回は、米LHの「Tech 911」に寄せられたメールではなく、米Lifehackerの読者Daveの質問ツイートからです。

    あなたの「How I Work」を読んで、iPhoneWindows PCと使っていることに気づきました。どう共存させていますか? 特に写真です!

    iTunesを使わず、iPhoneのバックアップをとる方法

    その昔、私はWindowsパソコンできちんとiTunesを使っていました。Spotifyが登場する前で、iTunesが一番の音楽プレイヤーでしたから。でも、今はiTunesを使っていません。iPhoneバックアップに関しては、iTunesを使ってパソコンバックアップをしなければなりませんが…。

    ただ、私はあまりバックアップを取らないのです。バックアップをする以外でiPhoneパソコンをつなぐ必要もなかったので、忘れてしまったのだと思います。

    一番の理由としては、iCloud経由で自動的にiPhoneバックアップをするのが異常に楽だというのもあります。

    容量を食いますが(それに毎月Appleに3ドル取られますが)、いいバックアップはかくあるべしというほどに、非常に便利で何も考える必要がありません。

    したがって、理由は色々ありますが、私はWindowsiTunesをまったく使っていません。今はiTunesインストールもしていません。

    だから、このことがあまり気になっていなかったのだと思います。もし私に音楽や映画やテレビ番組やアプリが必要だったら、AppleからiPhoneに直接ダウンロードするでしょう。

    しばらくはその必要がありませんでしたが、(自作した)iPhone着信音iTunes上げたくなったら、そのためだけにiTunesインストールするかもしれません。

    Googleフォトを使って写真をバックアップ

    iPhoneで撮った写真や動画を、どうやってパソコンに移しているのか不思議に思う人もいるでしょう。当然の疑問ですが、解決策は簡単です。

    すべてiCloudで同期してダウンロードすることもできますが、Appleインターフェイスが厄介です(そして、自分のアカウントログインするのに毎回2段階認証を求めます)。

    ですから、その代わりに、私は写真や動画をGoogle フォトバックアップしています。

    無料で、速くて、私の使っているデスクトップからでもノートパソコンからでも簡単にアクセスできます。

    何らかの理由でデスクトップに写真が必要な場合は、まとめて写真をダウンロードします。

    それ以外の場合は、Googleフォトに入れっぱなしにしています。必要なものを検索する能力も、AppleよりもGoogleのほうが優れています。

    iPhoneとWindowsのPCを直接接続する必要はない

    以上です!AppleファンmacOSでやっているみたいに、WindowsでもiPhoneの「メッセージアプリで友だちと会話できたらいいのにと思いますが、期待はしていません。

    正直、Windowsユーザーとしては一番イラッとすることで、メッセージの返信をするのに四六時中iPhoneを手に取らなくてよくなればいいのにと思います。

    ただ、ありがたいことに、私の友だちはほとんどがFacebookのメッセンジャーを使って話すので、常にiPhoneデスクトップを行ったり来たりしているわけではありません。

    言い忘れたことがないようにと考えていますが、一般的に、何らかの理由で私がiPhoneファイルを移動させなければならなくなったら、クラウド経由でそれができるアプリを使うと思います。

    ですから、大量のPDFファイルをどこかに移さなければならない場合は、私はデスクトップからPDFファイルアップロードして、「PDF Expert」を使ってGoogleドライブのフォルダで同期します。

    先ほども言ったように、基本的に私はiPhoneWindowsパソコンデスクトップノートパソコン)を直接接続しないのです。

    ですから、読者のみなさんも、クラウドが盛んなこの2020年に、そんなことをする必要はないように思います。

    あわせて読みたい

    Windows 10のログイン情報が盗まれる? 注意すべき意外なあの機能

    Windows 10でスリープモードが無効になるバグの修正方法

    Image: Lifehacker US

    Source: Twitter, Google

    David Murphy - Lifehacker US[原文



    (出典 news.nicovideo.jp)

    WindowsパソコンとiPhoneを平和的に共存させる方法


    これ気になりますね!!


    <このニュースへのネットの反応>

    【WindowsパソコンとiPhoneを平和的に共存させる方法】の続きを読む

    このページのトップヘ