ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > PC


    テックワンは、ONE-NETBOOK Technology社の新製品記者発表会を開催。発表されたのは「OneMix1 S+」と「One-GX1」。One-GX1は第10世代Core i5プロセッサーを搭載した、7インチディスプレイ、重さ620gの“ゲーミングUMPCです。

    ↑会見に出席した十束おとはさんと竹内佳菜子さん

     

    日本販売モデルは、日本のファンと考案したという日本語配列キーボード106109配列)を採用しています。今夏発売予定で、価格は税抜8万9800円から。現在予約受付中で、予約特典として専用コントローラーが付いてきます。

    OneMix1 S+とOne-GX1

     

    One-GX1最大の特徴といえばやはり、“これぞゲーミング”といった、本体両脇のコントローラー! まるで某ゲーム機のような、ゲーミングPCとしては非常に面白い見た目ですね! (どことなく「ファンタシースターオンライン」用GCコントローラーも頭をよぎりました)

    One-GX1

     

    このコントローラーを両脇に装着したまま使う「携帯モード」、HDMI接続で本体をテレビつなぎコントローラーは外して手に持つ「TVモード」、ひとつの画面でコントローラーシェアして2人で遊べる「テーブルモード」、そしてコントローラーを使わず、通常のゲーミングノートのように“WASD移動”などを駆使する「デスクトップモード」と、4通りのプレイモードがあります。

    One-GX1

     

    発表会には、アイドルグループ「フィロソフィーダンス」十束おとはさんが出席。実際にOne-GX1で、デスクトップモードで「League of Legends」、携帯モードで「Halo 2Halo: The Master Chief Collection)」、テーブルモードで「ファイナルファイトカプコン ベルトアクション コレクション)」をプレイしました。

     

     

    ゲーム自作PCが趣味だという十束さん。携帯モードで遊んだHalo 2について、「FPSが小さい画面でこんなにスルスル動いてビックリ。こういうコントローラーがあると、普段キーボードマウスFPSをやり慣れてない人でも楽しめると思う」と興奮気味に語りました。テーブルモードについては、「ひとつのPCで2人で同じゲームをするっているのは新しい楽しみ方だと思った。2人で遊べるって本当に楽しい。これを手に入れたらメンバーと一緒に楽屋でプレイしたい」と語っています。

    コントローラーを分離させた状態

     

    個人的には、十束さん同様、PCゲーム家庭用ゲーム機のように2人で遊べるというのが珍しい光景に見えました。PCゲームといえば1人で遊ぶというようなイメージがあったので、ちょっと斬新な印象。とはいえ、やはり今回オンライン参加だった筆者としては、実際に使ってみたいところ。ゲーミングUMPC家庭用ゲーム機を超えられるのか!?

     

    ちなみに「ゲーミングPC」について、「ゲームしかできないPC」と誤解されていることが多いのですが、実際は「ゲームが快適にプレイできるほどハイスペックなPC」なので、普段使い用の“ハイスペックUMPC”という“選択肢”にも入ると思いますよ!

     

    【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

    “あのゲーム機”を彷彿とさせる! 7インチのゲーミングUMPC「One-GX1」を触ってみた


    (出典 news.nicovideo.jp)

    “あのゲーム機”を彷彿とさせる! 7インチのゲーミングUMPC「One-GX1」を触ってみた

    これいいですね!!

    まさにゲーミングPCですね!!




    <このニュースへのネットの反応>

    【“あのゲーム機”を彷彿とさせる! 7インチのゲーミングUMPC「One-GX1」を触ってみた】の続きを読む

    • カテゴリ:

    ユニットコムが運営するPCショップパソコン工房」のWebサイトでは、BTO対応のデスクトップPCやノートPC、PCパーツ、周辺機器を割安で販売する「サマーセール」を実施中だ。期間は2020年8月4日14時まで。サマーセール対象製品の一例は以下の通り。
    ○15.6型スタンダードノートPCSTYLE-15FH043-C-UCEL」

    価格:43,980(税別)
    OSWindows 10 Home 64bit版
    CPUIntel Celeron N4100(1.10GHz)
    メモリ:8GB(4GB×2)
    ストレージ:480GB SATA SSD
    グラフィックス:Intel UHD Graphics 600(CPU内蔵)
    ディスプレイ:15.6型フルHD(1,920×1,080ドット)、非光沢
    光学ドライブ:なし
    通信機能:Gigabit EthernetIEEE802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth 5.0
    バッテリー駆動時間:約5.7時間
    本体サイズ:約W361×D256×H32(突起部含まず)
    重さ:約2.01kg

    ○ミドルタワーゲーミングデスクトップPC「LEVEL-R040-i7-RJA」

    価格:128,980(税別)
    OSWindows 10 Home 64bit版
    CPUIntel Core i7-9700(3.00GHz)
    メモリ:16GB(8GB×2)
    ストレージ:480GB SATA SSD、2TB SATA HDD
    グラフィックス:GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6
    光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
    通信機能:Gigabit Ethernet
    本体サイズ:約W190×D477×H432

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    15.6型ノートPCが税別43,980円から - パソコン工房「サマーセール」

    この金額で買えるっていいですね!!




    <このニュースへのネットの反応>

    【15.6型ノートPCが税別43,980円から - パソコン工房「サマーセール」】の続きを読む

    • カテゴリ:

    Image: Gizmodo US

    えっ、「ばいおす」ってなんですか?

    そう思う人もいるかもしれませんが、ざっくり言うとPC(Windows機)の基本中の基本となるソフトウェアのことです。米GizmodoのDavid Nieldが基本的なところから解説してくれています。その性質上、実際に試される際は自己責任でお願いいたします。

    BIOSとは

    BIOSBasic Input/Output System)はコンピューターに搭載されている最も基本的なソフトウェアコンピューターの電源を入れると最初に起動し、システムの構成要素(コンポーネント)がすべて動作しているか、正しい場所にあるかをチェックし、メインのOSをロードします。PCのスムーズな稼動にはBIOSが不可欠です。だからこそ、BIOSを最新の状態に保つことが重要なのです。

    幸い、数年前と比べ、システムを良好な状態で維持するという目的では、BIOSの更新はかなり簡単になりました。ユーザーの負担を減らすため、PCでBIOSが格納されているマザーボードが改良され、進化したからです(ここでいう「PC」とは、Windowsの実行を目的としたコンピューターのことですが、Linuxデバイスや、「ハッキントッシュ」の大半もBIOSを頼りにしています。Appleアップル)社製のマシンはちょっと事情が異なります)。

    たとえば、現在のマザーボードで、UEFI(Unified Extensible Firmware Interface)がBIOSに取って代わったのも、このような進化の一端です。UEFIはBIOSよりも速く賢く、これまでBIOSが担当していた仕事の大半をこなします。ただし、話をわかりやすくするために、ここではUEFIもBIOSと呼ぶことにします(実際、UEFIはUEFI BIOS、または単にBIOSと呼ばれることがよくあります)。

    CPU-Zは準備を手伝ってくれる Image: Gizmodo US

    名前はともかく、今日のテーマであるBIOSはPCが土台として頼りにしているファームウェアですから、バグ修正プログラムセキュリティパッチを使って、常に最新の状態にしておくことが重要なわけです。システムをできるだけ健全かつ安全に保つために、定期的にチェックしたいものです。

    BIOS更新のやり方

    慌てる必要はありません。指示にしっかり従って進めれば、数分で終わる程度のささいなことですから。(UEFI)BIOSは、通常、Windows UpdateまたはUSBメモリを使って更新されます。ただし、そのプロセスは、マザーボードメーカーによってほんのちょっと異なりますが。

    アップデートファイルの入手先を探す

    これを念頭に、まず、マザーボード(もしくはノートパソコン)を製造したメーカーWebサイトにアクセスしましょう。必要なアップデートファイルはすべてここにあります。詳しい手順書もおそらくここで手に入るでしょう。たとえば、新しいASUSマザーボードガイドはここにありますし、Acerコンピューターのはここにあります

    必要なDell BIOS更新ファイルを見つける Image: Gizmodo US

    使用しているコンピューターメーカー名と機種でネット検索すれば、関連する情報がヒットするはずです。できれば、取り付けられているマザーボードの名前と型番も検索に含めてみてください。PCに入っているマザーボードの型番が分からない? では、「システム情報」画面(タスクバーの検索ボックスで「システム情報」を検索すればすぐ見つかります)へ進み、「システムの要約」でベースボードの詳細を確認しましょう。「ベースボード製造元」がマザーボードメーカー、「ベースボード製品」が型番です。

    CPU-Zでも必要な情報がわかる

    何らかの理由でこれが上手く行かなかった場合、またはなんのことやらさっぱりわからないという場合には、無料アプリCPU-Zにやってもらいましょう。このアプリを起動して、「Mainboard」タブを見れば、マザーボードメーカーと型番が表示されているはずです。CPU-Zとシステム情報のどちらにも、BIOSバージョンと日付が表示されますので、最後に更新してからどのくらいの年月が経っているかがわかります

    さてこれで、BIOSの更新プログラムの検索に必要な情報が揃いました。必ず、メーカーの正式なサポートWebサイトを探しましょう。マルウェア感染の心配のない、純正のプログラムが確実に手に入りますから。メーカーによっては、マザーボードメーカーや型番ではなく、ノートPCメーカー名と型番(これに「BIOSの更新」というキーワードをつければ尚可)で見つけられることもあります。

    更新の仕方はメーカーごとに異なる(要手順の確認)

    実際のアップデートは、このようなユーティリティが最後までガイドしてくれる Image: Gizmodo US

    BIOSの更新方法は、メーカーによって異なります。また、メーカーが同じでも、マザーボードの種類によっては手順が変わることもありますが、最小限の技術的ノウハウがあればなんとかなるはずです。ここではDell PCを例に説明しますが、メーカーが違っても、手順はだいたい似たようなものでしょう。

    Dellの総合サポートポータルこちらです。アクセスすると同時に、使用しているコンピューターの型番の入力、またはアシスタントツールダウンロードを求められます。また、「ドライバおよびダウンロード」をクリックして、必要なダウンロードまっすぐ進むこともできます。ひとりじゃ不安だという方は、「SupportAssistのダウンロードインストール 」へ。運が味方してくれれば、BIOS更新作業の大半を自動化してくれるWindowsツールが手に入ります。そうでなくても、少なくとも手順を詳しく説明した説明書は手に入るはずです。

    Dellコンピューターをはじめ、大半のコンピューターでは、指定された小さなユーティリティダウンロードして実行すれば、BIOSが最新バージョンに更新され、同時にPCが再起動されます。このとき、まず、すべての作業を保存し、すべてのファイルをバックアップすることを絶対に忘れないでください。

    UEFIを搭載した最新のWindows 10システムならBIOSへのアクセスも簡単 Image: Gizmodo US

    こういった更新ユーティリティには、ユーザーコンピューターを完全に操作不能にしないように防ぐための対策が組み込まれています。私たちもみなさんに一刻も早くBIOSを更新して欲しいと思っていますが、十分に注意しながら、正しいファイルを見つけてください。また、更新ファイルを適用する前には、くれぐれもコンピューターがほかの処理をしていないことを確認してください。

    更新を完了すれば、Windows Updateの恩恵がすべてみなさんのものになります。他のハードウェアとの互換性が高まり、セキュリティが向上し、バグが減り、おそらくその他にも機能が1つか2つ追加されるでしょう。古いPCのBIOSを操作する場合には、通常、コンピューターの起動画面でファンクションキーDeleteキーを押す必要があります(どちらかわからない場合は、マニュアルを確認するか、画面に表示されるメッセージに従って操作してください)。

    UEFI BIOSが更新されたら、「Windowsの設定」から「更新とセキュリティ」の「回復」に進み、「今すぐ再起動」をクリックします。次に、「トラブルシューティング」>「詳細オプション」>「UEFI ファームウェアの設定」の順にクリックし、最後に「再起動」します。再起動後に表示されるオプションは、コンピューターメーカーや機種によって異なりますが、通常はそこでドライブの起動順序の変更やWi-Fi接続の有効無効の切り替えができます。

    BIOSの更新は面倒な作業のように感じられます。特に手順に正確に従わなかった場合には、コンピューターを使用できなくなる可能性があると脅されたら、あまり気乗りしないかもしれません。しかし、手順を忠実に守れば、最終的にはコンピューターがより安全で高速になるという利益が得られます。やってみる価値は十分にありますよ。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    BIOS、更新してますか?


    って、怖くて手が出せません笑


    皆さんはいかがですか?





    <このニュースへのネットの反応>

    【BIOS、更新してますか?】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【元記事をASCII.jpで読む】

     デルは、11.6型ノートパソコンNew Inspiron 11 3000 2-in-1」を値引して販売している(最新の構成例/価格はデルの公式サイトを参照していただきたい)。

     リーズナブルな価格ながら、A9-9420e、4GBメモリー、64GB eMMCを搭載し、ビジネスやレポート作成にぴったりな処理性能が魅力。公式サイトからの購入で、通常価格から値引された3万5131円で購入できる。

     
    デルの11.6型モバイルノートPCがクーポン利用で3万5131円!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    デルの11.6型モバイルノートPCがクーポン利用で3万5131円!

    これ格安でいいですね!!









    <このニュースへのネットの反応>

    【デルの11.6型モバイルノートPCがクーポン利用で3万5131円!】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【元記事をASCII.jpで読む】

     日本HPの直販サイト「HP Directplus」では、「国内シェア ナンバーワン!」キャンペーンを実施している(最新の情報はHP Directplusを参照のこと)。

     日本HPが、2019年ブランド別国内シェアNo.1を外資系PCメーカーとして初めて獲得したことを感謝するものとして、13.3型ノート「HP ENVY x360 13」や、クリエイティブ作業向けデスクトップPC「HP ENVY Desktop TE01」など、複数モデルを値引きして販売する。

     ハイコストパフォーマンスのPCを探している読者は、この機会をぜひ利用しよう!

    ※表記価格はすべて税抜き
    HPが感謝セール、人気ノート「HP ENVY x360 13」が3万5300円オフ!-HP Directplus


    (出典 news.nicovideo.jp)

    HPが感謝セール、人気ノート「HP ENVY x360 13」が3万5300円オフ!-HP Directplus

    これいいですね!!

    HPって、よくみますね!!







    <このニュースへのネットの反応>

    【HPが感謝セール、人気ノート「HP ENVY x360 13」が3万5300円オフ!】の続きを読む

    このページのトップヘ