ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > PC


    Image: ASUS

    据え置きでもChromeOSで十分では?

    ってスタイルChromeOS搭載PCって、ノートブック型でどこでも持ち運べますよ!ってイメージがありますけど、こちらは「別に据え置きでも良いでしょ!」スタイルな「ASUS Chromebox 4」。Wi-Fi 6に対応し、Chrome OSを採用したミニPCとなります。

    そう、自宅やオフィスでの利用がメインなら、ノート型である必要ないんですよね…! 据え置きタイプで、自分の使いたいモニターに接続したほうが画面も解像度もでかくて効率上がるやつ。

    そして、このChromebox。何がすげーのかって言うと、Chrom OSらしからぬハイスペック仕様が選べるのです。

    Core iモデル3種とCeleronモデル1種から選ぼう!

    ASUS Chromebox 4」はスペックの違う4種類がラインナップされています。ざっくり紹介すると

    CHROMEBOX4-G7021UN (最上位モデルCore i7-10510U、メモリ16GB、ストレージ256GB(M.2 PCIE GEN3x4 SSD)

    CHROMEBOX4-G5020UN(ミドル-ハイモデルCore i5-10210U、メモリ8GB、ストレージ128GB (M.2 SATA SSD)

    CHROMEBOX4-G3019UN(ミドルモデルCore i3-10110U、メモリ8GB、ストレージ128GB (M.2 SATA SSD)

    CHROMEBOX4-GC018UN(エントリーモデルCeleron 5205U、メモリ4GB、ストレージ64GB(eMMC

    こんな構成。Core iモデルは、Windows載せても普通に快適なやつですよね?というグレードになっています。

    ChromeOSのボリュームゾーンっておそらくCeleronモデルスペックなんでしょうけど、サクサクで快適さが欲しい! Chromeのタブをとにかくたくさん開きたい! 仕事でも快適に使いたい!といった、ちょっとリッチなChromeOS体験を求めるニーズへも対応できるってわけですね。

    ハブ要らず!な豊富なポート。3画面出力もOK

    Image: ASUS

    ポート類が豊富なのもデスクトップ型のメリットですね。

    USBUSB-C ×1 (背面×1)、USB-A×5 (正面×2、背面×3)、背面にはEthernet端子とフロントにはMicroSDカードリーダー

    映像出力は背面に集中していて、HDMIポート×2、USB-CDisplayPort 1.4)×1。同時に3台のディスプレイに出力できます。最大4K UHD解像度への出力もサポートするので、画面を大きく使えてノートPC型よりも有利ですねー。寸法も小さくてVESA規格対応なので、モニターの裏にガッチャンコもできて、デスクの上もスッキリしますよ。

    ASUS Chromebox 4シリーズの発売は5月13日、価格はすべてオープンとなっています。実売いくらになるの?ってのが若干不安ではありますが、モニターが無いぶん手を出しやすい…といいな!

    その他の特徴はこちらをどうぞ。

    Source: ASUS



    (出典 news.nicovideo.jp)

    ASUSからChromebook…いや、画面がないぞ!「Chromebox」だ!


    これ最高ですね!!

    このタイプは使い勝手いいですね!!




    “"


    持ち運びにやすいポータブル電源【Jackery】

    <このニュースへのネットの反応>

    【ASUSからChromebook…いや、画面がないぞ!「Chromebox」だ!】の続きを読む

    • カテゴリ:

    Image: Christin Hume/Unsplash

    パンデミックに見舞われてからは、機械が苦手な家族や友人からのSOSがあっても、以前のように直接出向いてノートPCスマホWi-Fiプリンタなどのトラブルシューティングを行うことが難しくなりました。しかし、リモート接続でならサポートすることも可能です。そして幸いにも、リモートサポートを行うための設定はそんなに難しくないのです。

    このためのベスト選択肢は、おそらくChrome リモート デスクトップでしょう。無料かつシンブルで使いやすく、そしてほとんどのパソコンモバイル端末で使えますからね。使い始めるには、サポートを受ける側がまずGoogle Chromeリモート デスクトップのリンクを開き、画面を共有クリックします。

    この時点でChromeChrome リモート デスクトップの拡張機能インストールを提案してきます。必須ではありませんが、キーボードショートカットサポートなどいくつかの機能が追加されます。サポートを受ける側はこの画面を共有の隣にある青いダウンロードボタンクリックしてから、遠隔操作を可能にするユーティリティインストールするために同意してインストールを押下しましょう。

    クリックで接続できます Screenshot: Chrome Remote Desktop

    サポートを受ける側は、続けてコードを生成クリック。これによって、アクセスする側が同じChrome リモートデスクトップのサイトへの接続に必要な12桁の数字が提示されます。アクセスする側は画面を共有クリックしてから、別のパソコンに接続の欄に前述のコードを入力し、先方で接続が許可されればセッションの開始です。

    コードの有効時間は5分間しかないので、電話やメールなどの手段でコードを共有するには、両者とも同じタイミングオンラインになっている必要があります。パソコンからのアクセスではない場合、Android版かiOS版のChrome リモートデスクトップアプリコードを入力できますが、小さい画面だと見づらくなってしまいます。

    接続が確立したら、Chromeのタブを通してまるでそのパソコンの前に座っているかのように他の人の端末にアクセスできます。タブが開かれているときにマウスやキーを操作すると、自身のコンピュータではなく、接続先のコンピュータで応答します。この時点でドライバの更新やプリンタの再インストールWi-Fi速度のチェックなどトラブルシューティングのために必要なことを行えるようになります。

    Screenshot: Chrome Remote Desktop

    相手側の画面下部には、「デスクトップは現在~と共有されています」と表示されます。いつでも共有を停止を押してセッションを終了できますし、こちら側からはブラウザのタブを閉じて終了することも可能。最初から終わりまで、かなり簡単でストレスフリーな工程です。

    Chrome リモート デスクトップページには、パソコンアクセスという選択肢もあります。離れた場所から自分のパソコンリモートアクセスしたい場合に使える似た機能ですが、あらかじめ設定を行っておく必要があります。

    Windows 10ユーザー同士であれば、クイックアシストという標準アプリを使えます。検索ボックスでクイックアシストと入力すると立ち上がり、支援を受ける支援を提供するの2つの選択肢が現れます。まずは他のユーザーを支援するクリックして、先方に渡す6桁のコードを表示させましょう。

    Windows 10クイックアシスト Screenshot: Windows

    サポートされる側が行う操作は…お察しの通り、アシスタントからのコードボックスに前述のコードを入力して、画面の共有を選んでもらいます。この時点でこちらは相手のパソコンを完全に制御するか、画面を見るだけかを選べます。選んで先方が接続を許可したら、トラブルシューティングを始められますよ。

    Chrome リモート デスクトップと同様に、(完全に制御を選んでいれば)アクセスしているパソコンの前に座っているかのように操作ができます。リモート先のデバイス再起動さえも行えて、再起動した後も遠隔操作を続けられます。セッションを終えるには自分のパソコン上の停止ボタンクリックするか、相手に画面上部に表示されたクイックアシストの隣の×クリックしてもらいましょう。

    もしお互いにWindows 10パソコンを使っているなら、Chrome リモート デスクトップよりもクイックアシストの方が簡単かもしれませんが、macOSには同等のオプションがありません。このような遠隔操作ツールは他にも数多く存在しますが、その多くが有償の市販プログラムで、必要とする以上の機能がわんさか搭載されています。

    TeamViewerもWindowsmacOSにとって選択肢の1つです Screenshot: TeamViewer

    TeamViewerは無料(個人利用の場合)のサードパーティー製の選択肢としてはおそらく最高ですが、接続する側とされる側、両方にデスクトップクライアントダウンロードインストールをする必要あり。接続される側のパソコンで友人もしくは家族がTeamViewerを立ち上げると、IDとパスワードが表示されます。

    接続する側はTeamViewerを立ち上げたら、前述のIDをフィールドに入力して、接続クリックして先ほどのパスワードを入力。クイックアシストと同様に、先方のパソコンを完全に制御するか、画面を見るだけかといったアクセスモードを選べます。TeamViewerには接続速度を向上させるため、接続先の壁紙を非表示にするなど役立つ機能が備わっているので、Chrome リモート デスクトップあるいはクイックアシストが合わないなら見る価値はあるでしょう。

    技術的な問題がどれもWindowsmacOSパソコン絡みというわけではないですし、別の状況ではビデオ通話をかけて遠く離れた場所からトラブルシューティングをすることもあるでしょう。iPadでのFaceTimeパソコンでのZoomでも役目を果たせますが、ここで取り上げた遠隔操作ツールほどのシームレスな解決策ではありません。それにカメラ越しに操作を頼むより、自分で操作できたほうがやりやすいですからね。

    Source: Chrome (1, 2), TeamViewer,



    (出典 news.nicovideo.jp)

    遠隔でPCトラブルをサポートしたいときに役立つツール3選


    これ便利ツールですね!!




    “"


    初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール

    <このニュースへのネットの反応>

    【遠隔でPCトラブルをサポートしたいときに役立つツール3選】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【元記事をASCII.jpで読む】

     容量わずか0.4リットルの超小型ファンレスPC「MINISFORUM N33」が発売された。価格は1万9800円。ツクモパソコン本店とTSUKUMO eX.で販売中だ。

     本体サイズ120(W)×120(D)×27(H)mm、重量約250gの完成品PCが登場した。CPUに“Apollo Lake”世代のモバイルプロセッサー「Celeron N3350」(2コア/2スレッド/定格1.10GHz/バースト時2.40GHz/キャッシュ2MB/TDP 6W)を搭載。メモリーはLPDDR4 4GB×1枚の4GB(オンボード)で、ストレージはeMMC 64GBのほか、Type 2242のM.2スロットを1基備える(ユーザーによる増設は非対応)。

     グラフィックス出力はCPU内蔵のIntel HD Graphics 500で、HDMI 1.4とD-Subを搭載。ほかにギガビットイーサネットIEEE 802.11ac無線LAN+Bluetooth 4.2、サウンドUSB3.0×3などを備える。また、OSにWindows 10 Pro 64bitをプリインストール済み。

    Windows 10入りで容量0.4リットルの超小型ファンレスPCが発売


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Windows 10入りで容量0.4リットルの超小型ファンレスPCが発売

    これコンパクトで最高ですね!!

    シンクライアント端末みたいですね笑笑


    多機能で自由なショッピングサイトの構築が可能【ECサイト基本システム】
    “"





    <このニュースへのネットの反応>

    【Windows 10入りで容量0.4リットルの超小型ファンレスPCが発売】の続きを読む

    • カテゴリ:

    Microsoftは米国時間2021年4月13日Surface Laptop 4を発表した。概要は別記事『MS「Surface Laptop 4」発表、Intel版とAMD版の選択 ラインナップ全体に拡大』を参照いただくとして、個人的には購入するかどうか少々悩んでいる。

    現在の筆者はデスクトップPCと2in1 PCのサブマシンが2台という構成だが、それぞれ異なるチャネルでWindows Insider Programに参加させている2in1 PCの性能がもの足りないのだ。2020年10月に登場したSurface Laptop Goにも強く引かれたが、用途と諸条件を満たせず購入を見送った。

    だが今回、Intel Core i7およびAMD Ryzen 7モデルを用意するSurface Laptop 4であれば、スペック的には問題ない。さらに、コロナ禍でオフライン取材の機会も減ったいま、携帯性に優れた2in1 PCよりも安定感のあるクラムシェル型のほうが魅力的だ。

    前置きが長くなったが、ここで焦点を当てたいのはMicrosoft 365 Personalのバンドルが選択式になったこと。漠然とMicrosoft StoreでSurface Laptop 4を眺め、購入価格を確認するためにモデルを選択したところ、「Microsoft 365 Personal(=Office 365 Personal)」のバンドルを取捨選択できるようになっていた。Surface Laptop 4限定の施策なのかと別のSurfaceでも構成を確認したが、同様にMicrosoft 365 Personalを「なし」で購入できる。

    合わせて大型量販店のECサイトを確認したところ、Surface Laptop 4に関しては「Microsoft Office Home & Business 2019」バンドモデルしか見当たらない。

    以上から2つのパターンが考えられる。1つは長年続けていたMicrosoft 365 Appsのバンドルをようやく取り下げたのか。もう1つはMicrosoft Office Home & Business 2019のライセンス料金は計上したままで、Microsoft 365 Personalへの移行をうながしているのか。ハードウェアスペックと後述する理由から、日本マイクロソフトは後者を選択したのではないかと想像している。

    上図はAMD Ryzen 5 4680U・メモリ8GB・ストレージ256GBモデルを個人向け・法人向けで選択した状態だが、前者は128,480円、後者は133,980円。これまでの「Officeを差し引いたぶん、法人モデルは安い」という現象をくつがえしている。

    この差を生み出しているのは、法人向けSurface Laptop 4の構成で「Microsoft Office Home & Business 2019」が必須アイテムに組み込まれているからだ。蛇足だが、Microsoft Office Home & Business 2019の価格は38,284円だった(いずれもMicrosoft Store販売価格)。

    個人向けのプリインストールOSはWindows 10 Home、法人向けはWindows 10 Proというようにエディションが異なり、価格的にも1万数千円の差が生じる。それを差し引くと個人・法人向けの価格差はほぼなくなっているのだ。

    ここ数年の筆者は新たにPCを購入する場合、上記の理由から法人向けSurfaceを選択してWindow 10 Proアップグレードしていたが、永続版Officeライセンスにこだわる必要がない個人ユーザーなら、ムリをして法人向けを購入する必要はない。現在、サブスクリプションMicrosoft 365 Personalを契約しているユーザーでも、Microsoft Storeでは約半額で購入できるので、同ライセンスの契約延長に用いる方法もある。

    いまではサブスクリプションモデルが半ば当然となり、ユーザーの数だけ契約形態が存在する述べても過言ではないだろう。さらに法人利用はMicrosoft 365 BusinessOffice 365 E5といった法人向け契約が主体となるため、今回のMicrosoft Office Home & Business 2019強制バンドルには首をかしげざるを得ないが、個人ユーザーに限定すれば、新PCを購入しやすくなった(構成と価格の選択肢が増えた)のは事実である。

    著者 : 阿久津良和 あくつよしかず 1972年まれのITライター。PC総合誌やDOS/V専門誌、Windows専門誌など、各PC雑誌の編集部員を経たのちに独立。WindowsLinuxをこよなく愛しつつ、PC関連の著書を多数手がける。近年はBtoCにとどまらず、BtoBソリューションの取材やインタビューが主戦場。休肝日を設けず日々飲み続けてきたが、γ-GTP値が急激に増加し、早急な対応を求められている。ご連絡は以下のサイト内設置したフォームからお願いいたします。https://www.cactus.ne.jp/ この著者の記事一覧はこちら
    阿久津良和)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    個人・法人向けSurfaceの価格がほぼ同額となったMicrosoft Store - 阿久津良和のWindows Weekly Report

    これ魅力的ですね!!

    やっぱりsurface最高ですね!!




    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【個人・法人向けSurfaceの価格がほぼ同額となったMicrosoft Store - 阿久津良和のWindows Weekly Report】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【元記事をASCII.jpで読む】

     日本マイクロソフト4月14日ノートPCSurface Laptop 4」を発表。予約受付を開始した。

     従来からの上質な素材はそのままに、3:2のPixelSenseタッチスクリーンディスプレーを搭載、13.5型または15型モデルを用意。Alcantara仕上げまたはメタル仕上げを選択でき、新色のアイスブルーといった大胆なカラーラインアップ。低照度対応機能を持つHDフロントカメラスタジオマイクアレイを内蔵しのバーチャル会議などでもクリアな画質ではっきりと声が聞こえる状態を保てるという。また、201PPIのハイコントラストタッチスクリーンディスプレーDolby Atmos Omnisonicスピーカーにより、映画や番組の視聴にも適している。

     CPUには第11世代インテルCoreプロセッサーまたはAMD Radeon内蔵のAMD Ryzenモバイルプロセッサー(Microsoft Surface Edition)を選択可能。

     豊富なアクセサリー類も新たに登場した。Microsoft Teams認定製品となる「Surface Headphones 2+ for Business」は13段階のアクティブノイズキャンセリング機能やイヤーカップダイヤル、8マイクシステムなどを備え、オンライン会議において使いやすいコントローラーなどを備える。このほか、「Microsoft Modern USB」およびワイヤレスヘッドセットも、「Microsoft Modern USB-C Speaker」や「Microsoft Modern Webcam 」といったMicrosoft Teamsなどのオンライン会議に適した商品をラインアップ

     Surface Laptop 4は、4月15日より出荷開始。Surface Headphones 2+ は5月6日出荷開始、その他Microsoft Teams 認定アクセサリは6月以降順次出荷予定となる。

    「Surface Laptop 4」発表、予約受付開始


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「Surface Laptop 4」発表、予約受付開始

    いいですね!!

    これ欲しくなりますね!!





    v6アルファ対応Wi-Fiルーターレンタルがず~っと無料!『OCNforドコモ光』

    <このニュースへのネットの反応>

    【「Surface Laptop 4」発表、予約受付開始】の続きを読む

    このページのトップヘ