ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > iPhone


    81a

    今年秋にも発表されることが有力視されているAppleフラッグシップiPhoneiPhone 12シリーズ。性能もさることながら、デザインについても刷新されることが伝えられている中、この度iPhone 12の5.4インチモデルに使用されるというディスプレイのリーク画像が公開され、話題となっている。

    iPhone 12の5.4インチモデル、ディスプレイのリーク画像が公開?

    今回そのリーク画像を公開したのはTwitterアカウント@StationChat」だ。中国のSNS、Weiboでもブロガーとして活躍しているアカウントが今回Twitterに投稿したリーク画像には、いわくiPhone 12シリーズの下位モデルに当たる5.4インチモデルの「本物のディスプレイ」が写し出されている。この画像を確認する限り、iPhone 11シリーズディスプレイデザインとあまり差がないようにも見える。 iPhone 12シリーズディスプレイ側のノッチが極端に狭くなることで、ディスプレイが広くなることがこれまでの情報で繰り返し主張されていた。ノッチ幅の縮小はデザイン変更の最大の特徴のひとつとして紹介されていただけに、もし今回のリーク画像がiPhone 12用の本物のディスプレイとなると落胆してしまう方は多いはずだ。 他の6.1インチ、6.7インチモデルのリーク画像はないため、もしかすると、5.4インチモデルのみノッチ幅が変わらないまま登場する可能性も? 今後の情報に注視したい! ▼合わせて読む ・iPhone 12のノッチのサイズはこれぐらい?USB-Cポートは不採用か
    81a

    Photo via EverythingApplePro(YouTube)

    Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.



    (出典 news.nicovideo.jp)

    iPhone 12の5.4インチモデルはノッチ幅が変わらず登場?ディスプレイのリーク画像が公開

    これいいですね!!

    ノッチ幅が変わらず登場って、楽しみですね!!



    <このニュースへのネットの反応>

    【iPhone 12の5.4インチモデルはノッチ幅が変わらず登場?ディスプレイのリーク画像が公開】の続きを読む


    Image: crevita

    こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

    ライフハッカー[日本版]より転載

    スマホゲームもワイヤレスイヤホンで楽しみたい!

    でも、現時点の技術では無線通信の遅延はゼロにはできないので、特にタイミングがシビアなゲームでは致命的ですよね…。

    そんな課題に向き合った、北欧ブランドの完全ワイヤレスイヤホンTRUE GAMING」が姉妹サイトmachi-yaに登場しました。

    低遅延モデルでは定番のaptX LLを採用せず、iPhoneでも使えるAACで65ミリ秒まで遅延を抑えているとのこと。iPhoneゲームを楽しむ方には朗報かもしれませんので、早速チェックしてみましょう!

    ゲームモードで低遅延&サラウンド

    Image: crevita

    TRUE GAMING」は、性能とコストバランスがいい製品を送り出すことがブランドポリシーである、北欧ブランド「Defunc(デファンク)」の完全ワイヤレスのゲーミングモデル

    デザインAirPodsによって定番化した、いわゆる”うどん”形状のカナル型となっています。

    Image: crevita

    最大の特徴はゲーミングモードとなっており、遅延は0.065秒まで抑えつつ

    Image: crevita

    独自のチューニングが効いた、360度のサラウンドモードで臨場感を大幅にアップさせることが可能とのこと。

    低遅延を含めた実力は聞いてみないとわかりませんし、有線とはまだまだ差が出るところですが、iPhoneユーザーにも低遅延モデル選択肢が増えるのは喜ばしいですね!

    最大48時間のロングライフ

    Image: crevita

    いくら高性能でも、2-3時間で充電切れだとちょっと物足りないですよね。

    TRUE GAMING」は音楽視聴などの通常モードで最大8時間と完全ワイヤレスにしてはロングライフパワーを使うゲーミングモードでも6〜7時間利用可能なので十分楽しめる性能となっています。

    Image: crevita

    ケースでの充電を含めば最大48時間まで利用可能。1時間程度の通勤や通学時の利用であれば、1週間は余裕で過ごせるのでいいですね。

    ライバルはRazer?

    Image: crevita

    キャンペーンページには簡単な比較表がありましたが、ライバルは昨年末に発売され、同じくAACで低遅延が特徴となるRazerの「Hammerhead True Wireless Earbuds」と予想されます。

    Razerの製品については、e-イヤホンさんが感想を書かれているので「TRUE GAMING」を検討される場合には参考になるかもしれませんね。

    3種のカラーバリエーション

    Image: crevita

    カラーブラックダークグリーンホワイトの3色展開。モノトーンながらステム部分だけ光沢を出すという、ちょっとした演出が効いています。

    シンプルやミニマルといった中でも主張するポイントがある、北欧デザインならではの部分かもしれませんね。

    ちなみに筆者的には、かの量産型モビルスーツ感が漂うダークグリーンが気になりました!

    独自サラウンドで臨場感がアップし、iPhoneでも低遅延で楽しめる完全ワイヤレスイヤホンTRUE GAMING」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaでキャンペーンを実施中。

    各色先着50個は国内販売予定価格に対して30%OFFのお得なプライスになっているので、気になった方は是非下のリンクからチェックしてみてください!

    >> 低遅延と360度サラウンドでゲームが楽しめる「TRUE GAMING」

    Source: machi-ya, イヤホン・ヘッドホン専門店eイヤホン



    (出典 news.nicovideo.jp)

    iPhoneでも低遅延!サラウンド音響も搭載した北欧発の完全ワイヤレス

    低遅延って、いいですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【iPhoneでも低遅延!サラウンド音響も搭載した北欧発の完全ワイヤレス】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     アップルが今年発売するiPhone 12には、耐久性の高い編み込みケーブルを採用したLightningケーブルが同梱される。中国メディア充电头网がSNS微博(weibo)へ7月14日に投稿した。

     同紙によると、iPhone12にはUSB-C - Lightningケーブルが同梱される予定であり、さらに断線しにくい編み込みケーブルが採用されるという。

     投稿には写真も添付されており、これまでのアップル純正Lightningケーブルよりも少しだけ太くなるとみられている。

     Lightningケーブルは長期間使っていると充電端子側のケーブル皮膜が破れてしまう故障が多かったが、今回のうわさが本当であればより長く使えることになりそうだ。

    iPhone 12、高耐久Lightningケーブル採用か


    (出典 news.nicovideo.jp)

    iPhone 12、高耐久Lightningケーブル採用か

    これいい情報ですね!!

    やっぱりLightningケーブルなんですね笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【iPhone 12、高耐久Lightningケーブル採用か】の続きを読む


     台湾のICサプライチェーン情報筋によれば、Apple2020年発売のiPhoneに関して、サブ6GHz帯と5Gミリ波の両方をサポートする予定だが、2021年は特定の市場向けに、その片方だけをサポートするモデルを投入する可能性が高いと、DigiTimesが伝えている。

    【その他の画像】

     台湾の半導体業界の情報筋は、Apple2020年iPhoneラインアップにQualcommの5nmプロセスの5Gモデムチップ「Snapdragon X60 5G」を採用することを決定したため、今年はデュアルモードの5G iPhoneのみを発売すると話したそうだ。

     サブ6GHz帯または5Gミリ波のいずれかに対応したシングルモードiPhone2020年後半には発売されないとされているが、他の情報筋の中には、5Gネットワークの規格が世界的に統一されにくく、一部の国、特に中国は明らかにサブ6GHz帯に重点を置いており、米国はミリ波技術を重視しているため、Appleは一部の特定の市場向けにシングルモードの5Gモデルを導入する可能性が高く、2021年に導入されるという考えもあるそうだ。

     バンドを限定的にサポートする5Gモデルリリースは、将来のiPhoneのモデムコストを削減し、市場シェアの拡大に貢献する可能性があると情報筋は話しているという。

    [MACお宝鑑定団]

    iPhone 2020のモックアップ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    iPhone 12はサブ6GHz帯と5Gミリ波の両対応?

    これ情報早いですね!!



    <このニュースへのネットの反応>

    【iPhone 12はサブ6GHz帯と5Gミリ波の両対応?】の続きを読む


    iPhone
    今年秋にも発表されることが伝えられているAppleフラッグシップiPhoneiPhone 12シリーズデザインが刷新され、iPad Proのように筐体の側面がフラットになる可能性も示唆されているが、この度、本シリーズの上位モデルにあたるiPhone 12 Proシリーズコンセプト映像が公開された。

    完成度の高いiPhone 12 Proのコンセプト映像が公開!

    Forbes誌のGordon Kelly氏によると、今回公開されたコンセプト映像はこれまでで「最も完成度の高い」ものとなっているようだ。本映像はこれまでにも数々のApple製品のコンセプト映像を紹介している「Enoylity Technology」によるもの。映像内は、先述の通り一新されたデザインを採用し、筐体のシャーシ部分がフラットデザインになっているほか、LiDARスキャナが搭載される背面カメラレンズiPhone 11 Proシリーズのものより、大きく修正されている様子。また標準のOSとして「iOS 14」を採用したイメージも描かれている。 iPhone iPhone 一方で、本映像内では、導入が検討されていたとされる120Hzリフレッシュレートに対応したSuper Retina Display搭載についても言及されているが、すでに多くのリーカーやディスプレイ関連のサプライチェーンを調査するメディアがその可能性を否定しているため、導入はないものと見られている。 9月発表が濃厚と言われているものの、iPhone 12 Proシリーズについては発表から1ヶ月ほど遅れての発売になることも示唆されている。予測されている発表時期まで残りわずか! 今後のさらなる情報に注目だ! ▼合わせて読む ・iPhone 12シリーズの発表時期に3つのシナリオが存在?9月発表か、10月発表か

    Introducing iPhone 12 Pro — Apple

    iPhone
    Photo via Enoylity Technology(YouTube)

    Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.



    (出典 news.nicovideo.jp)

    今秋発表とうわさのiPhone 12 Proのコンセプト映像が公開!これまでで最も完成度が高い?

    やばいですね!!
    これすごく気になりますね!!


    <このニュースへのネットの反応>

    【今秋発表とうわさのiPhone 12 Proのコンセプト映像が公開!これまでで最も完成度が高い?】の続きを読む

    このページのトップヘ