ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > mac

    • カテゴリ:

    Apple5月4日に、主力ノートパソコンMacBook Pro 13インチモデルを刷新した。筆者は、2016年モデルMacBook Pro 13インチメインマシンとして活用しており、上位モデルへの買い替えを検討している。いわゆる「ターゲットユーザー」にあたる。そうした前提で、このマシンレビューしていきたい。まずは、目玉の1つとなったMagic Keyboardの搭載だ。

    今回のMacBook Pro 13インチモデルは、プロセッサの消費エネルギーで上位モデルと下位モデルに分かれる。プロセッサの世代やメモリの速度などはモデルごとに異なるが、Magic Keyboardの採用は全モデル共通となった。そのキーボードの変更について、打鍵感の感想を含め、考えていきたい。
    MacBookシリーズ共通の上質なタイピング

    筆者は、バタフライキーボードTouch Barを備えるコンピュータを愛用してきた。個人的には、バタフライキーボード自体に不具合はなく、0.55mmという浅いキーストロークについても、これに合わせた指の動かし方を会得してからは、決して入力しにくいとは思わなかった。

    しかし、多くのユーザーには打鍵感に欠ける、音がうるさく上質感がない、そして後述する信頼性の問題で不評となっていた。そこで、2019年11月に登場したMacBook Pro 16インチモデルで新しい、というよりは以前採用していたシザー構造に戻しながらも改良を加えたMagic Keyboardデビューさせた。

    16インチMacBook ProMacBook AiriPad Pro向けMagic Keyboardに続いて、MacBook Pro 13インチモデルに採用されたことで、現在Appleが販売するモバイルコンピュータすべてがMagic Keyboardに置き換えられた。

    Magic Keyboardのメカニズムはどのデバイスでも共通だ。1mmのストローク、キーのどこを押しても正確に押し下げられるシザー構造、そして適度な抵抗と反発力を与えてくれるラバードームは、とにかく「ちょうど良い」という言葉がふさわしい快適さを提供してくれる。

    少し込み入った話になるが、バタフライキーのころは、常に自分の指の筋力を弱く使いながらタイピングをしていた。これは、キーを押し下げた際の反発力がさほどないからで、それを意識しながらタイピングする必要があったからだ。もちろん、そのコツが分かれば、長時間一定のペースタイピングでき、使いにくいとは感じない。ただ、万人受けするタッチではないとも感じていた。

    Magic Keybardは、前述の通りちょうど良い反発があるため、キーを押し下げたあとは力を抜き、ラバーではね返る力を利用し、よりリズミカルに次のキーへと指をジャンプさせながらタイピングできる。こちらの方が、多くの人にとってタイピングスピードを高めやすいと感じるのではないだろうか。
    ○静かで上質なタイプ音をもたらす

    13インチMacBook ProMagic Keyboardで上質さを感じる理由は音だ。

    新しいメカニズムになり、パチパチとした打鍵音は小さくなった。手元にあるiPad Pro用のMagic Keyboardと比較すると、メカニズムは13インチMacBook Proと比べると同じでも、13インチMacBook Proの方がより静かな音を奏でるのである。

    その理由として考えられるのが、本体の質量や、キーボード直下のパーツによる吸音や反響の違いが影響していると考えられる。特に、リターンキーやスペースキーなどの大型キーで、iPad Pro用のMagic Keyboardはカチャカチャという音が大きく耳に残るのだ。タッチは同じでも、音が違うと打鍵感も違って感じるから不思議である。

    13インチという持ち運ぶメインマシンにふさわしいサイズに、常用して多くの人が納得できるMagic Keyboardを搭載した点は、13インチMacBook Proの大きな『体験上の進化』と評価できる。
    ○葬り去られたバタフライキーボード

    もう少し事実を正確に分析すると、「Appleは早くバタフライキーボードをやめたかった」ということになるだろう。

    そのことは、Appleの公式サポート文書も物語っている。「MacBookMacBook AirMacBook Proキーボード修理プログラム」だ。Appleは、バタフライキーボードを備える製品に対して、「キーボードの不具合が出やすい」というユーザーからの批判に応える形で無償修理を提供しているのだ。

    このドキュメントには、バタフライキーボードを採用したMacBookシリーズにおいて、文字が勝手に反復入力される、文字が入力されない、押したキーが跳ね返らない、反応が一定しない場合、無償で修理することが書かれている。修理は1つまたは複数のキーのみの交換、あるいはキーボード全体の交換の対応が行われる。

    これらは、バタフライキーの構造、すなわち本体の薄型化を優先し、キーのメカニズムを薄くしすぎた結果、埃やゴミの侵入に弱くなったり、そもそも構造が小さすぎて強すぎる打鍵で壊れやすかったり、と原因を分析できる。もちろん、年々改良が加えられてきたが、それでも解決に至らなかった。

    この文書は2019年7月9日時点の情報とされており、リストにある対象モデルは最初にバタフライキーボードが採用されたMacBook (Retina, 12inch, Early 2015)から、MacBook Air (Retina, 13inch, 2019) 、MacBook Pro (13inch, 2019, Four Thunderbolt 3 Ports) 、MacBook Pro (15inch, 2019)までが含まれる。

    同時に「本プログラムは、対象となるMacBookMacBook AirMacBook Proに対し、その最初の小売販売日から4年間適用されます」とも添えられている。つまり、バタフライキーボード搭載のMacBookシリーズは、すべての製品がこのキーボード修理プログラムの対象に含まれているのだ。

    こうした状態を根本的に解決すること。これが、MacBookシリーズ全体でMagic Keyboardへの移行を早めたことになる。

    では、今回の13インチMacBook Proキーボードが主題なのか? 実はそうではない。(後編に続く)
    (松村太郎)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「MacBook Pro 13インチ」レビュー 待望のMagic Keyboardがもたらした変化


    これいいですね!!

    シンプルに欲しくなります笑




    <このニュースへのネットの反応>

    【「MacBook Pro 13インチ」レビュー Magic Keyboard 変化】の続きを読む

    • カテゴリ:

    WindowsMac上でスマホゲームアプリを動作させるNoxPlayerは,最近のアップデートによって、Android7を対応し、Mac環境でも最新のアプリを遊べるようになりました。MacNoxPlayerアップデートに伴い、最大でAmazonギフト券10000円分をもらえる有償テストキャンペーンも開催されます。
     MacBook利用者が増加していく昨今、WindowsからMacへの乗り換えも、同じく増加しています。そんな時に不便なのが、Windows版で使えたアプリMac版では使えないといった事です。従来のNoxPlayerは、Mac版ではAndroid7非対応でしたが、最近のアップデートによりMacNoxPlayerがAndroid7対応になりました。

    スマホアプリをPCで動作するとは▲️こんな感じで、スマホゲームの「アークナイツ」をPC上でプレイしている
     NoxPlayerのアップデートによって、Mac環境でも最新のアプリを遊べるようになりました。「東方ロストワード」等、新しめのアプリは、Androidバージョンが低いと非対応の場合が多いです。

     また、この先も「Re:ゼロから始める異世界生活 Lost in Memories 」「鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル」等大型タイトルが配信予定ですが、そういったアプリがどのバージョンに対応するかは、実際リリースするまで不明な場合が多いです。出来るだけ最新のAndroidバージョンにして、そういった不安定な要素を取り除くことで、より快適なゲームライフを送れるでしょう。
    •  今ならMacNoxPlayerテストキャンペーン中(報酬有り)なのでお得!
     MacNoxPlayerアップデートに伴い、テストキャンペーンも開催されます。MACNoxPlayerテストキャンペーンに参加すると、最大でAmazonギフト券10000円分を貰えます。Twitterアカウントメールアドレス、そしてMacパソコンがあれば誰でも参加可能です。

    参加方法

    1.Macを使い、MacNoxPlayerをインストール。(https://jp.bignox.com

    2.アプリ(何でもOK!)をインストールして起動してみる。

    3.問題無く起動できた場合は、twitterで、タグ「#NoxPlayerMac版」を付けて、MacOSの情報、レビューアプリスクリーンショットを投稿する。

    4.問題が発生した場合は、詳細をメール(support_jp@bignox.com)へ報告。

    5.3のtwitter投稿か4のメールで問題報告ができたら参加完了です。

    ツイートの例

    ※キャンペーンへの参加はお一人様1回まで。2020/6/14で終了


    報酬

    ・特別賞Amazonギフト券10000円(抽選で1名様)

    レビューAmazonギフト券3000円(抽選で5名様)

    ・参加証Amazonギフト券1000円(先着50名様)

    Macで最新のアプリゲームが楽しめて、報酬でAmazonギフト券を貰えてしまうかもしれないキャンペーン。是非とも応募してみましょう。
    NoxPlayer日本公式(@noxplayerJP)https://twitter.com/noxplayerJP/status/1267354968048033793
    MACNoxPlayerインストールトラブル問題が発生した場合は、まず、この解説をご参照: https://jp.bignox.com/blog/mac-noxplayer-install

    ※それでも解決できない場合、詳細をメール(support_jp@bignox.com)へご報告ください。

    配信元企業:Nox Digital Entertainment Co. Limited

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Mac版NoxPlayerがAndroid7対応に!最新アプリゲームがMacで遊べます!

    これすごいですね!!

    こんなことできるって、楽しそう笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【Mac版NoxPlayerがAndroid7対応に!最新アプリゲームがMacで遊べます!】の続きを読む

    • カテゴリ:

    Lifehacker編集長は先日、外出ができない今の状況ならではの問題に直面しました。3歳の息子が何かにつけてMacBookタッチバーに表示される鮮やかな色のボタンを押したがるため、参加しているさまざまなビデオチャットがいつも途中で切れてしまうのです。

    なんともかわいらしい話です(編集長曰く「かわいらしくなんかないよ」)。そんな編集長から、息子がタッチバーのボタンさわらないようにする方法があれば(「技術的な方法で」という意味で)教えてほしいと尋ねられました。 

    調べてみると、このような問題に対処する方法はいくつかありました。

    タッチバーそのものを無効にしてしまう方法まであります

    タッチバーを固定にするには

    まず、誰かがタッチバーにしょっちゅうイタズラして、さまざまなアプリで実行中の作業を台無しにしてしまう場合、私なら何をおいてもこの対策を取ります。

    少しパソコンの設定を変えなければなりませんが、少なくとも愛する小さな家族(ペットも含めて)がキーボードをたたいて、ビデオチャットが途中で切れてしまうことはなくなります。

    macOSの「システム環境設定」を開き、「キーボード」をクリックします。

    タッチバーに表示する項目」のところで、「Control Strip(展開した状態)」を選択します。または「Appコントロール」以外なら何でもかまいません。

    Image: David Murphy

    この設定により、状況に応じて変化するボタン、つまり使用中のアプリに応じて表示されるボタンが、タッチバーに表示されなくなります。

    子どもタッチバーに触りたがるのを止められるわけではありませんが、少なくとも、あなたが今使っているアプリで行なっている作業を邪魔されないようにはできるでしょう。

    さらにお薦めの方法:『Bar None』でタッチバーからの入力をブロックする

    先日たまたま、Shaun Inmanさんという開発者がつくったアプリBar None』を見つけたのですが、とても気に入っています。どのようなアプリかは、おそらく名前から想像がつくでしょう。

    アプリインストールして、Macへのアクセスを許可すれば(「システム環境設定」>「セキュリティとプライバシー」>「アクセシビリティ」から設定できます)、タッチバーをいくら押しても、Fnキーを同時に押さない限り、無効にできます。

    Image: David Murphy

    こうなると当然、タッチバーの設定をカスタマイズしたくなりますよね(「システム環境設定」>「キーボード」)。

    例えば、あまり使わないボタンデフォルトで表示しておき、Fnキーで「Appコントロール」などのもっと役に立つユーザーインターフェースを呼び出すようにもできます。

    とはいえ、間違ってタッチバーのボタンを押してしまうのを完全にブロックできれば、それが一番です。macOSデフォルトオプションにすべきでしょう。もちろんAppleは決してやらないと思いますが…。

    タッチバーを(ほぼ)完全に隠す方法

    タッチバーがどうしても必要なとき以外は、タッチバーに何も表示されないほうがいいという人は、8.50ドル(約910円)で購入できる『BetterTouchTool』というアプリを使いましょう。これがあれば、Macタッチバーの表示をかなりカスタマイズできます。

    アプリを購入したら、ダウンロードして立ち上げます。まず45日間の無料トライアルを試したければ、そうしてもいいでしょう。

    アプリの要求をすべて許可したら(アプリによるタッチバーの制御を許可する「アクセシビリティ」のオプションが主です)、アプリメインの設定画面を開きます。

    ドロップダウンメニュータップし、「Touch Barタッチバー)」を選択したら、「Touch Bar Settings(タッチバーの設定)」をクリックします。下の画面に倣って設定します。

    Image: David Murphy

    設定画面を閉じ、BetterTouchToolメイン画面の中央にある大きな「+」のアイコンクリックします。

    新しいタッチバーボタンやウィジェットを、「All apps(すべてのアプリ)」に追加するように設定します。

    トリガーとして「Normal Buttons & Tools(通常のボタングループ)」の下にある「Touch Bar Button(タッチバーボタン)」を選択します。

    ボタンタイトル」の欄に、「再表示する」など、わかりやすい名前を入力します。

    「+」ボタンクリックして、このトリガーに最初の操作を割り当てます。「Touch Bar related Actions(タッチバー関連の操作)」を選択すれば、BetterTouchToolタッチバーで切り替えられるようになります。

    Image: David Murphy

    最後に「Groups & Top Level Triggers(グループトップレベルトリガー)」の下にある「unhide(再表示する)」をクリックして、右側のカラム(「タッチバートリガー設定」)を少し下にスクロールします。

    「Item Placement On Touch Barタッチバー上のアイテム配置)」で、ボタンを右でも左でも、好きなところに配置します。

    アプリを閉じたら、タッチバーはこのように表示されていると思います。

    Image: David Murphy

    今回作成した「unhide」ボタンを押すと、見慣れたタッチバーが表示されます。もう一度隠すには、短いラインが入ったBetterTouchToolの四角いアイコンタップします。

    Image: David Murphy

    今回ご紹介したのは、BetterTouchToolのほんの一部の機能です。もしこのアプリを購入することになったら、ぜひ、いろいろなことを試して、さまざまな方法でタッチバーをカスタマイズしてみてください。

    あわせて読みたい

    MacBookの充電ケーブルを間違ったポートに接続していませんか?

    単純作業を効率化! 達人に聞いた、Macのスクショをカスタマイズする方法

    Macの「fnキー」をダブルクリックで使える便利な機能は?

    Source: Bar None,BetterTouchTool

    Image: David Murphy

    David Murphy - Lifehacker US[原文



    (出典 news.nicovideo.jp)

    MacBookのタッチバーを無効にする、または隠す方法

    これイイですね!!

    でもタッチバーの意味ない笑




    <このニュースへのネットの反応>

    【MacBookのタッチバーを無効にする、または隠す方法】の続きを読む

    • カテゴリ:

    Image: Gizmodo US

    やっぱり目玉は、キーボード

    最新のMacBook Proが登場しましたね。さっそく、米GizmodoのCaitlin McGarryがレビューをしています。彼女によれば、ここ数年でMacbook Proを購入した人でも欲しくなる1台なのだとか。私も2019年モデルを買ったばかりでしたが、2020年モデルに買い替えたくて仕方ありません(涙)。

    ちなみに米Gizmodo編集部では、多くのスタッフが彼女のレビューを待たずして購入に踏み切ったそうです。そんなMacBook Pro 13インチ(2020)レビューがこちら。

    旧モデルと比べて違いは明らか!

    まさに今、最新のMacBook Pro 13インチを使ってこの記事を書いています。ここ数年のMacBook Proと比べて大胆なアップグレードを遂げた最新のProは、もともと私が2017年に購入したProと比べても、外観こそ似ていますが、使用感はまるで違うのが印象的です。これまで悪名高きバタフライキーボードを採用した2017年モデルを毎日使ってきましたが、最新のProでシザー構造のキーボードを使ったあとには...思わずイライラしちゃいました。

    もともと、キーボードの使用感についてそんなに気にしているほうではありませんでした。ただそれも、2017年Proの左シフトキーが使えなくなるまではの話。もちろん、両側にシフトキーはありますが、左の方がよく使っていたものですから...。新型コロナの影響でApple Storeに出向いて修理をお願いすることも困難になったので、ここ数ヶ月は右側のシフトだけでサバイバルしていました。

    新しいキーボードはずばり、本来そうあるべきキーボードの姿であって、使ってみれば違いは明らか。最新のMacBookの購入を検討していて、Proのパワフルさが必要なら、もうこれは買いです。

    MacBook Pro(2020)

    Image: Gizmodo US

    これは何?アップルの13インチラップトップ+新生キーボード

    価格:13万4,800円(税別)〜

    好きなところ:シザー式キーボードは良い意味...いや、最高な意味で大きく違う。第10世代のインテル搭載で安定したパフォーマンスバッテリー寿命。クラシックプレミアムデザイン

    好きじゃないところ:最新CPUゲットするには、高価なモデルを選ぶ必要があること

    キーボードの話を(重要なので)続けさせてください。シザー式構造のキーストローク(キーを押したとき下に動く距離)は、1mmバタフライ式では0.6mmでした。これは実際にキーを押してみると、その差に気付けるレベルです。パンくずをこぼしたのは私のせいかもしれませんが、バタフライキーボードは隙間にホコリや小さなゴミが溜まりやすく、やがてキーが使えなくなる...なんて、誰だっていやですよね。

    その他のところでは、外観やアルミニウム製のボディは特に変わっていません。でも、変わらないのもまた良いんじゃないかと個人的には思っています(といった素材を採用するHPや、カメラの位置を敢えてズラしたDellなどユニークな試みが好きな人もいるかもしれませんが)。

    新しくなったキーボード。とっても、とっても良い。 Image: Caitlin McGarry/Gizmodo US

    どのモデルがパワフル?

    スペックも強化されました。ただし金額によります。最新のMacBook Pro 13インチの価格は13万4,800円(税別)〜。今回、私が試したのは18万8,800円(税別)モデル。第10世代の2.0GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ採用、512GB SSDストレージ、メモリ16GB、Thunderbolt 3対応USB-Cポート 4つというスペック。13万4,800円ベースモデルではポートが2つ、メモリが8GB、ストレージが256GBになります。

    最もパワフルなのは、第9世代の2.3GHz 8コアIntel Core i9プロセッサ搭載のMacbook Pro 16インチ。値段は28万8,800円(税別)と大きな投資になりそうです。

    サイドUSB-CThunderbolt 3)ポート2つ。 Image: Caitlin McGarry/Gizmodo US 右サイドにもUSB-CThunderbolt 3)ポート2つ。イヤフォンジャックもこちら。 Image: Caitlin McGarry/Gizmodo US Touch barMacBook ProAirと差別化するもの。個人的にはあまりファンじゃない...。 Image: Caitlin McGarry/Gizmodo US Touch IDは便利ですよね。うちの3歳になるMacBook Pro 13インチには無いのでなおさら。 Image: Caitlin McGarry/Gizmodo US

    非Apple製品と比較したら

    最新のProサイズを非Appleラップトップと比べる場合、1,250ドル(約13万6,000円)〜のDell XPS 13(2020)、1,800ドル(約19万円)のRazer Blade Stealth 13インチなどがあります。

    ベンチマークテストビデオ編集用のHandbrake、3D画像レンダリング用のBlender、全体的なシステムパフォーマンス用のGeekbench 4など)の結果、最新のMacBook Pro 13インチは、DellRazerと比べて同等か、上回っていたことが明らかになっています。BlenderHandbrakeテストで、Dell XPS 13の17万9,980円モデル(第10世代 インテル® Core i7-1065G7 プロセッサー、RAM 16GB、512GB M.2 PCIe NVMe SSD搭載)や1,800ドル(約19万円)のRazer Blade Stealth 13インチ(同じくIntel Core i7 CPU搭載)よりも優位な結果を示しました。

    また、Proバッテリー寿命は頼もしく、動画再生テストでは8時間10分充電なしで稼働し続けるという結果が出ています。これはほぼ平均的な数字といえそうです。もし、バッテリー寿命にこだわるという人がいたら、Dell XPS 13だと10時持続するようです。

    最新のAirも魅力的

    でも、もっと現実的な話、MacBook Proの購入を検討している人がDellやBlade Stealthの最新モデルと性能比べしたいとは限らないですよね。マックユーザーのなかにはmacOSが絶対!という人も少なくないはず。

    そうなると、13インチにするか、16インチにするか。そこまでパワーが必要でなさそうだという人は、より手ごろな最新Macbook Airを検討している人もいることでしょう。なんといっても、Airだって最新のシザー式キーボード採用、第10世代Intelプロセッサ搭載で10万4,800円(税別)〜です。ただAirの場合、省電力のYプロセッサを搭載しています。またProと違って(そもそもイラナイという人もいるかもしれませんが)Touch Barがありません。個人的にもTouch Barはあまり活用できていません。Pixelmatorといったアプリを使う場合などには役立つようですが。一方、Touch IDは間違いなく便利です!

    良くも悪くも、変わらぬ外観。 Image: Caitlin McGarry/Gizmodo US

    「みんながきっと好きになる」

    ここ数年のあいだにMacBook Proを購入した人がいたら、最新のMacBook Proに対して心がどよめく人も出てくるかもしれません。もちろん欲しくなるという意味で、です。

    バタフライキーボードがうまく機能しなくなったら、買い替えを検討しても良いのかもしれません。米Gizmodoスタッフの多くは、私がこのレビューを出す前に、というか販売開始とほぼ同時に購入に踏み切っていたようです。最新のMacBook Pro 13インチは、おそらくマックユーザーの多くが愛すべき1台となることでしょう。

    README

    ・ついに来た、素晴らしいキーボード

    ・安定したパフォーマンス

    ・やはりTouch IDは素晴らしく、Touch barは微妙。

    ・最新で動きの良いプロセッサは安くない。

    ・みんなきっと好きになる。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Macbook Pro 13インチ(2020)レビュー:新しいキーボードの最高なことよ!

    これ欲しくなりますよね!!

    私も買い替えたいな!!笑






    <このニュースへのネットの反応>

    【Macbook Pro 13インチ(2020)レビュー】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【元記事をASCII.jpで読む】

     アップルは、macOSの最新バージョンとなるmacOS Catalina 10.15.5の配信を開始した。

     今回追加されたものとして、MacBookバッテリー寿命延長を目的とした状態管理機能が公表されている。これはバッテリーの温度履歴や充電パターンを観察し、普段の利用状況に合わせて、最適な量だけ充電することで、バッテリーの劣化を遅らせて、寿命を延ばす効果があるというもの。

     逆に言えば、最大容量まで充電しないケースも考えられ、その結果として、充電完了時からのバッテリー駆動時間が短くなる可能性がある。そこでこの機能をオフにする設定が追加されている。具体的には、「システム環境設定」から「省エネルギー」を選択し、「バッテリー状態」をクリック。その中にある「バッテリー状態管理」の選択を解除すればいい。

     詳しくはアップルサイトに掲載されている本機能の解説を参照してほしい(https://support.apple.com/ja-jp/HT211094)。

     
    macOS Catalina 10.15.5配信開始、MacBookでのバッテリー寿命を延ばす新機能


    (出典 news.nicovideo.jp)

    macOS Catalina 10.15.5配信開始、MacBookでのバッテリー寿命を延ばす新機能

    これ早速バージョンアップしてみましょ!笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【macOS Catalina 10.15.5配信開始、MacBookでのバッテリー寿命を延ばす新機能】の続きを読む

    このページのトップヘ