ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > IoT

    • カテゴリ:

     2021年10月に一般販売が開始したスマートリング「EVERING」は「決済」に特化した指輪型デバイスとして各所で話題を集めた。それから約半年、EVERINGが新機能の実装を発表した。追加されるのは「鍵」としての機能。3月15日からスマートロックと連携して、指輪をかざすだけでドアの施錠・解錠が可能になる。
     

    画像付きの記事はこちら



     EVERINGの核となっているのは「NFCリング技術」「Visaタッチ決済機能」「Financial Technology」の三つのテクノロジーだ。非接触決済もリング内部に搭載するNFC対応ICチップVisaプリペイドカード機能の掛け合わせで、実現していた。今回のスマートリング対応もこれの応用で、従来から販売されているEVERINGでそのまま使用することができる。

     EVERINGの決済機能は「財布やスマホを出すことなくスマートに買い物する」というスマートなスタイルを提案したが、今回のスマートロック連携は「いつでも鍵を身につけられる」「手がふさがっていても解錠できる」といった利便性をもたらしてくれる。

     機能を利用するには、EVERINGのほかにビットキーが提供するスマートロック「bitlock MINI」と「bitreader+」が必要となる。使い方としては、bitlock MINIとbitreader+をドアに設置、その後、homehubアプリデバイス登録する。なお、現時点で他社製スマートロックとは連携しないが、今後対応サービスが増える可能性はあるとのことだ。

     

     bitlock MINIとbitreader+はビットキー経由で単品購入できるが、EVERINGではよりハードルが低い「bitlock 2年契約バリュープラン」を用意する。価格は1年目が2万3920円、2年目以降が5980円(最低契約期間は2年間)。bitlock MINIとbitreader+、加えてスマートロックの遠隔操作を可能にする「bitlink」の3点がセットになっている。

     川田健・共同経営者代表取締役CEOは「スマートロック連携はEVERING構想の第1弾。接続先を増やして、さらなる社会のスマート化を目指す」と今後も積極的に機能拡張を行っていくと説明。ヘルスケアやエンタメシェアリングサービスでの活用など可能性を示してみせた。現在は個人向けに販売しているEVERINGだが、今後は法人販売も視野に入れる。オフィスの入退館/入退室管理をするデバイスとして、訴求していく。本格展開に先駆けて、まずは10社先着でモニター企業を募集。100台限定で、特典として購入台数の10%を無償提供する。(BCN・大蔵大輔)

    スマートリング「EVERING」が3月15日からスマートロックと連携


    (出典 news.nicovideo.jp)

    話題のスマートリングが「鍵」代わりに! 「EVERING」が新機能を実装

    このスマートリング使ってみたくなりますね!
    鍵がわりっていいですね!




    <このニュースへのネットの反応>

    【話題のスマートリングが「鍵」代わりに! 「EVERING」が新機能を実装】の続きを読む

    • カテゴリ:

    今回紹介するSwitchBot 加湿器は、物理スイッチや温度計、監視カメラやカーテンコントロールなどの様々なスマート家電を取り扱っているSwitchBot社のスマートな加湿器だ。


    部屋の湿度が下がったら自動で電源オンも可能!注水口が大きいのでお手入れも簡単!


    SwitchBot 加湿器は、SwitchBotのスマートな加湿器。AlexaやSiriなどのAIアシスタント経由で電源を入れたり消したり、強さを調整したりできる。また、それ以外のSwitchBot製品との整合性もあり、例えば温度計と連動させることで、湿度が50%を下回ったら自動で加湿器の電源を入れる、といった使い方もできる。

    加湿器自体は3.5Lの超大容量タンクを備えており、1回の給水で最大48時間分のミストを作り出せる。それにより1日中部屋をたっぷり潤すことができる。頻繁に給水する必要がないのは嬉しい機能だ。ミストの向きは360度自由に調整でき、最大220ml/hのミストを放出できるので、素早く部屋の乾燥を防ぐことができる。

    普通の加湿器としても十分優秀なのに、音声での操作が可能、さらには他の製品との連動でももっともっと部屋が快適になりそうだ。

    Amazon: SwitchBot 加湿器 卓上 超音波式 Alexa 大容量 3.5L 上から給水 アロマ対応 6-15畳に対応 除菌 フィルター 超静音 空焚き防止 冬乾燥対策 最大48時間連続稼働 スマート家電 スマホ操作可能 単体でEchoデバイス、Google Home、HomePod、IFTTT 、Siriに対応:

    楽天
    W0801801 Switch Bot SwitchBotスマート加湿器 Switch Bot [W0801801]

    :

    Yahoo!ショッピング: Switch Bot SwitchBotスマート加湿器 Switch Bot W0801801 返品種別A:

    SwitchBot製の他の製品との相性抜群!大容量タンクを搭載したスマートな加湿器!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    SwitchBot製の他の製品との相性抜群!大容量タンクを搭載したスマートな加湿器!

    この加湿器最高ですね!
    SwitchBot連携最高ですね!



    “"





    <このニュースへのネットの反応>

    【SwitchBot製の他の製品との相性抜群!大容量タンクを搭載したスマートな加湿器!】の続きを読む

    • カテゴリ:

    報道関係者各位
    2022年1月24日
    アイルジャパン株式会社

    ルータ機能を搭載複数の機器接続が可能なマルチ対応LTE通信機器
    「NABIT-SII 」リリース
    ~様々な展開が可能なマルチ対応IoT/M2M向けLTE通信機器~

    アイルジャパン株式会社(本社 : 東京都千代田区、代表取締役 :荻野 真利、以下アイルジャパン)は、IoT/M2M向けLTE通信機器「NABIT-SII」を提供開始いたしました。

    「NABIT-SII」は従来機に比べ、CPU性能向上とルータ機能を搭載し複数の機器接続が可能となりました。国内自動販売機駐車場精算機・カードリーダー・監視カメラ・券売機・電力量計などの売上データや機器監視をLTE通信で効率的に取集管理はもちろん、更なる拡張性で様々な展開が対応可能なマルチな通信機器です。
    すでに2000台の販売実績に加え、2022年販売計画は7000台の販売予定しております

    製品概要
    1. ファームウェアはリモートでのバージョンアップ可能
    2. ルータ機能搭載で複数機器のマルチ対応
    3. インターフェイスは従来のシリアルポートに加えUSBポートと飲料自販機専用インターフェイス搭載
    4. USBホスト機能を持つことにより、USB機器の接続が可能(LAN、WIFIなどの拡張機器が接続可能
    5. 当社製品NABIT-Sと比べ、接続環境が見えるようにLEDを追加した。通信機器のステータスがより詳細にわかる。
    6. 日本自動販売機システム工業会のJVMA準拠しており、国内飲料自動販売機対応
    7. 取付設置もマグネットやネジなど簡単取付


    【NABIT-SII】製品本体              【各種アンテナ
                                                  
    <概要>
    名称 : 「NABIT-SII」
    製品内容: 本体・ACアダプター・標準アンテナ×2
    価格  : オープンライス
    製品重量: 100g

    通信回線: ドコモソフトバンクKDDI対応


    通信サービス体制
    IOTに関する通信機器選定において、お客様の機器との接続や通信機器の不明な点などシステムの知識に詳しくない方、当社へお気軽にご相談ください。導入前の相談や技術的な相談や、通信回線・サーバについて、当社にお任せください。また、現在導入されている機材など入替を検討している企業担当者様、導入から導入後のサポートにおいても専門スタッフで対応をしております。先ずはお気軽に当社にご相談ください


    <AJMS保守サービス> 
    通信端末設置後に通信ができない場所がある。機器故障又は環境問題で通信不良で起こるリトライ、データ通信量の超過や通信コストに関することなど当社保守で監視サポートを行います
    データセンターサービス
    1.通信端末設置環境の電波レベル監視記録
     (接続基地局情報・通信MAP・電波レベル
    2.通信データ量の監視記録
    3.故障判定(通信機器エラー回数監視)
    4.通信に関する相談窓口
    【保証サービス
    5.保証期間 3年延長保証(納入日から起算して3年)
    6.修理に関する技術料無償



    今後の展開
    =展開内容=
    LTE5G対応を予定


    <概要>
    対象事業者
    MVNO事業者
    ・飲料メーカー
    ・飲料及び各種自動販売機オペレーター
    カプセル玩具販売機オペレーター
    駐車場精算機器メーカー
    ・電力会社
    ・監視カメラ工事保守メンテナンス会社
    など

    【会社概要】
    会社名  アイルジャパン株式会社
    代表取締役 荻野 真利
    資本金   4,000万円
    設立  2017年3月7日
    業務内容  地理空間情報/サービス事業/通信サービス事業 /IOT事業/セキュリテイ事業
    所在地  東京都千代田区内幸町1丁目3-1 幸ビルディング9F
    URL  https://aisle-j.co.jp/

    配信元企業:アイルジャパン株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    ルータ機能を搭載。複数の機器接続が可能なマルチ対応LTE通信機器

    これ接続すればIotになりますね笑笑




    <このニュースへのネットの反応>

    【ルータ機能を搭載。複数の機器接続が可能なマルチ対応LTE通信機器          】の続きを読む

    • カテゴリ:

    AppleAirタグが販売されたこともあり、紛失防止タグが注目を集めている。Tile Pro (2020)は、その先駆けともいえるスマートトラッカーだ。


    交換可能な電池は約1年使える!無くしたときに音を鳴らしたりGPSで探したり!


    Tile Pro (2020)は、探し物を「音」で見つけるスマートトラッカー。電池交換が可能なので、長く使うことができる。スマートフォンとはBluetoothで接続し、鍵、バックパックなど、Tile Pro (2020)をつけた物の場所を音を鳴らして知らせてくれる。

    本体のボタンダブルクリックすると、逆にTileからスマートフォンを鳴らしてくれるので見つけることもできる。最後にスマートフォンとTileの接続が切れた場所と時間を、アプリの地図上に表示。落とした場所に検討をつけて探しに行くことができる。

    Amazon Alexa、Google アシスタントSiri ショートカットの日本語版に対応しているので、話し掛けるだけで探し物を見つけることができる。身の回りの物をよくなくす人に、ぜひ使ってもらいたい。

    Amazon: Tile Pro (2020) 電池交換版 探し物/スマホが見つかる 紛失防止 スマートスピーカー対応[Compatible with Alexa認定製品]【日本正規代理店品】 RE-21001-AP:

    楽天
    Tile Mate(電池交換版) 探し物/スマホが見つかる 紛失防止 日米シェアNo.1 RE-21001-AP

    :

    Yahoo!ショッピング: Tile Mate(電池交換版) 探し物/スマホが見つかる 紛失防止 日米シェアNo.1 RE-21001-AP タイルメイト:

    あれ?どこ行った?を解決!リュックやアウトドア用品にも合う高性能なプレミアムモデル! 


    (出典 news.nicovideo.jp)

    あれ?どこ行った?を解決!リュックやアウトドア用品にも合う高性能なプレミアムモデル! 

    このアイテム欲しくなりますね!
    いざという時に役に立つアイテムですね!



    “"





    <このニュースへのネットの反応>

    【あれ?どこ行った?を解決!リュックやアウトドア用品にも合う高性能なプレミアムモデル! 】の続きを読む

    • カテゴリ:

    SwitchBotは当ブランドの新しい製品カテゴリであるスマートライトの「SwitchBot スマート電球」を2021年9月末よりAmazonショップhttps://switchbot.vip/3p1e91s)にて販売開始いたしました。「スマート電球」の発売はSwitchBotのスマートライト市場参入の第一歩で、SwitchBotシリーズ製品のラインナップがより一層豊富になりました。
    大好評をいただいている「スマート電球」に続き、この度SwicthBot「LEDテープライト」がAmazonショップhttps://switchbot.vip/3p1e91s)にて販売開始となります。なんと新製品でありながら、年に一度のビッグセールAmazonブラックフライデーにも参加が決定いたしました!SwicthBot「LEDテープライト」が通常販売価格より25%OFFで登場します。クリスマスシーズンにふさわしいSwitchBotの新製品を、ぜひこの機会にお買い求めください。


    URLhttps://switchbot.vip/32JMafr
    セール価格:¥2,480→¥1,860(25%オフ)
    セール期間:11/26(金)9:00~12/2(木)23:59


    特徴
    技術仕様

    URLhttps://switchbot.vip/3HSGCz4
    セール価格:¥1,899→¥1,424(25%オフ)
    セール期間:11/26(金)9:00~12/2(木)23:59


    特徴
    技術仕様
    SwitchBotについて】
    SwitchBot」は家のあらゆるシーンシンプルデバイスでスマート化するブランドです。取り付け簡単で革新的なスマートホーム製品で、住まいをより快適にします。今年はSwitchBot人感センサー、屋内カメラNFCタグ、および新しい製品カテゴリであるSwitchBotスマート電球が発売されました。現在、数十万人のSwitchBotユーザーがスマートホームを楽しんでいます。当社は、スマートホームとはシンプルかつ快適なものでなければならないと考えております。最も簡単な方法で暮らしをよりシンプルにすること、これが当社のミッションです。これからも革新的なスマートホーム製品を開発、生産することに全力を尽くしてまいります。

    配信元企業:SwitchBot

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【SwitchBot】さらに豊かなスマートホームへ!SwitchBotが「スマート電球」に続き「LEDテープライト」を発売

    これ私もSwitchBot使ってますけど便利ですよね!
    どんどん新製品出て便利になって欲しくなりますね!
    いつかは全ての機器が自動になればすごいですね笑笑







    <このニュースへのネットの反応>

    【【SwitchBot】さらに豊かなスマートホームへ!SwitchBotが「スマート電球」に続き「LEDテープライト」を発売】の続きを読む

    このページのトップヘ