ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > IoT

    • カテゴリ:

    【元記事をASCII.jpで読む】

     気付けばかなりの数が出回っている、Alexa対応端末/Echoスマートスピーカー。その中でも「Echo Flex」は、異色というか、製品名が示す通りの“柔軟性”(フレキシリティ)を持つ製品と言えるのではないだろうか。

     コンセントの差し口があれば、すぐ使い始められる、シリーズ唯一の直差し型デバイス。さらに、底面にUSB端子を持ち、ここにモーションセンサーやナイトライトといった周辺機器を一体化して接続できる。さりげなく隠すように置け、様々な道具と連携させられる。様々な種類があるEchoデバイスの中でも最も“忍者”的な使いこなしが可能な製品と言えるだろう。

     さて、このEcho Flex専用アクセサリーとして新たに加わったのが、スマートクロックだ。Third Realityによるもので、Made for Amazonの認証も取得。Echo Flexに接続すると、デジタル時計で現在時刻が分かるものとなっている。

    時刻が分かる、ただそれだけではあるが……

     機能としてはシンプルだが、使ってみるとなかなか便利なデバイスでもある。

     というのも、在宅時間が増えている筆者にとって、Echoはキッチンタイマーとしての活用が非常に増えているからである。パスタをゆでるとき、沸騰した鍋に麺を投入する瞬間に「アレクサ、7分後に教えて」、カップラーメンを食べるときお湯を注入する瞬間に「アレクサ、3分後に教えて」、グリルで魚を焼く際に「アレクサ、10分後に教えて」、同じくグリルでパンを焼く際には「アレクサ、3分後に教えて」などなど。料理に時間は大事なのだ。そして、キッチンにおけるアラームEchoに置き換わってしまった。

     Third Reality スマートクロックは、普段は現在時刻を表示しているが、アラームを起動すると、カウントダウンタイマーに変化する。文字も大きめなので、多少離れても、残り時間が分かる。パスタがゆで上がるまであと5分あるから、洗いもの済ませちゃおう……みたいなときに便利である。そして、声の操作なので、手が濡れていても大丈夫

     これまでは、でかい声を張り上げて、キッチンの隣りにあるリビングのEcho Spotを呼び出していたが、これがなくなってしまうのが楽ちんである。残り時間が分かるというのは、地味だが意外に便利である。

     また、Echo Flexをキッチンに置いておくと、料理中にちょっとラジオニュースを聞いたりできる点も便利だ。Echoスピーカーでもいいのだが、広くはないキッチンでスピーカーを置くスペースを探すのは意外に難しいし、ケーブルの取り回しも不便である。

     また、Echoでは、以前からradikoが利用できたが、気付いたらネットラジオ英会話、音楽関連のスキルが結構追加されていたりする。例えば、USENの「ビストロミュージック」、アニメ・ゲーム・声優関連情報満載の「超A&G+」、英語の聞き取りが勉強できる「アルクの英語クイズ」や「キクタン」、食事ができるのを待ちかねている子供を退屈させない「日本の昔話」などなど。

     以上、手先は料理、耳はEchoから発せられる音に集中することで、おうち時間がより充実したものになると期待している。ケーブルが不要で、キッチンのコンセントに差すだけのEcho Flex+スマートクロックのコンビは、キッチンに置くのにベストマッチデバイスと言えるかもしれない。次は換気扇や手元の明かりもスマート化したいところ。

    セッティングはAlexaアプリ

     Echo FlexとスマートクロックのセッティングはスマホAlexaアプリから。まず最初にEcho FlexだけをWi-Fiネットワークに接続。その後、一度「アレクサ、ソフトウェアアップデート」と話しかけて、Echo Flexを最新状態にする。スマートクロックをEcho Flexに接続するのはそのあとにするのがポイントだ(先につないでしまうと認識が上手くいかなかった)。

     両者を接続してコンセントに改めてつなぐと、通知が出てスマートクロックは「一番目端末」として認識された。筆者はあとで操作しやすくするために、名前を「台所の時計」に変更、Echo Flexと同じキッチンのグループに入れることにした。こうしておくと、「アレクサ、台所の時計の明るさを50%にして」といった言葉で命令でき、操作がしやすくなる。なお、このスマートクロックは照度センサーも内蔵するので、夜になれば文字も暗くなって、一晩中こうこうと光り続けることはない。

    キッチンに常備が吉、Echo Flex+スマートクロックのコンビがべんりべんり
    b650x400l-2
     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    キッチンに常備が吉、Echo Flex+スマートクロックのコンビがべんりべんり


    これ便利そうですね!!

    チャレンジしてみよかな笑




    <このニュースへのネットの反応>

    【キッチンに常備が吉、Echo Flex+スマートクロックのコンビがべんりべんり】の続きを読む

    • カテゴリ:

    CYBERDYNE Omni Networks株式会社(本社:茨城県つくば市、代表取締役 山本直行)、ならびに株式会社コヴィア(本社:横浜市港北区、代表取締役 神代敏彦)は、GPSトラッカーやIoTゲートウェイとしてご好評いただいておりますActyシリーズの新製品「Acty-G3」を開発しました。本製品は2020年10月より発売開始します。
    ソリューションパートナー様向けには、先行で9月中旬よりサンプル販売を開始しますので、是非、ご利用ください。
    16920405a923


    Acty-G3」はスマートフォン技術を応用しており、高い処理能力を有します。
    デバイス内に高いCPU処理能力を有することで、クラウドに送る前処理が可能となり、クラウドからローカルデバイスにデプロイして、末端に処理を分散することができますので、クラウドエッジが有機的に連動し、応答性能の高い効率のよいシステムを実現します。
    また、Androidを搭載していますので、アプリの開発(*1)や外部デバイスとの連携など機能拡張が容易な点が特徴となります。
    (*1)弊社が提供する「Acty」は端末のみとなります。センサー情報や、GPS情報などを送る、アプリサーバー/クラウドシステムはお客様にてご準備いただくものとなります。


    GPSトラッカーとして>
    Acty-G3」本体には、Wi-FiBluetoothの他に、GPSLTE(4G) 通信、ジャイロセンサー(3 軸)、加速度センサー(3 軸)を搭載していますので、車両の位置情報とともに、急ブレーキ、急加速、急ハンドルなどの急挙動を検知したり、走行データの収集・分析をすることができます。
    GPSは、A-GPS/Glonass/QZSSに加え、基地局測位、Wi-Fi測位にも対応。セラミックアンテナの搭載により高い受信感度を実現します。

    IoTゲートウェイとして>
    Acty-G3」は、 Beaconデバイスや各種センサー機器から収集した情報を束ねるIoTゲートウェイとして、日時や位置情報とともにデータクラウドサーバーに送ります。高いCPU処理能力を有するインテリジェント型IoTゲートウェイとして、クラウドエッジの分散処理を可能にします。
    バックボーンには、Wi-Fi、または LTE(4G) でクラウドとの通信を行います。また、Wi-FiテザリングBluetoothテザリングにも対応します。

    Android 搭載
    Acty-G3」は、クアッドコア1.3GHzに Android10.0 Go editionを搭載。
    Androidを搭載しているので、アプリの開発や外部デバイスとの連携など機能拡張が容易な点が特徴となります。
    OSを組込み用にカスタマイズすることで長時間のバッテリー駆動を可能とし、IoT用途におけるスマートフォンの欠点を解決し、そのメリットを最大限に生かす組込みデバイスとして開発されています。

    ○標準 1,800mAhオプションで 5,200mAh大容量バッテリー(別売)を搭載可能
    電源には取り替えが可能な1,800mAhリチウムポリマーバッテリーを搭載し、オプションで5,200mAhの大容量バッテリーをご利用いただくことができます。
    測位間隔を調整する事で、細かくリアルタイムに情報を検出・収集したり、間隔を長くしてバッテリー駆動時間を長く運用するなど、用途と目的に合わせてバッテリー容量をお選びいただけます。 また、充電しながら(AC常時給電)のご使用において、バッテリーの劣化や異常のリスクを軽減するため、充電シーケンスのチューニングを行い、バッテリーへのダメージを最小限に抑える対策をしています。

    従来モデルの電源インターフェースmicroUSBでしたが、高電圧スパイクやサージ電圧、電圧降下など、USBの定格範囲を超える電源環境でのご利用ニーズが増えてきたことを受け、「Acty-G3」では電圧変動に対する耐性を強化(*2)しております。
    (*2)すべてのご利用環境での動作および無破損・無故障を保証するものではありません。

    ○IPX5の防水性能
    Acty-G3」単体で IPX5 の防水性能を持ちます。
    防水+バッテリー駆動が可能で、-20 ~ 55℃(*3)の使用温度をサポートしますので、場所や対象物を選ばず幅広い用途でご利用いただけます。
    (*3)バッテリー装着時の目安となります。使用環境や、使用状況などにより変化します。

    ○eSIM対応(カスタムモデル
    eSIMチップを搭載した特別モデルActy-G3e」をご用意しています。
    SIMカードの機能が端末に組み込まれていますので、物理的な SIMカードを挿入することなく通信回線を利用したり、好きなタイミングで使用停止・再開を自由に切り替えたりと、運用効率が格段に上がります。
    また、劣悪な使用環境下においても接触不良の心配がなく、カード情報の書き間違い、紛失、破損など、これまでのSIMカードの不安や不満を払拭して、簡単、便利に運用することができます。
    ※「Acty-G3e」はカスタムモデルとなりますので、台数やリードタイム等の諸条件が伴います。
    ※通信事業者が提供するeSIM サービスとの動作検証が必要になります。

    NFC対応(カスタムモデル
    近距離無線通信「NFC」を搭載した特別モデルActy-G3n」をご用意しています。
    IP-2(NFC Interface Protocol-2) に対応しており、国際規格の非接触ICカードリーダー、また、ISO15693やNFCタグなどのRFIDにも利用できる高機能端末となります。
    個人認証などにおいて、外部にNFCリーダーを設置する必要もなく、「Acty-G3n」にIC カードをかざすだけで認証からクラウドとの連動まで「Acty-G3n」単体で実現できます。
    ※FeliCaリーダーとしてはご利用いただけますが、おサイフケータイには対応していません。
    不特定NFCタグの動作保証はしていません。
    NFC搭載はカスタムモデルとなりますので、台数やリードタイム等の諸条件が伴います。

    Acty-G3 製品仕様>
    ・OS : Android 10.0 Go edition
    CPU : Cortex-A53 1.3GHz 4 core
    メモリ : RAM 1GB/ROM 8GB + microSD
    ・対応バンド : LTE(4G) Band 1、3、8、19
    バッテリー容量 : 1800mAh(標準)
    ・外形寸法 : L100mm × W65mm × H14mm
    ・質量 : 本体 66g、バッテリー 30g
    インターフェース  : USB Type-C、DC ジャック
    SIMスロット : nanoSIM slot ×1
    無線LAN : IEEE802.11 a/b/g/n (2.4/5GHz)
    Bluetooth : Bluetooth4.1+HS LE
    ・GNSS : GPS、GLONASS、QZSS、A-GPS
    センサー : 加速度センサー(3 軸)、地磁気センサー(3 軸)、ジャイロセンサー(3 軸)
    ・インジケータ : LED ×3 (Power ×1、Info ×2)
    ・メカニカルスイッチ : Fn、2 個、Power × 1
    オーディオ : モノラルスピーカー
    マイク : マイク
    ・使用温度範囲  : -20 ~ 55℃(バッテリー装着時)
    ・湿度範囲 : 20 ~ 80%RH
    ・防水 : IPX5

    別売)5,200mAh 大容量バッテリーパック搭載時
    バッテリー容量 : 5,200mAh
    ・外形寸法 : L100mm × W65mm × H30mm
    ・質量 : 本体 82g、バッテリー 103g

    ※性能値は使用環境や、使用状況などにより変化します。
    ※電波法に基づく技術基準適合証明と、電気通信事業法に基づく端末機器の技術基準適合認定を受けた製品ですので、日本国内で安心してご利用いただ けます。
    ※本製品にはSIMカードは含まれておりません。
    SIMカードを挿入してパケット通信を使用する為の設定方法は、SIMカードを提供している通信事業者にお問い合わせください。
    SIMカードを挿入してパケット通信を使用する場合、通信事業者の定める利用料金が発生します。詳細に関しては、SIMカードを提供している通信事業者にお問い合わせくだ さい。
    ※お客様がご利用のアプリケーションサービスによっては 、データ通信を無効に設定してもパケット通信料がかかる場合があります。
    ※ご利用の料金プランにより、テザリング利用時のパケット通信料が異なります。パケット定額サービスへのご加入を強くおすすめします。
    ※記載されている会社名、サービス名および商品名は、各社の登録商標または商標です。
    ※画像はイメージです実際とは異なる場合があります。
    デザイン、仕様等は改良のため予告なく変更する場合があります。

    <製品サイト>
    https://www.cyberdyne-omninet.com

    <販売価格>
    価格は案件ごとに 個別にお見積致しますので弊社営業までお問い合わせください。

    【本製品に関する問い合わせ窓口】
    CYBERDYNE Omni Networks株式会社営業部
    E-Mail: sales@cyberdyne-omninet.com

    配信元企業:CYBERDYNE Omni Networks株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ
    16920405a923
     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Android 10(Go edition)を搭載したIoTエッジデバイス「Acty-G3」を発売!eSIM、NFC対応のカスタムモデルも提供


    これ良さそうですね!!
    これ使われるとこ多くなりそうですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【Android 10(Go edition)を搭載したIoTエッジデバイス「Acty-G3」を発売!eSIM、NFC対応のカスタムモデルも提供】の続きを読む

    • カテゴリ:

    Image:earthship

    こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

    ライフハッカー[日本版]より転載:

    ずっと眺めたくなるほど美しいテーブルが身近にあったら、毎日がどれほど豊かになるでしょう!

    アート性が高いおしゃれテーブルを探している人は、machi-yaでクラウドファンディングを開始した、まるで魔法のように枯山水を描くIoTテーブルSisyphus(シシュフォス)」はいかが?

    海外でわずか30日でおよそ2億円の資金を調達した、人気の高いアイテムです。

    動く球が砂に枯山水を描く、まるで魔法のようなテーブル

    Sisyphusは、アメリカまれのキネティック・アート(動く芸術作品)とテーブルが融合した家具。

    テーブルに敷かれた砂の上を鉄球が動き、模様を描くんです。たとえば、「山水を表現する砂」と言われる日本の「枯山水」からヒントを得たダイナミックな模様を描くことができます。

    Image:earthship

    日本人なら馴染みの深い枯山水。白砂に水を表現した「砂紋」と呼ばれる模様を施した、日本を代表する庭園であり、海外でもZen Gardenとして知られています。

    本来なら高い技術を持った職人によって作られる枯山水のような美しい模様を、あなたの目の前に再現してくれるのが「Sisyphus」なんです。

    どのように枯山水を表現するのか?

    Image:earthship

    あらかじめ登録されているプログラムに則り、テーブルの中に敷かれた砂の上を、鉄球が動き続けることで模様を描きます。

    枯山水以外にも多種多様なデザインから選択でき、1つの模様を作ったら、その上に新しいデザインを上書きしていきます。

    24時間稼働もできますが、タイマー設定も可能。夜中だけ停止して、 朝になったらまた自動的に描画を開始することもできます。

    応接間に置いて始業と終業の時間にあわせて動かしてもいいですし、家族でくつろぐ時間帯だけ動かすなど、さまざまな楽しみ方ができますね。

    Image:earthship

    プログラムの操作は、スマホアプリから可能デザインを変更したり、速度やテーブル内の照明の明るさを調整したりすることもできます。

    スマートフォンアプリは、 iOS(10.0以降 / iPhoneiPad、およびiPod touch)、 Android(4.4以降)に対応。

    ボールが動く仕組み

    Image:earthship

    この不思議なテーブルは、もともと医者だったアメリカの芸術家 Bruce Shapiro氏が開発したもの。

    コンピュータ制御の、動きのあるアートを創造する」ことに情熱を注ぎ、約20年前に完成。スイスドイツ、米国、カナダポーランドオーストラリアなど、海外の多くの美術館で称賛されました。

    そのSisyphusの美しさを自宅で気軽に鑑賞できるようにしたのが、こちらのテーブルです。

    Image:earthship

    アート作品といえば、職人やアーティストが生み出す魔法と思いがちですが、Sisyphusはテクノロジーとアートを掛け合わせたもの。

    枯山水を描くボールの下では、磁石を動かすモーターロボットSisbotが動いています。

    超小型PCのRaspberry Piで制御され、極座標プログラムによって動くのです。緻密な枯山水は、テクノロジーによって再現されていたというわけですね。

    用意された3種類のモデル

    Image:earthship

    Sisyphusには3種類のモデルがあります。

    サイドテーブル:幅約56cm・高さ約56cm コーヒーテーブル:幅約92cm・高さ約41cm ハードウッドコーヒーテーブル:2サイズ展開(3FT COFFEE TABLE:幅約92cm・高さ約41cm、4FT COFFEE TABLE:幅約122cm・高さ約41cm)

    それぞれのサイズで素材などのバリエーションが数種類ありますので、詳しくはmachi-yaにてご確認ください。

    1つ228,000円から支援が可能。Sisyphusで新しい時間を過ごしてみませんか?

    >>動く球が砂に枯山水を描く魔法のテーブル【Sisyphus】

    Image: earthship

    Source: machi-ya



    (出典 news.nicovideo.jp)

    おしゃれなIoTテーブル「Sisyphus」は必見!枯山水を自宅に再現


    このIoTテーブルすごい!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【おしゃれなIoTテーブル「Sisyphus」は必見!枯山水を自宅に再現】の続きを読む

    • カテゴリ:

    無線通信機器の開発製造を手掛ける、株式会社九州テン(本社:福岡市博多区博多駅前、代表取締役社長:間嶋力彦)はIoTゲートウェイを期間限定の特別価格でご提供します。

    写真は「BLE/LAN」モデル
    今回、特別価格で販売するのはQRIoTIIのなかでも特に人気の高い「BLE/LAN」モデル、「BLE/WLAN(無線LAN)」モデル、「BLE/LTEモデルの3機種。数量限定で2020年6月30日までの限定販売です。

    【背景】
    急速に拡大するIoT需要を実現するには、様々なセンサーから得たデータクラウドへ集約するためのセンサーノードが重要となります。QRIoTIIは拡大するIoT市場を見据え、より小型で低価格、低消費電力のセンサーノード型ゲートウェイとして開発しました。

    【目的】
    今回のQRIoTIIの特別価格は「IoTを始めたいが、どのゲートウェイセンサーノードを採用していいか悩んでいる」といった方に気軽に使ってもらうことを目的としています。より安価なゲートウェイをご提供することで、システムにかかる費用を抑えることが可能です。

    【特別販売価格】※価格はいずれも税抜き
    ・BLE/LANモデル   9,900円
    ・BLE/WLANモデル  10,900円
    ・BLE/LTEモデル   19,900円  

    【製品紹介】
     -外形寸法
      100mm×67mm×22.5mm(アンテナ含まず)
     -重量
     ・BLE/LANモデル   約75g
     ・BLE/WLANモデル  約75g
     ・BLE/LTEモデル   約120g
    BLE/LANモデル
    詳しい製品仕様 https://www.qten.co.jp/products/QRIoT2.html
    ※仕様及び外観は予告なく変更することがあります。

    【活用例】
    例えば「BLE/LTEモデル無線LANなどのネットワーク設備がない環境での活用が見込まれています。農業分野においては日射量や肥沃度、PH値などを取得し、土壌の可視化することで農園の環境を把握することが可能です。また、台風や集中豪雨などで災害の危険予知を行う防災分野、屋外での子どもや高齢者の見守りなどでの活用が見込まれます。

    ―活用イメージの一例(農園の可視化)

    実際の運用事例

    農園の可視化
    https://www.qten.co.jp/products/QRIoT_example_agriculture.html
    雨量観測
    https://www.qten.co.jp/products/QRIoT_example_eqrs.html

    【該当製品サイト
    QRIoTII特別価格販売サイト
    https://www.qten.co.jp/products/QRIoT2_special_offer.html

    【今後の展開】
     九州テンは無線通信技術をコアとし、長年に渡り国内メーカーとして技術を培ってきました。QRIoTIIは当社の強みを活かし、小型で低価格、低消費電力をコンセプトに開発しています。今後はラインナップを強化し、様々な通信方式が選択できるゲートウェイとしてセンサークラウドをつないでいきます。今後は更にラインナップを拡充し、LPWAなどのIoT関連通信規格に対応した機器の開発をすすめ、お客様に安心して利用いただける機器の開発・製造を行って参ります。

    株式会社九州テンについて】
    1967年12月佐世保市常磐町で創業し、今年創立53周年を迎えます。タクシー無線の製造、保守から開始し、市町村防災無線や水防テレメーターなどの主に無線技術をコアに社会インフラ系の製造や、ICT機器の保守メンテナンスを行っています。近年は急速に普及が進むドライブレコーダーの製造が大きなウェイトを占め、安心安全な車社会への実現に貢献しました。
    当社は「connected life for the future ~つながる社会 つなげる未来~」を企業メッセージとして、自由で快適な暮らし、安心・安全な社会を築くことを目標としています。売上高は2010年度に100億円を突破し、2018年度は184億円と過去最高を記録しました。

    【公式SNSアカウント
     Facebook
     名称:株式会社九州テン
     https://www.facebook.com/KYUSHUTEN/

     Twitter
     名称:お助け戦隊キュウテンジャー【九州テン 公式】
     アカウント名:@QTENGER
     https://twitter.com/QTENGER

    【お問い合わせ】
    Webサイトから>
    https://www.qten.co.jp/contact/input.php

    メディア・報道機関からのお問い合わせ>
    経営企画部 担当:相川
    TEL:0956-80-2000  koho@qten.co.jp

    <製品・購入に関するお問い合わせ>
    ソリューション営業部 担当:小林
    TEL:092-473-5160 product@qten.co.jp

    配信元企業:株式会社九州テン

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    モノのインターネット (IoTからのリダイレクト)
    市場価値は800億ドルと予測されている。経済産業省が推進するコネクテッドインダストリーズやソサエティー5.0との関連でも注目を集めている。近年ではIoTに次ぐ技術として、ヒトのインターネット(Internet of Human:IoH = ヒトがインターネットと繋がる)、能力のインターネット化であるIoA(Internet
    27キロバイト (3,128 語) - 2020年5月21日 (木) 04:55


    IoTを始めるなら今がチャンス。期間限定でIoTゲートウェイ「QRIoTII(キュリオットツー)」を特別価格で販売。「BLE/LAN」モデルはなんと9,900円(税抜)

    これすごいIoTゲートウェイですね!!

    これは使えそうですね!!



    <このニュースへのネットの反応>

    【IoTを始めるなら今がチャンス。期間限定でIoTゲートウェイ「QRIoTII(キュリオットツー)」を特別価格で販売。】の続きを読む

    • カテゴリ:

    スマートホームと聞くと、何か高い家電を買って難しい設定をしないと始められないと思っている方も多いのではないだろうか。実は、BamBam スマートホームリモコンのようなスマートリモコンを使えば、今までの家電をそのままスマート家電に変えてスマートホーム化することができるのだ。


    エアコンもテレビもDVDプレーヤーも!シンプルな見た目でインテリアにもばっちり!


    BamBam スマートホームリモコンは、外出先からスマホでエアコンなどを遠隔操作できるスマートリモコン。お部屋の家電リモコンをまとめてアプリから操作できる。

    使い方は簡単で、家のネットワークにつないだら、使いたい家電のリモコンを登録するだけ。赤外線操作できるテレビやエアコンなどの家電であればほとんどどんなものでも登録して使うことができる。あとの操作はスマホ用のアプリから簡単にでき、家の中でも外でも、簡単に操作が可能だ。「あれ、エアコン切り忘れたかも」という時も、職場から簡単に電源オフにできる。赤外線リモコンのない家電でも、赤外線リモコンコンセントとの併用で操作可能となる。

    本体のデザイン自体は非常にシンプルで、場所を選ばないデザイン。リビングでも寝室でもキッチンでも、あるいはオフィスでも違和感なく置いておけるデザインなのは嬉しい。新しい家電だけでなく古い電化製品でもスマホ操作できるようになるので、気軽に始められるスマートホームとして、まずはお試しに導入してみてはいかがだろうか。

    Amazon:
    [BamBam] スマートホームリモコン スマホや声で家電を操作 Amazon Echo Google HOME 対応 スマートホームコントローラー bam0004
    楽天:
    [BamBam] スマートリモコン Alexa 対応 スマホや声で家電を操作 Amazon アレクサ Google HOME 音声コントロール 対応 タイマー機能 WiFi 2.4GHz 取扱説明書付き 送料無料

    外出先から家電を操作!スマートスピーカーにも対応のスマートリモコンが安い!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    外出先から家電を操作!スマートスピーカーにも対応のスマートリモコンが安い!

    これ便利ですよね!!
    うちもトライしてみよかな笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【外出先から家電を操作!スマートスピーカーにも対応のスマートリモコンが安い!】の続きを読む

    このページのトップヘ