ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > IoT

    • カテゴリ:

    Image: 東芝ライフスタイル

    僕らがどう使うか? 試されている気がする。

    東芝ライフスタイルが発表した2020年最新の冷蔵庫「FZシリーズ」「GZシリーズ」は、なんと冷蔵庫の扉にUSBポートが備わったIoT冷蔵庫

    スマホアプリとの連携機能が準備されていて、冷蔵庫に入っている食材リストを作成して買い忘れを防ぐ「食材管理機能」、扉の開閉を通知する「みまもり機能」といったサービスも今後対応予定です。

    扉のUSBは給電専用、どう使おう?

    そして肝心?のUSBの仕様ですが、出力は5V/1.5A(7.5W)のUSB-A。給電専用でデータ通信はできません。うーん、普通のUSB-Aですね。ガジェット好き男子であると共に、お料理も好き系男子なんですけど、まだ修行が足りないためか、こいつの上手い乗りこなし方が僕にはわかりませぬ…

    冷蔵庫USB挿したところで、スマホ持って動けないわけですし、充電したままにするにしてもスマホの置き場所も困るし、何らかの方法で固定できたとしても、冷蔵庫のほうを向いたままお料理はできません。

    これが、冷蔵庫と何かしら通信できたら、ギークでスバラッ! だったんだけど、完全に給電用となると…どうすればこのポートは輝くのかな?

    冷蔵庫×ガジェット…。はっ!

    iPad Proが冷蔵庫にくっつくから、その給電用か!

    …ちがうよなぁ〜。

    Source: 東芝ライフスタイル via CNET



    (出典 news.nicovideo.jp)

    どう使おう? 東芝の冷蔵庫にUSBポート付いちゃいましたけど…
    IoT冷蔵庫どうですか?
    これかからの機能が楽しみ!!
    中に入っているものが確認できたりしたら最高ですよね!!
    リアルタイムに確認できたら余計なもの買わなくても大丈夫!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【【IoT冷蔵庫】どう使おう? 東芝の冷蔵庫にUSBポート付いちゃいましたけど…】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【元記事をASCII.jpで読む】

     コクヨは3月10日、小・中学生向けのIoT文具「しゅくだいやる気ペン」iOSAndroid両対応モデルを発売した。同社の公式オンラインショップ「コクヨショーケース」、およびその他ECサイトにて販売する。価格はオープンで、コクヨショーケースでは6980円で販売している。

     しゅくだいやる気ペンは、市販の鉛筆につけて使う製品。スマホアプリと連携して、ゲームの「経験値」のように、やる気パワーを貯めることができる。やる気パワーを貯めるとアプリ内でご褒美がもらえることに加えて、日々の努力をアプリで「見える化」するため、小中学生の家庭学習の習慣付けに役立つとしている。

     2019年7月にiOS専用モデルを発売し、3ヵ月後のユーザーアンケート調査では「家庭学習のサポートになった」が84%と高い評価を得たという。今回、iOSAndroid両方のOSに対応するモデルを発売し、iOS専用モデルは販売終了となる。

     対応OSはiOS 11以上、Android 7.0以上。

     しゅくだいやる気ペンを“衣替え”して楽しめる「専用カラーグリップ」も同時に発売する。春夏秋冬イメージした4色で1セットで、こちらはコクヨショーケースのみでの販売となる。

    コクヨ、IoT文具「しゅくだいやる気ペン」にiOS・Android両対応モデル


    (出典 news.nicovideo.jp)

    コクヨ、IoT文具「しゅくだいやる気ペン」にiOS・Android両対応モデル
    これ子どものモチベーションに使えますかね?
    皆さんも参考にしてくださいね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【【IoT】コクヨ、IoT文具「しゅくだいやる気ペン」にiOS・Android両対応モデル】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【元記事をASCII.jpで読む】

     アスキーストアで販売中の「VHOOP(Vフープ)」を紹介します。

     本製品は、アプリと連動した最新のIoTフィットネス機器です。

     自宅や公園でいつでもどこでもエクササイズができ、その間の消費カロリースマホが自動で記録してくれます。

     脂肪燃焼に必要なさまざまなデータが数値でスマホに表示されるので、理想的なお腹まわりを目指しつつ、運動パフォーマンスを向上させることができます。その日に運動したかどうかの確認もでき、もしエクササイズを忘れてしまいそうな時はアプリが通知してくれます。

     本体内側にデザインした三段の凹凸は、有酸素運動をしながらお腹の脂肪をダイレクトに刺激します。素材は柔らかいシリコンを採用したので、身体を痛めずに使用できます。また、組み立てと分解も簡単です。

     スマホとはBluetooth 4.0で接続します。身体の左右どちら側がより運動しているかを感知できるセンサーも内蔵し、バランスの良いエクササイズが可能です。

     電源はUSB経由の給電で、2時間20分のフル充電で最大15日間使用できます。オートパワーセービングモードも搭載し、長時間のフーピングが楽しめます。

     サイズは直径1074×厚さ36mmで、重さは約1.6kgです。アスキーストアではただいま20%オフの1万384円で販売中。さらに詳しい情報はアスキーストアでチェックしてください。

    「お腹の脂肪はスマホで管理」理想のモテボディを効率よく作り上げるIoT機器「VHOOP(Vフープ)」

    アスキーストア送料変更に関するお知らせ

     このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。アスキーストアの公式TwitterFacebookメルマガでは、注目商品の販売開始情報をいち早くゲットできます!これであなたも買い物上手に⁉

    理想のモテボディを効率よく作り上げる、IoT機器が20%オフで買える!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    理想のモテボディを効率よく作り上げる、IoT機器が20%オフで買える!
    これいいかもですね!!
    試してダイエットしたいなぁ笑

    <このニュースへのネットの反応>

    【【IoT】理想のモテボディを効率よく作り上げる、IoT機器が20%オフで買える!】の続きを読む

    • カテゴリ:

    TEPCO i-フロンティア株式会社と、株式会社Crossdoorは、これまで共同開発してきた住居のIoTラットフォーム「MIRAI REMOCON」の法人向けサービス提供を開始します。TEPCO i-フロンティアズとCrossdoorは、日本の顕在化していないスマートホーム市場に対して、多くの生活者にとって、価値が分かりやすく、気軽にご利用いただける本サービスにより、スマートホームサービスが電気・ガス・水道・通信に並ぶ宅内のインフラサービスとして根付かせたいという思いからMIRAI REMOCONを企画・開発しました。
    近い将来、MIRAI REMOCONが住宅と様々なサービスを結びつけ、”住宅の自動運転”を実現するコアサービステクノロジーとなればと考えております。

    TEPCO i-フロンティア株式会社 (本社:東京都中央区、代表取締役社長:中島 佳子、以下、TEPCO i-フロンティアズ)と、株式会社Crossdoor(本社:東京都台東区、代表取締役CEO:大舘 陽子、以下、Crossdoor)は、これまで共同開発してきた住居のIoTラットフォーム「MIRAI REMOCON」の法人向けサービス提供を開始します。


    [背景]
    TEPCO i-フロンティアズとCrossdoorは、日本の顕在化していないスマートホーム市場に対して、多くの生活者にとって、価値が分かりやすく、気軽にご利用いただける本サービスにより、スマートホームサービスが電気・ガス・水道・通信に並ぶ宅内のインフラサービスとして根付かせたいという思いからMIRAI REMOCONを企画・開発しました。
    近い将来、MIRAI REMOCONが住宅と様々なサービスを結びつけ、”住宅の自動運転”を実現するコアサービステクノロジーとなればと考えております。


    [MIRAI REMOCONの概要]
    サービスのご紹介
    エアコン、テレビ、照明等の各種家電や給湯器、床暖房等の住宅設備を簡単スマートコントロールできるAPIまたはアプリでのご提供になります。法人のお客様が提供するアプリケーションサービスに組み込むことができ、エンドユーザーのエンゲージメントを高め、付加価値サービスを簡単にご提供いただけます。


    デバイスのご紹介
    1. MIRAI REMOCON ビルトイン:壁埋め込みモデル
    壁に埋め込むタイプです。設置には工事が必要です。PoE(Power over Ethernet)によって電源供給、ネットワーク接続を行います。赤外線家電だけでなく、HA家電の制御も可能です。

    2. MIRAI REMOCON tangle:Wi-Fiモデル2020年5月最新モデル発売予定
    手のひらサイズの置き型タイプです。Wi-Fiによるネットワーク接続により場所を問わず設置可能です。Micro-USB Type-Bによる電源供給が必要です。


    3. MIRAI REMOCON Wiz:有線LANモデル
    手のひらサイズの置き型タイプです。Wi-Fiではなく有線LANで接続するため、ネットワーク設定が簡単です。Micro-USB Type-Bによる電源供給が必要です。

    4. MIRAI REMOCON 子機:増設子機オプション
    上記1.~3.の親機全てと接続可能で、複数のお部屋の家電をまとめて同一アプリで操作可能になります。子機は電池駆動で電源コードがない為、電源コンセント・ルータの位置によらず、お部屋のどこでも設置できます。(注:親機と子機はBLE通信を行っています。親機と子機の設置距離は5m以内を推奨していますので、操作対象となる家電製品との距離をご確認ください。)


    [次世代ホームサービスラットフォーム構想]
    TEPCO i-フロンティアズは、インフラ、住宅・不動産、ホテル、介護、セキュリティー、家具・家電メーカー、オンデマンドサービス等、消費者の日常生活に密接に関わる企業の皆さまと一緒に、ヒト・モノ・コトを繋ぐ次世代ホームサービスラットフォームを目指していきます。



    [TEPCO i-フロンティア株式会社について]
    TEPCO i-フロンティアズは、大企業スタートアップ企業と協業し、生活者の日常抱えるお困りごとを解決するような新商品・サービスの企画・開発を実践しております。
    オープンイノベーションを強く推進する弊社において、弊社が開発した製品・サービスは、広く協業パートナーを募り、皆さまと一緒に消費者の日常生活をより良くなるよう、努めてまいります。

    企業名   :TEPCO i-フロンティア株式会社
    所在地   :〒104-0061 東京都中央区銀座2-11-15 SF銀座ビル5階
    資本金   :5,000万円
    設立日   :2017年9月19日
    代表名・役職:代表取締役社長 中島 佳子
    URL   :https://www.tepco-if.com/
    事業内容  :
    東京電力エナジーパートナーのイノベーションを創出する機能として、国内外の起業家、事業サービス会社、メーカー、大学、研究所など、個人や企業、団体を問わず、“知”の連携・推進。具体的には、まだ商品化に至っていないアイデアレベルサービスをはじめ、商品化はされているものの、社会への認知・浸透はこれからという段階の国内外の有望なサービスについて、事業化・スケール化に向けたアイデアの創出やリサーチ、事業企画・実証


    [株式会社Crossdoorについて]
    Crossdoorは2010年に始まった、未来を見据え、ものづくりをする会社です。未来の生活において無くてはならないサービスを作ること、同時にサービスを毎日安定して届けることが私たちのミッションです。そのために私たちは技術力と感性を磨き、お客様により良いサービスを提供するとともに、お客様と共により良いものづくりをしていきたいと考えています。

    企業名   :株式会社Crossdoor
    所在地   :〒110-0016 東京都台東区台東2-31-3
    資本金   :2,060万円
    設立日   :2011年12月14日
    代表名・役職:代表取締役 大舘陽子
    URL   :https://www.crossdoor.co.jp
    事業内容  :
    日々の生活の課題を解決するスマートホームを実現するためのサービスの提供。実現のために課題を共有する企業、個人、チームとの連携(共同開発、共同研究)の実施。家電(エアコン、TV、照明など)や住宅設備(給湯器、床暖房、鍵等)をネットワークを介して操作・確認するスマートリモコンやその周辺機器、それらを管理するサーバ、利用するためのアプリの企画、開発、提供を実施。

    配信元企業:株式会社Crossdoor

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    住居のIoTプラットフォーム「MIRAI REMOCON」の法人向けサービスの提供開始
    これが構築できればIoT化が進みますね!!
    楽しみですね!!

    <このニュースへのネットの反応>

    【【IoT】住居のIoTプラットフォーム「MIRAI REMOCON」の法人向けサービスの提供開始】の続きを読む

    • カテゴリ:

    Photo: Andrew Liszewski(Gizmodo US)

    なんか使うのをためらってしまいそう…。

    スマート家電、使ってますか? Googleグーグル)やAmazonアマゾン)のスマートスピーカーにはじまり、いまや家の玄関ロックから監視カメラ、照明、エアコンにいたるまで、あらゆるものがIoT機器としてネットワークにつながります。スマホでも簡単にコントロールできるようになりましたよね。

    ただその便利さと引き換えに、いろいろ怖い事件なんかも起きているようです。

    Check Point SoftwareYouTubeチャンネルアップロードされた動画では、PhilipsHueシリーズスマートバルブを使って、Zigbeeで通信するIoT機器が、どのように悪用されるのかをデモされました。

    最初は感染したHueが、勝手に外部から操作されてしまうだけ。

    ユーザーが変に思ってHueを削除、そして再度追加します。その瞬間、ZigBee脆弱性を用いて、スマートバルブのつながっているブリッジマルウェアが展開されてしまいます。そして同じネットワーク内にあるパソコンまでもが操作されてしまうことに...。

    今回悪用されたHueシリーズのスマートバルブの脆弱性は、実は以前から指摘されていたものでもあり、2016年ドローンからスマートバルブを一斉操作したり、2017年マルウェアをスマートバルブからスマートバルブへと拡散できる危険が警告されていました。しかしながら、そのスマートバルブを通じて同じネットワークにつながったパソコンや他のデバイスにまで影響が及ぶことが実証されてしまいました。改めてこの脆弱性の危険度の高さが浮き彫りになった形です。

    すでにCheck Point Softwareは、この問題について、昨年11月にPhilipsへ報告済み。これを受け、Philipsはセキュリティパッチを先月半ばにリリースしています。ファームウェアバージョン1935144040にアップデートされると、同手法のハッキングはできなくなると発表されています。とはいえ、スマート家電についてはコンピュータほど定期的にアップデートを適用しないという人が多いので、被害の拡大も懸念されているみたいです。

    なお、同じようにZigBeeで接続をするスマート家電としては、AmazonAlexaやIKEASamsungサムスン)など、大手ブランドのものも多いため、似たような脆弱性は存在しないのか不安に感じる人も多いことでしょう。常に最新バージョンソフトウェアを使うことや、スマート家電用に別のネットワークを用意するなど、ユーザー側にも自衛の対策を講じることが必要になってくるかもしれません。

    Source: Check Point Software via The Verge



    (出典 news.nicovideo.jp)

    スマートライトの脆弱性、放っておくとパソコンまで乗っ取られる
    って、怖いですね!!
    踏み台にされる可能性があるって怖すぎて泣

    <このニュースへのネットの反応>

    【【IoT家電】スマートライトの脆弱性、放っておくとパソコンまで乗っ取られる】の続きを読む

    このページのトップヘ