ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > Android


    【元記事をASCII.jpで読む】

     ASUSZenFoneシリーズ最新モデルZenFone 7」を使ってみました。2019年に発売された「ZenFone 6」と同じく、180度回転するフリップカメラを搭載。ZenFone 6ではデュアルカメラでしたが、ZenFone 7はトリプルカメラへと進化しています。Snapdragon 865を搭載し、5Gに対応するハイスペックモデルで、価格は8万5800円(税別)。カメラ機能を強化した上位モデルZenFone 7 Pro」もあり、そちらは9万9800円(税別)。SIMフリースマホの中では、かなり高額のモデルです。

     なお、今回レビューするのはベーシックグレードのZenFone 7であり、上位モデルZenFone 7 Proではありませんのでご了承ください。

    大画面ディスプレーを搭載し、ボディーは重め

     ZenFone 7のサイズは約77.2×165×9.6mmで、重さは約235g。6.67型の大画面ディスプレーを搭載していることもあり、ボディーは大きめ。手にするとずっしりとした重みを感じます。

     ディスプレー有機ELで、解像度2401080ドットフリップカメラフロントカメラの役目もはたすので、ノッチもパンチホールもなく、フロントパネルの約92%をスクリーンが占めます。明るくてコントラストも高め。小さな文字もくっきり表示されます。90Hzのリフレッシュレートに対応しているので、動画を観たり、ゲームをしたりすることが多い人にもオススメできます。

     右側面には音量ボタンと「スマートキー」を搭載。スマートキーは電源のオン・オフ、指紋認証に使えるほか、Googleアシスタントなど、よく使う機能を割り当てることもできます。右手で持ったときに親指を当てやすい位置にあるため、端末を右手で持つ人はスムーズロックを解除できます。筆者は左手で持つことが多いので、左手の人差し指も登録しましたが、やや使いにくく感じました。なお、顔認証にも対応していますが、その都度フリップカメラが動くので、効率がよいとは言えません。

     左側面にはSIMmicroSDスロットを搭載。2枚のnano SIMに加えて、microSDカードも装着できます。5G対応で、DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)にも対応。5GのSIMと4GのSIMを挿して併用でき、さらにmicroSDでストレージを拡張できるわけです。現時点では最強の仕様と言っていいでしょう。

     カラバリはオーロラブラックパステルホワイトの2色から選べます。ガラス仕上げの背面パネルには奥行き感があるグラデーションが施され、ひと目でハイエンドのわかる質感になっています。

    超広角から光学3倍まで
    安定した高画質で撮れるトリプルカメラ

     最大の特徴であるフリップカメラは、メイン(6400万画素)+超広角(1200万画素)+望遠(800万画素/光学3倍ズーム)という構成。

     メインカメラはF値が1.8で、撮像センサーソニー製の「IMX686」を採用。スマホ向けとしては大型のセンサーで明るく撮れることが利点。超広角カメラ115度の視野角で撮影でき、4cmのマクロ撮影にも対応。個々の画素に2つのフォトダイオードを備え、高速でピントを合わせる「デュアルピクセルオートフォーカス」にも対応しています。望遠カメラは光学ズームで3倍、デジタルズームでは最大12倍で撮影できます。まずは、実際に撮影した作例を見ていただきましょう。

     超広角→広角(メイン)→望遠と切り替えても、明るさや色調がほとんど変わらないので、シームレスなズーム撮影が可能。AIによる自動設定機能もあり、空が極端に青く写ったり、夜景写真が明るくなりすぎたりすることなく、すっきりとした色味で撮れました。これといって苦手な被写体やシチュエーションはなく、なんでもキレイに撮れる印象です。

    180度回転するカメラが写真表現の幅を広げてくれる

     カメラの向きは、写真撮影時は音量ボタン、動画撮影時は画面に表示されるアイコンタップして、自在に調整できます。お気に入りのアングルを記憶させて、ワンタッチにその角度にする機能もあります。

     筆者がフリップカメラを使って、便利だと思ったポイントは3つ。まずは、ラクな姿勢で撮影できること。ローアングルで撮りたいときに、低くしゃがんだり、カメラを上向きに構えたりする必要はなく、自然な姿勢でシャッターが切れます。俯瞰で撮りたい場合も、ディスプレーが見えやすい角度にして、構図を確認しやすいのが利点。慣れるほどに便利さを実感でき、写真を撮ることが楽しくなってくるはず。結果として、写真表現の幅が広がることでしょう。

     次に、カメラを動かしながら撮れること。カメラが自動で動いて撮影し、パノラマ写真が合成される「オートパノラマ」という機能があるのですが、これが楽しい! 自分でスマホを動かす必要がないので、つなぎ目が気にならない自然なパノラマ写真が簡単に撮れます。最後にカメラが反対向きになって自分自身も写りますが「ギャラリー」の編集機能で簡単にトリミングできます。また、動画撮影中にカメラを動かすことも可能。スマホを固定した状態で、周辺の状況をぐるりと撮影したり、カメラを反転させてレポートする自分自身を映したりすることもできます。

     3つ目は、高画質セルフィーを撮れること。トリプルカメラを反転させてフロントカメラとして使えるので、最強のセルフィーカメラとも言えます。自撮りがすることが多い人には大きなアドバンテージとなるでしょう。筆者はオッサンですから、自撮りをする習慣はないのですが、超広角での自撮りは、景色が主役のスナップが撮れ、結構いいなぁと思ったりもしました。

    パフォーマンスと電池持ちも申し分なし!

     OSはAndroid 10CPUSnapdragon 865(最大2.84GHz)で、メモリーは8GBというハイスペック仕様。動作性が悪いわけがありません。アプリの起動やタッチレスポンスは快適そのもの。動画の編集もスムーズにできます。

     5000mAhバッテリーを内蔵しているので、電池持ちも良好。スペックシートによると、バッテリー駆動時間は、LTEモバイル通信で約10時間、5Gで約6.2時間ということなので、5Gを使わない状況では、5G通信をオフにしたほうがよさそうです。

    【まとめ】ハイスペック5Gスマホ+高機能デジカメ
    と捉えると高くはない!?

     ZenFone 7は、スマホとしてはやや重めで、片手での操作には向きません。しかし、そのヘヴィーなボディには誰もが満足し得る性能を備えています。おサイフケータイと防水・防塵を除けば、いま求められる機能はすべて備えていると言ってもいいでしょう。自在なアングル高画質で撮れるカメラは、デジカメよりも使い勝手がいいかも。“ハイスペック5Gスマホ+高機能デジカメ”と捉えると、8万5800円(税別)は高くないのかもしれません。

    使うほどに撮影が楽しくなる! 3眼フリップカメラ搭載の「ZenFone 7」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    使うほどに撮影が楽しくなる! 3眼フリップカメラ搭載の「ZenFone 7」


    これサーマルカメラみたい!!笑笑

    でも使ってみたいな!!


    節約が目に見える!電気代の基本料金が0円の0円でんき

    <このニュースへのネットの反応>

    【使うほどに撮影が楽しくなる! 3眼フリップカメラ搭載の「ZenFone 7」】の続きを読む


    Image: Google

    さわやか新色

    Googleグーグルは日本を含むPlay Storeにて、Pixel 4aの新色ことBarely Blueの販売を開始しました。

    かろうじて青色(Barely Blue)という名前のとおり、この新色ではかなり淡い青色(というか水色)が採用されています。すでに販売されているJust Blackと比べると、垢抜けた印象です。

    Barely Blueの価格はブラックと変わらず、4万2900円(税込み)。また、新色はソフトバンクでも販売を予定しています。

    これまでもグーグルはPixelラインにてベースカラー+新色という組み合わせを採用してきましたが、このBarely Blueはかなりオシャレ度が高いのではないでしょうか。

    Source: Google



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Pixel 4aに新色Barely Blueが登場


    これ欲しくなりますね!!


    スマートロックなら【MANOMA】

    <このニュースへのネットの反応>

    【Pixel 4aに新色Barely Blueが登場】の続きを読む


    GoogleのPixel 5は、高性能なカメラだけでなく、6インチの画面や高速な5Gにも対応しています。

    5Gが素晴らしいのはもちろん、リフレッシュレート90Hzのスクリーンアプリゲームはよりスムーズに表示。

    しかし、Pixel 5ユーザーが気に入りそうな新機能は他にもあります。今回は、Pixel 5を買いたくなるような新機能をご紹介しましょう。

    目次

    1. Hold For Me (Call Screen)

    2. Google マップライブビュー

    3. バッテリー共有という名のワイヤレス逆充電

    4. 天体写真撮影と動画のシネマティック撮影

    5. スマートホームコントロール機能


    1. Hold For Me (Call Screen)

    スマホが新しくなったり、ソフトウェアが更新される度に、Google アシスタントもより便利に賢くなっています。

    Googleは、すでに鬱陶しい迷惑電話を排除する「Call Screen」を追加しています。

    今回、Android 11搭載のPixel 5では、さらに一歩進んだ「Hold For Me」機能を使うことができます。

    「Hold For Me」は、その名の通り自分の代わりに電話に出てくれる機能です。電話で保留音楽を聞きながらじっと座って待つ代わりに、Google アシスタントが待機してくれるのです。

    銀行やインターネットプロバイダー、その他の会社に電話して待たされる時はいつでも、Pixel 5に画面が表示され、Google アシスタントが代わりに待つかを尋ねてくれます。

    ポップアップ画面をタップして、「Hold For Me」機能を起動したら、あとは電話を置いて仕事などに戻りましょう。

    誰かが電話に出たら、Google アシスタントが小さなノイズ音やバイブレーションで報せてくれるので、電話に出て会話を続けることができます。

    唯一心配なのは、あなたが電話に出るまで、相手が切らずに待っているかどうかです。

    知らない人がいるかもしれませんが、この技術を使って、Google アシスタントレストランや美容院の予約もできます。

    この機能は、保留中なのか、録音されたメッセージを聞いているのか、実際に人間と話しているのかが判別できるくらい賢いです。

    とてもよくできているので、Pixel 5を持っている人にはぜひ試してみて欲しいです。

    ただし、残念ながら、今のところ「Hold for Me」が使えるのは米国内で英語のみです。


    2. Google マップのライブビュー

    Pixel 5のもうひとつの便利な機能は、Android 11のGoogle マップ内で使えるライブビューです。

    このライブビューは、現在地情報と組み合わせたもので、非常によくできています。

    ライブビューを使うには、現在地の共有を有効にしなければなりません。

    それから、Google マップを開き、友だちのアイコンタップして、ライブビューを選びます。

    これで、友だちの正確な居場所や、自分からどれくらい離れているかが表示されます。通常のストリートビューのような見た目ですが、友だちの居場所が上に重なって表示されます。


    3. バッテリー共有という名のワイヤレス逆充電

    最近は、ほとんどのスマホアクセサリーがワイヤレス充電に対応しています。

    このような利便性のお陰で、スマホをワイヤレス充電器の上に置いたり、立てたりするだけで、プラグを挿さなくても充電できます。

    これはこれで素晴らしいことですが、Googleは最新のPixelモデルでさらに一歩アイデアを進めました。

    Pixel 5は、バッテリーシェアと呼ばれる、ワイヤレスで逆充電する素晴らしい機能にも対応しています。

    Pixel 5の端末の背面に乗せるだけで(ケーブルなど無しに)他のデバイスを充電することができます。

    この機能を使うには、設定のバッテリーシェアバッテリーバッテリーシェアを有効にしてください。

    そして、Pixel 5を裏返して、最近のiPhone、Pixel Buds、その他ワイヤレス充電に対応しているデバイスを、その上に置きます。

    そうすると、不思議なことにPixelのバッテリーから充電が始まります。

    このように、Pixel 5はモバイルバッテリーにもなるのです。

    また、先ほどと同じ設定ページで、Pixelが他のデバイスへの充電をどこで止めるかを設定できるので、Pixelのバッテリーを守ることもできます。

    この機能は、SamsungHuawei、その他のメーカーでも見たことがありますが、Googleもその仲間入りを果たしたというのはいいことです。


    4. 天体写真撮影と動画のシネマティック撮影

    月や星、夜空をスマホでキレイに写すのは簡単ではありません。

    また、スマホを動かしながら動画をキレイに撮ることも難しいです。

    しかし、新しいPixel 5で写真や動画を撮影してみると、うれしい驚きがあるはずです。

    Googleの新しいカメラ機能は、素晴らしい大仕事をやってのけました。

    Pixel 5の天体撮影モードが改善されただけでなく、さらに新しいシネマティック撮影モードも登場しました。

    シネマティック撮影を使うと、専用のカメラ機材なしで、プロのような動画撮影ができます。

    カメラを開き、モードの中からシネマティック撮影を選ぶだけで、スマホをパンさせながら(左右にカメラの向きを変えながら)美しい動画を撮影できます。

    カメラ機能に関して言えば、Pixel 5では60FPSで4Kの動画を撮影したり、iPhoneと同じような「ポートレートモード」で撮影もできます。


    5. スマートホームのコントロール機能

    スマートホーム製品がかなり普及してきて、多くの人が自宅で使うようになってきました。

    スマートスピーカー、サーモスタット、スマート照明、防犯カメラとの接続など、様々な製品があります。

    便利なことに、GoogleはPixel 5の電源メニューに(Android 11の場合)新しいセクションを追加し、素早く簡単にすべてのスマートデバイスコントロールできるようになりました。

    アプリを開かずに使うことができます。

    Pixel 5の上部右横にある電源ボタンを長押しするだけで、新しいスマートホームコントロールメニューアクセスできます。

    通常の電源オフや再起動オプションに加え、非接触型決済のGoogle Payなどのショートカットも。

    それらの下に、スマートホームコントロールボタンがありますよね?

    お持ちのスマート端末すべてが並んでいるので(一度に最大6つまで)、照明をタップすれば素早くオン/オフができたり、玄関ドアを施錠できあり、防犯カメラチェックもできたりします。

    素早く、簡単に、シームレスにPixel 5に統合されています。この機能は、古いモデルのPixelでもAndroid 11が搭載されていれば使えます。

    たくさんの新機能があるPixel 5

    これらは様々な素晴らしいPixel 5の新機能のほんの一部です。 Pixel 4でなくなり、Pixel 5で復活した指紋認証機能についても説明できていません。

    また、機種に関わらず、Googleの最新のAndroid 11も素晴らしい機能がたくさんあります。

    キーボードのスマートリプライ機能、よく使うアプリ提案機能、テキストコピーペースト、カスタマイズのオプションなどの改善や、大幅なバッテリー節約など、どれも非常に便利です。

    Android 11を使っている人は、このような機能をすべて使ってみることをおすすめします。

    あわせて読みたい

    この秋新登場のGalaxy S20 FE、Pixel 5、Pixel 4a。お買い得はどれ?

    Android7.1以前だと一部ウェブサイトにアクセスできなくなる! 解決策は?

    Image: Mr.Mikla/Shutterstock.com

    Source: YouTube, Google

    Original Article: 5 Cool New Pixel 5 Features You Must See by MakeUseOf



    (出典 news.nicovideo.jp)

    iPhone以外の選択肢。Googleスマホ「Pixel 5」の新機能5つ


    これいいですね!!

    天体写真とか撮ってみたい!!

    高速で、安心、安全なインターネットが追加料金なしで利用できる!『OCNforドコモ光』

    <このニュースへのネットの反応>

    【iPhone以外の選択肢。Googleスマホ「Pixel 5」の新機能5つ】の続きを読む


    Image: Indistractable Launcher

    かつてはランチャーをあれこれ試してお気に入りのホーム画面にしたものですが、最近はスマホにしろPCにしろ、機種を変えるときの再設定が億劫になってご無沙汰してます。ただ、MS-DOSUNIXで育った身として、T-UI Launcherには興味アリ。

    Androidスマートフォンランチャーアプリインストールすると、アイコンホーム画面の見た目が変わりますね。でも、ランチャーのなかには、見た目にとどまらず、アプリや各種設定メニューへのアクセス方法を変えたり、スマートフォンの使い方まで一新したりできるものがあります。

    ここでは、そんなおすすめランチャー7種類を紹介しましょう。

    1. AIO Launcher

    Image: AIO Launcher

    AOI Launcher」は、必要なものほとんどすべてをホーム画面内に納めてしまいます。アプリからデバイスの各種情報、バッテリー残量、よく使うアプリ、連絡先、タイマー、メールニュースなど、何でもござれ。目的のアプリなどが一目で見つけられるので、あれこれ探し回る無駄な時間を減らせます。

    タスクリストチェックツイートの表示、株価の確認、音楽再生だって、ホーム画面から済ませられるのです。コンパクトコントロールパネルまで用意されています。ホーム画面に何を入れるか好みで決められるので、邪魔なものは隠しましょう。無料版でも機能は豊富ですが、3ドル(約313円)でウィジェットや設定項目を増やせます。

    2. T-UI Launcher

    Image: T-UI Launcher

    今風デザインスマートフォンを、昔懐かしいPC風UIで使いたいなら、「T-UI Launcher」がピッタリです。アプリを起動したり設定を変えたりするには、コマンドラインアプリや設定項目の名前をタイプしなければなりません。各種情報は、さまざまな色の文字で画面に長々と表示されます。

    どう操作したらよいか最初は戸惑いますが、ヘルプがきちんと用意されているので馴染めるはずです。UIの設定もかなり自由に変えられます。さらに、RSSフィード用リーダーが標準搭載されているほか、表示方法をガラッと変えられるサードパーティ製スキンもたくさん用意されています。

    3. Indistractable Launcher

    Image: Indistractable Launcher

    「Indistractable Launcher」はまだ開発途上のランチャーなのでバグが残っているものの、ミニマリストには向いています。AndroidスマートフォンのUIをできる限り軽くシンプルにすることを目指すランチャーですから。インストールしたスマートフォンは、すぐ使いやすくなります。ホーム画面には、必要最低限のタスクリストと電話アプリしか表示されないのです。

    それ以外のアプリは、スワイプして引き出す画面からすぐにアクセスできます。現在の天気を知らせるウィジェットや、1日の何%、1年の何%が終わってしまったかを表示するウィジェットもお勧めです。 10ドル(約1035円) で有料版に切り替えると、設定項目が増やせたり、サードパーティアイコンが使えたりします。

    4. Ap15

    Image: Ap15

    「Ap15」をインストールすると、ホーム画面に並んだアイコンが消え、テキストで埋め尽くされた状態へと一変します。Ap15で使う画面は1つだけで、表示するテキストの色、使うフォントの種類とサイズ好きなように変更可能です。シンプルさを極めるという点では、最適なランチャーアプリでしょう。

    使用頻度の高いアプリほど、ホーム画面に表示されるテキストが大きくなって、目立つようになります。無料で使えるランチャーですが、2ドル(約209円)のプロ版は画面の背景パターンを変えられて、テキストの表示方法を細かく調整できます。

    5. Niagara Launcher

    Image: Niagara Launcher

    標準状態のAndroidは、よく使うアプリホーム画面に並べ、あまり使わないアプリは引き出して使うドロワーに入れておく、という使い分けをします。「Niagara Launcher」では、この使い分けがもっと便利になるのです。ホーム画面に置けるアプリは8個までで、それ以外のアプリスッキリしたデザインサイドメニューからアクセスします。

    イケてるウィジェットといじれるデザインのおかげで、スマートフォンの使い方が大きく変わります。ただし、とりわけ便利な機能の多くは、11ドル(約1147円)の有料版にしないと使えません。有料版では、天気やバッテリー残量を表示するウィジェット、さまざまなカスタマイズ項目などが利用可能になります。

    6. Ratio

    Image: Ratio

    「Ratio」は、スマートフォンに触れる時間を短くしつつ、効率よく使えるようにしてくれるランチャーです。画面は控え目な配色と落ち着きのあるデザインで、メモやスケジュールなど最小限の内容だけが表示され、求める情報を探してあれこれいじる必要がありません。いくつもあるメッセージング用アプリは「Tree」と呼ばれる一種のフィードにまとめられ、各アプリの使用時間を記録しておけます。

    ドロワーのサイズは自動的に随時調整され、すぐにアクセスできるアプリの数が制限される仕組みです。つまり、Ratioは、刺激的な色合いのアイコンが果てしなく並んだドロワーをスクロールし続ける作業から解放してくれます。しかも、ドロワーの動作は好きなように設定可能です。無料版も提供されていますが、Tree機能を使うには月額2ドル(約209円)か年額15ドル(約1564円)かかります。

    7. Before Launcher

    Image: Before Launcher

    「Before Launcher」をインストールすると、アプリが簡潔なテキストで表示されるなど、スマートフォンの使い勝手がシンプルになります。さらに、フィルターで通知機能が拡張され、大切な通知だけがその場で表示されます。大して重要でない通知は、後から時間のあるときに落ち着いて確認できるのです。

    高度な機能でありながら、設定に時間はかかりません。至って簡単で、すぐスマートフォンに煩わされなくなります。2ドル(約209円)払って有料版にすれば、画面のデザインを変えることができ、アプリの表示順番とフォントサイズも変更可能になります。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Androidスマホのホーム画面と使い勝手を一新! 7種類のおすすめランチャーをご紹介


    これ試してみたくなりすね!!


    もっと快適なインターネット環境へ

    <このニュースへのネットの反応>

    【Androidスマホのホーム画面と使い勝手を一新! 7種類のおすすめランチャーをご紹介】の続きを読む


     「BCNランキング2020年10月26日から11月1日の日次集計データによると、SIMフリースマートフォンの実売台数ランキングは以下の通りとなった。
     

    画像付きの記事はこちら

    1位 A5 2020(OPPO

    2位 AQUOS sense3 lite SH-RM12(シャープ

    3位 Reno3 A(OPPO

    4位 P30 lite(Y!mobile)(Huawei Technologies)

    5位 BASIO4(UQ mobile)(京セラ

    6位 Reno3 A(Y!mobile)(OPPO

    7位 Redmi Note 9S 6GB+128GB(Xiaomi

    8位 arrows RX(富士通コネクテッドテクノロジーズ)

    9位 Reno3 A(UQ mobile)(OPPO

    10位 ZenFone Max (M2) 64GB ZB633KL-64S4(ASUS

    *「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

    arrows RX


    (出典 news.nicovideo.jp)

    今売れてるSIMフリースマホ、富士通の「arrows RX」が初TOP10入り 2020/11/7

    SIMフリースマホって興味ありますね!!


    coconala.com

    <このニュースへのネットの反応>

    【今売れてるSIMフリースマホ、富士通の「arrows RX」が初TOP10入り 2020/11/7】の続きを読む

    このページのトップヘ