ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > Android


     モトローラ・モビリティジャパン10月30日に、Androidスマートフォンスマホ)「moto g」ファミリーの第9世代「moto g9 play」と、ビジネス向けモデルmoto g PRO」を発売する。

    画像付きの記事はこちら



     moto g9 playは、アスペクト比20:9の6.5インチMax Visionディスプレイ、4800万画素のカメラ、容量5000mAhの大容量バッテリ、背面指紋認証センサーを備えた4G+4GデュアルSIMデュアルVoLTEスマートフォン

     CPUがオクタコアのQualcomm Snapdragon SD662、メモリ4GB、64GBのストレージを搭載し、最大512GBのmicroSDカードに対応する。サイズが幅75.73×高さ165.21×奥行き9.18mmで、重さが約200g。

     カラーは、サファイアブルー、フォレストグリーンの2色。Motoストアでの税込み価格は2万4800円。

     moto g PROは、アスペクト比12:9の6.4インチMax Visionディスプレイ、4800万画素のカメラ、4000mAhの大容量バッテリを備えた4G+4GデュアルSIMデュアルVoLTEスマートフォンで、2世代のOSアップグレードと2年間のセキュリティアップデートを保証するAndroid One端末。

     CPUがオクタコアのQualcomm Snapdragon SD665、メモリ4GB、Dolbyステレオスピーカーを搭載し、スタイラスペンが付属する。サイズが幅75.8×高さ158.55×奥行き9.2mmで、重さが約192g。

     なお、発売時はKDDIネットワーク非対応で、後日の対応を予定している。

     Motoストアでの税込み価格は3万5800円としている。

    モトローラ、Androidスマホ「moto g9 play」と「moto g PRO」を発売


    (出典 news.nicovideo.jp)

    トリプルカメラと大容量バッテリ、モトローラのスマホ「moto g9 play」

    これモトローラのスマホ試したい!!


    サイトに広告を掲載してお小遣いが稼げる!【A8.net】

    <このニュースへのネットの反応>

    【トリプルカメラと大容量バッテリ、モトローラのスマホ「moto g9 play」】の続きを読む


     米GoogleAndroidスマートフォン「Pixel 5」が10月15日に発売された。先代の「Pixel 4」からの変更点は主に「5G対応」「チップセットの性能ダウン」「Motion Sense廃止」「指紋認証センサー採用」といったところ。

    【その他の画像】

     アウトカメラについても変更があった。Pixel 4では広角カメラと望遠カメラデュアル構成だったが、Pixel 5ではデュアル構成でありつつも広角と超広角の構成となった。

     Pixel 4の発表時、Googleスマホの計算性能によって写真を撮影・合成する「コンピュテーショナルフォトグラフィー」を前面に押し出しスマートフォンの小さなカメラでも天の川や銀河といった星景を撮影できることを見せつけた。

     実はGoogleは今回、コンピュテーショナルフォトグラフィーには言及したものの、天体撮影機能のアップデートには触れていない。

     しかし、カメラの構成も変わったため天体撮影でも撮影できるシーンに変化があったのではないか。そう考えて、今回は満天の星空の下、Pixel 5とPixel 4(XL)の天体撮影機能を比較した。

    ●超広角で星空は広く撮れるか

     撮影ロケーションに選んだのは長野県群馬県の県境。関東は10月、あまりいい天気に恵まれていないが、天気予報を毎日チェックしてつかの間の晴れ間を狙った。

     カメラはくちょう座わし座こと座からなる夏の大三角に向けて撮影。織姫と彦星の逸話にもあるように、夏の大三角の中央には天の川がある。都会では1等星のデネブアルタイル、ベガくらいしか視認できないが、本来は天の川の中でも濃い部分が観察できる方角だ。

     まずはPixel 5の広角カメラから。

     左側のポールの先端に写るのがわし座アルタイル(彦星)で、右端中央やや上にある明るい星がこと座のベガ(織姫)。間にもやっと天の川が写っており、星自体も無数に写っている。5~6等星までは写っていそうだ。

     スマートフォンセンサーとしては極めて素晴らしい天体撮影機能といえるが、先代のPixel 4の広角カメラと比べると違いはほぼない。

     Pixel 4とPixel 5の技術仕様の比較ページを見ても分かるように、いずれも広角カメラは有効画素数約1220万画素で、画素ピッチは1.4μm。レンズ開口部はF1.7と、スペックは同じだ。おそらくはイメージセンサーも同じと思われる。同社は2018年発売の「Pixel 3」からソニーイメージセンサー「IMX363」を採用しており、Pixel 4でも同じセンサーを利用していると報じられていた。Pixel 5も同じと思われるため、Googleは3年連続で同じカメラモジュールを広角カメラに採用したものとみてよさそうだ。

     次に、Pixel 5の超広角カメラでの天体撮影を見てみよう。

     広角カメラが35mm判換算約27mmであるのに対し、超広角カメラは換算約16mmであるため、星空も写る範囲がそれだけ広くなる。上の写真は広角カメラでの作例と同じ位置から撮影しているが、広角では写っていなかったデネブまでが収まっている他、「群馬県」の看板の下にあった土星と木星も明るく捉えている。天の川の濃淡も分かる。

     しかし、残念な部分もある。全体的に緑がかっており、横縞のような周期的なノイズも観察できてしまう。

     これは広角カメライメージセンサーとの違いが原因と思われる。超広角側は有効画素数1600万画素で、画素ピッチは1.0μm。画素ピッチは大きいほど光を捉えやすいため、1.0μmの超広角側センサーは1.4μmの広角側センサーに比べて不利である。その上、レンズ開口部もF2.2と、広角側のF1.7より暗い。

     EXIF情報を見ても広角側での撮影はISO400程度で撮影できているのに対し、超広角側ではISO1000まで上がってしまっており、これがノイズの多い原因の一つと思われる。

     ただ、Pixelシリーズの天体撮影機能は、合計4分間かけて撮影した15枚の画像を重ね合わせる処理をしているため、本来はある程度のノイズは消去できるはずだ(広角側ではそれに成功している)。

     それにもかかわらずこれほどノイズが出てしまっているのは、イメージセンサーの限界を感じざるを得ない。

     なぜ超広角側に暗所に弱いカメラモジュールを採用したのかは想像するしかないが、一つは広角側でポートレートモードなどを使う関係で、超広角側は画素数を増やさないと視差による深度計算が細かくできない、というのはあるかもしれない。他にもカメラモジュールの価格面や筐体のスペースの関係から、選択肢が他になかったのかもしれない。

     いずれにしても、Pixel 5の開発チームが天体撮影における超広角カメラの画質を重視したとはいえなさそうだ。

    GoogleがPixel 5で重視したこと

     これは筆者の考えだが、コンピュテーショナルフォトグラフィーは大きく2種類に分けられると思っている。

     一つは「撮影後」の写真に対し、スマホの計算能力でボケやライティングなどを調整する技術。もう一つは「撮影時」に複数枚の写真を撮影するなど工夫をすることで、広いダイナミックレンジの撮影やノイズリダクション、超解像などを行う技術だ。

     Googleは、後から人物のライティングを調整できる「ポートレートライト」機能などをPixel 5で追加したため、「撮影後」の技術については進化したといっていい。

     一方で「撮影時」の技術については、Pixel 3で搭載された超解像ズームやPixel 4で搭載された天体撮影モードのときほどのアップデートはなかった。こちらについては足踏みしている状態に見える。

     もっとも、Pixel 5は当時のハイエンドスペックを搭載したPixel 4とは思想が異なり、ミドルレンジのSoCを採用して本体価格を下げ、普及を狙ったモデルだ。どこかで技術進化の取捨選択をしなくてはならないことは理解できる。

     天体撮影以外の機能も眺めれば、Pixel 5は日常使いのスマートフォンとしては十分な性能を持っている。90Hz駆動のディスプレイは使っていて気持ちいいし、ミドルレンジとはいえSnapdragon 765Gは一般的なアプリの動作で支障はない。ハイエンドグラフィックス性能を要求するゲームGoogleクラウドゲーミングサービスStadia」と5G通信でやればよさそうだ(ただしStadiaの日本展開は未定)。背面の指紋認証も、正直Motion Senseによる顔認証より使いやすい。

     これはこれで完成度は高く、価格帯も考えれば世界的にシェアの大きいロー~ミドルレンジAndroid市場で存在感を放つポテンシャルは持っていると思われる。

     カメラに話を戻すが、広角カメラセンサーは(おそらく)3年連続で同じものを採用しており、枯れて扱いやすいとはいってもそろそろ限度があろう。Pixel 5が売上面で成功を見せれば2021年のPixel 6(仮)も同じ路線となることは十分考えられるが、筆者としてはカメラやSoCなどを刷新したハイエンドモデルのPixelも見たいところだ。

    Googleの「Pixel 5」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「Pixel 5」の天体撮影はPixel 4から進化したか 満天の星空で比較

    これ気になりますね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【「Pixel 5」の天体撮影はPixel 4から進化したか 満天の星空で比較】の続きを読む


    どうして必要もないのにケーブルに悩まされなくてはいけないのでしょう?

    今はもう2020年です。ファイルの転送、動画などのストリーミング、あるデバイスの設定を別のデバイスと合わせるなど、いずれにしてもすべてのデバイスにワイヤレスで接続できないはずがありません。

    今回の米Lifehacker「Tech 911」の質問に対するアドバイスは、まさにマニアの体験の核心に触れていました。今日はおふざけ無しです。Mohdさんの質問はこちらです。

    どうすればケーブルなしでAndroid端末をパソコンにつなげられるでしょうか?

    AndroidとWindowsをつなぐのはなぜそんなに大変なのか?

    パソコンの何かにアクセスしたい時に、毎回自分のAndroidデバイスパソコンを物理的に接続しなければならないことほど、面倒なことはありません。

    adbコマンドや、インストールすべきでないベータ版をいじったりしたい時も、毎回です。

    Androidに、ワイヤレスで直接ノートパソコンデスクトップパソコンに接続できる、ちょっとしたオプションがあるのが理想です。

    そうすれば、スマホリモートデスクトップアプリを使って、離れたところにあるパソコンマウスを動かしたり、コマンドを入力することができます。

    まったくケーブルを使わずに、パソコンスマホ間でファイル転送もできるでしょう。

    デフォルトではそのような設定はありませんが、ほんの少しの工夫で、そのようなことができるようになります。

    AndroidデバイスとWindowsパソコンを接続する方法

    Androidデバイスパソコンを接続する方法のひとつが、Windowsに入っている設定を使うやり方です。

    1.Windowsの「設定」から行う場合

    最新版のWindows 10で「設定 > 電話」を開き、スマートフォンの追加をクリックします。

    すると、Androidスマホ同期管理アプリインストールをするよう促されます。

    インストールしたアプリを開き、Microsoftアカウントサインインして(もしくはWindowsパソコンQRコードを利用して接続)、すべての認証を許可します。

    スマホパソコンを接続したら、スマホの通知、メッセージ、写真に、Windowsパソコンから直接アクセスできるようになります。

    また、パソコンスマホにかかってきた電話を受けたり、電話をかけることもできます。

    2.ファイル共有が簡単にできる「Nearby Share」を使う場合

    また、Bluetoothで「Nearby Share」を使って、パソコンスマホ間でファイルの交換をすることもできます(各デバイスの設定を開き「Nearby Share」を検索して有効にします)。

    Androidのビルトインの共有機能、もしくはWindowsエクスプローラーから「SendTo > Bluetoothデバイス」を使って、データをやり取りします。

    Android版AirDrop機能「Nearby Share」で、確認しておくべき設定

    しかし、正直に言うと、個人的には「Nearby Share」はせいぜい混乱するだけで、ほとんど使えないと思います。

    Androidパソコン間でのファイルの送受信なら、「Wifi File Transfer」や「SuperBeam」のような他のアプリの方がはるかに簡単です。

    もしくは、ファイル転送のアプリが必要ないSnapdrop」のようなWebサイトや、実績のあるアプリAirDroid」や「Portal」もあります。

    3.SamsungのAndroidデバイスを使っている場合

    SamsungAndroidデバイスを使っている場合は、SamsungアプリDex」が間違いなくおすすめです。

    基本的には、パソコンデスクトップに直接自分のAndroidポップアップ版が表示されるようなものです。

    ケーブルが必要なので、今回のワイヤレス接続のニーズにはまったく応えていませんが、パソコンからAndroidアクセスする素晴らしい方法なので、言わずにはいられませんでした。

    4.Dellのパソコンを使っている場合

    Dell Mobile Connect」も試すだけの価値がある方法です。ただし、残念ながらDellパソコンにしかインストールできません

    Windows Store」のリンクを開き、Microsoftアカウントログインし、Windows 10パソコンアプリインストールを選択します(DellパソコンでないWindows 10パソコンからこの操作をしてもうまくいきません)。

    私はすべてインストールしましたが、イーサネットベースパソコンとワイヤレスのAndroidを認識させようとした時だけ、問題が起こりました。

    ワイヤレスのノートパソコンAndroidを接続すれば、うまくいくのではないかと思います。

    もしくは、Dellは、Dell以外のユーザーがこのアプリを使わないようにする方法を編み出しているのかもしれません(Dell以外のユーザーでこのアプリでうまくいった多くの人たちのコメントを読んだので、私の方の問題なのかもしれません)。

    運がよければ、すべてうまく接続でき、メッセージ、通話、ファイルなどにアクセスができたり、Windows 10パソコンに直接Androidの画面を共有したりできるでしょう。

    しかし、問題が起こった場合は、その方法はあきらめて、昔からあるAirMirror」や「Scrcpy」のような、Androidリモートで表示する別の方法を試してみてください。

    多分、これですべて網羅できていると思います。寄せ集めの解決方法で申し訳ありません。

    Samsungスマホ(もう一度言いますが、ケーブルが必要とはいえ驚くほど簡単に接続できる「Dexアプリ以外は、Androidパソコンをワイヤレスでつないで何をしようとしているかによって、別の方法を使わなければならないと思います。

    あわせて読みたい

    Google アシスタントの音声で、Androidアプリが操作可能に

    無料でここまで使える、Adobeのすばらしいアプリ5選

    Image: Shutterstock

    David Murphy - Lifehacker US[原文



    (出典 news.nicovideo.jp)

    AndroidとWindowsパソコンをワイヤレスで接続する方法


    こんな方法あるんですね!

    やっぱりiPhoneとMacが簡単すぎて笑



    “"


    登録は簡単、3ステップのみ!無料会員登録はこちら

    <このニュースへのネットの反応>

    【AndroidとWindowsパソコンをワイヤレスで接続する方法】の続きを読む


     Sorta Sage色の「Pixel 5」がやってきました。今回の「Googleさん」は、Pixel 4をずっと使ってきた筆者のPixel 5の第一印象です。

    【iPhone 12、Pixel 4とのスペック比較画像】

    手になじむ触感とサイズ、重さ

     Sorta Sage色というのは「a sort of sage」という意味で、つまりスカボロフェアで歌ってる、あのハーブセージの色みたいな、灰緑色です。なかなかWebでは再現しにくい色だと思いますが、webcolorだと「#b4d4c1」あたりだと思います。「Not Pink」や「Oh So Orange」など、Pixel伝統のこの変な名前、わりと好きなので続きますように。

     ちなみにAmazonKindle Paperwhiteにもセージ色がありますが、色合いはだいぶ違います

     そして、テクスチャがこれまでのPixelと違う、ちょっとざらざらした感じです。よりすべりにくくて、なんとなく温かい感じがします。

     このテクスチャと、厚みがPixel 4より2ミリ薄くなったこと、11グラム軽くなったことで、Pixel 4よりさらに手に馴染みます。軽くなったのが大きいかも。

     バッテリーは大きくなったのに11グラムも軽くなったのは、Pixel 5の本体がガラスじゃなくてアルミニウムだからもあります。アルミの表面を「バイオレジン」というプラスチックの一種でコーティングしてあります。義歯とかサーフボードとかに使う素材のようです。電源ボタンだけ、アルミのままです。これまでのPixelはオレンジだったり白だったりしたので、ちょっと新鮮。

    背中がアルミニウムなのにQi充電できるしくみ

     ところでアルミなのにQi充電できるのか?と疑問に思うところですが、Googleが米メディアに説明したところによると、背面のアルミにはQi充電コイル用の物理的な切り欠きがあり、その部分で充電できるようになっているそうです。バイオレジンできれいにコーティングされているので、どこにその切り欠きがあるかはわかりません。

     うちにあるPixel Standを含む複数の無線充電器に載せてみたところ、問題なく充電できました。(Pixel Stand、いまGoogle Storeから消えてますが、Google中の人によると、ディスコンではないそうです。)

     リバース充電(スマホモバイルバッテリー代わりに使うこと)もできます。Pixel 5の場合は「電池の共有」というアイコンクイックメニューにあるので、これをタップして背面に無線充電対応のスマホイヤフォンケースを置くと「ちゃりーん」という音がして充電が始まります。

     外出先にPixel 4とPixel 5を持っていったとき、2台を背中合わせにしてバッグのポケットに入れて充電してみたんですが、これはだめでした。Pixelが過熱してしまい、「デバイスの温度が下がってからもう一度お試しください」と注意されました。机の上などに置いてやるのが正しいお作法なのでしょう。

     低速充電なので満タンにするのは難しそうだし、ほうっておくと満タンにならないうちに充電が中断したりしますが、へたってきちゃったAirPodsなどを出先で充電するには使えそうです。なにしろPixel 5のバッテリーはPixel史上最大の4000mAhなのですから。

    前面カメラパンチホールGoogleマップ以外では気にならない

     ディスプレイサイズは5.7インチから6インチに大きくなりましたが、パンチホールのある部分(画面の上部4ミリくらいの範囲)はホーム画面やGoogleマップ以外のアプリではほとんど使わないこともあり、広くなったと感じることはあまりないです。でも、ベゼルの幅が上下左右で揃っているのは気持ちいいものです。

     ディスプレイで他に気づいたのはPixel 4より青っぽくなったこと。Pixel 3からPixel 4になったときに青っぽいから黄色っぽいに変わったのが、また元に戻った感じです。これは好みの問題だし、比較しなければわからない程度ですが、写真を表示したときに印象が変わりそうです。

    さよなら望遠こんにちは超広角(カメラの感想)

     写真で気づいたことの1つは、色がPixel 4より濃い感じです。これも並べてみないと気づかない程度だし、個人の好みによると思いますが、私はPixel 4の方が好きです。ちょっと残念。

     操作で便利になったのは、Pixel自身が「暗いな」と判断するとシャッターボタンが自動的に夜景モードになるところ(Pixel 4では暗いところにカメラを向けると「夜景モードを試す」ボタンが表示されていました)。暗いままで撮りたいときは、操作パネル右上のボタンタップします。

     新機能の夜景モードでのポートレート、ちゃんとぼけたりぼけなかったり。たぶん、光の位置や量によるんだと思います。

     ポートレートモードで撮影した写真の光の位置を後から変えるポートレートライトは、iPhone X以降で使えるスタジオ照明にちょっと似た、写真にこだわりのある人しか使わないであろう機能です。撮った写真でなんか顔に暗い影入っちゃったなというときに調整できます。

     ポートレートライトは、カメラアプリまたはフォトアプリでPixel 5のポートレートモードで撮影した顔写真を開き、[編集]→[調整]→[ポートレートライト]を選ぶと写真の顔の部分に光源を表す円が表示されるので、これを指で移動させます。

     どうやらPixelくんが顔だと判断したものの写真でしかポートレートライトを使えないようです。花の写真では機能が表示されませんでした。

     背面カメラの2台目が望遠から超広角になったのはマーク・レボイ教授がいなくなったことを感じさせる変化です。これもコストダウンに貢献しました。超広角でも7倍までのズームは可能です(Pixel 4は8倍まで)。

     動画撮影でやってみたかったのは「シネマティック撮影」。そういう機能があるんじゃなくて、実際にはカメラアプリで動画を選ぶと「スロモ録画」「標準」「タイムラプスボタンが選べるようになり、スロモ録画を選んでパン(カメラを水平方向に動かすやつ)すると、「映画のような動画を撮影できます」。

     正義の味方軍団がなぜか道幅いっぱいに横一列に並んで敵陣に乗り込むシーンとか、戦場から戻ってきた恋人を草原で走って迎えに行くシーンとかで使われるやつです。撮影した動画の一部がスロモになるんですが、後からスロモにする部分を変えることもできます。お見せできるようなサンプルは撮れていませんが、小田急線ホームに電車が入ってきて乗客が降りるだけの動画でも、スロモ録画するとなんだかドラマチックです。

    ハイエンドじゃないけどAndroidの良さを広める端末という新たな位置づけ

     高いPixel 4を昨年買ったばかりの人にはちょっと勧めにくいですが、メモリもストレージも増えたし、マスクして顔認証できないことでいらいらしているなら、買いです。

     ここ数年Pixelシリーズしか使っていないので、他のメーカーから乗り換えてでも買った方がいいかどうかは判断できないですが、Androidユーザーで、新OSになかなかならないことに嫌気がさしている人がいるなら、お勧め。

     下は、最近マイブームスペック比較表です。今回は、Pixel 4とPixel 5と、もうすぐ出るiPhone 12シリーズの中で一番Pixel 5に近そうな「iPhone 12」を並べてみました。価格を比較するために、ストレージは128GBで揃えてあります。

     そうそう、5Gを体験したい人であれば、5G対応端末の1つとしてお勧めです。私はSIMIIJで、まだしばらく5Gとは無縁そうなんで、なんとも言えませんが。ゲーマーでもないし、動画も家でしか見ないので、5Gの必要性をあまり感じないのです。

     Pixel 4までの、最先端の技術を高くてもいいから提供するという姿勢は完全に影を潜めました。ガジェット好きとしては残念なことです。Pixel 5はフラグシップではありますが、Androidの良さをなるべくいいスペックで幅広く体験してもらいたい、というものになっています。

     Pixel 6が出るとしたら、Pixel 4ではなく、Pixel 5の延長線上になるんでしょう。今年はPixel 4a、Pixel 4a 5G、Pixel 5というちょっと不思議なラインアップでしたが、来年はすっきりわかりやすくなりますように。

     個人的には、Sorta SageのPixel 5は色も好きだし軽くて小ぶりで、とても気に入りました。ケースを付けずに使っていこうと思います。

    ※この記事は、Googleの動向をゆるく追っていく連載「Googleさん」のコラムです。

    左から、Pixel 4、Pixel 4a、Pixel 5の背中


    (出典 news.nicovideo.jp)

    最先端をやめたPixel 5、でも手に馴染む Pixel 4ユーザーが使ってみて感じたこと

    最先端の方がいいでしょ!笑笑






    <このニュースへのネットの反応>

    【最先端をやめたPixel 5、でも手に馴染む Pixel 4ユーザーが使ってみて感じたこと】の続きを読む


    Android 11の予想外のバグが、数知れないほどのユーザーデバイスに影響を及ぼし、マルチタスクがほぼできなくなっています。

    Pixel端末で下から上にスワイプしても、最近のタスクや最近使ったアプリなどの[最近]画面が表示されず、何もできない場合は、バグの影響を受けているということです。

    せめてもの朗報と言えば、Googleはこの問題を認識しており、修復しようとしていることでしょう。アプリの切り替えに問題がある人にとっては、今のところ対して役に立たない情報ではありますが。

    しかし、ありがたいことに、この問題を軽減する(取り除くわけではありません)ための回避策がいくつかあります。

    [最近]画面が表示されないバグ。回避策は?

    まず、デバイスロックして、それからロック解除してみてください。最近使ったアプリリストを再表示するのにやるべきことはこれだけです。

    アプリを切り替えたい時は毎回これをやらなければなりませんが、一番簡単な解決法です。

    これがうまくいかない場合は、Android再起動して問題が一時的に解決するかを確認してみてください。もしくは、セーフモード再起動してから通常モードに戻す、というのも試してみてください。

    それ以外には、別のランチャーで切り替えて、問題が解決できるか確認しましょう。

    Smart Launcher 5」や「Nova Launcher」を使うのが手堅いと思います。私は初めてのAndroidで後者を使ったのを覚えています。(あれから随分経ちましたが)

    デバイスを初期化する必要はある?

    上記の方法で、最近のアプリの画面を開く問題が解決するとは限りませんが、これ以上の極端なトラブルシューティングをやるのはおすすめしません。

    Androidアプリ一覧画面からアプリを起動したり、簡単にアプリを起動できるジェスチャーではなく、3つのボタンナビゲーションで切り替えたりしなければなりません。

    しかし、これはデバイスを初期化しなければ解決しないレベルの問題ではありません

    Googleはすぐに問題を解決しなければなりませんが、ユーザーはさまざまな事前リリースベータ版でバグを報告してきたはずなのに、このバグが最終版のAndroid 11で見つかったのは驚きです。

    あわせて読みたい

    Android版AirDrop機能「Nearby Share」で、確認しておくべき設定

    Androidスマホがパソコンに認識されない? 7つの原因と解決策

    ハヤブサプラス 65W USB-C 急速充電器 (3ポート世界最小クラス)

    4,980円

    Image: Shutterstock

    David Murphy - Lifehacker US[原文



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Android 11のスワイプジェスチャーが効かないバグ問題を回避する方法

    これ参考になりますね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【Android 11のスワイプジェスチャーが効かないバグ問題を回避する方法】の続きを読む

    このページのトップヘ