ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > Android


    【元記事をASCII.jpで読む】

    モトローラの曲がるスマホを試す

     世界最大のエレクトロニクスショー「CES 2020」が、現地時間の1月10日まで米国ラスベガスで開催中。レノボの展示ブースには、縦方向に折りたためるフリップ型のスマホ「RAZR」が展示され、自由に触ることができた。

     2019年の11月に発表されたスマホ。2000年代に発売し、世界中で大ヒットした「RAZR」シリーズの名称を冠し、形状も当時のモデルを意識したデザインを採用している。

     開いた状態でのサイズは、幅がおよそ72mm、高さがおよそ172mm。ディスプレーのアスペクトは21:9で、多くのスマートフォンよりも、やや縦長のプロポーションになっている。なおかつ、厚みが7mm前後となり、非常に薄く、当時のRAZRを思わせる。閉じた状態では幅がおよそ72mm、高さがおよそ94mm、厚みが14mmとコンパクト。長さがない分、ポケットなどに入れての携帯が快適そうに思える。

     最大の特徴は、6.2型(879×2142ドット)の、フレキシブルOLED(有機EL)を搭載する点。折れ曲がる部分に継ぎ目などはなく、開いていればノーマルなスマートフォンのように扱える。

     また閉じた状態では、背面に2.7型のOLED(600×800ドット)を搭載。ちょうど、ガラケー時代の「サブディスプレー」のような役割を果たせる。

     スペックは、Snapdragon 710(2.2GHz、オクタコア)、6GBメモリー、128GBストレージ、16メガカメラ(イン5メガ)、指紋センサー、2510mAhバッテリー、Android 9など。16メガピクセルの「ナイトビュー」機能に対応したカメラを、背面のフラップ部分に搭載する。

     米国では発売が決まっており、価格は1500ドル。

     なおモトローラの親会社となるレノボは、フレキシブルのOLEDを採用したPC「ThinkPad X1 Fold」をCES 2020で発表している。他社もディスプレーが折れ曲がる仕様のPCや、コンセプトモデルを発表しており、今後はフレキシブルディスプレーが、新製品のひとつのトレンドとなるかもしれない。

    縦に曲がるスマホ、モトローラ「RAZR」に触った! CES 2020


    (出典 news.nicovideo.jp)

    これはすごい!!
    今までの液晶と違いますね!
    さすがモトローラやっぱり老舗メーカーですね!!

    <このニュースへのネットの反応>




     中国メディア・東方網は16日、「氷山のような日本のスマートフォン市場、ファーウェイも成功していないなかで、シャオミは成功できるのか」とする記事を掲載した。
     
     記事は、中国のIT家電大手・シャオミ小米科技)が先日東京でプレス発表会を開き、日本市場への進出を表明したことを伝えたうえで、「日本人による中国ブランドスマホへの印象はものすごい悪いわけではないが、日本人ファーウェイOPPOといった中国のスマホをあまり好んで使わない」とした。

     そして、今年第3四半期における日本のスマホ市場は、アップルiPhoneシリーズが60%以上という圧倒的なシェアを獲得しており、韓国のサムスンですらわずか6.7%に甘んじ、ファーウェイは1.9%、OPPOに至ってはさらに低いシェアしか獲得できていないと紹介した。

     そのうえで、日本の市場は単にコストパフォーマンスがいいだけでは勝つことはできないと指摘。日本で大きなシェアを獲得するには、3大キャリアとの関係を強めることが必須であるとし「日本では市場シェアの90%以上をキャリアが握っていると言っても決して誇張ではない」との見解を示した。

     スマホ業界を巡る日本の特殊な風土が、iPhoneを除く海外ブランドの日本進出を難しいものにしてきた要因の1つであることは間違いないだろう。シャオミも同じ壁にぶつかる可能性があるが、記事はシャオミが昨年NTTドコモと移動通信技術に関する必須特許のライセンス契約を結んだことを紹介。「シャオミが日本市場に進出するなかで、このパートナーシップシャオミにとって一助になるだろう」と伝えている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

    日本のスマホ市場はまるで「氷山」、シャオミは成功できるのか・・・「希望」はある


    (出典 news.nicovideo.jp)

    日本の市場はやっぱりすごいんですね!
    シャオミが成功するかどうかはキャリアにかっかてるんですね!!
    いいですね!
    競争して欲しいですね!!

    <このニュースへのネットの反応>

    【【スマホ】日本のスマホ市場はまるで「氷山」、シャオミは成功できるのか・・・「希望」はある】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     あのXiaomiシャオミ)がついに日本に参入する。1億800万画素カメラを搭載した「Mi Note 10」に注目が集まっているが、同時に炊飯器スーツケースも発表している点は重要だ。シャオミによれば同社が戦う相手は、ファーウェイソニーなどのスマートフォンベンダーではないのだという。

    創業は2010年 ”中国のApple”からの脱却を狙う同社

     シャオミの創業は2010年のこと、CEOを務めるLei Jun(雷 軍)氏を始め、実は決して若くはない8人が集まって起業した。創業時のエピソードは、2014年の以下の記事をぜひご覧いただきたい(「”中国のApple”、Xiaomiの秘密は「インターネット企業」志向」)。

     シャオミは比較的高いスペック、見栄えの良い製品を安価で提供したことで、中国の若者に人気となった。販売はオンラインのみという店舗では買えない新しさ、そして特定の時間に限定台数を売り切る「フラッシュセール」という手法が注目を集めた(当時、中国に住んでいる知人は「買おうとしてもすぐに売り切れる」と言っていた)。オンラインコミュニティの形成も同社の重要な戦略で、シャオミは自社ユーザーを“顧客”ではなく“ファン”と呼んでいる。

     Jun氏が黒のタートルネックとジーンズを好んで身に着けたこともあり、シャオミは“中国のApple”、Jun氏は“中国のSteve Jobs氏“と言われていた時期もあった。2013年には中国でのシェアアップルを超え、トップに上り詰めた。こうして注目を集めた時期にシャオミは国際展開に向けて舵をとる。グーグルから引き抜いた国際担当のHugo Barra氏が担当したが、インドでは成功したものの、すべててうまくいったわけではなく当初の計画を縮小した。

     2014年、共同創業者のLin Bin氏にシャオミを例えるなら、グーグルか、アップルか、アマゾンか、と3択で聞いたところ、答えは「アマゾンが近い」だった。

    欧州でもすでにシェア4位、成長率は70%

     その後のシャオミオンライン中心の手法が飽きられたこともあり、成長に陰りが見え始める。2016年ごろに底を打つがその後復活。オフライン戦略(「Mi Home」で直営店を展開するなど)やウェアラブル端末「Mi Band」の成功なども後押しした。

     国際展開ではBarra氏が2017年早々に同社を去り、どうなるのかが危ぶまれた。だが2017年末からは欧州市場に参入、これが成果を上げているようだ。

     最初に参入したのはスペイン、その後フランスイタリアイギリスなどに広げており、Mi Storeも展開している。Canalysが発表した2019年第3四半期(7~9月期)の報告書によると、シェアは10.5%で4位(サムスンファーウェイアップルに続く)ながら、成長率は前年同期比73%。上位5社中では最高となっている。

     欧州に力を入れる理由はいろいろあるのだろう。オペレーター経由と端末単体で購入する買い方(SIMフリー)の2つが定着しているし、欧州ベースの小規模なメーカーもある。だが、やはり時期的に地政学的な要素は否定できない。ここ1年で加熱した(主にネットワーク機器での)ファーウェイ排除の動きから、シャオミをはじめとした中国ベンダーの関心が、米国以外の市場に移っているとしても不思議ではない。

     なおCanalysによるとファーウェイは西欧圏では前年同期比17%のマイナスとなるなど苦戦。やはり連日のように見出しを飾ったことが、消費者の心理に何らかの影響を与えているのかもしれない。幸いに東欧・中央が好調で、合わせての成長率は0%、マイナス成長は免れた格好だ。

     実際、シャオミは当初、米国市場で展開する方法を探っていると言われていた。そして日本市場については、2014年時点でLin氏は「現時点で計画はない」と述べていた。その後、取材を申し込んだ時も日本メディアに対して、話ができる人はいないと答えが返ってきたことがあった。ところが2019年2月のMWCでは、日本市場について「興味深い市場」とトーンが変化していた(シャオミが目指すはスマホメーカーではなく家電の無印良品 戦略や日本進出を聞く」)。そして今回の正式発表となる。

    シャオミスマホメーカーではない点に注意が必要
    これまでも彼らが意識してきたのは「無印良品」だ

     さてアジアインドシェアは3割近くを占めているものの、激戦区の中国では芳しくないようだ。直近の第3四半期において、中国市場におけるスマートフォンの売上は前年同期比7.8%のマイナスシェアも前年同期の13.1%から9%に下がった(Canalys調べ)。なお、ファーウェイは中国市場で好調(シェアは24.9%から42.4%へと大きく成長)というから、欧州とはまったく逆になっているようだ。

     これもあってか、中国市場のプレジデントを兼任していたLei氏が同職を退任し(会長兼CEOのポジションは継続)、Redmiブランドゼネラルマネージャーを務めるLu Weibing氏が中国市場を見るようだ。

     では、日本市場でシャオミは成功するのか――その前に、シャオミスマートフォンメーカーではないことを認識しておく必要がある。前述の今年のMWCでの取材で、同社の幹部(Xiaomi Globalプロダクトマーケティング担当ディレクターDonovan Sung氏)はシャオミを「スマートフォンIoT製品をもつインターネットカンパニー」と表現した。

     提携や出資を通じて、電動スクーターから文具まで2000以上の製品を揃えているという同社、目指すのはライフスタイルブランドだ。「コンシューマーエレクトリクスの無印良品になりたい」とこの幹部は語っていた。

     日本参入にあたってMi Note 10だけでなく、スーツケース炊飯器などを揃えたことから、日本でシャオミライバルになるのは、彼ら自身が意識しているという無印良品かもしれない。


    ついに日本上陸のシャオミ 彼らは自らをスマホメーカーと考えていない


    (出典 news.nicovideo.jp)

    シャオミが目指すのは「無印良品」
    だそうです!
    ただのスマホメーカーではなく色んな商材が出てくるんでしょうね!!
    楽しみですね!

    <このニュースへのネットの反応>

    【【スマホ】ついに日本上陸のシャオミ 彼らは自らをスマホメーカーと考えていない】の続きを読む


    【スマホ】え、1億800万画素って・・・世界第4位シャオミのスマホがついに日本上陸!


    1億800万画素って、やばい!金額も安いし体感したいな笑笑

    【【スマホ】え、1億800万画素って・・・世界第4位シャオミのスマホがついに日本上陸!】の続きを読む


    【スマホ】『シャオミ』について動画をまとめてみた


    国内・世界のメーカー別スマホシェア 国内・世界のメーカー別スマホシェア
    …中国シャオミが日本上陸 アジアで人気、5Gにらむ 世界スマートフォン市場4位の中国IT大手シャオミ(小米科技)は9日、東京都内で記者会見し、新製品「M…
    (出典:経済総合(時事通信))


    こんな動画もありました!!

    【【スマホ】『シャオミ』について動画をまとめてみた】の続きを読む

    このページのトップヘ