ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > Android


    【元記事をASCII.jpで読む】

     シャープは11日に製品発表会を開催し、ミドルクラスの「AQUOS sense4」シリーズ3モデルに加えて、「AQUOS zero5G basic」を発表した。価格を含めたポジション的には、ミドルクラスとハイエンドの間に入りつつも、エンタメ性能を重視したというAQUOS zero5G basicスペックについて、タッチ&トライ会場での実機写真も含めて見ていく。

    ハイエンドではなくても、ゲームでの性能は重要
    前年モデルで高評価の自社製有機ELパネルが最大の特徴

     前述の製品発表会では、端末割引の制限など販売方式の変化から、大半のユーザーが「なんとなくハイエンド」を選んでいた時代が終わったこと、「価値あるパフォーマンス」を求めるユーザーが増えていることを紹介した。一方で、そうしたユーザーも毎日スマホゲームをするという割合が50%を超えており、3~4年前にハイエンド機を購入した層が乗り替えても大きな性能向上を感じられるというのが、今回のコンセプトになっているという。

     そんな中、AQUOS zero5G basicの最大の特徴が、前年モデル「AQUOS zero2」でも非常に高評価だった、4倍速240Hz駆動の自社製6.4型有機ELパネル(19.5:9、1082360)の採用。これは毎秒120回の描写と黒画面挿入によって実現されているもので、同じく4倍速のタッチ検出と合わせて、スムーズゲームプレイが可能とする。また、10億色描写やHDRへの対応、ドルビーアトモス対応のステレオスピーカーなどを含めて、映像を楽しむうえでも威力を発揮する。

     CPUについても、ミドルハイクラス向けのSnapdragon 765G 5Gを採用。ハイエンド端末とはもちろん差があるものの、背面を広く使って熱を分散して放熱する設計により、高負荷が続くゲームでも安定してパフォーマンスが出せるという。

     そのほかのスペックでは、メモリー/ストレージは6GB/64GBまたは8GB/128GB。キャリアやSIMフリーなどで、仕様が異なることが推測できる。カメラは約4800万画素をメインに、超広角の約1310万画素、光学3倍の約800万画素の3眼構成。メインの約4800万画素センサーは、4つの画素を1つとして扱うことで暗所にも強いほか、今回AQUOSシリーズとして初のマルチショットによるナイトモードも搭載されている。

     防水・防塵やおサイフケータイにはもちろん対応。指紋センサーは画面内にあるタイプで、顔認証も利用可能。バッテリーサイズは4050mAh。5Gネットワークはサブ6に対応する。なお、本体重量は約182gということで、従来のAQUOS zeroシリーズでこだわりがあった「軽量」については、今回は見送られた模様だ。カラバリはブラックホワイトブルーの3色。

     普段の操作もヌルヌルとスムーズに描写される高リフレッシュレートのディスプレーは、使い始めると手放せなくなるはず。また、バランス重視のコンセプトにも興味深いが、やはり実際の価格を見て判断したいところ。今後の発表に期待したい。

     
    リフレッシュレート240Hzのディスプレーが気になる「AQUOS zero5G basic」のスペックを確認


    (出典 news.nicovideo.jp)

    リフレッシュレート240Hzのディスプレーが気になる「AQUOS zero5G basic」のスペックを確認

    これカッコイイですね!!


    5G体験したい!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【リフレッシュレート240Hzのディスプレーが気になる「AQUOS zero5G basic」のスペックを確認】の続きを読む


    Image: Android Authority / YouTube

    まだまだコンセプトと思ってたら、リアルに発売される日は近いのかも。

    Wing」のコードネーム開発中と噂されているLG画面回転型デュアルスクリーンスマホ。折りたたまずに、サイドからガチコーンと2画面目が回転しながら飛び出すという変わり種デュアルです。コンセプト機でもいいからぜひ手にとってみたいと思っていましたが、ネタ元のAndroid Authorityがほぼ最終形態と思われる実機の動画を独自入手し、公開しています。

    ほんの10秒の動画ですが、なるほど2画面ありますね。前のメインスクリーンではナビ表示。後ろの回って飛び出た2画面目はミュージックプレーヤーから、ワンタップで電話を受けています。開けば大きな1画面にもなるってのも悪くないけど、ハッキリ2画面に分かれているのもそれはそれでいいよね。

    動画を見てリリースされる日はそう遠くないのかもと思いつつ、Wingで本当に見たいのはココじゃないのよねぇと。1番見たいのはWingの目玉である回転するデュアルスクリーンの動き。どれだけスムーズなのか、どう動くのか、強度・耐性はどんなものなのか。そして、通常のスマートフォンや折りたたみスマホと比較したときのサイズ感、手の収まりですよね。

    LGのからくりテック、個人的に好きなんですけど、巻き取りテレビの箱の中しかり、いつも1番見たいところはなかなか見せてくれないのよね。

    Source: Android Authority via 9to5Google



    (出典 news.nicovideo.jp)

    LGの変わりダネなデュアルスクリーン「LG Wing(仮)」らしき実機動画がリーク!

    これすごいですね!!

    発売が楽しみですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【LGの変わりダネなデュアルスクリーン「LG Wing(仮)」らしき実機動画がリーク!】の続きを読む


    Image:XDA Developers

    きたきた!

    秋の噂を前倒しして、今月発表されたPixel 4a。そのとき、さらに年内(2020年後半)に出ますと予告されていたPIxel 4a 5GPixel 5のリーク画像がきました。

    画像が投稿されたのは、米人気掲示板Reddit。現在は削除されているものの、「レンダリングじゃないリアル画像きた!」とPixelファンが色めきたっています。5G対応となるPIxel 4a 5Gが右の白い端末、フラッグシップ最新モデルとなるPixel 5が左の黒い端末です。

    画像と共に、スペックに関するコメント(現在は削除済み)もポストされており、いわくPixel 5は、Qualcomm Snapdragon 765G搭載、RAMが8GB、12.2MPのメインカメラ&16MPワイドアングルカメラセルフィーカメラは8MP、背面はプラスティック製で指紋認証スキャナあり、バッテリー4,000mAhイヤホンジャックはなし。今まで噂されている内容を裏付けするようなスペックで、やっぱり画像も本物かなと信じたくなりますね。

    一方で、Pixel 4a 5Gは、すでに販売されているPixel 4aと比べ、プロセッサはQualcomm Snapdragon 765G、バッテリーは2,800mAhグレードアップ。カメラはPIxel 5と同じ。安価モデルの「aシリーズ」なのに5G対応ってことで、あれこれ底上げされています。あ、イヤホンジャックあり。

    今年後半=10月発売の可能性が高いので、リーク画像にリーク情報続々で何が言いたいかというと、やっぱり迷いが尽きないねと。今すぐ変えるお値段うれしいPixel 4a、これからを見据えた5G対応Pixel 4a 5G、そしてGoogleの最先端がつまったPixel 5…。実物写真(らしき)リークがあれば、きっと本物登場はもうすぐそこ。これは全て出揃うまで決められそうにないな。

    Source: XDA Developers



    (出典 news.nicovideo.jp)

    ついに実機画像? Google Pixel 5リーク画像きた!PIxel 4a 5Gもリーク画像きた!

    これきましたね!





    <このニュースへのネットの反応>

    【ついに実機画像? Google Pixel 5リーク画像きた!PIxel 4a 5Gもリーク画像きた!】の続きを読む


    Files by Google」は、Androidスマホの空き容量を管理して、データクラウドや別のデバイスに安全に転送できる便利なアプリです。

    最近、個人ファイルを暗号化し、PINで保護されたフォルダに入れてロックできるSafe Folder」という機能が新しく追加されました。

    Safe Folder」に移動したファイルは、Files by Googleからしアクセスできなくなり、他のアプリでは表示されません

    たとえば、「Safe Folder」に移した写真は、カメラロールとGoogle フォトからは見えなくなり、そのフォルダの中身のスクリーンショットは撮れません。

    わかりやすい使用例をいくつかご紹介します。

    PINで保護され、暗号化されたフォルダをスマホローカルに保存することは、デバイスクラウドオープンアクセスされたくない秘密のドキュメントを保存するには賢明な方法です。

    個人の身分証明書、財務資料、税務資料、家族に関する重要な情報などがこの場合の秘密のドキュメントに当たります。

    Safe Folder」の機能は簡単に使用できますが、今すぐ試すには「Files by Google」のベータ版をダウンロードする必要があります。そうでなければ、安定したバージョンリリースされるまでしばらく待つことになります。

    Files by Google」で「Safe Folder」を設定する方法 隠したいファイルをすべて移動させる方法 「Safe Folder」からファイルを取り出す方法 「Safe Folder」のPINを変更する方法

    「Files by Google」で「Safe Folder」を設定する方法

    Screenshot: Brendan HesseFiles by Google」を開く。 下のメニューから「閲覧」タップする。 初めて使う場合は、Safe Folderタップして、フォルダのPINを設定する。PINは予想しにくいものにすること。ただし、PINを忘れると「Safe Folder」に移したファイルを見ることができなくなるので、自分が記憶できるものにする。 「OK」タップして新しいPINをコンファームする。 PINを設定したら、「閲覧」タブに戻る。そこから、「Safe Folder」に入れたい具体的なファイルを閲覧したり検索できる。

    隠したいファイルをすべて移動させる方法

    次は、隠したいファイルをすべて移動させる方法です。

    Safe Folder」にファイルを移動すると、このアプリの「リスト」と「グリッド」の閲覧レイアウトにわずかな違いが生じます(右上のレイアウトアイコンタップすると片方のモードからもう片方のモードにすばやく切り替えられます)。

    リスト」表示の場合:ファイル名の右側にある三角形アイコンタップしてドロップダウンメニューを開き、「安全なフォルダに移動」を選択する。 「グリッド」表示の場合:ファイルを長押ししてから、右上の3点アイコンタップして、「安全なフォルダに移動」を選択する。 複数のファイルを移動する:ファイルを長押しして、上記のどちらかのレイアウトで複数選択モードを有効にしてから、移動するファイルを1つずつ選択する。3点アイコンタップして、メニューから「安全なフォルダに移動」を選択する。

    指示が表示されたら「Safe Folder」のPINを入力し、「次へ」タップしてファイル移動します


    「Safe Folder」からファイルを取り出す方法

    Files by Google」の閲覧タブでSafe Folderを開く。 PINを入力して「次へ」タップ。 上記のステップでファイルを選択し、メニューからSafe Folderから取り出す」タップすると、そのファイルがもともと保存されていたフォルダに戻る。

    「Safe Folder」のPINを変更する方法

    Files by Google」のPINはいつでも変更できますが、変更するためには現在のPINを記憶している必要があります。

    アプリの左上にある3本線のメニューアイコンタップしてサイドバーを開く。 「設定」Safe Folder「PINの変更」と進む。 現在のPINを入力して「次へ」タップする。 新しいPINを作り、「次へ」タップ。新しいPINをもう一度入力してコンファームする。 最後に「次へ」タップして変更を保存する。 GIF: Google

    あわせて読みたい

    スマホの画面を録画する方法。AndroidとiPhoneそれぞれの場合

    Android向けToDoリスト・タスク管理アプリおすすめ10選

    Image: Bangoland (Shutterstock)

    Screenshot: Brendan Hesse

    GIF: Google

    Brendan HesseLifehacker US[原文



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Androidで見られたくないデータを隠す。「Files by Google」の新機能

    これいい機能ですね!!

    使いたくなります!




    <このニュースへのネットの反応>

    【Androidで見られたくないデータを隠す。「Files by Google」の新機能】の続きを読む


    Microsoftは米国時間2020年8月11日の公式ブログにて、Androidを採用した折りたたみ型のデュアルディスプレイデバイスSurface Duo」を、2020年9月10日から米国市場で提供を開始することを明らかにした。

    価格は1,399ドル(約15万円)で、Samsung製の折りたたみスマホGalaxy Fold」の1,980ドル(約21万円)を大きく下回る。日本国内での販売価格や時期は、米国発表の段階では明らかになっていない。

    MicrosoftSurface Duoについて、「外出先でマルチタスクを行うもっとも簡単な方法を提供し、Microsoft 365エクスペリエンスパワーAndroidモバイルアプリのエコシステム集約している」(Microsoft, Surface Commercial Marketing, Frank Buchholz氏)と説明する。この発言と「Surface Duo for Business」というラインナップを用意したことを踏まえると、MicrosoftSurface Duoを消費者向けデバイスであると同時に、業務運用における選択肢の1つとして、Microsoft IntuneといったMDM(モバイルデバイス管理)下での利用を想定しているようだ。

    Surface」を冠するデバイスは、人間の生産性を高めるためのあり方を再定義してきた。2in1 PCを主体としたSurface Proシリーズが代表的だ。Microsoft CPO, Windows+Deviceを務めるPanos Panay氏も別の公式ブログで、「電話を再発明するのではない。人々がポケットの中のデバイスをどのように使うかを再考するきっかけになるのは間違いない」と、Surface Duoの立ち位置を述べている。

    その上でPanay氏は「我々の社内調査によれば、4人に3人がPCから離れている間に複雑なタスク処理に苦労している。それはシングルディスプレイスマートフォンが、一度に複数のことを行うように設計されていないからだ」と、デュアルディスプレイの利点を強調している。Panay氏の意見は至極当然だが、Androidアプリはその多くがシングルディスプレイを前提に開発されてきた。

    そのため、Surface Duoは各ディスプレイを個別、もしくは1つのディスプレイとして操作する技術を内包している。また、独自のデジタイザーアルゴリズムによって、指で画面の継ぎ目を横切る際も1つのディスプレイで操作している感覚になるという。

    Microsoft 365に含まれるOfficeアプリ最適化も行われた。たとえばOutlookをデュアルディスプレイで使用すると、メール閲覧や作成、予定の確認が容易になり、Wordなら電子書籍リーダーのように指でページをめくりドキュメント全体をデュアルディスプレイに映し出せる。個人的には2つのアプリを起動し、タッチ操作で文字列や画像を一方のアプリコピーペーストする機能は魅力的だ。

    他方で米国時間2020年8月5日リリースしたWindows 10 Insider Preview Build 20185では、Androidデバイスアプリを「スマホ同期」から操作する機能を追加した。具体的には、PCとスマートフォンが共通のネットワークに接続した状態で、スマートフォンからPCに接続。スマートフォン側のアプリをPCにミラーリングする。

    この機能に対応するデバイスは、現時点でSamsungGalaxyシリーズに限定されているため未検証だが、背景には米国時間2019年8月7日に発表したMicrosoftSamsungの提携がある。Surface Duoが本機能に対応するか否かは不明だが、Panay氏のいう「生産性の向上」につながると思われるので期待したいところだ。

    まとめると、Surface Duoが挑戦的なデバイスであることは間違いない。物欲を刺激された人もいれば、ハードウェア性能と価格のバランスなどから見送る人もいるだろう。ハードウェア性能などは、Microsoftの公式ニュースサイトや、公式サイトで確認できる。

    筆者はメインデバイスiPhoneで、Androidはサブデバイスだ。Surface Duoには大いに興味を持つが、購入には二の足を踏むのが正直なところ。日本市場への展開時期と価格が分かったら、そこでまた悩みそうだ。

    著者 : 阿久津良和 あくつよしかず 1972年まれのITライター。PC総合誌やDOS/V専門誌、Windows専門誌など、各PC雑誌の編集部員を経たのちに独立。WindowsLinuxをこよなく愛しつつ、PC関連の著書を多数手がける。近年はBtoCにとどまらず、BtoBソリューションの取材やインタビューが主戦場。休肝日を設けず日々飲み続けてきたが、γ-GTP値が急激に増加し、早急な対応を求められている。ご連絡は以下のサイト内設置したフォームからお願いいたします。https://www.cactus.ne.jp/ この著者の記事一覧はこちら
    阿久津良和)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    デバイスの利用スタイルを変える「Surface Duo」 - 阿久津良和のWindows Weekly Report

    これ興味ありますね!!




    <このニュースへのネットの反応>

    【デバイスの利用スタイルを変える「Surface Duo」】の続きを読む

    このページのトップヘ