ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > Android


    【元記事をASCII.jpで読む】

     auから8月5日に発売された5G対応スマホZTE a1」を使ってみました。auオンラインショップの価格は5万9980円(税込)で、「かえトクプラグラム」を利用した場合の実質負担金は3万6430円。発売日時点では、auが販売する5Gスマホの中で最安値です。

     ZTE a1は、グローバルで展開するモデルではなく、au限定モデルです。スペックを見ると「AXON 11 5G」というモデルに共通点が多いのですが、インカメラの位置や生体認証の仕様など異なる部分も多く、純粋にベースモデルとは言えないようです。ZTEがauのリクエストに応えてカスタマイズしたオリジナルモデルと捉えるべきでしょう。

     このZTE a1について、auは“ちょうどいい5G”というキャッチコピーを掲げています。何がどういうふうにちょうどいいのか? 1週間ほど使ったレビューをお届けします。

    大画面が魅力的
    飽きが来ないシンプルデザインも◎

     ディスプレーは約6.5型で、解像度2341080ドット有機ELではなくTFT液晶を採用していますが、画質は鮮明で、有機ELに劣りません。

     画面が大きいので、ボディーが大きくなるのは必然。ベゼルを細くして、パンチホール型のインカメラを搭載していますが、サイズは約76×164×9.2mmで、重さは約190g。最初に手にしたときにはゴツく感じるかもしれません。

     右側面に電源ボタンと音量ボタンを搭載し、上部にSIMmicroSDスロット、底部にUSBポートとイヤホンジャックを装備。ベーシックで使いやすい配置と言えるでしょう。

     背面には、四角いカメラユニットと指紋センサーを搭載。背面パネルは光沢があり、エッジに曲面処理を施すなど、リッチ感のある仕上がり。シンプルで飽きが来なそうな、“ちょうどいい” デザインと言えそうです。

    4眼カメラは“ちょうどいい”以上の使い勝手

     クアッドカメラは、メイン(約4800万画素)+広角(約800万画素)+マクロ(約200万画素)+深度測位カメラという構成。13種類の被写体・シーンを認識して、最適な設定が行なわれる「AIカメラ」機能も備えています。

     まずは、筆者が撮影した写真をご覧ください。

     広角カメラ120度の視野角で撮影できます。広角レンズ特有のパースによる歪みが強めに出ますが、迫力のある写真が撮れるので、積極的に撮影を楽しめそうです。広角カメラよりメインカメラのほうが明るく撮れますが、撮影シチュエーションによっては、明るすぎて露出を下げたくなることもありました。

     メインカメラには、4つのピクセルを1つにまとめて、ノイズを抑えた明るい写真を撮れる技術が採用されています。夜景を撮影した際に、その効果を実感できました。夜景は広角カメラではなく、メインカメラで撮るべきです。

     「マクロモード」を選択すると、マクロカメラに切り替わり、4cmの距離まで近づいて撮影することができます。ただし、「マクロモード」ではピントが合った表示が出ず、音も鳴らないので、本当にピントが合っているのか? と不安になったり……。思いきって被写体に近づかないとピンボケ写真になったりしたので、シャッターチャンスがわかる表示が出たらいいのなぁと思いました。

     「モノカラー」というユニークな撮影モードも楽しめます。これは、指定した色だけを残して、あとはモノクロにする機能です。青、緑、赤を残すことができ、SNS映えしそうな印象的な写真を撮影することができます。

     カメラは流行りの広角撮影を楽しめて、「タイムラプス」や「スローモーション」など、そんなに使わないかもしれないが、あったほうがいいかも……という機能も揃っています。インカメラの画質や機能も満足必至で、多くの人にとって“ちょうどいい”以上の仕様だと思います。

    5Gスマホの中では低めのスペックだが
    パフォーマンスに支障なし

     今年の春、各社が5Gスマホの第1弾として発表したモデルSnapdragon 865(最大2.8GHz)を搭載するハイエンドモデルが中心でした。しかし、ZTE a1はミドルハイ向けのSnapdragon 765G(最大2.4GHz)を採用しています。

     「Geekbench 5」というアプリベンチマークを測定した結果、Snapdragon 865を搭載するモデルでは、マルチコアのスコア3000を超えるところ、Snapdragon 765G搭載のZTE a1は2000を少し下回るスコアでした。

     しかし、実際に使っていて、アプリの起動がもたつくとか、タッチ反応が鈍くなるといったことはありません。基本的な操作ではハイエンドモデルと比べて遜色はなく、動画編集など負荷の高い作業をしない限りは気にならない程度の差でしょう。

     バッテリー容量は3900mAhで、電池持ちはまずまず。ゲームや動画視聴に使う時間がそんなに長くなければ、1日は持つはずです。ですが画面が大きいと、必然的に動画を見る時間が長くなるかもしれません。ゲームの楽しさも増すでしょう。ということで“電池容量は十分”とは言い切れません。“ちょうどいい”とは言えそうです。

     しばらく使ってから便利に感じたのは、指紋センサーを指紋認証以外に使えること。なぞることで指定したアプリを起動したり、通知パネルを表示させたりできます。筆者は後者を設定しましたが、「au PAY」などスマホ決済のアプリを設定しておくのも便利でしょう。

    【まとめ】使ってからの満足度が高い端末(5G接続は未検証)

     ZTE a1を使ってみて感じたのは、派手さはないが大画面が見やすく、サクサクと操作できて使いやすいこと。使い始めた当初は、ボディーが大き過ぎるように感じましたが、この画面サイズに慣れると、もう小さい画面には戻れなくなるでしょう。筆者は50代ですが、小さな文字が見えづらくなる同世代にオススメしたい端末です。

     残念だったのは、筆者が試用した期間には「5G」というピクトが見られなかったこと。筆者の日常的な行動範囲は5G圏外なので、以前、AQUOS R5GOPPO Find X2 Proで5G接続を確認できた場所(渋谷)に行ってみたのですが、ZTE a1では5Gをキャッチできず……。発売前の端末だったからなのか、ネットワーク側の問題だったのかは定かではないのですが、今回のレビューは、4G LTEおよびWi-Fi環境で検証した結果であることをご了承ください。

     
    auの5Gで最安の“ちょうどいい5G”スマホ「ZTE a1」は、本当にちょうどいいのか?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    auの5Gで最安の“ちょうどいい5G”スマホ「ZTE a1」は、本当にちょうどいいのか?


    このちょうど良さを使ってみたくなりますね!!


    UQモバイルの通信プラン付スマートフォンが販売開始

    <このニュースへのネットの反応>

    【auの5Gで最安の“ちょうどいい5G”スマホ「ZTE a1」は、本当にちょうどいいのか?】の続きを読む


    Microsoft8月12日(現地時間)、Androidを採用した2画面デバイスSurface Duo」の予約販売を米国で開始した。価格は128GBモデルが1,399.99ドル、256GBモデルが1,499.99ドル。発売予定日は9月10日となっている。

    Surface Duoは、スマートフォンから小型タブレットの領域を1台でカバーできる折りたたみデバイスだ。同じカテゴリーAndroidデバイスとしてSamsungGalaxy Foldなどがあるが、Foldは折り曲がるディスプレイを採用し、開いた時に大きな1枚のディスプレイが広がる。対してDuoは、2つのディスプレイを並べてつなぎ合わせた2画面デバイスであり、2画面にMicrosoftのこだわりがある。

    「ポケットに入れて持ち歩くデバイスで生産性を向上させたい人達のためにSurface Duoをデザインしました」とPanos Panay氏(Chief Product Officer)。Microsoftの内部リサーチによると、回答者の3/4がPCから離れている時に複雑なタスクをこなしづらいと感じていた。シングルスクリーンスマートフォンは、複数のことを同時にこなすようにデザインされていない。マルチタスク機能を備えていても、アプリを切り替えながら行う方法では切り替えの度に集中や仕事の流れが途切れてしまう。そこで、モバイルでも複雑な作業を完了できるようにデザインしたデバイスSurface Duoだ。「複雑なタスクをより短い時間でこなせ、認識力も高まるデュアルスクリーンデバイスは、広くプロダクティビティタスクに適しています」(Panay氏)。PCでも生産性を向上させるために、2つのディスプレイを机の上に並べる人は多い。Duoは同様の生産性を携帯のように持ち歩けるモバイルデバイスで実現する。

    ディスプレイ:5.6インチPixelSense Display(AMOLED1801350、401ppi)×2(オープン状態は8.1インチ2700×1800)
    プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 855
    メモリー:6GB
    ストレージ:128GB、256GB
    カメラ:11メガピクセル(F2.0)、高解像度ズームスーパーズーム最大7倍、4Kビデオ撮影(30fps/ 60fps
    センサー:加速度、ジャイロ、磁気、環境光、近接、ホール、指紋
    ワイヤレス:Wi-Fi(802.11ac)、Bluetooth 5.0、LTE
    バッテリー3577mAhデュアルバッテリー
    その他:USB-C 3.1、スピーカー(モノ)、デュアルマイクSurface Pen対応(別売)
    サイズ145.2×186.9×4.8mmオープン状態)、145.2×93.3×9.9mm(閉じた状態)
    重量:250g

    オープン時の厚みが4.8mmSurafaceデバイスで最薄だ。360度ヒンジが採用されており、折りたたんでシングル画面、2画面を縦に持つと本のようになり、横にしてノートPCのように使ったり、またはテントモードで動画鑑賞など、様々なスタイルで利用できる。カメラは1つのみ。2画面を360度ヒンジが回転させることで、1つのカメラでもスマートフォンのリアカメラフロントカメラの両方の使い方に対応できる。

    プロセッサは1世代前のSnapdragon 855。LTEのみで、5Gモデルは用意されていないが、3577mAhと比較的小さなバッテリーGalaxy Foldは4380mAh)で、ビデオ再生(ローカル)最大15.5時間、通話最大27時間の長いバッテリ−動作時間を実現している。

    Microsoftは、開発者がAndroidアプリSurface Duoのデュアルスクリーンに対応させるためのソフトウェア開発キット(SDK)を提供している。Duoに最適化させることで、ヒンジの角度に合わせて2画面表示に切り替えるなど、Duoのデュアルスクリーンを活かしたアプリ体験を提供できる。Office、Outlook、Teams、EdgeOneNote、OneDriveといったMicrosoftモバイルアプリはDuoに最適化されている。AmazonKindleアプリのようにサードパーティの対応も拡大している。最適化されていないアプリについても、Duoのデュアルスクリーンをフル活用することはできないが、Android 10に対応するアプリならGoogle Playストアで配信されているアプリを利用できる。

    また、スマホ同期(Your Phone)アプリを用いることで、Surface DuoとWindows 10 PCを連動させられる。Windows 10 PCで、Duoの通知の表示、SMSの送受信や通話、写真の共有、Duo画面のミラーリングなどが可能。DuoとWindows 10 PCの間でコンテンツコピーと貼り付けも行える。
    (Yoichi Yamashita)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    米Microsoft、2画面Android端末「Surface Duo」9月10日発売、スペックは…

    これやばい2画面ですね!

    使ってみたいな!!



    <このニュースへのネットの反応>

    【米Microsoft、2画面Android端末「Surface Duo」9月10日発売、スペックは…】の続きを読む


    ドコモからarrows 5G F-51Aが7月末に発売された。富士通コネクテッドテクノロジーズ(FCNT)によるスマホarrowsシリーズとして3年振りのフラッグシップモデルとなる。同社では、『「5Gミリ波」に対応した「日本製」の洗えるスマートフォンです』と日本生まれのスマートフォンを強くアピールしている。

    5Gミリ波対応で世界最薄約7.7mmを実現、6.7インチ有機ELスクリーン171グラムと、大きさから感じるイメージよりもかなり軽く仕上げられている。

    日本製のスマホに求められている基本機能であるワンセグ、フルセグ放送の受信機能がないこと、ワイヤレス充電非対応を気にする人はいるかもしれないが、それらに目をつぶっても、ほぼ不満のない全部入りスマホに仕上がっている。
    ○手にしたとたん欲しくなる仕上がり

    同社は、この春に、米Qualcomm社との協業により、Qualcomm Snapdragon 865 5G Modular Platformを使用した5Gスマートフォンリファレンスデザインを開発したと表明していた。それがarrows 5G F-51Aであるとは明言されているわけではないが、実際の製品としてリリースされたものだと考えてよさそうだ。このプラットフォームは、FCNTとQualcommの両社の技術やノウハウを結集、5Gの利活用や普及の促進を目的に無線のフロントエンドアプリケーションプロセッサ、モデムそれぞれがモジュール化されたものだ。

    当時の発表では薄さ7.6ミリだったが、実際に製品になったら7.7ミリになっていた。これはもう誤差の範囲だろう。同社の話をきくと、相当の難産だったということだが、熱の対策といい、薄型化といい、かなりがんばっている印象だ。

    これまで使ってきたスマホの中で、薄さと性能でバランスがとれていると思った製品はモトローラMoto Zだったが、それが2016年当時の最薄5.2ミリで、5.5型の有機ELスクリーン機で134グラムだった。Moto Zは本当によかったと思っているが、以後、その路線がリフレッシュされることはなく、4年が経過してしまった。

    最新鋭の機能を満載してのarrows 5G F-51Aは、かつてのMoto Zに感じたように、手にしたとたんに欲しくなる仕上がりになっている。スマホを手にしてこうした気持ちになったのは、本当に久しぶりだ。
    手洗いのついでにスマホも丸洗い

    コロナ禍において、丸洗いできることを強調しているのもいい。台所用の中性洗剤や泡の出るハンドソープを使ってスマホを清潔な状態に保つことができる。

    電車で移動したり、オフィスなどの不特定多数の人が立ち入るところで、いろいろなものにさわった手で操作するスマホは決して清潔とは言えない。自宅に戻ってアルコールなどで消毒するのだが、手洗いするときのついでにジャブジャブと洗ってしまえるのは気軽でいい。

    ただし、同社では丸洗いのときには電源を切るようにと注意を促している。万が一に備えての警告なのだが、これはちょっとめんどうくさく感じるかもしれない。

    久しぶりに通信事業者から出る端末を使ってみたのだが、ほとんどキャリア色を感じないで使えるのはうれしい。ホームアプリこそ違うものの、GoogleのPixelシリーズなどと比べても、使い勝手の違和感を感じない。

    「独自」と「事実上の標準」という面の絶妙なバランスを追求することは重要だ。身の回りの誰もが使い方を知っているということほど重要なことはないと思う。
    ○いまはまだ、身の回りで使えない5G

    その一方で、5Gネットワークの整備がなかなか進まない。ドコモの5Gネットワーク理容可能施設やスポットの一覧は、同社サイトで検索することができるが、この原稿を書いている8月上旬の時点では7月末時点の利用可能スポットを調べることができ、そのあとは、9月末、12月末の目安しかわからないが、本当に「数えるほど」しかない。5G体験を堪能するには、これらを調べて、そこまででかけていくしかない。個人的の環境として、自宅から歩いて行ける範囲には5Gエリアは皆無という状況だ。

    一覧状況を12月末として検索しても、各地のドコモショップの店舗内がスポットとして充実するのが目立つだけで状況が大きく改善するわけではない。arrows 5G F-51Aはせっかくの5G対応ではあるが、当面は、それを活かすことはできないことを覚悟するしかなさそうだ。
    ○それでも最新技術を世に出す意気込み

    そこで気になるのが価格だ。10万円を超えるスマホは、ハイエンド機種として存在を続ける宿命を持っているとは思うが、世の中にそれが受け入れられるかどうかは別の話で、業界全体としてはある程度の性能を維持しながら廉価であることを目指すようにもなってきている。イメージ的には、arrows 5G F-51Aの半額以下で、それなりの性能を持つ製品がイチオシといったところだろうか。

    5Gはもちろん、ミリ波対応などは、将来のネットワークに対応するための投資で、重要な要素だが、一般のエンドユーザーがその恩恵を得られるのは、まだ3年くらいは先の話になるだろう。コロナ禍の影響次第では、それもどうなることやら。今、最新のスマホとしてarrows 5G F-51Aを買っても、そこに封じ込められた最新の技術を堪能できないというのは本当にもどかしい。

    それでも作り、出すという同社の姿勢に感じる頼もしさに、この先の日本を支える底力を感じる。コロナ疲れの気分がちょっとだけ明るくなった。

    (山田祥平 http://twitter.com/syohei/ @syohei)
    (山田祥平)
    b650x400l-3
     

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    山田祥平のニュース羅針盤 第240回 arrows 5Gは「ミリ波」で「洗え」て「欲しくなる」


    これ最高ですね!!
    この時期にもってこいの商品ですね!!




    <このニュースへのネットの反応>

    【 arrows 5Gは「ミリ波」で「洗え」て「欲しくなる」】の続きを読む


     Google8月3日の「Pixel 4a」発表の際、秋にはフラグシップ端末の「Pixel 5」と、Pixel 4aの5G対応モデル「Pixel 4a 5G」も出すよ、と予告しました。

    【その他の画像】

     Pixel 4aの発表が5月のはずがコロナ禍で8月になってしまい、次のモデル発売までの間隔があまりないからということもあるのでしょう(Pixel 4a 5Gが出るならPixel 4aは買わなかったのに! という悲劇を防ぐ目的)。

     なお、「Pixel 4」と「Pixel 4 XL」は早くも在庫がなくなったら終了となっています。

     具体的にいつ発売とは正式に発表していませんが、フランスの公式ブログうっかり「予約は10月8日です」と書いちゃった(その後その部分を削除)ので、遅くとも10月中旬には発売のようです。

     「Pixel 5」をAppleの次期ハイエンド端末「iPhone 12」(仮)と比較するのは、廉価モデルの「Pixel 4a」と「iPhone SE」を比較するよりさらに意味がないとは思いますが、「iPhone 12」(仮)は早くとも10月中旬の見込みということで、10月にハイエンド対決となりそうです(例年はiPhoneが9月、Pixelは10月)。

     ところで上の予告の画像、最初は左がPixel 4aで右がPixel 5だと思ったんですが、どうも逆のようです。よく見ると材質がちょっと違う。左の方がなんかざらざらして、高級っぽい。電源ボタンも、左の方がつやつやして高級っぽい。

     米9TO5Googleもそう言ってます。ということは、Pixel 4a 5Gの方が、Pixel 5より大きいということですね。そして、これまでのPixelの歴史から見ると、後から出るPixel 5がPixel 4aより小さいとはあまり考えられないので、Pixel 4a 5GはPixel 4aより大きいと考える方が自然です。

     Pixel 4aの製造コストを下げるためにXLをなくしたのかと思いましたが、結局「4a」シリーズは大小2つで、大だけが5G対応、Pixel 5は1サイズで5G一択、というちょっとすっきりしない製品構成になるようです。Pixel 5はそもそも5G対応なので、「Pixel 5 5G」として大きいのを後から出すことはなさそうです。

     Pixel 4a 5G、どうせなら「Pixel 4a XL 5G」という名前の方が分かりやすかったんじゃないかと思う。背の高さの差はPixel 3aPixel 3a XLのペアとだいたい同じようだし。

     と、ここまでは前置きで、今回のGoogleさんは今の時点のPixel 5のうわさまとめです。日本でPixelシリーズが購入できるようになってから歴代(といってもまだ3と4しかないですが)Pixelの小さい方を買ってきた筆者は10月のPixel 5も買う気満々なので。

     日頃わりと信頼しているいろいろなメディアのうわさをまとめると、Pixel 5のいまのところのスペック予想は、だいたい以下のような感じです(参考のためPixel 4と並べました)。

     価格は、多くのメディアがPixel 4より下がると見ています。Pixel 4はなにしろ、とにかく、「高い!」と言われ続けました。Googleがみずから「売れませんでした」とは言ってませんが、Pixel 4は価格が高すぎて売れなかった、というのが定説です。

     価格を下げるために、最先端のSoliレーダーをやめ、ジェスチャー操作もできなくなるようです。顔認証ではなく指紋認証に戻ったのもコスト削減のためが主かもしれませんが、コロナ禍のお陰で歓迎されそうです。私は今、Pixel 4aを使ってるのですが、いやほんと、マスクしたままロック解除できるのが一番助かってます。

     一番衝撃的なのは、プロセッサとしてQualcommの「Snapdragon 765G」を搭載するらしいということ。Googleのハイエンド端末だというのに、800番台のSnapdragon(Qualcommのスマートフォン向けプロセッサとして最高なシリーズ)じゃないのです。世が世なら、「Galaxy Note20」などのハイエンド端末と同様に「Snapdragon 865 Plus」や「Snapdragon 865 Plus 5G」が搭載されていたはず。

     700番台は、ミッドレンジで採用することが前提のプロセッサです。例えば約5万円の「OnePlus Nord」に採用されてます。ただ。「765G」は5Gモデムが統合されているので省電力しつつ5Gに対応できるという強みがあります。

     Android Policeによると、「Fortniteのようなゲームをがんがんやる人でなければ、問題ない性能」とのこと。

     私のように普通の使い方しかしないユーザーにとってはSnapdragon 765Gで十分のようです。

     Pixel 4は普通の使い方しかしないユーザーにとっては過分な性能を持ち、かつ販売価格(安い方の64GBモデルが約9万円)も過分でした。Pixel 5は、プロセッサをハイエンドにしないことやSoliレーダーのような最先端の技術を使わない代わりに価格を下げるのでしょう。でも普通の人には十分なはず。

     本来、PixelシリーズAndroidの可能性を極限まで示すための端末のはずでした。個人的には多少高価でも野心的で実験的な端末も提供してほしいと思いますが、Googleも営利企業なので、売れないものを作ることは許されないのでしょう。

     でも、ハード的には贅沢ができなくても、ソフトウェアで極限に挑戦してくれると期待しています。700番台のプロセッサでもここまでできるんだぜ、という心意気を見せてくれると楽しみにしています。

    Googleとしては珍しい予告
    b650x400l-1
     


    (出典 news.nicovideo.jp)

    10月に出る? Pixel 5のスペック予想をまとめて考えたこと


    これ興味のあるニュースですね!!




    <このニュースへのネットの反応>

    【10月に出る? Pixel 5のスペック予想をまとめて考えたこと】の続きを読む


     米Googleは、「Pixel 4」と「Pixel 4 XL」の販売を現在の在庫がなくなり次第終了する。米The Vergeが8月6日(現地時間)、同社からの声明文を添えて報じた。

    【その他の画像】

     米国のGoogle Storeでは既に両モデルとも在庫なしになっており、購入ボタンがなくなっている。

     日本のGoogleストアでは本稿執筆現在、Pixel 4 XLのみまだ購入可能だ。

     GoogleはThe Vergeに対し、「Google StoreはPixel 4/4 XLの在庫を完売し、販売を終了した。一部のパートナーからは購入可能だが、在庫がなくなり次第終了する」と語った。

     Pixel 4/4 XLが発売されたのは昨年10月で、まだ10カ月しか経っていない。Pixel 2、Pixel 3は発売から約18カ月は販売しており、いずれも後継モデルが発売されてから約6カ月は販売していた。

     Googleは4日に廉価モデル「Pixel 4a」を発表した際、Pixel 4の後継モデル「Pixel 5」(とPixel 4aの5Gモデル)を“2020年後半に”提供予定だとも発表した。

     Pixel 5の具体的な発売日程は不明(予約開始は10月8日といううわさ)だが、Pixelシリーズフラグシップモデル不在の期間が生じる可能性がある。Pixel 4aの発売は20日からなので、公式ストアからPixelシリーズが全く購入できない期間が生じる可能性すらある。

     Pixel 4/4 XLは高性能なカメラを備え、ジェスチャー操作などの意欲的な機能も搭載するハイエンドモデルだが、価格が8万9980円からとかなり高かったため、先代のPixel 3ほどには人気が出なかったとみられている。

     20日発売予定のPixel 4aは、プロセッサはハイエンドではないものの、メモリは6GB、ストレージは128GBでソフトウェア的なカメラ性能はほぼPixel 4と同等でありつつ価格は半額以下の4万2900円と戦略的な設定になっている。

    米国のGoogle Storeからはもう購入できない

     b650x400l-2


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Google、「Pixel 4/4 XL」は在庫がなくなり次第販売終了へ 「Pixel 5」発売前でも

    これ欲しい方は今がチャンスですね!





    <このニュースへのネットの反応>

    【Google、「Pixel 4/4 XL」は在庫がなくなり次第販売終了へ 「Pixel 5」発売前でも】の続きを読む

    このページのトップヘ