ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > Android


    KDDI2020年au夏モデルに追加した「Galaxy S20 Ultra 5G」のレビューをお届けします。詳細は以下から。

    これが「Galaxy S20 Ultra 5G」本体。大画面・高精細な約6.9インチQuad HD+(3201440)の高品質な有機ELディスプレイを採用したプレミアムスマホで、Snapdragon 865、12GB RAM/128GB ROMを備えています。

    Galaxy Note 9と並べてみても十分大きな画面に。ベゼルも極限まで削られています。

    120Hzの高いリフレッシュレートでぬるぬる動かすことも可能。Samsungならではの高品質なディスプレイです。

    背面には5000mAhの大容量バッテリーを搭載。一般的なスマホの約1.7倍にあたります。

    Galaxy S20 Ultra 5Gを触ってみたところはこんな感じ。

    背面には100倍の「スペースズーム」を備えた約1億800万画素カメラ(広角)、約1200万画素カメラ(超広角)、約4800万画素カメラ(望遠)、深度測位カメラ(ToF)の4眼カメラフロントカメラ4000万画素と、バケモノ級です。

    0.5倍(超広角)~100倍(ズーム)まで、幅広く撮影することができます。

    100ズームを試してみたところ。

    1億800万画素そのままのサイズで写真を撮影することもできます。

    解像度12000×9000、ファイルサイズ21.67MBと、なかなかのサイズになってしまいますが……

    拡大表示してみると、細部までしっかりと景色を写し取れていることが分かります。切り取っても十分写真として使えるクオリティです。

    9つのピクセルを1つにまとめて2.4μmの大きなピクセルとして使うことで、暗いところでも明るく撮影できる技術「ノナビニング」を実装。かつては4つのピクセルを1つにまとめ、1.6μmのピクセルとして利用していましたが、飛躍的な進化を遂げました。

    もちろん立体音響技術「ドルビーアトモス」や年齢に応じた音質に最適化できる「Adapt Sound」など、サウンド面も充実。

    都心部にあるKDDI本社の高層ビル内で5Gの通信速度を測定したところ。定額データプランによって、爆速回線が使い放題になります。

    側面などはこんな感じ。



    Galaxy S20/S20+と比べるとこんな感じ。おサイフケータイ非対応となる点は要注意です。

    なお、発売日は7月3日で本体価格は税込16万5980円。「かえトクプログラム」を適用すれば実質負担は9万6140円になります。

    コメントを見る

    【【速報】au限定の最上位スマホ「Galaxy S20 Ultra 5G」速攻レビュー、100倍ズームに対応した1億画素カメラの実力は?】を全て見る

    【速報】au限定の最上位スマホ「Galaxy S20 Ultra 5G」速攻レビュー、100倍ズームに対応した1億画素カメラの実力は?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【速報】au限定の最上位スマホ「Galaxy S20 Ultra 5G」速攻レビュー、100倍ズームに対応した1億画素カメラの実力は?

    これすごい機能が充実していますね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【【速報】au限定の最上位スマホ「Galaxy S20 Ultra 5G」速攻レビュー】の続きを読む


    「AQUOS R5G」<SH-RM14>(左から、アースブルー、ブラックレイ)

    シャープは、 第5世代移動通信システム(5G)に対応したスマートフォンフラッグシップモデルAQUOS R5G」<SH-RM14>を商品化します。 楽天モバイル株式会社より、 本年6月18日に発売します。

    AQUOS R5G」は、5Gに対応したスマートフォン「AQUOS」の第一弾(※2)です。5Gの「高速・大容量」通信を活かし、映画などの大容量動画データを数秒でダウンロードできるほか、搭載カメラで撮影した動画も、クラウド上のストレージや動画投稿サイトなどに高速でアップロードすることができます。

    また本機は、スマートフォン「AQUOS」初の8Kワイドカメラを搭載。8K解像度(7,680×4,320ドット)の高精細、かつ広い画角の迫力ある静止画や動画が撮影できます。多くの人が集まる場所などを広範囲に撮影しても、一人ひとりの顔まで鮮明に記録できます。独自開発のAIが動画に映った人やペット(犬、猫)を自動で認識し、ズームして再生する「フォーカス再生」機能も搭載しています。

    表示部には、120Hz駆動の約6.5インチPro IGZO」液晶ディスプレイを採用しました。10億色の表現力を持ち、肌の質感や青空のグラデーションなども忠実に再現します。また、最大輝度1,000cd/平方メートルを実現し、強い日差しの下でも快適に視聴いただけます。コンテンツに応じて輝度などを自動で調整する「HDRエンハンサー」機能により、高い視認性と低消費電力の両立を実現します。

    さらに、高性能 CPU「Qualcomm(R) Snapdragon(TM) 865 5G mobile platform」と高速大容量メモリ 12GB RAM256GB ROMを搭載。CPUパフォーマンスを従来機(※3)比約25%向上させました。

    ■ 主な特長

    1.第5世代移動通信システム(5G)に対応
    2.8Kワイドカメラを搭載。広範囲の撮影でも細部まで鮮明に記録
    3.120Hz駆動の約6.5インチPro IGZO」液晶ディスプレイを採用。10億色の表現力を持ち、肌の質感や青空のグラデーションなども忠実に再現
    4.高性能CPU「Qualcomm Snapdragon 865 5G」と高速大容量メモリ 12GB RAM256GB ROM を搭載。CPUパフォーマンスを従来機比約25%向上

    ※1 本製品の5G通信機能は、楽天モバイルが今後展開する5G通信サービスの運用開始後、利用可能です。
    ※2 2020年モデルAQUOS R5Gシリーズとして。
    ※3 当社2019年モデル「AQUOS R3」との比較です。
    ● 通信速度はお客様のご利用環境により異なります。


    ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
    ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

    【プレスリリース全文】
    https://corporate.jp.sharp/news/200618-a.html

    【画像ダウンロードサービス
    https://corporate.jp.sharp/press/p200618-a.html

    配信元企業:シャープ株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    スマートフォンAQUOS R5G<SH-RM14>を楽天モバイル株式会社より発売

    これ欲しくなりますね!!




    <このニュースへのネットの反応>

    【スマートフォンAQUOS R5G<SH-RM14>を楽天モバイル株式会社より発売】の続きを読む


    Photo: Gizmodo

    ベータをベタベタ触ってみた!

    Android 11ベータ版がリリースされたので、米Gizmodo編集部がベータ版をベタベタ触って良さげな新機能をレポートしました。本来ならGoogle I/Oでじゃじゃーん!と発表されるはずだった機能、どんなものがあるのかな?

    現段階では、Android 11ベータ版は一部のPixelスマートフォンでしか使えませんが、対応端末は順次増えます。また、これはあくまでもベータ版で見つけた新機能なので、Android 11が正式リリース時には多少変化があることも。

    1:電源ボタンからのオプション増

    Screenshot: Gizmodo

    電源ボタンホールドで表示されるオプションが増えました。緊急連絡先、電源オフ、再起動Google Payカードの他に、ホームコントロールオプションが追加。

    2:テーマ増

    Screenshot: Gizmodo

    アイコンの形や色味などデザインを変更できるテーマが増えました。設定>ディスプレイ(DIsplay)>スタイル&壁紙(Styles and wallpapers)から原稿可能。

    3:メッセなど通知が別扱いに

    Screenshot: Gizmodo

    「Conversation(会話)」という別枠で、メッセージアプリの通知がまとめられています。重要なメッセージは画面横にピンしておくことも。設定>アプリ&通知(Apps and notifications)>通知(Notifications)から設定・管理可能。

    4:特定メッセージの優先表示

    Screenshot: Gizmodo

    通知の「Conversation」画面から長押しで、特定メッセージを優先扱いすることができます。優先設定されたメッセージは、常に通知画面の最上位に表示。

    5:ホーム画面によく使うアプリまとめ

    Screenshot: Gizmodo

    よく使うアプリは前からまとめられていましたが、Android 11ではそれがホーム画面に表示されるように。ホーム画面の空白部分長押しで、ホーム設定>ホーム画面でのオススメ(Suggestions on Home screen)で表示ONにすると、メインドックの下に表示されるようになります。

    6:クイック設定でメディアプレーヤー

    Screenshot: Gizmodo

    Android 10では通知画面の中にあったメディアプレーヤーが、Android 11ではクイック設定パネルに移動。ただ、デベロッパオプションを可にしないと使えない仕様なので、正式リリースではなくなっているかも?

    7:スクリーンショットに新オプション

    Screenshot: Gizmodo

    Android 11でスクショをとると、左下にポップアップシェア・編集オプションが表示(Anroid 10では通知画面で表示されていました)。スクロールスクショ(ウェブページ全体をながーいスクショにとれる)のオプションも今後このポップアップで表示されるぽい。

    8:画面録画

    Screenshot: Gizmodo

    Android 10ベータ版に搭載されるも正式版ではなしになっていた画面録画機能が、Android 11ベータ版で再び登場。クイック設定パネルに録画アイコンあり。デフォルトではOFFになっているので、使うには設定パネル左下のペンアイコンタップして、画面録画(Screen record)をドラッグしておくこと。

    9:許可が1回のみ

    Screenshot: Gizmodo

    iOSと同じく、Android 11では、マイクカメラへのアクセスなど許可設定が1度でOKに。以前と同じく、設定のアプリ&通知(Appls and notifications)から許可を管理するのも引き続きできます。

    10:許可が自動リセット

    Screenshot: Gizmodo

    しばらく使っていないアプリでは、Android 11は自動で許可をリセットしてくれます。久しぶりに使うと、再び許可を求められるように。位置情報やカメラで、昔1度使っただけのアプリとかあるので、これはいいアップデート

    11:ダークモードを予約

    Screenshot: Gizmodo

    ダークモード発動の時間設定すると自動で切り替えてくれます。設定からディスプレイ(Display)>ダークテーマ(Dark theme)>スケジュール(Schedule)で設定可能。位置情報の日の出・日の入りのオートモードでも、自分でこまかく時間を決めるでもOK。

    Source: Android Developers



    (出典 news.nicovideo.jp)

    コレよさげ。Android 11ベータ版で見つけた良新機能11


    これいい機能ありますね!
    実際にAndroid 11って、楽しみですね!!





    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【コレよさげ。Android 11ベータ版で見つけた良新機能11】の続きを読む


    楽天モバイル5月27日から実施している「Rakuten UN-LIMITお申し込みでRakuten Mini本体代が1円」キャンペーンが、6月17日8時59分で終了する。

    画像付きの記事はこちら



     同キャンペーンは、楽天会員が「Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)」とセットで購入すると、税別1万7000円の一括価格が1円に値引きされるというもの。Rakuten MiniはFeliCa搭載機の中では世界最小・最軽量の端末で、2台目の「サブスマホ」として注目を集めている。

     すでに店舗での受付は6月16日に終了しており、17日の申し込みがオンラインのみとなっている。申し込みに必要なものは、本人確認書類・楽天会員ID/パスワードクレジットカードもしくは銀行口座情報。他社から乗り換える場合は、MNP予約番号も必要となる。

     Rakuten Miniは3色展開だが、クリムゾンレッドは品切れ中。また、製品は入荷待ちの状況で、発送が8月中を予定している。Rakuten UN-LIMITは1人1台に限り通常月額2980円の月額料金が1年無料になるが、契約事務手数料の3000円(税別)は別途かかるので注意したい。(BCN・大蔵 大輔)

    「Rakuten UN-LIMITお申し込みでRakuten Mini本体代が1円」キャンペーンが6月17日8時59分に終了する


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Rakuten Miniの“1円”キャンペーンが本日終了! 駆け込むなら今すぐに


    欲しい方は今すぐ申し込みを!笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【Rakuten Miniの“1円”キャンペーンが本日終了! 駆け込むなら今すぐに】の続きを読む


    ハイエンドモデルをとてもお安い価格で手に入れることができます。詳細は以下から。

    読者から提供された写真によると、大手家電量販店でau版「Xperia 1」が一括1万380円で販売されているそうです。

    対象となるのは3GケータイないしVoLTE非対応スマホからの機種変更ユーザーおよび他社3GケータイスマホからのMNPユーザー。本体価格9万2880円から、実に8万円以上も割り引かれます。

    なお、同様の条件で「Xperia 8」が一括1円になるキャンペーンも実施中。しかしXperia 1のほうが圧倒的にお買い得です。

    Xperia 1をさらっとおさらい。「意外と便利」と評判のアスペクト比21:9を実現した、世界初の6.5インチ4K HDR(3841644)有機ELSnapdragon 855、6GB RAM/64GB ROMや800万画素前面カメラを備えたハイエンドスマホです。

    背面にはF1.6 1220万画素標準/F2.4 1220万画素望遠/F2.4 1220万画素超広角の3眼カメラおよび3330mAhバッテリー。人物の目に正確にピントを合わせる「瞳AF」に対応しています。

    長さはあるものの幅はあまりなく、思いのほか持ちやすいのが特徴です。

    実際に触ってみたところ。すいすい動いてくれます。

    Xperiaシリーズ初となる立体音響技術「ドルビーアトモス」をスピーカーおよびイヤホンに実装。ソニー・ピクチャーズオリジナルチューニングまで施されています。

    写真撮影はもちろん、映像や音楽などのコンテンツも存分に楽しめるXperia 1。

    Buzzap!編集部で調査したところ、在庫僅少ながらも続けている店舗があったため、密を避けつつ家電量販店に立ち寄る価値はありそうです。

    コメントを見る

    【au版「Xperia 1」機種変更一括1万円で投げ売り中、ハイエンドモデルが格安も在庫はわずか】を全て見る

    au版「Xperia 1」機種変更一括1万円で投げ売り中、ハイエンドモデルが格安も在庫はわずか


    (出典 news.nicovideo.jp)

    au版「Xperia 1」機種変更一括1万円で投げ売り中、ハイエンドモデルが格安も在庫はわずか

    これいいですね!!

    今が買い時ですかね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【au版「Xperia 1」機種変更一括1万円で投げ売り中】の続きを読む

    このページのトップヘ