ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > タブレット


    Googleの直販サイトでは、スマホよりも格安の2万円台からラインナップするChromebook。現在、米中台の大手メーカーが積極的に端末の開発を行なっている
    Googleの直販サイトでは、スマホよりも格安の2万円台からラインナップするChromebook。現在、米中台の大手メーカーが積極的に端末の開発を行なっている

    Googleが開発した独自OSを搭載するノートPC、「Chromebookクロームブック)」。これまで一般的にはノーマークの存在だったが、最近は大手家電量販店でも販売され、実売2万円台からという超低価格が注目されている。

    さらに文部科学省が推し進める、小中学生ひとりにつきIT端末1台を配布する「GIGAスクール構想」の標準仕様端末にもiPadウィンドウズ端末と共に選定された。

    ガジェット専門誌『デジモノステーション』の滝田勝紀編集長に聞く。

    「ストレージ、メモリディスプレイサイズ解像度などを最小限の構成にし、定価3万円前後でも快適に動作するノートPCChromebookです。

    Googleが開発したChromeOSアプリの動作やデータの保存をクラウド上で行なうので、低スペックでも同価格帯のウィンドウズ端末よりストレスなく使えるのが特徴です」

    海外では数年前から教育市場を中心に普及していたというChromebook。日本で注目され始めた理由は?

    「今年4月上旬の緊急事態宣言の発出に前後して、リモートワークオンライン授業用にノートPC需要が一気に高まり、大手家電店やEC、さらに中古市場からもウィンドウズ端末などの在庫がなくなりました。

    そんななか、在庫が残っていたメーカー直販やGoogle直販のChromebookに飛びついたユーザーが使ってみると、リモートワークオンライン授業はもちろん、エンタメ視聴にも問題なく使えるとわかって人気が高まりました。それもあって、8月から大手家電販売店も取り扱いを開始したのです。 

    もともとChromebookは北米の教育市場でシェア6割を超えるほど普及しています。日本のGIGAスクール構想で、オンライン授業や各種アプリを使うことを前提とした標準仕様端末に選定されるのも自然の流れですね」

    日本でもすでに採用を決定した自治体もあるという。

    神奈川県横浜市は、本年度中に市立の全中学校Chromebookを配布すると決定しました。小学生iPadオンライン利用の基本を覚え、中学生キーボードを使ってOfficeアプリの使い方も学習します。

    ChromebookOfficeも使えて、運用コストウィンドウズ端末の約半分なので、今後も教育現場での採用は増えるでしょう」

    また、教育現場だけでなく、企業でもChromebookの採用は増えそうだ。

    「現在、一般企業は社内クラウドでの作業がメインとなり、小型で低スペックの格安ウィンドウズ端末の採用がほとんどです。その点、Chromebookスペックコスト面は最適ですが、問題となるのはセキュリティ環境。

    会社のシステムGoogleアカウントがひもづき、なおかつ強固なセキュリティ環境を構築できれば、企業がChromebookを採用しない理由はありません」

    多くのスマホよりも格安で販売されるChromebook。今後もさらなる需要アップが見込まれているようだ。

    取材・文/直井裕太

    Googleの直販サイトでは、スマホよりも格安の2万円台からラインナップするChromebook。現在、米中台の大手メーカーが積極的に端末の開発を行なっている


    (出典 news.nicovideo.jp)

    スマホより安い格安ノートPC「Chromebook」の実力


    これ格安ってのがいいですね!!

    端末の連携がうまくいけば最高のアイテムですね!!


    【スマホ乗り換え.com】見積り・お申込みフォーム

    <このニュースへのネットの反応>

    【スマホより安い格安ノートPC「Chromebook」の実力】の続きを読む


     「BCNランキング2020年9月7日から13日の日次集計データによると、タブレットの実売台数ランキングは以下の通りとなった。

    画像付きの記事はこちら

    1位 10.2インチiPad Wi-Fi 32GB スペースグレイ

    MW742J/A(アップル

    2位 10.2インチiPad Wi-Fi 32GB シルバー

    MW752J/A(アップル

    3位 10.2インチiPad Wi-Fi 128GB スペースグレイ

    MW772J/A(アップル

    4位 MediaPad T5 Wi-Fi

    AGS2-W09/16G(Huawei Technologies)

    5位 10.2インチiPad Wi-Fi 128GB シルバー

    MW782J/A(アップル

    6位 Lenovo Tab M10

    ZA4G0090JP(レノボジャパン

    7位 11インチiPad Pro Wi-Fi 128GB スペースグレイ

    MY232J/A(アップル

    8位 LAVIE Tab E

    TE510/KASNEC

    9位 11インチiPad Pro Wi-Fi 128GB シルバー

    MY252J/A(アップル

    10位 10.2インチiPad Wi-Fi 32GB ゴールド

    MW762J/A(アップル

    *「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

    10.2インチiPad


    (出典 news.nicovideo.jp)

    使い勝手のいいタブレット端末! 先週もっとも売れたタブレット端末TOP10!


    やっぱりこれですね!!

    使いやすい!!笑



    <このニュースへのネットの反応>

    【使い勝手のいいタブレット端末! 先週もっとも売れたタブレット端末TOP10!】の続きを読む


     「BCNランキング2020年8月24日から30日の日次集計データによると、タブレットの実売台数ランキングは以下の通りとなった。

    画像付きの記事はこちら

    1位 10.2インチiPad Wi-Fi 32GB スペースグレイ

    MW742J/A(アップル

    2位 10.2インチiPad Wi-Fi 32GB シルバー

    MW752J/A(アップル

    3位 10.2インチiPad Wi-Fi 128GB シルバー

    MW782J/A(アップル

    4位 10.2インチiPad Wi-Fi 32GB ゴールド

    MW762J/A(アップル

    5位 MediaPad T5 Wi-Fi

    AGS2-W09/16G(Huawei Technologies)

    6位 10.5インチiPad Air Wi-Fi 64GB スペースグレイ

    MUUJ2J/A(アップル

    6位 Lenovo Tab M10

    ZA4G0090JP(レノボジャパン

    8位 11インチiPad Pro Wi-Fi 256GB スペースグレイ

    MXDC2J/A(アップル

    9位 11インチiPad Pro Wi-Fi 128GB スペースグレイ

    MY232J/A(アップル

    10位 10.2インチiPad Wi-Fi 128GB スペースグレイ

    MW772J/A(アップル

    *「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

    10.2インチiPad


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ノートPC使いのように使用できるタブレット端末! 8月24日から30日で売れたタブレット端末TOP10

    これやばいですね!!

    欲しくなります笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【ノートPC使いのように使用できるタブレット端末!】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     サムスン電子の最新ハイエンドタブレットGalaxy Tab S7」シリーズが店頭に登場。イオシス アキバ中央通店などのイオシス各店にて販売が始まっている。店頭価格は、Galaxy Tab S7+の5Gモデルが14万4800円、Wi-Fiモデルが11万9800円Galaxy Tab S7のLTEモデルは1万7800円Wi-Fiモデルは9万4800円となっている。

     Android系のハイエンドタブレットとしては、最近では希少な存在になっている「Galaxy Tabシリーズ最新作。12.4型の上位モデルGalaxy Tab S7+」と11型「Galaxy Tab S7」が入荷した。

     それぞれディスプレー仕様が異なり、Galaxy Tab S7+は有機ELの「Super AMOLED」(2801752)、Galaxy Tab S7はIPS液晶2561600ドット)を搭載し、Sペンによるペン入力が可能。ペンはタブレット背面または側面にマグネットで固定できる。

     基本スペックは同等で、プロセッサーはSnapdragon 865 Plusメモリー8GB、ストレージ256GBを内蔵。OSはAndroid 10を搭載している。バッテリー容量はGalaxy Tab S7+が10090mAhGalaxy Tab S7が8000mAhだ。

     そのほか、1300万画素+500万画素のデュアルカメラと800万画素インカメラDolby Atmos対応のAKG製クアッドスピーカーも備える。

     
    今や希少なハイエンドAndroidタブ「Galaxy Tab S7」が入荷!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    今や希少なハイエンドAndroidタブ「Galaxy Tab S7」が入荷!

    これいいですね!!




    <このニュースへのネットの反応>

    【今や希少なハイエンドAndroidタブ「Galaxy Tab S7」が入荷!】の続きを読む


    Amazon.co.jp8月29日から大型セール「Amazonタイムセール祭り」を開催中。開催期間は8月31日23時59分までで、ここでは期間いっぱいセール価格で販売する「特選タイムセール」に登場しているAmazonデバイスを紹介していきます。
    Kindle Paperwhiteが3,000円値下げ

    Kindle Paperwhiteは防水機能付きの電子書籍リーダーKindle Paperwhiteシリーズは全モデルが3,000円割引となっており、例えば8GB容量・広告付き・Wi-Fiモデルが通常13,980円のところ、3,000円値下がった10,980円で販売中。同32GBモデルも15,980円から3,000円値下げした12,980円となっています。

    Fireタブレットが最大4,000円値下げ

    Amazonの独自タブレットFireタブレットシリーズは、新しいFire HD 8タブレットも含め、最大4,000円値下げしています。

    7インチ画面の「Fire 7 タブレット」は約1,500円オフに、8インチ画面の「New Fire HD 8 タブレット」は3,000円オフに、10インチ画面の「Fire HD 10 タブレット」は4,000円オフでの販売。

    なお、Fire HD 8 Plusは単体ではセール販売しておらず、ワイヤレス充電スタンドとのセットで1,600円引きとなっています。

    Kindle キッズモデルが2,000円値下げ

    電子書籍リーダーKindleシリーズ子ども向けモデルKindle キッズモデル」も、2,000円オフで販売されています。Kindle キッズモデルは「広告なし」が標準で、1,000冊以上の子ども向け書籍が自由に読める「FreeTime Unlimitedサービスの1年利用ライセンスが付属しています。
    マイナビニュースデジタル編集部)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Amazonタイムセール祭り、新しいFire HD 8タブレットが3,000円引き!


    これ今がチャンスですね!!



    <このニュースへのネットの反応>

    【Amazonタイムセール祭り、新しいFire HD 8タブレットが3,000円引き!】の続きを読む

    このページのトップヘ