ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > タブレット


     「BCNランキング2022年3月21日から27日の日次集計データによると、タブレットの実売台数ランキングは以下の通りとなった。

    画像付きの記事はこちら

    1位 Lenovo Tab M10 HD(2nd Gen)

    ZA6W0003JP(レノボジャパン

    2位 10.2インチiPad Wi-Fi 64GB シルバー

    MK2L3J/A(アップル

    3位 10.2インチiPad Wi-Fi 64GB スペースグレイ

    MK2K3J/A(アップル

    4位 ASUS Chromebook Detachable CM3

    CM3000DVA-HT0019(ASUS

    5位 10.9インチiPad Air Wi-Fi 256GB ブルー

    MM9N3J/A(アップル

    6位 10.9インチiPad Air Wi-Fi 64GB ブルー

    MM9E3J/A(アップル

    7位 10.9インチiPad Air Wi-Fi 64GB スペースグレイ

    MM9C3J/A(アップル

    8位 LAVIE Tab E

    TE510/KASNEC

    9位 Ideapad Duet Chromebook

    ZA6F0038JP(レノボジャパン

    10位 10.9インチiPad Air Wi-Fi 256GB スペースグレイ

    MM9L3J/A(アップル

    *「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

    Lenovo Tab M10 HD(第2世代)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    タブレット端末のランキング iPadが1位を逃す! 2022/4/3

    これ珍しいですね!

    Lenovo Tab使ってみたいかも!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【タブレット端末のランキング iPadが1位を逃す! 2022/4/3】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     毎週月曜夜は、アスキー編集部で四六時中スマートフォンの話ばかりしている“スマホ総研”のメンバーが、入れ替わり立ち替わり、スマホに関するちょっとしたトーク生放送でお届けします。

     あるときは最新端末、あるときは話題のアプリ、あるときはしょーもないエピソードなどを、毎回好き勝手におしゃべりする30分番組です。

     今回はハイエンドAndroidタブレットシャオミXiaomi Pad 5」の実機レビューをお届けします!

    ▽放送情報
    放送日: 2021年11月15日(月)
    時間 : 20:00~20:30 放送予定
    番組 : 今やレアものハイエンドAndroidタブ! シャオミ「Xiaomi Pad 5」実機レビューの巻:スマホ総研定例会202

    スマホ総研メンバー紹介
    オカモト/ドロイドさん(総研主席研究員/BOSS:胃腸は最弱)
    スピーディー末岡(主席研究員:速いモノ大好きスペック厨)
    つばさ(MC/スマホの先生:Apple端末大好き女子)
    エリコ(ウェアラブル研究員:スマートウォッチLOVE
    ナミダ(新米研究員:全日本ギャルゲー研究会所属)

    今やレアものハイエンドAndroidタブ! シャオミ「Xiaomi Pad 5」実機レビューの巻:スマホ総研定例会202


    (出典 news.nicovideo.jp)

    今やレアものハイエンドAndroidタブ! シャオミ「Xiaomi Pad 5」実機レビューの巻:スマホ総研定例会202

    このハイエンドタブレット最高ですね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【今やレアものハイエンドAndroidタブ! シャオミ「Xiaomi Pad 5」実機レビューの巻:スマホ総研定例会202】の続きを読む


    昨年彗星のごとく登場した安価な高性能タブレットが、またしても値下がりしました。

    動画配信サービスゲームなどのコンテンツはもちろん、車のナビ代わりなどにも使える便利なSIMフリーモデルで、Huawei不在で訪れた「Androidタブレット冬の時代」に有難い1台です。詳細は以下から。

    これが「Teclast M40」。発色が良く視野角の広い10.1インチフルHD(1920×1200)IPS液晶を備えており、動画視聴や電子書籍閲覧にも最適なAndroidタブレットです。

    プロセッサには「UNISOC T618(ARM Cortex-A75、Cortex-A55ベース)」を搭載。AnTuTuベンチマークスコア20万を超えるなど、格安タブレットにしてはかなり高い性能です。

    GPUには「Mali-G52」を採用。ちょっとしたゲームプレイしてみたい人にもおすすめ。

    6GBメモリ128GBのストレージを搭載。5万円以上で販売されている「MatePad Pro」などのハイエンドタブレットと同じ容量です。

    全面背面ともども800万画素カメラを搭載。Zoomなどを使ったWEB会議にも活躍してくれそうです。

    6000mAhバッテリーを採用。動画を7時間ぶっ続けで再生して、ようやくバッテリーがなくなります。

    薄型軽量ボディが特徴的なTeclast M40

    デュアルスピーカーを搭載しており、動画やゲームを立体的なサウンドで楽しめるほか……

    GPS、GLONASS、Galileo、BDSといった主要な測位システムサポートしているため、「ポケモンGOなどの位置情報を使ったゲームがしたい」「カーナビ代わりに使いたい」というニーズにも応えてくれます。

    技適マークの問題があるものの、デュアルSIM対応でソフトバンクプラチナバンドLTEなどをサポート

    IEEE802.11 ac対応の高速な無線LANBluetooth 5.0も使えます。

    大きく見やすい画面にステレオスピーカー、安定して動作する大きなメモリなど死角がなく、USB Type-C端子を使った高速充電もサポートしている高性能なSIMフリーAndroidタブレット「Teclast M40」。

    現在通販サイト「Banggood.com」ではサイトにログイン後クーポンコード「BGJP11TB」適用で1万6823円まで値下がりします。

    Teclast M40 Sale – Banggood.com

    【【速報】1万円台の格安タブレット「Teclast M40」値下げ再び、動画視聴もゲームもナビにも使えて便利な本格SIMフリーモデル】を全て見る

    【速報】1万円台の格安タブレット「Teclast M40」値下げ再び、動画視聴もゲームもナビにも使えて便利な本格SIMフリーモデル


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【速報】1万円台の格安タブレット「Teclast M40」値下げ再び、動画視聴もゲームもナビにも使えて便利な本格SIMフリーモデル

    このAndroidタブレット欲しくなりますね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【【速報】1万円台の格安タブレット「Teclast M40」値下げ再び、動画視聴もゲームもナビにも使えて便利な本格SIMフリーモデル】の続きを読む


    テレワークの普及やおうち時間の増大で、PCより手軽に使えるiPadなどのタブレット類を使う人が多くなりました。タブレットを使う際に気になるのが“快適な視聴角度”。人によって見やすさに差があるので、角度を固定されてしまうスタンドに使いづらさを感じていた方もいるのではないでしょうか。

    iPad Pro 11inch/iPad mini 6をお使いなら、自分好みの試聴角度に調整できる無段階スタンド「and S」(4980円~5980円 10月29日現在)がおすすめ。約19度から77度までの傾斜角度を無段階で調整できるのはもちろん、シーンに合わせて付属するリングに付け替えることもできる画期的なタブレットスタンドクラウドファンディンサイト・CAMPFIREに登場します。


    iPad使うなら約19度から77度まで無段階調整できるスタンドが便利です


    (出典 news.nicovideo.jp)

    iPad使うなら約19度から77度まで無段階調整できるスタンドが便利です

    これすごく便利なアイテムですね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【iPad使うなら約19度から77度まで無段階調整できるスタンドが便利です】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     グーグルは、タブレットや折りたたみ端末など、大画面に特化したAndroid 12のバリエーションである「Android 12L」のDeveloper Previewを公開した。正式版は来年初頭の提供を予定している。

     Android 12LではUIを大画面に最適化。通知領域を左右2画面に分割するほか、新たにタスクバーを用意して、そこからのアプリアイコンドラッグドロップで2つのアプリマルチタスク動作を簡単にするなど、広い画面をさらに活用できるようカスタマイズを施している。一方で従来のアプリも問題なく動作するために互換モードも用意されている。

     アプリ開発者に対しては、Google Playにおいて大画面への対応の有無が表示されるようになること、またアプリの中には縦向き横向きどちらか一方での動作が前提になっているものがあるが、Android 12Lではデバイスの向きに関わらず、どちらの状態であるかを上書きしてアプリに通知するオプションを端末メーカーに提供することを公表するとともに、大画面を最大限活用できるアプリの開発を求めている。

     Androidは、過去にはタブレット向けに開発されたバージョンAndroid 3、Honeycomb)があったり、「Nexus 7」をASUSとの協業でリリースするなど、タブレットに力を入れていた時期もあったが、Chromebookの存在やiPadに対する劣勢などもあり、最近ではあまり活発とは言えない状況にあった。

     
    Androidは再びタブレットに力を入れる 「Android 12L」のプレビュー始まる


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Androidは再びタブレットに力を入れる 「Android 12L」のプレビュー始まる

    Androidタブレットいいですよね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【Androidは再びタブレットに力を入れる 「Android 12L」のプレビュー始まる】の続きを読む

    このページのトップヘ