ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > Apple


    Image: MTV / Apple / Gizmodo US

    ちょっと見てみたい。

    Appleアップル月曜日24時間放送のミュージックビデオ・キュレーションチャンネルの「Apple Music TV」ローンチしました。これはまさに、“アップルによるMTV”といえるもの。なおチャンネルApple MusicApple TVアプリから無料で視聴でき、広告も表示されません。

    初日の放送内容は、Apple Music上でアメリカにて最もストリーミングされた曲のトップ100カウントダウンでした。これは、ビデオプレミアスペシャルイベントによって切り替えられます。火曜日には、自身のニューアルバムリリースを記念して、Bruce Springsteenが登場し、初めてのビッグイベントが開催されます。

    ミュージックビデオ業界はここ数年、YouTubeとVevoに支配されてきました。アップルは音楽業界へのリーチとプラットフォームを持つ数少ない企業で、この業界に影響を与える可能性があります。ただし、人々がケーブルテレビラジオのような、ジャンルカテゴリーもキュレーションされたプレイリストも検索機能もないこのチャンネルに惹かれるかどうかは別問題です。

    あるいは、ミュージックビデオサービスにどれくらいの需要があるのかを確認すために、アップルApple Music TVを立ち上げた可能性もあります。もしかすると、単純に購読者のためにMusicやTVアプリアクセスする機会を与えたかったのかもしれません。

    その長期的な目標がなんであれ、Apple Music TVの行く末を見守りたいものです。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Apple Music TVは、アップルによる懐かしのMTV


    これ試してみたいな!!


    オプションなしでも最高金額のキャッシュバック【@nifty with ドコモ光】

    <このニュースへのネットの反応>

    【Apple Music TVは、アップルによる懐かしのMTV】の続きを読む


    Photo: Android Police

    みんな仲良くチャージ!

    iPhone 12シリーズで採用されているAppleアップル)のワイヤレス充電新MagSafe。磁石を使うことで、適切な位置にピタっとくっつくので、ワイヤレス充電をより簡単にできるというのがアピールポイント。その磁石によって起きた奇跡があります。なんと、iPhone 12以外、よりによってSamsungサムスン)のGalaxy Z Fold 2MagSafeワイヤレス充電器でチャージできます、できてしまいます。

    MagSafeは、磁気コイルiPhone 12に仕込むことで成り立っています。Z Fols 2はワイヤレス充電対応ですが、もちろんMagSafeを想定していたわけはなく。なぜ、充電できてしまったのかというと、Z Foldヒンジと端末横に磁石が使われているから。端末サイドにある磁石は、Fold内部に埃が入らないようピタっとシールドする役割なのですが、まさかこのポジショニングがMagSafeと相性ピッタリだったという奇跡! 親(会社)の知らないところで息ピッタリ仲良しiPhoneさんとGalaxyさん。

    そもそもMagSafeは、磁石を使う特徴があるものの、Qi規格のワイヤレス充電器なのでiPhone以外にも使えることは使えます。ただ、磁石の恩恵まで受られるのはレアかと。

    あくまでも「できる」というだけなので、Galaxy Z Fold 2をこれで充電していると不具合が発生する可能性あり。お高い端末なので無理させちゃダメですね。

    Source: Android Police



    (出典 news.nicovideo.jp)

    AppleのMagSafe、Samsung Galaxyでも使えてしまう奇跡

    これ汎用性があっていいですね!!


    【SoftBank Air】申込で最大35,000円キャッシュバック!

    <このニュースへのネットの反応>

    【AppleのMagSafe、Samsung Galaxyでも使えてしまう奇跡】の続きを読む


    Apple
    先日実施されたAppleの新製品発表イベントHi, Speed.>にて、Apple初の5G対応スマホiPhone 12シリーズをはじめ、多くの新製品が登場した。9月に続き、新製品発表イベントが2ヶ月連続で実施されている中、来月11月中にもまた新たに新製品発表イベントが開催されるのでは、とも伝えられている。そしてこの度、近日中にも発表が控えているとされるAppleの新製品に関する新たな情報が飛び込んできた。

    Appleの忘れ物防止タグ「AirTags」がサイズ違いの2種類登場?

    Apple関連のリーク情報を多く紹介し、高確率で的中させているTwitterアカウント@L0vetodream」が自身のTwitterを更新。先日の<Hi, Speed.>でも登場する可能性が示唆されていた忘れ物防止タグ「AirTags」に関するものと思われる情報を紹介し、話題となっている。 ツイートには「大きいサイズのもの、小さいサイズのもの、近日登場」と記されており、その後再度「tag TAG」と2種類のサイズAirTags登場を示唆するツイートも投稿している。 同じく著名リーカーのジョン・プロッサー氏も「すでに発表の準備は整っている」との情報を伝えていることから、11月中の新製品発表イベントで紹介される可能性が高いものと見込まれているが、果たしてAirTagsは11月中に発表を迎えることになるのだろうか? 今後の情報に期待したい! ▼合わせて読む ・11月のApple新製品発表イベントでAirTagsが登場する?AirPods Studioは来年3月までずれ込む可能性
    Apple
    Photo via EverythingApplePro(YouTube)

    Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.



    (出典 news.nicovideo.jp)

    11月のApple新製品発表イベントで2サイズのAirTagsが発表か?著名リーカーが示唆


    これ楽しみですね!!

    早くこのサービス欲しいですね!!


    安心のNTTグループ『OCNforドコモ光』

    <このニュースへのネットの反応>

    【11月のApple新製品発表イベントで2サイズのAirTagsが発表か?著名リーカーが示唆】の続きを読む


    Image: Apple

    いいと思います!

    2020年コロナパンデミックでいつも以上にオンラインショッピングが捗る1年です。これを機に、今後も引き続きネットショップ利用が定着しそうという人も少なくないはず。となれば、注文してから品物が届くまで短ければ短いほど嬉しい。売り手側のAppleもそう思っているようで、Apple Storeを配送拠点として活用する方法をテストしてるようです。

    より早く商品を届けるため

    ネタ元Bloombergの報道によれば、Appleは、オンラインで購入した品物の配送拠点として、Apple Storeリアル店舗を活用するテストを行なっているといいます。今までは、各地域の倉庫・配送拠点または工場のある中国からの配送でしたが、最寄り店舗に在庫があればそこからユーザーへ発送するというシステムを導入したい様子。理由は明確、ユーザーへより早く商品を届けられるからです。リアル店舗を配送拠点とするアイディアは、発表直前のiPhone 12発売を意識してかな。

    この報道にAppleコメントを控えているようですが、(まだテスト段階だからしょうがないのでしょうけど)別に秘密にしなくてもいいのにね。店舗が配送拠点としての役割も担うとなれば、バックヤードに常駐する配送担当スタッフも必要になりますから、本格始動すれば求人などですぐわかることでしょう。

    日本のApple Store10店舗。そのうち5店舗が東京都内ですし、(もし本導入されても)今までの配送拠点と比較して、多くの人にとってどれくらいスピードアップするのかなって気はしますけれどもね。

    Source: Bloomberg via 9to5Mac



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Apple、製品がいちはやくユーザーに届くようがんばるみたいです


    これイイですね!!

    早く作って最高ですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【Apple、製品がいちはやくユーザーに届くようがんばるみたいです】の続きを読む


     Appleは、10月6日Apple Payでの「PASMOサービス開始にあわせ、公式サイト内にPASMO特集ページをオープンした。

    画像付きの記事はこちら



     もともとあったApple Payの紹介にPASMOを追加し、PASMOでもSuicaでも便利に鉄道利用や買い物が利用でき、Walletアプリだけで残高と支払い履歴を簡単にチェックできるとアピールする。なお、Suicaは、従来同様、iPhone 7以降、Apple Watch Series 2で利用可能だが、PASMOの対応機種はiPhone 8以降、Apple Watch Series 3以降となる。

     すでにApple Watch Series 2は販売終了しているが、iPhone 7はワイモバイルなどが取り扱いを続けているので注意が必要だ。

     来週水曜、日本時間10月14日2時から米国AppleサイトでイベントApple Evnet」を開催する告知も公開した。同イベントでは、9月の発表が見送られた年に一度のiPhoneモデルチェンジの発表があるとみられる。もし、発表と同時に発売(予約受付開始・即出荷)の場合、10月14日の発売は2011年の「iPhone 4s」以来、9年ぶり。10年以降、発表は全て9月で、発売時期が9~11月だった。

     Touch ID(指紋認証)ボタンの位置が変わり、一見、上位機種のiPad Proと同じデザインを一新した新しいiPad Air(第4世代)は、Apple公式で10月発売予定となっているが、NTTドコモソフトバンクiPad Air Wi-FiCellularモデルの発売時期を「年内」と案内している。今年の新型iPhone/iPadの発売時期は、例年よりも全体的に後ろ倒しになりそうだ。(BCN・嵯峨野 芙美)

    2016年にスタートしたSuicaから遅れること約4年、PASMOサービスも開始


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Apple、Apple PayのPASMO特集公開 10月14日オンラインイベント開催も告知


    これいいですね!!

    使いたくなります!!


    オプションなしでも最高金額のキャッシュバック【@nifty with ドコモ光】

    <このニュースへのネットの反応>

    【Apple、Apple PayのPASMO特集公開 10月14日オンラインイベント開催も告知】の続きを読む

    このページのトップヘ