ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > Apple


     アンカージャパン4月13日、同社初のスマートトラッカーをEufyブランドで展開すると発表した。財布向けなどのカード型「Eufy SmartTrack Card」と、鍵などに取り付ける「Eufy SmartTrack Link」の2種類で、2022年秋ごろの発売を見込む。米Appleの「探す」機能との連携も予定しているという。

    【その他の画像】

     Eufy SmartTrack Cardは、厚さ約2.4mmのカード型トラッカーで、「Eufy Securityアプリを使って、50m以内であれば音を鳴らして探せる「Find Nearby」機能や、置き忘れを防止する「Left Alarm」機能が利用できる。紛失時に、拾い主に連絡してもらえるよう裏面のQRコードメールアドレスなどの情報を指定できる。

     サイズは約85×54×2.4mm。重さは約17.8g。電池寿命は約3年、音量は約85dbを出力できるという。価格は3990円を予定する。

     Eufy SmartTrack Linkは、穴付きタグ型トラッカー。Find Nearby機能やLeft Alarm機能、QRコードなどの仕様はCardと同様。サイズは約37×37×6.2mm、重さは約8.6g。電池寿命は約1年だが電池交換可能としている。価格は2990円。

     Eufyブランドは、これまでロボット掃除機などを展開していたが、家族を見守る「Eufy Security」、生活家電「Eufy Clean」、赤ちゃんがいる家庭向け「Eufy baby」、ペット向け「Eufy Pet」の4ブランドを展開する。スマートトラッカーは、この中でEufy Securityに属する製品となる。

    「Eufy SmartTrack Card」(左)と「Eufy SmartTrack Link」(右)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Appleの「探す」と連携予定 Ankerから忘れ物防止タグ2機種 AirTagにはないカード型も

    このカード型最高ですね!
    欲しくなりますね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【Appleの「探す」と連携予定 Ankerから忘れ物防止タグ2機種 AirTagにはないカード型も】の続きを読む


     Appleは現地時間3月8日に、新しい「iPhone SE」「iPad Air」と「iPhone 13/13 Pro」の新色、Macの新シリーズMac Studio」と、27インチの5KディスプレイStudio Display」を発表した。

    画像付きの記事はこちら



     Mac Studioプロフェッショナル向けで、M1 Maxと、パーソナルコンピュータ用として世界で最もパワフルなチップである新しいM1 Ultraを搭載する。Studio Displayは、ウェブカメラ、6スピーカーシステム、計4(Thunderbolt 3×1、USB-C×3)のUSB-Cポートを備え、Siriに対応する。Mac Studioは一部のApple StoreApple製品取扱店で3月18日に発売する予定。価格は24万9800円から。Studio Displayは19万9800円から。

     新しいiPad Air(第5世代)は、M1チップを搭載し、パフォーマンスを強化した。Wi-FiCellularモデルは5Gにも対応する。容量は64GB/256GB、カラーは、スペースグレイスターライトピンクパープル、新色のブルーの5色。価格はWi-Fiモデルが7万4800円から、Wi-FiCellularモデルは9万2800円から。

     iPhone 13/13 Proの新色は、iPhone 13 Proが濃い緑のアルパイングリーンiPhone 13がグリーン

     iPhone SEは、第3世代となり、新たに5Gに対応。Touch ID対応の「ホームボタン」のあるデザイン、4.7インチサイズはそのままに、スマートHDR 4、フォトグラフスタイル、Deep Fusionなどの先進的な機能を備えた新しいカメラシステムを盛り込んだ。チップiPhone 13と同じA15 Bionicで、前面と背面にはiPhone 13 Pro/13と同じ頑丈なガラスを採用し、IP67等級の耐水性能と防塵性能を備える。カラーは、ミッドナイトスターライト(PRODUCT)REDの3色。価格は5万7800円から。

     iPhone 13/13 Proの新色、iPhone SE、iPad Airは、いずれも3月11日から予約注文を受け付け、3月18日に発売する。

    iPhone 13/13 Proにはアルパイングリーンとグリーンを追加


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Apple、5G対応「iPhone SE(第3世代)」「Mac Studio」など一挙発表

    これ気になる製品がいっぱいで気になりますね!




    <このニュースへのネットの反応>

    【Apple、5G対応「iPhone SE(第3世代)」「Mac Studio」など一挙発表】の続きを読む


    5G対応の新型iPhone SEは確定のようですが、他には何がお披露目されるのでしょうか。詳細は以下から。

    Appleのマーケティング部門シニアバイスプレジデントGreg Joswiak氏のツイートによると、同社は現地時間の3月8日(日本時間では3月9日午前2時)に発表会を開催するそうです。

    なお、Appleは新型iPad ProiPad AiriPadに加えて7種類の新型Macを投入するなど、2022年に大攻勢をかける見通し。新型iPhone SE発表に合わせ、その第1弾がいよいよ明らかになります。

    コメントを見る

    【Appleが日本時間3月9日に発表会開催へ、新型iPhone SE(第3世代)などお披露目か】を全て見る

    Appleが日本時間3月9日に発表会開催へ、新型iPhone SE(第3世代)などお披露目か


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Appleが日本時間3月9日に発表会開催へ、新型iPhone SE(第3世代)などお披露目か

    このイベント気なりますね!




    <このニュースへのネットの反応>

    【Appleが日本時間3月9日に発表会開催へ、新型iPhone SE(第3世代)などお披露目か】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     今回はiPhoneiPad、並びにそれぞれの最新OSに含まれる機能の「合わせ技による活用術」を紹介します。ふたつのデバイスを上手に連携しながら、仕事の生産性を高める便利な使い方をマスターしましょう。

    Apple Pencilで書いたクイックメモをiPhoneで活用する

     最初にiOS 15、iPadOS 15にプリインストールされている「メモ」アプリから掘り下げます。iPadOS 15とmacOS Montereyには「クイックメモ」という、メモアプリの新機能が追加されています。名前の通り、素速くメモを取るための機能ですが、iPadApple Pencilによる手書き入力と相性がとても良好です。

     iPadの場合、デフォルトの設定では画面の右下を上に向かってApple Pencilや指でスワイアップするとクイックメモが立ち上がり、そのまま手書きの文字でアイデアや備忘録を書き留めておけます。

     iPadの画面右下から斜め上に向かってApple Pencilスワイアップすると、どの画面からでもクイックメモが起動します。設定は左下からのスワイアップに変更も可能です

     住所にメールアドレス、電話番号や日付は手書きの文字の内容が自動で認識されます。テキストに下線が引かれた状態でタップすると、住所の場合はマップメールアドレスの場合はメールアプリが起動して、次のタスクへとスムーズに移れます。

     iPadで作成したクイックメモは、ユーザーiCloudにひも付くデバイスの間で最新のデータが同期します。iPhoneの側で手書き入力はできませんが、例えばiPadから手書きでメモした電話番号をタップして、iPhoneから電話をかけることができます。

     iPhoneSafariで読みながら気になったニュースクイックメモに保存して、あとからiPad手書きコメントを加えることも可能です。ふたつのデバイスが手元にあって、iCloudの共有設定でSafariがオンになっていれば、iPhoneで開いているSafariのページにiPadのDockからでもアクセスできます。

    Apple Pencilによる操作でiPadスクリーンショットを撮る

     ウェブページのURLや画像は、クイックメモにドラッグドロップして貼り付けることもできます。Safariの側で続きのページを開いたり、マップアプリでこれから向かう先の地図を調べたい時に、クイックメモを開いておけばメモアプリの画面上部に「リンクを追加+」するメッセージが表示されます。これをタップすれば、関連する情報をクイックメモに素速くストックできて便利です。

     iPadOS 15では、Apple Pencilを使って画面の左下隅を右上に向かってスワイアップすると、スクリーンショットが撮れます。ウェブページをキャプチャする際には、現在iPadの画面に表示されているスクリーンの領域か、またはフルページのキャプチャをするか、ここで選べます。マップアプリも同様に、サイドバーに表示される情報を含むキャプチャか、または手書きのメモを書き込む領域が広く取れる「地図部分だけのキャプチャ」が保存の際に選択できます。

     Apple Pencilによる手書きテキストデジタルタイピングに変換する「スクリブル」が、昨年秋から日本語にも対応しました

    ウェブ検索だけじゃない、便利な日本語対応スクリブルの使い方

     Apple Pencilによるスクリブル入力も、iPadユーザーならば使いこなしたい機能の一つです。

     スクリブルとは、iPadアプリや検索フィールドなど、全てのテキスト入力に対応するボックスにApple Pencilを使って手書きした文字を即座にデジタルタイピングに変換する機能です。iPadOS 14から搭載が始まった機能ですが、2021年の秋に公開されたiPadOS 15から英数字だけでなく、日本語のスクリブル入力に対応しました。

     例えばiPadApple Musicから気になる楽曲、アーティストの名前をスクリブルを使って手で書いて検索することも可能です。気になる楽曲はライブラリに登録しておけば、外出先でiPhoneを使って聴く時に素速くアクセスできます。

     筆者は手書きの文字が上手ではありませんが、文字は気張って丁寧に書かなくても、テキストボックスからはみ出してもiPadのスクリブル機能は正確に認識してくれます。そもそも日本語が認識されないという方は、Apple Pencilテキストボックスをタップした時に、画面の下に表示されるキーボードメニューを開いて、入力モード日本語に設定されていることを確かめてください。

     2022年2月に現行モデルとして発売されているiPadは、いずれもApple Pencilによるスクリブルに対応しています。筆者は時々、周囲の方々から「スクリブルと最も相性の良いiPadはどれか?」と聞かれることがあります。答えは「どのiPadでもOK」なのですが、ひとつ付け加えることがあるとすれば、筆者の場合はふだんノートPC感覚でキーボードを使って原稿を書くiPad Proよりも、デジタルノートのように本体を片手で持ちながら使うことが多いiPad miniの方がスクリブルを使う機会が多いと思います。

    集中モードの設定をデバイス間で共有する

     iOS 15、iPadOS 15にはメールメッセージ、その他のアプリから届く通知を一時的に減らして、目の前の作業に集中するための「集中モード」という機能があります。集中モードは「おやすみモード」「運転」「パーソナル」「睡眠」「仕事」など各種プリセットを選んでから、有効になる時間帯、実行中に例外として通知を許可する連絡先の相手やアプリが細かく設定できます。

     集中モードの設定から「デバイス間で共有」をオンにすると、iCloudを通じてiPhoneiPad、その他のユーザーが所有するデバイスの間で設定を同期させることも可能です。例えば外出先でiPhoneから集中モードをオンにして、帰宅後にiPadMacでまとまった作業に集中できる環境を整えておくという使い方も、考えられます。

     各集中モードオフィスや自宅、リモートワークに使うカフェなど、いつもの場所に訪れた時に起動するオートメーションにも対応しています。

    iPhone/iPadの使いすぎをスクリーンタイムから見直す

     iOS/iPadOSの「スクリーンタイム」機能を使えば、1日の間にデバイスを使い込んだアクティビティの状況を振り返ることができます。スマホパソコンの画面から一時視線と集中をそらして、リラックスした時間を過ごすことを意識するきっかけも作ってくれる機能です。

     スクリーンタイムの画面からは、ユーザーが登録しているデバイスごとにアクティビティに費やした時間、アプリの内容を詳細に振り返ることができます。筆者もこの頃かなり長い時間ゲームに没入していたことをスクリーンタイムの履歴を見て我に返りました。

     OSのファミリー共有機能を活用するれば、スクリーンタイムを使って子どもiPhoneiPadの使用状況を管理できます。春休みに我が子がゲームSNSにハマり過ぎていないか見守る用途にも有効ですが、親子の信頼関係は壊さないよう、互いに声をかけ合いながら使いたいものです。

    FaceTimeビデオ通話の楽しさが倍増するSharePlay

     iPhoneiPadを使って遠くにいる友だちや家族とFaceTimeアプリビデオ通話をしながら、エンターテインメント系のコンテンツなどを同時に視聴できる「SharePlay」も便利な機能です。

     コンテンツの再生はネットワーク環境の状態にも依存しますが、ビデオ通話の参加者どうしが同じコンテンツを遅延なく視聴できるように機能は設計されています。ただ、Apple TV+のビデオApple Musicの音楽コンテンツを自由にSharePlayするためには、通話に参加するユーザーが有料契約を済ませていることが条件になります。

     SharePlayには、ユーザーiPhone/iPadの画面をまるごと参加者に共有できる「画面共有」の機能もあります。例えば、Safariニュースオンラインショップの情報ページを、参加者と一緒に見る用途に真価を発揮します。外国語会話のリモートレッスンにも、使えそうです。筆者が試した限りでは、YouTubeの画面共有もできるので、友だちや家族とおすすめの動画を賑やかに楽しみたい時にも最適です。

     近く正式リリースが予定されている最新のiPadOS 15.4以降、macOS 12.3以降の組み合わせでは、近くに置いたMaciPadの間で、ひとつのワイヤレスマウスとワイヤレスキーボードを共用できる「ユニバーサルコントロール」という新機能が加わります。Appleデバイスによる連携機能は、今後もさらに増えそうです。一見すると自分には必要がなさそうな機能も、積極的に試してみると意外な発見あるかもしれません。

       
    iPhone&iPadの便利な「合わせ技」活用術


    (出典 news.nicovideo.jp)

    iPhone&iPadの便利な「合わせ技」活用術

    これ便利に使って快適な環境にしたいですよね!




    <このニュースへのネットの反応>

    【iPhone&iPadの便利な「合わせ技」活用術】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     アップル2022年秋に次期アップルシリコン「M2チップ」を搭載した新型iPad Proを発売するという。著名リーカーのDylan氏がTwitter1月23日リークした。

     同氏によると、新型iPad ProはM2チップとミニLEDディスプレーを搭載しているという。一方、うわさのあったワイヤレス充電やMagSafe機能については、複数の情報源から搭載されない可能性があると聞いているそうだ。

     このほか同氏はAirPods Pro 2も秋にリリースされると伝えている。

     なお、以前の記事でも伝えているがDylan氏は後に「リーカーを引退する」と発表し、Twitterアカウントを削除してしまっているため、いまはテキストでしかこの情報を確認できない。

     
    アップルM2版「iPad Pro」今秋発表のうわさ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    アップルM2版「iPad Pro」今秋発表のうわさ

    これ更新が早すぎてついていけません泣




    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【アップルM2版「iPad Pro」今秋発表のうわさ】の続きを読む

    このページのトップヘ