ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ: ビジネス


    【元記事をASCII.jpで読む】

     eスポーツに対する注目度の高まりなどもあって、ゲーミング関連のアクセサリー自体が人気となっている。なかでもゲーミングヘッドホンは趣味と実益を兼ねた便利アイテムとして大いに注目が集まっている。

     というのも、ゲーミングヘッドホンにはチームを組んでFPSなどをプレーできるようにブームマイク(バーで口元まで伸ばされているマイク)を採用しているタイプが多いためだ。そしてこれはゲームだけでなく、オンラインミーティング(ウェブ会議)でも大いに役立ってくれるのだ。

    あなたの声がウェブ会議で聞き取りにくい理由は?

     オンラインミーティングでは一般的に、スマートフォンパソコンの内蔵マイクを使用するのが一般的だ。一方で、普段使いの完全ワイヤレスイヤホンなど、Bluetoothヘッドセットを使用している人もいる。実はこれ、聴く側としては“相手の会話が聞き取りやすくなる”ものの、話す側としては、相手が聴き取りにくい声になっている場合があるのだ。

     実はここが“聴き取りにくさ”につながっている場合がある。具体的には3つのウイークポイントある。

     第1にマイクの位置だ。完全ワイヤレスイヤホンは、口からかなり離れた位置にマイクが内蔵されているため、インテリジェントなデジタル調整を行っていても、収音の観点で厳しさを抱えている。

     続いて、マイクの性質だ。通話用のマイクは、録音用のマイクとは異なり、人の声に特化されたパーツ選びと調整が行われている。しかしそれは、声だけを聞き取りやすくするために、不要な周波数帯域を削っていたりして、対面で聞く声のような自然さを感じにくい面もある。結果、電話中継で繋がった人のような雰囲気になり、オンラインミーティングなどではひとり浮いてしまうことがある。

     最新のイヤホンヘッドホンは、現状のニーズを鑑みて、マイク性能の向上に力を入れているが、残念ながらいまある全ての製品に当てはまるわけではない。そもそも、完全ワイヤレスイヤホンなどでは小柄な本体に収めるために超小型マイクユニットが必須だ。当然ながら性能にも影響が出てくる。

     最後に、Bluetoothという方式に由来する問題がある。Bluetoothには、通話用のプロファイルとしてHFPとHSPが用意されている。さらにHFPには、標準(周波数帯域が200Hz~3300Hz)とHD Voice(HFPバージョン1.6以降、50Hz~7000Hz)という2つの規格がある。

     Windows 10の最新版や大半のスマートフォンはHFPのHD Voiceに対応しているため、通話音声はかなり良くなっているはずだが、実際に試してみるとあきらかにHD Voiceでつながっていないと思われる状況がある。そのため、パソコンの場合は内蔵マイクを利用した方が良好だったりする。

     なお、HFP(Hand-Free Profile)は携帯電話機の発信・着信もでき、音声のみを伝送するHSPHeadSet Profile)よりも上位だと考えていい。また、ヘッドホンで音楽を聴く際には、より高音質なA2DP/AVRCPというプロファイルが利用される。

     質のよいブームマイクを持ち、遅延の問題から有線接続もできることが多いゲーミングヘッドホンは、このような3つのウイークポイントを排除でき、オンラインミーティングにもバッチリの製品となっているのだ。

     マイク性能面では充分でも、Bluetooth接続は環境(接続するスマートフォンパソコン)によって音質が左右されてしまう可能性が否めないため、ここでは確実な有線モデルのなかから、“オンラインミーティングとの併用”にも適しているという視点でオススメの製品をピックアップしよう。

    筆者イシオシは、ロジクールの「PRO X Gaming Headset G-PHS-003」

     ブームマイク+有線による抜群のマイク性能を持つ製品。もともとeスポーツのプロと共同開発したゲーミングヘッドセットであるため、有線による遅延のなさはもちろんのこと、通話音声に関してもマイク音調整機能「BLUE VO!CEマイク テクノロジー」を採用することで、会話がしっかりと聞き取れる高いクオリティを持ち合わせている。さらに、自分で音声をチューニングすることも可能なことも嬉しいポイントといえる。

     このほか、立体音響を正確に表現する「DTS Headphone:X 2.0」にも対応しており、ゲームや映画なども迫力(かつ正確な)サラウンド音声も楽しめるため、幅広い活用もできる。なかなかの万能選手といっていいだろう。

     実際の装着感はなかなか良好で、長時間の使用でもストレスは少ない。多々あるゲーミングヘッドホンのなかでもかなりの優秀さで、とても自然な音声を相手に届けることができる。

     ゲーミングヘッドホンながら外観も派手なタイプではないため、社内だけでなく社外とのオンラインミーティングやオンラインプレゼンに使用してもそれほど違和感はないはず。音質もデザインも、なかなかに使い勝手のよい製品といえる。

    予算に余裕があるなら「ASTRO A40 TR Headset/Astro MixAmp Pro TR セットモデル」を

     ゲーミングヘッドホンとして定番中の定番といえるプロユース前提の有線モデルで、専用のアンプセットされている。オンラインミーティング用途としては、マイクの交換が可能なことが注目のポイントとなっている。標準で付属する単一指向性マイクもかなり良質だが、別売のMod Kitに含まれているマイクノイズキャンセリング機能付きとなっているため、使用環境に応じてそちらを利用するのをオススメしたい。

     なお、このシステムパソコン(またはPS4)での利用が前提となっているため、機器との接続はUSBPS4の場合は光デジタルを利用)で行うので、利用する環境に注意して欲しい。

    エントリークラスがいいなら「Razer Kraken

     ゲーミングデバイスを幅広く手がけるRazerブランドの、エントリークラスに位置するハイコストパフォーマンスモデル。冷却ジェル注入のイヤークッションを採用するなど、長時間使用に配慮したユニークな内容を持ち合わせている。ブームマイクは指向性が高めのカーディオイド集音パターンを採用していて、声の明瞭度もなかなかに良好だったりする。

     ゲーミングヘッドホン然としたデザインだが、それでもかまわない人であればオンラインミーティング用途でもなかなかにハイコスパな製品といえる。

    ワイヤレスにこだわるなら「G733 LIGHTSPEED Wireless RGB Gaming Headset

     マイク性能に関して現状のワイヤレス製品はオススメしづらい状況ではあるが、それでもワイヤレス製品がいい、という人にはこちらロジクール「G733」を推薦しよう。

     こちら、独自技術となる「LIGHTSPEED」の搭載により、ワイヤレスながら遅延が少なく安定した接続性を確保。見通しのよい場所であれば、20mほど離れていても通信が可能となっている。いっぽう、マイク音質については有線モデルに敵わないものの、実際の質感はそれほど悪くないので、オンラインミーティングでも充分に活用できる製品といえる。

     そのほかにも、ヘッドバンドやイヤーカップに形状記憶性の素材を採用することで、密閉性と快適性を両立しているため、長時間の使用もあまり苦にならない。「DTS Headphone:X 2.0」にも対応しているため、幅広い活用ができる点も嬉しい。

    実はウェブ会議に向いているゲーミングヘッドセット、オススメ4機種を紹介


    (出典 news.nicovideo.jp)

    実はウェブ会議に向いているゲーミングヘッドセット、オススメ4機種を紹介


    これテレワークに使えますね!!

    Wi-Fiで家中ネット使い放題【SoftBank Air】
    “"


    <このニュースへのネットの反応>

    【実はウェブ会議に向いているゲーミングヘッドセット、オススメ4機種を紹介】の続きを読む


    モバイルWiFiサービス『どこよりもWiFi』を販売するITの総合商社株式会社Wiz(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:山崎 俊、以下「Wiz」)は、1都3県の緊急事態宣言延長に伴い中小企業テレワーク支援として、7GBのモバイルWiFiを1,000台限定で1円にて提供いたします。また、宣言解除後も一定の移行期間(2ヶ月)を設け、支援価格にて提供してまいります。

    <費用>
    ・初期費用:0円
    ・月額
    1.緊急事態宣言中:1円/月
    2.移行期間:980円 /月 (緊急事態宣言終了後2ヶ月)
    3.その後:1,980円 /月

    <月間通信容量>
    7GB

    <契約期間>
    なし

    <解約金>
    なし

    <返却時費用>
    ・2,000円(クリーニング代として)
    ・決済方法:クレジットカード
    請求書払い可

    ※請求書払いの場合は別途審査があります。
    ※特記事項がない限り表示金額は税抜きです。
    ※申し込みは1社5台まで
    ※1,000台限定
    7GBでは足りないお客様向けに、通常プランもご用意しています。(支援プランのお客様も途中でプラン変更が可能です)
    また、10台以上のお申込みで法人割引が適用となり、更に割引が可能です。お気軽にお問い合わせください。

    <しばりなしプラン
    20GB:2,780円
    50GB:3,480円
    100GB:3,980円
    200GB:4,480円

    契約期間:なし
    解約金:0円


    <しばりありプラン
    20GB:2,280
    50GB:2,980円
    100GB:3,380円
    200GB:3,980円

    契約期間:2年
    解約金:9,500円

    ※特記事項がない限り表示金額は税抜きです。
    • お問い合わせ
    ご質問、お見積り、お申込みなど、お気軽にお問い合わせください。

    フォー
    https://wifi.dokoyorimo.com/contact_biz
    フォームにご入力いただく際、お問い合わせ種別は「テレワーク支援に関して」を選択し、お問い合わせください。


    メールアドレス
    どこよりもWiFiカスタマーセンター:dokoyorimo_wifi@012grp.co.jp

    ▼電話番号
    どこよりもWiFiカスタマーセンター:03-4346-0708/営業時間(平日) 9:0018:00
    • 会社概要
    会社名     :株式会社Wiz
    本社所在地   :東京都豊島区南大塚2-25-15 South新大塚ビル12F
    代表取締役社長 :山崎 俊
    事業内容    :Wiz cloud事業、ITプロダクト事業、新生活サポート事業、メディア運営事業、開店オンライン事業、保育サポート事業、nene事業、デジタルサイネージ事業、アプリラット事業、DX承継事業、HRコンシェルジュ事業、パートナー事業
    HP       :https://012grp.co.jp/
    Wiz cloud  :https://012cloud.jp/

    配信元企業:株式会社Wiz

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【モバイルWiFi】緊急事態宣言延長に伴うテレワーク支援プランに関して


    これ気になりますね!!

    応援してもらえるって最高ですね!!



    “"


    コンセントを差すだけ!工事不要!Wi-Fi【SoftBank Air】

    <このニュースへのネットの反応>

    【【モバイルWiFi】緊急事態宣言延長に伴うテレワーク支援プランに関して】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     コクヨ3月2日、長時間着座でも身体的負荷をかけない在宅ワークチェアー「cuna」を発売した。

     本製品は、脚部を「ソリ脚」にすることで、自然な揺れを再現し「前傾」「アップライト」「後傾」の3つの姿勢をサポートする。座面のクッションには体圧分散に優れたモールドウレタンを採用し、長時間着座での身体的負荷の軽減を実現。デザイン面は、シンプルで無駄のないコンパクトな造形と風合いのある張り地を採用し、住宅のインテリアに馴染む仕上げたとうたう。

     カラーは、ダークグレージュ、ソフトベージュ、オパールグリーンオリーブイエローの4種。サイズはおよそ幅550×奥行480×高さ760mm。実売価格は3万8830円の見込み。

    テレワークのお供に! 長時間着座の負担を軽減するワークチェアー発売


    (出典 news.nicovideo.jp)

    テレワークのお供に! 長時間着座の負担を軽減するワークチェアー発売

    これいいですよね!!

    欲しくなりますね!!


    工事不要!インターネット使い放題【SoftBank Air】

    <このニュースへのネットの反応>

    【テレワークのお供に! 長時間着座の負担を軽減するワークチェアー発売】の続きを読む


    ヒロ・コーポレーション福岡県北九州市)から、ゲーミングチェア DG REVOLUTIONが発売された。


    ドン・キホーテの西日本エリア(一部除く)で先行販売を2/23より開始します。

    売価は¥17,800(税別)

    コロナの影響でおうち時間が増える中、ゆっくり机に座って仕事や作業をする時間をより快適に過ごせるアイテム

    バックレストは上半身を包み込むような安定感。
    リクライニングは90~180°とお好きな角度に調節出来ます。
    下に収納可能なフットレスト付き。
    アームレストの高さ調節可能。
    ヘッドピローとウエストピローの位置は調節できます。
    座面昇降式。
    耐荷重200kg

    商品詳細
    外形寸法:約1250x720x690mm
    座面の高さ:約430-540mm
    重量:約22.5kg

    原産国:中国

    【弊社製品に関するお問合せ先】
    ■商品詳細に関しましてはメールにてご連絡ください。

    株式会社ヒロ・コーポレーション
    メールアドレス:info@cds-ito.co.jp


    配信元企業:株式会社イトウ

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    新発売!!ゲーミングチェア DG REVOLUTION


    これテレワークにも最高ですね!!

    多機能で自由なショッピングサイトの構築が可能【ECサイト基本システム】

    <このニュースへのネットの反応>

    【新発売!!ゲーミングチェア DG REVOLUTION】の続きを読む


     MicrosoftからリリースされたTeamsは、チャットオンライン会議で有名なアプリだ。Teams自体は2017年3月にリリースされたが、コロナ禍で在宅ワークが脚光を浴びたタイミングで利用者数が爆発的に増加。ここでは、便利な「ファイル」機能と「Wiki」機能の魅力を紹介しよう。

    画像付きの記事はこちら



     最初に断っておくが、本記事は企業でExchangeサーバーやExchange OnlineOffice365サービス)を利用している人を想定しているのでご了承いただきたい。

     オンラインチームや仲間と一緒に仕事をするための便利なTeamsの機能に、ファイル機能とWiki機能がある。ファイルは、チーム内でドキュメントなどのファイルを共有する機能で、Wikiは、簡単にいうとチームメンバー全員が編集できる掲示板だ。どちらも使いこなすことで、情報の共有など仕事に役立つこと間違いなしだ。


    ●Teamsの「ファイル」でExcelを複数人で編集



     Teamsの左に表示しているチームを選択し、画面上部のタブ一覧からファイルを選択すると、Teamsのチーム内で共有しているファイルの一覧が表示される。ファイルでできることは、ファイルの閲覧とファイルの保存、Officeファイル更新だ。WindowsOfficeを使っている人なら、直感的に使えるだろう。

     ファイルの閲覧には2通りの方法がある。OfficeファイルWordExcelPowerPointOneNoteなど)以外の場合、PCにインストールしているアプリを使ってファイルを開く。

     ファイルを開くアプリを持っていないと、基本的には開けない。その場合は、ファイルを開くアプリインストールするか、もしくはPDFOfficeファイルなど、閲覧可能な形式に変換してもらう必要がある。

     Officeファイルを閲覧する場合もTeams上で開けるようになっている。閲覧だけでなく編集も可能だ。

     便利なのが、Teams内でOfficeファイルを開いた場合、他のユーザーと同時に編集作業ができること。各々が編集すると、編集箇所がリアルタイムで反映されるので複数人で共同に作業することができる。

     Excelの場合、別セルや別シートでの編集、PowerPointであれば別スライドの編集などができるので、まさに「チームで共同作業」しているような感覚で仕事が進めれる。

     Teamsがあり、Officeソフトインストールされていると思うが、TeamsならOfficeソフトインストールしていなくてもOfficeファイルの編集ができる。ただし、Teams上のOfficeアプリは一部の機能が利用できない簡易版。しっかりと編集したいときは、デスクトップアプリで編集することも可能だ。

     ちょっとした修正をする程度であればTeams上で編集、大幅に変更したい場合はデスクトップアプリで編集するといったような使い分けによって、ストレスを感じずに編集できるようになる。


    ●ファイルの共有・保存(アップロード)・新規作成



     ファイルを保存したい場合、保存したいファイルTeamsのファイル一覧にドラッグドロップするか、アップロードクリックして保存したいファイルを選択することで共有が可能。もちろん、保存したファイルリアルタイムでほかのユーザーにも反映される。

     WordExcelPowerPointOneNoteなどのOfficeファイルは、Teamsのファイルメニューの「新規」から作成したいドキュメントを選択すれば新規作成できる。もちろんTeamsで新規作成したOfficeファイルは、ほかのユーザーも同時に編集できる。

     通常のPCと同じように、フォルダも作成できる。Teamsに保存したファイルを普通のPCと同じように、どこに何があるか分からなくならないように、分かりやすくフォルダで整理することによって、必要なファイルがすぐに探せるようになる。

     チームで仕事をするのであれば、整理整頓した方が検索のストレスを感じず仕事ができるので、フォルダ機能を使いこなすことをおすすめする。


    ●Wiki(掲示板)の「タイトル」と「セクション」



     Wikiというと、調べ物ですっかりおなじみのWikipediaが想像される。TeamsのWikiは、チーム内専用の掲示板が作成できるようになっている。情報やノウハウ、連絡事項の連携などで活用できる機能だ。

     Wikiポイントは、全員で閲覧しながら、作成・編集できるところ。Wikiの基本的な使い方を見ていこう。

     基本は「タイトル」と「セクション」「セクションの追加」「コンテンツ」の四つの理解が重要だ。Wikiを初めて利用する場合は、本をイメージすると分かりやすいだろう。

     タイトルには、例えば「〇〇部からのお知らせ」や「〇〇部業務マニュアル」など、Wikiタイトルを入力する。一つのWikiにさまざまな要素を詰め込めるようになっていて、カテゴリごとに複数のWikiを作成することも可能だ。本でいうところのタイトルと考えてほしい。

     セクションは見出しと考えると分かりやすい。タイトルを〇〇部からのお知らせとした場合、例えば「ハウスルール」「連絡事項」などの見出しがセクションとなる。

     セクションは、どんどん追加することができる。雑多に情報が散乱していると分かりづらいので、見出しを追加しながら、使いやすい、見てもらいやすいWikiができていく。


    ●Wikiの「セクションの移動」「削除」「リンクの取得」



     作成したセクションは上下に移動できる。重要なものを上にしたり、古い情報は下にしたりするなど、進捗状況に応じて、重要なものを上に入れ替えたりすると分かりやすくなるはずだ。なお、セクションを作成してから右側の「・・・」を開くと、セクションの移動と削除ができる。リンクの取得は、本文にWikiのリンクを作成するときに使う。

     本文は、本文や写真、表、リンクが作成できる。本文はリッチテキストで、フォントの変更はもちろん、太字や斜体、下線や取り消し線インデントなど、Wordに近い編集が可能。編集もWordと同じように、画面上部の編集バーからそれぞれの機能を選択して編集する仕組みだ。


    ●写真・表の追加



     画面上部の編集バーから表アイコンや写真アイコンを選べば、表の作成や写真を追加できる。写真は、「チームとチャネルを参照」「OneDrive」「コンピューターからアップロード」の3種類から選ぶ。

     例えば、自分のPCに保存されている写真をアップロードしたい場合は「コンピューターからアップロード」を使う。

     同じように、チームとチャネルを参照が利用しているTeamsから写真を探す、OneDriveが自分のが利用しているOneDriveから写真を探すということ。ただ、OneDriveは企業によって利用できない場合があるので注意してほしい。

     リンクには2種類ある。一つはhttpから始まる外部リンクで、本文にURLを貼り付けるだけで完了する。もう一つはTeams内のリンクだ。同じチームチャネル内でリンクできるようになっており、例えば、別のWikiに〇〇の情報があるから、その場所を参照して欲しいといった感じでリンクを貼れる。なお、Wiki内のリンクは、セクションやタイトルの右側にある「・・・」を開いて取得する。


    ●Wikiの注意点



     Wikiチームメンバー全員が編集できる。ただし、同時に編集できるのは1人だけだ。Officeファイルと異なり、誰かが編集している間は別のユーザーが編集できない。編集したい場合は、少し時間をおいて、Wikiを誰も編集していない状態のときに編集する必要がある。

     このように、TeamsのファイルWikiは、チャットオンライン会議機能の影に隠れがちだが、チームで仕事をするときに使いこなせれば、在宅勤務など離れた場所からでも一緒に仕事をしているのと変わらない環境がつくれる。仕事の生産性が高められるのが最大の魅力なので、ぜひ一度、使ってみてほしい。(GEAR
    Teamsの「ファイル」と「Wiki」を使って仕事の生産性を上げよう


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Teamsはチャットとオンライン会議だけじゃない、チームで仕事するための便利機能

    これ気なりますね!!

    月額250円~の収納サービス|サマリーポケット

    <このニュースへのネットの反応>

    【Teamsはチャットとオンライン会議だけじゃない、チームで仕事するための便利機能】の続きを読む

    このページのトップヘ