ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ: ビジネス


     ビジネス書の出版を手掛けるあさ出版(東京都豊島区)は9月3日マナー講師・西出ひろ子さんの書籍「超基本 テレワークマナーの教科書」を発売した。新型コロナの流行に伴って広がりを見せるテレワークの場面を想定したマナーをまとめた。価格は1210(税込)

    【その他の画像】

     テレワークを行う際に気を付けるべきことや、Web会議を主催するホストがとるべき行動などをまとめた本。急にテレワークを始めたことで、相手に失礼を働いてしまったり逆に気を遣いすぎて失敗したりする事例が出てきているとしている。

     「Web会議への参加は開始予定の1分前で十分」「Web会議で席次を気にする必要はなし」といった内容を収録している。実際にあったマナー相談の内容をQ&Aの形で紹介するコーナーもある。

     著者の西出ひろ子さんは「マナーズ博子」としてテレビ出演なども行うマナーコンサルタントマナー講習などを手掛けるヒロコマナーグループ東京都港区)の代表も務める。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    「テレワークマナーの教科書」発売 Web会議でとるべき行動など収録

    これ勉強になりますね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【「テレワークマナーの教科書」発売 Web会議でとるべき行動など収録】の続きを読む


     ソースネクストが販売している会議用ウェブカメラ「ミーティングオウル プロ(Meeting Owl Pro)」が、7月31日の発売前から100社以上で導入が決定していたなど、反響を呼んでいる。360度の撮影可能なカメラによって、自動で話者にフォーカスし、3人まで同時に映すことができる機能が特徴。スピーカーマイクも備え、1台で臨場感のあるオンライン会議を実現する商品だ。

    画像付きの記事はこちら



     会社の会議室に数人集まって取引先や在宅勤務中の従業員とオンラインで打ち合わせをするといった光景は、もはや珍しくない。ただ、カメラの画質や通信品質など、もどかしい課題が残っていることも多いだろう。こうした悩みを手間なく解決してくれるのが、ソースネクストの「ミーティングオウル プロ(オウル)」。1台3役をこなす製品だ。

     カメラを3台搭載し、話者を3人まで識別することが可能。それぞれを別の枠で表示することで、外部から見ても会議室にいる誰が発言しているのか、一目で分かるよう配慮している。PCを1台だけオウルに接続すればカメラマイクスピーカーも事足りるので、各人がネットワークに接続して通信が不安定になってしまうような事態、ハウリングしてしまう事態なども避けられる。

     接続は簡単。USB2.0でPCと接続し、電源を確保するだけ。配線がごちゃごちゃしてしまうこともないので、机の上はきれいに保つことができる。あとは、PC側のカメラマイクスピーカーで「Meeting Owl Pro」を選べば利用できるようになる。

     専用のスマートフォンアプリでは、会議時間や会議に参加した人数、発言の割合などの確認が可能。会議の振り返りを行い、参加者を絞るなどの生産性向上も図ることができる。

     ミーティングオウル プロの税別価格は11万5000円と、ウェブカメラとして割高。今はまだ、なるべく集まらないよう努める企業が多いかもしれないが、テレワークオンライン会議が浸透しきった後も、オウルなら活躍できそうだ。

    ソースネクストが販売する会議用Webカメラ「ミーティングオウル プロ」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    会議用のマイクやカメラが“オウル・イン・ワン”、1台のPCでも複数人が参加できるウェブカメラ


    これ最高のウェブカメラですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【会議用のマイクやカメラが“オウル・イン・ワン”、1台のPCでも複数人が参加できるウェブカメラ】の続きを読む


    Image: Amazon

    時代が求めたガジェットかも?

    最近打ち合わせや会議はすっかりとリモートが定着してきましたよね。こうなると、「とりあえず」で始めたリモート設備から、1レイヤー上の快適さを求めた環境へとステップアップしたくなる頃合いかも。

    Zoom会議などで、音質面のステップアップを目指すなら、 Ankerの会議用のワイヤレススピーカーフォン「Anker PowerConf スピーカーフォン」が、セールで1万円を切っているので狙い目ですよ!

    Anker PowerConf スピーカーフォン 会議用 マイク Bluetooth 対応 Skype Zoom など対応 24時間連続使用 USB-C接続 オンライン会議 テレワーク 在宅 会議用システム ウェブ会議 テレビ会議 ビデオ会議(グレー:メタリック)

    9,980円

    6つの全指向性マイクで全方向から声を集められたり、エコーキャンセリング、残響抑制、ノイズリダクション、距離に応じた声の大きさの自動調整機能、そしてアプリでのファームウェアアップデート機能などなど。ただのスピーカーと比べると機能盛りだくさん。小さなボディに、通話の快適さと品質を底上げしてくれるテクノロジーが詰め込まれています。

    PCやスマホスピーカーマイクじゃ聞きづらくて…、と悩んでいるなら、セール中にポチっておくといいかも!

    値段を二度見した。Ankerの小型Bluetoothスピーカーが999円

    Image: Amazon

    ついでと言ってはなんですが、同じくAnkerの出力2Wの超小型BluetoothスピーカーAnker Soundcore Ace A0」がセールで1400円。さらに401円引きのクーポンが付いて実質999円とかよくわからない値段になっているのを発見してしまいました。

    Anker Soundcore Ace A0 (2W 超コンパクト Bluetooth 4.2 スピーカー)【コンパクトサイズ / 4時間連続再生 / リストストラップ付属】

    1,400円

    マイクはなくて、ストラップでぶら下げられるくらいのサイズ感。どんなシーンで使えるか? は手元に届いてから考えるとして、コンビニで昼飯買うくらいのノリでポチれます

    ※価格など表示内容は執筆時点のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

    Source: Amazon12



    (出典 news.nicovideo.jp)

    全指向性&エコーキャンセリング付き。Ankerのスピーカーフォンで通話クオリティ上げてみない?

    これこれからの時期に最高のツールですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【全指向性&エコーキャンセリング付き。Ankerのスピーカーフォンで通話クオリティ上げてみない?】の続きを読む


    LINEはこのほど、同社が運営するコミュニケーションアプリLINE」において、指定のURLからグループビデオ通話に参加できる新機能「LINEミーティング」の提供を開始しました。スマートフォン版LINEバージョン10.13.0、パソコン版「LINEバージョン6.2.0以上で利用できます。

    同機能は、トークを作らずとも、指定のURLアクセスすると、最大500人でグループビデオ通話ができるというもの。ミーティング作成者はトークルームから2ステップURLを発行し、URLを通じてLINEの友だちを招待するか、友だちとのトークURLシェアして、参加者にミーティングを開催することを伝えます。参加者はミーティング開催時間に、指定のURLアクセスするだけでグループ通話に参加でき、ミーティングの途中に新たな参加者を招待することも可能です。


    指定URLからグループビデオ通話に参加できる「LINEミーティング」提供開始

    (「LINEミーティング」(出典:LINE Webサイト))

    スマートフォン版パソコン版を提供し、YouTubeを一緒に見ることができる「みんなで見る」機能も搭載。また、エフェクトフィルターを利用することもでき、別のアプリダウンロードせずに、スマートフォン版では106種類のエフェクト・41種類のフィルターパソコン版では12種類のフィルターを利用できます。

    スマートフォン版パソコン版ともに、初期設定にある画像と自分が設定した画像どちらも使える背景エフェクトを使って、ビデオ通話上の自分を演出しながらグループ通話を楽しむことができます。

    (【出典】LINE、指定のURLにアクセスすればグループビデオ通話に参加できる新機能「LINEミーティング」を提供開始)

    【関連記事】ビデオ通話時、動画映えを意識している人は75.6%--意識するのは「表情」が最多

    【関連記事】LINE、グループビデオ通話に画面シェアやYou Tubeを一緒に見る機能を追加

    【関連記事】名刺アプリ「Eight」、オンラインで名刺交換できる機能を提供

    指定URLからグループビデオ通話に参加できる「LINEミーティング」提供開始


    (出典 news.nicovideo.jp)

    指定URLからグループビデオ通話に参加できる「LINEミーティング」提供開始

    これいいですね!!

    この方式で他社もしているの使えそうですね!!



    <このニュースへのネットの反応>

    【指定URLからグループビデオ通話に参加できる「LINEミーティング」提供開始】の続きを読む


     全国の家電量販店やECショップPOSデータを集計する「BCNランキング」によると、7月のノートPCの販売台数前年比は114.8%だった。最もテレワーク需要が高まっていた5月・6月から数字は落ちているが、まだまだ成長の余地はありそうだ。

    画像付きの記事はこちら



     PCメーカー各社の上位陣では、成長度合にやや差が出ている。富士通(121.9%)・レノボ123.1%)・アップル134.9%)・ASUS153.7)は前年比を大きく超えたが、NEC(93.8%)・Dynabook(96.3%)は前年並みにとどまった。

     販売台数シェアの週次推移では、順位に大きな変動がない。NEC富士通レノボアップルDynabookASUSが抜きつ抜かれつしながら一定のシェアキープしている。

     シリーズランキングでは、NECの「LAVIE Note Standard NS600/NA」がトップ。注目したいのは、「LAVIE N15 N1565/AA」「LIFEBOOK AHシリーズ FMVA42E1」のような2020年春以降発売の最新モデルが早くもトップテン圏内にランクインしていることだ。

     テレワークによって自宅PCの使用時間が伸びていることや求められるスペックが高まっていることから、価格ではなく性能を重視するユーザーも増えてきているようだ。(BCN・大蔵 大輔)

    *「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

    7月のノートPCの販売台数前年比は114.8%


    (出典 news.nicovideo.jp)

    夏以降もテレワーク需要は継続! 売れ筋モデルの傾向に変化


    これやっぱりですよね!


    <このニュースへのネットの反応>

    【夏以降もテレワーク需要は継続! 売れ筋モデルの傾向に変化】の続きを読む

    このページのトップヘ