ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ: ビジネス


    【元記事をASCII.jpで読む】

     NTTコミュニケーションズは6月18日、「Microsoft Teams」からの外線通話を実現するサービス「Direct Calling for Microsoft Teams」(以下、Direct Calling)において、「Arcstar IP Voice番号通知機能」の提供を7月末から開始すると発表した。

     Direct Callingは、Microsoft Teamsから050番号を使った電話の発着信を可能にするサービス。Arcstar IP Voice番号通知機能は、企業向けのIP電話サービス「Arcstar IP Voice(以下、IP Voice)」とDirect Callingを合わせて利用することで、IP Voiceで利用する03や06などで始まる電話番号を相手先に通知できるようになるもの。

     IP Voiceで使用しているオフィスの電話番号の中から、通知用の番号をあらかじめ登録しておくことで、Direct Callingから外線を発信する際、相手先にオフィスの電話番号を通知できる。また、IP Voice側でDirect Callingへの転送設定をすれば、オフィスの電話番号にかかってきた電話を、Direct Callingで着信することもできる。

     本機能を利用することで、オフィスの電話番号をテレワークによる在宅勤務時にも使用できるようになるほか、迅速にテレワークに移行できるBCP対策としても活用できるとしている。利用料金は無料だが、Direct Callingの利用料金(1IDあたり月額330円)と通話料金が発生するほか、IP Voiceの利用料金が別途必要となる。

    NTT、オフィスの電話番号をテレワーク時にも使用できる「Direct Calling for Microsoft Teams」の新機能を発表


    (出典 news.nicovideo.jp)

    NTT、オフィスの電話番号をテレワーク時にも使用できる「Direct Calling for Microsoft Teams」の新機能を発表

    これいい機能ですね!!

    これから役に立ちそうですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【NTT、オフィスの電話番号をテレワーク時にも使用できる「Direct Calling for Microsoft Teams」の新機能を発表】の続きを読む


     ENECHANGE(エネチェンジ)は、同社が運営する電力・ガス比較サイト「エネチェンジ」のメルマガ会員に対して行った「コロナ禍における電気代の変化について」のアンケート調査結果と、Looopの協力のもと実施した「Looopでんき」ユーザーの電気使用量についての調査結果を6月8日に発表した。

    画像付きの記事はこちら



     Looopでんきユーザーの電気使用量調査では、契約者から個人情報が特定されない形で967拠点を抽出し、緊急事態宣言発令前後の電気使用量の変化を調べたところ、7都府県に緊急事態宣言が発令された4月7日を起点に、直前の平日(4月2日・3日・6日・7日)と直後の平日(4月8日・9日・10日)の平均電気使用量を比較している。

     調査によれば、テレワーク時間帯に該当する9~18時の平均使用量が94%増加していたことが分かった。また、緊急事態宣言発令直前の平日と直後の平日における1日当たりの電気使用量から月間使用量を算出し、東京電力従量電灯Bの料金プランを元に電気料金を算出すると、月平均3493円の増加となっている。

     コロナ禍における電気代の変化についての調査は、エネチェンジのメルマガ会員を対象に5月23~25日の期間に行われ、1855人から回答を得ている。調査によれば、新型コロナウイルス感染症の影響によるテレワークの導入や休校・休園で、79%の人が在宅時間が増えたと回答した。また、58%の人が例年よりも電気料金が上がったと感じている。

     電気料金が上がったと感じる理由として、「照明の点灯時間が増えた」(16.0%)、「自宅でのパソコンの使用時間が増えた」(13.6%)といったテレワーク導入による影響や、「家電の利用機会が増えた」(15.0%)、「テレビの視聴時間が増えた」(15.0%)など世帯内の在宅人数が増えたことが挙げられた。

     エネチェンジでは、5月の電力会社切り替えの申し込み件数が前年同月比で165%増加しており、在宅率の増加による電気料金を含む光熱費の増加に対する負担感の高まりがうかがえる。

    緊急事態宣言発令後はテレワーク時間帯の電気使用量が94%増加


    (出典 news.nicovideo.jp)

    テレワーク時間帯の電気使用量が94%増、光熱費の負担増が顕著に

    これ皆さんそうですよね!泣





    <このニュースへのネットの反応>

    【、光熱費の負担増が顕著に テレワーク時間帯の電気使用量が94%増】の続きを読む


    純利益が137倍...!?「Zoom企業」の爆進が凄いことに。。


    Zoomすごいことになっていますね!!

    まあ、賛否両論あるでしょうが笑




    【純利益が137倍...!?「Zoom企業」の爆進が凄いことに。。】の続きを読む


     急速に拡大を見せるリモート市場の代名詞といえるリモートワークシンガポールバリ島に拠点を置きながら働くIT批評家の尾原和啓氏にリモートワークについて話を聞いた。

    「最大のメリットは、仕事の生産性が上がること。通勤や取引先への移動時間が節約でき、満員電車ストレスからも解放されるからです。また、リモートワークが当たり前の社会になれば、働くことに距離が関係なくなってくる。地方や海外など、住みたいところに住む生活が実現できますよ」

     生産性が向上することで、危機に晒される仕事もあるという。

    「価値のない人材がはっきりするので、生産性がない人に対し『いる意味あるのか?』と評価がシビアになります。さらに追求すれば、距離に縛られず人件費が安いところに仕事を発注できるので、今ある仕事がなくなる可能性も出てくる。アメリカでは、コールセンターの仕事が、人件費の安いインドなどの海外に奪われました。日本語の翻訳技術が進めば、日本でも同じ未来が待っているといえます」

     しかし、日本人リモートワークに向いているとも。

    「日本は、直接会うことや書類、ハンコを重視しているため、リモートワークハードルが高かった。ですが、日本人の真面目な気質はリモートワーク向き。他国だと、サボっていないかPC画面を監視する体制を敷くこともあります。その点は他国よりもマッチしているのです」

     今後、リモートワークはどのように定着していくのだろうか。

    「週3日は家、週2日は会社、というような働き方が出てくると思われます。雑談などの非目的型のコミュニケーションは、リモートだとカバーしにくいので、出社する日は必要ですが、出社は数日で十分。そうすれば、オフィスの家賃も大幅にコストカットできます」

     コロナショックが終息した時こそ、リモートワークの真価が問われるということだ。

    <オススメビデオ通話アプリ

    Zoom……無料で利用することができ、一度に大人数でつないでもスムーズなやりとりが可能。操作方法もわかりやすい

    ●BIZMEE……登録不要でHPのトップ画面にIDを打ち込めば一瞬でオンラインミーティングが可能に

    Skype……ビデオ通話が可能な代表アプリ。利用者も多く、操作も簡単なので初心者にオススメ

    ●Whereby……1人が登録済みならば、それ以外は登録不要で利用可。機能も充実しているが日本語非対応という難点も

    【IT批評家・尾原和啓氏】
    執筆家としても活動。リゾートワーカーとして海外に拠点を置く。著書に『どこでも誰とでも働ける』(ダイヤモンド社)など

    <取材・文/週刊SPA!編集部>

    ―[リモートの限界に挑戦]―




    (出典 news.nicovideo.jp)

    日本でリモートワークは定着するのか? 危機にさらされる仕事も…


    これ参考になりますね!!
    前の状態に戻ることはないので
    改善されますよね!





    <このニュースへのネットの反応>

    【日本でリモートワークは定着できるのか? 危機にさらされる仕事も…】の続きを読む


    リモートワークで一気に利用者が増えたオンラインビデオ会議。リモート体制を継続したり、併用している企業が多いようなので、今後も活用する機会がありそうです。今回は、そのビデオ会議サービスのひとつ、Zoomでよく使われる「バーチャル背景」機能に、iPhoneで撮影した写真を設定する方法をご紹介します。
    バーチャル背景機能とは?

    Zoomデスクトップアプリで使用できる「バーチャル背景」とは、人物を自動的に任意の背景画像に合成できる機能です。いわゆる特撮のグリーンバック合成のようなものですが、グリーンバックがなくてもある程度の精度で合成してくれるのが特徴です(グリーンバックを使うとより精度の高い合成ができます)。

    バーチャル背景にはあらかじめ数点の画像が用意されていますが、自分で用意した画像を使うこともできます。

    画像を用意する際のポイントは、カメラの画角と画像の縦横比を合わせること。カメラの画角は、デスクトップアプリの「設定」メニューで確認できます。

    iPhone16:9の写真を撮影しよう

    iPhoneカメラは複数の種類から縦横比を選んで撮影することができます。Zoomの背景用には16:9の比率を選択しましょう。

    Zoomに背景画像を読み込む方法

    撮影した写真をZoomバーチャル背景に設定しましょう。

    外出自粛制限が緩和されても、今後は会議やミーティングにオンラインビデオ通話を使う機会が多くなりそうですね。商談用、Zoom飲み用など、いろいろなバーチャル背景を用意してみてはいかがでしょうか。
    (笠井美史乃)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    iPhone基本の「き」 第400回 Zoomのバーチャル背景をiPhoneで撮影する方法

    これ自分で撮影したやつ背景にできるんでですね!!

    すごい!!


    【速度制限とさようなら】エキサイトモバイル

    <このニュースへのネットの反応>

    【 Zoomのバーチャル背景をiPhoneで撮影する方法】の続きを読む

    このページのトップヘ