ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > QRコード決済


     【なぐもんGO・64】この前まで使えたのに──。外食代をスマートフォンスマホ)決済サービスで支払おうとしたら、その店舗で利用できなくなっていた。偶然、直前に銀行へ寄って現金を引き出していたため「無銭飲食」とならずに事なきを得たが、危ないところだった。近頃、こうした店舗をちらほら見かける。一体、何が起きているのか。

    画像付きの記事はこちら




    ●スマホ決済の対応停止?



     筆者が訪れたのは、讃岐釜揚げうどんを提供する「丸亀製麺」。コロナ禍在宅勤務を続けていたため、久しぶりの外食だった。日常的に通勤していたころは頻繁に訪れて、PayPayで支払う常連だった。ところが、丸亀製麺は5月にメルペイd払いなどを含めたスマホ決済サービスの利用を一時中止。それを知らずに8月末に訪れたら、冒頭の事態に陥ったわけだ。

     中止した理由は、報道によると5~8月の期間に実施されたシステム改修のため。10月現在、丸亀製麺ではPayPayなどの様々なスマホ決済サービスが利用できるようになっている。手数料やオペレーションの複雑化が重荷となって利用を停止したのかと思いきや、使いやすくするための“一時停止”だった。

     一方で、キャンペーン期間の「お試し」だけで対応を終了する店舗もある。幸楽苑では、PayPay2020年4月に実施した「全国の有名飲食チェーンが対象!春のグルメまつりキャンペーン」にあわせて対応を開始したが、4月末に終了。こちらは復活の気配もない。

     1カ月で対応を終了したことについて、幸楽苑ホールディングスの広報担当者は、「さまざまなサービスから当社に適したものを日々探している。その中で、PayPayのキャンペーンの話が出たので試しに導入し、経験を蓄積した。社内のシステムスタッフの負担、お客様の利便性を考慮しながら、安心して使っていただけるサービスを引き続き検討していきたい」と試験導入だったことを明かす。いまだ乱立気味の状況がハードルになっているようだ。


    ●入店前に要チェック



     スマホ決済のなかでも高い知名度を誇るPayPayの加盟店舗数は220万か所以上で、今も増え続けている。ただ、PayPayの広報担当者によると、「大手企業では手数料などを理由に対応を終了した事例は聞かないが、店舗ごとの事情は企業によって異なる」という。つまり、企業が導入していたとしても、店舗単位では対応していない可能性があるということになる。

     実際に、同じチェーン店でも対応している店舗としていない店舗がある。また、店舗側がバーコードを掲示する決済方式なら、オペレーションが煩雑だったり、使う人がごく少数だった場合には、バーコードを掲示しないだけで対応を中断することもあるようだ。

     その際は、対応停止の告知をチラシやSNSなどで行うはずなので、スマホ決済を使う前提で出かける際は、よく行く店舗であっても入店前にちらっと確認しておきたい。あと、いざという時のために数千円の現金も持っていた方が安心だ。(BCN・南雲 亮平)
    スマホ決済が使えなくなっている店舗が散見される


    (出典 news.nicovideo.jp)

    いつも使えたのに!スマホ決済で危うく「無銭飲食」になりかけた


    私もこれ何回か経験あります笑
    マジ焦りますね!!


    【スマホ乗り換え.com】見積り・お申込みフォーム

    <このニュースへのネットの反応>

    【いつも使えたのに!スマホ決済で危うく「無銭飲食」になりかけた】の続きを読む


     KDDIのスマートフォン(スマホ)決済サービス「au PAY」のキャンペーン「スーパーマーケット × au PAY キャンペーン 対象のスーパーマーケットでお買い物すると誰でも最大10%還元!」に、首都圏の1都3県を中心にディスカウント・スーパーマーケットを出店するオーケーが加わった。au PAYを利用可能なオーケーの店舗数は126店舗。

    画像付きの記事はこちら



     オーケーは、au PAYの導入にあわせ、これまで現金決済のみだった独自の会員割引「食料品の3/103割引」を期間限定で、LINE Pay、PayPay、楽天ペイ(アプリ決済)、au PAYでも適用すると告知した。なお、これらスマホ決済サービスの利用は専用レジのみ。また、楽天ペイは、楽天カード以外のJCB/American Expressのカードを設定している場合、オーケーでは支払いが不可となる。

     広域で展開するスーパーやドラッグストアでは、スマホ決済サービスの導入が加速している。9月1日から北関東を中心に出店するスーパー・ベイシア132店舗がau PAY、d払いの両方に対応。また、9月10日以降、セブン&アイグループのスーパー(ヨークマート・ヨークフーズ・ヨークプライス・コンフォートマーケット)もau PAY、d払いに対応。ベイシア同様、キャンペーンの対象店舗に加わった。

     8月から開始したau PAYのスーパーマーケット限定キャンペーンは、エントリーの必要はなく、au PAYのコード決済/au PAY プリペイドカード/au PAYカード(店舗によってはau PAY プリペイドカード/au PAYカードは対象外)で、対象のスーパーで購入すると、共通ポイントのPontaポイントで10%還元する。ポイント還元上限は、1au ID当たり1回500ポイント・月当たり1500ポイント。

     スーパーマーケットの加盟店数は依然としてPayPayが飛び抜けて多いが、au PAYが使える店舗数は9月に入って一気に増えた。業種・カテゴリ限定の還元キャンペーンにはぜひ参加しよう。(BCN・嵯峨野 芙美)
    9月30日まで実施する「スーパーマーケット × au PAY キャンペーン」の対象店舗が拡大。9月1日からベイシア、16日からヨークマートなど、17日からオーケーが対象になった


    (出典 news.nicovideo.jp)

    オーケーでau PAYが利用可能に 9月はスーパーキャンペーンで10%還元

    使えるとこ増えると最高ですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【オーケーでau PAYが利用可能に 9月はスーパーキャンペーンで10%還元】の続きを読む


     ゆうちょ銀行9月15日キャッシュレス決済のスタートアップKyash東京都港区)が手掛ける決済サービスKyash」と同行の口座連携を停止したことを明らかにした。Kyashを通じた不正な預金の引き出しを確認したという。

    【その他の画像】

     ゆうちょ銀行の口座のKyashへの新規登録、口座からKyashの残高チャージ機能を停止した。

     Kyashによれば、これまでに計3件、総額23万円の被害を確認したという。第三者が不正に入手したゆうちょ銀行の口座情報や個人情報を基に、ユーザーの口座からKyashアカウントへ預金の引き出しを行ったとしている。同社はゆうちょ銀行と協議の上、被害者に対し全額補償する。

     ゆうちょ銀行NTTドコモの「ドコモ口座」と類似の電子決済サービスを提供する12社と、ゆうちょ銀行の「即時振替サービス」を使って提携。そのうちKyashNTTドコモ以外にも4社で現金の不正引き出し被害を確認したという。3社については現時点では公表していない。被害の発生時期や不正の手口などは「詳細を調査中」(同社)としている。

     総務省高市早苗大臣は15日、ドコモ口座以外の電子決済サービスでも不正引き出し被害が発生していると発表。ドコモ口座の状況に限らず、不審な出金がないか確認するよう事業者と国民に求めた。

    編集履歴2020年9月15日午後7時55分 Kyashの報道発表を追記しました】

    不正預金引き出しの流れ(Kyashによる発表から一部抜粋)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ゆうちょ、電子決済「Kyash」と連携停止 ドコモに続き不正引き出し被害【追記あり】

    これ被害続出ですね!


    節約が目に見える!電気代の基本料金が0円の0円でんき

    <このニュースへのネットの反応>

    【ゆうちょ、電子決済「Kyash」と連携停止 ドコモに続き不正引き出し被害【追記あり】】の続きを読む


     ゆうちょ銀行9月15日、決済サービス事業者8社との口座連携を停止すると発表した。NTTドコモの「ドコモ口座」に続き、モバイル決済サービスPayPay」でも不正の預金引き出し被害を確認したという。

    【その他の画像】

     新たに口座連携を停止する8社はPayPayの他、LINE Payの「LINEPay」、PayPalの「ペイパル」、ウエルネットの「支払秘書」、楽天Edyの「楽天Edy」、ビリングシステムの「PayB」、メルペイの「メルペイ」、ゆめカードの「ゆめか」。ゆうちょ銀行の口座へ決済サービスの新規登録、口座から決済サービスへの残高チャージ機能を準備でき次第速やかに停止するとしている。8社は同行の本人認証方法である2要素認証を未導入であるという。

     ゆうちょ銀行NTTドコモの「ドコモ口座」と類似の電子決済サービスを提供する12社と、ゆうちょ銀行の「即時振替サービス」を使って提携。そのうちNTTドコモPayPay、決済サービスを展開するKyash東京都港区)以外にも3社で現金の不正引き出し被害を確認したという。残りの3社については現時点で公表していない。

    ゆうちょ銀行による発表


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ゆうちょ、8事業者との口座連携を停止 ドコモに続きPayPayでも不正引き出し発覚

    これやっぱり怖いですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【ゆうちょ、8事業者との口座連携を停止 ドコモに続きPayPayでも不正引き出し発覚】の続きを読む


     東日本旅客鉄道JR東日本)の「モバイルSuica」会員数が、9月8日1000万人を突破した。JR東日本が9日に発表した。

    画像付きの記事はこちら



     2006年1月にサービスを開始したモバイルSuicaは、11年7月にAndroidスマートフォン対応、16年10月Apple Pay対応、18年5月のGoogle Pay対応など、進化しながら同年3月に500万人を突破した。

     500万人を突破するまでに約11年を要したが、さらに500万人を突破するまでに約3年だったことからも、背景にはここ1、2年のキャッシュレス決済の急激な普及がある。

     その間、19年10月にJRE POITNがたまるサービスを開始したり、20年5月に楽天ペイに対応したりするなどした。

     会員1000万人の突破を記念して、9月20~10月31日の期間で謝恩キャンペーンを実施する。10月31日時点でモバイルSuicaを会員登録しているユーザーで、次の四つのいずれが一つの条件を満たしたユーザーを対象に、Suicaペンギンオリジナルエコバッグをプレンゼントする。キャンペーンの参加には、専用ホームページにエントリーする必要がある。

     条件は、(1)キャンペーン期間中にモバイルSuicaから定期券を購入、(2)キャンペーン期間中にモバイルSuicaからSuicaグリーン券を購入、(3)キャンペーン期間中に、モバイルSuicaのチャージ残高でJR東日本の路線を1回以上利用、(4)キャンペーン期間中に、モバイルSuicaのチャージ残高で1回500円(税込)以上の買い物を1回以上利用、などとなる。

    Suicaペンギンのエコバッグが当たる謝恩キャンペーンも実施する


    (出典 news.nicovideo.jp)

    モバイルSuica会員が1000万人突破、Suicaペンギンのエコバッグ当たるキャンペーンも

    これ欲しくなる笑


    【NURO光】PS4か任天堂スイッチか現金キャッシュバックから選べるキャンペーン!

    <このニュースへのネットの反応>

    【モバイルSuica会員が1000万人突破、Suicaペンギンのエコバッグ当たるキャンペーンも】の続きを読む

    このページのトップヘ