ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > QRコード決済


    讃岐うどんチェーン丸亀製麺」が、PayPayなどのQRコード決済の取り扱いを終了にしたと店頭で告知し、ネット上で話題になっている。

    会計に手間がかかるため撤退するのかなど様々な推測が出て、ネット上では賛否両論になっている。丸亀製麺側に、告知に至った理由を聞いた。

    「会計モタつく」「現金やり取りは避けたい」と賛否割れる

    PayPayメルペイ、Alipay、d払い――それらロゴの上に「お取り扱いを終了しました」との紙が貼ってある。

    この「お知らせ」は、丸亀製麺の店舗に出ていたといい、5月21日を持って4つのQRコード決済は終了したとしている。ツイッター2020年6月6日にその写真が投稿され、まとめブログにも紹介されて大きな話題になった。丸亀製麺では、19年4月からPayPayを手始めに次々決済サービスを導入していた。

    QRコード決済と言えば、PayPayが18年12月100億円還元キャンペーンを始めるなどして話題になり、19年には20%還元などの大判振る舞いも続出した。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大が進むと、外出自粛が進んで店舗での利用も減ったとみられており、大型のキャンペーンも影を潜めた。

    ツイッター上では、丸亀製麺のほかにも、スーパーラーメンチェーンも、4月末でPayPayの利用を終了したとの報告も出ている。

    丸亀製麺などがQR決済終了と告知したことについては、様々な意見が出ている。

    理解を示す向きとしては、「会計モタつくからかな?」「レジ業務に負担がかかりやすいからね...」「手数料発生するならQRなんて面倒なだけだもんな」といった声が出た。一方で、「使えなくなったの残念だなぁ」「客の選択肢を狭めてどうする」「このご時世に久々に現金やり取りは避けたいんだけど」といった声もあった。

    「一時的に使用を停止しており、システム変更が整い次第順次再開」

    QRコード決済については、総務省が統一コード「JPQR」の導入を進めており、その公式サイトに載った手数料率が話題になった。PayPayメルペイd払いは、一定の手数料がかかっており、店の負担にはなりそうだ。

    ただ、PayPayについては、4月以降に加盟した年商10億円以上の法人を除き、店がJPQRを使わず直接契約すれば、2021年9月末までは無料になる。とすると、丸亀製麺では手数料がかかっていなかったようだ。

    PayPayの広報室は6月8日丸亀製麺などが利用を終了させたことについて、「手数料だけが原因ではなく、個々の事情があると聞いています」とJ-CASTニュースの取材に答えた。

    丸亀製麺を運営するトリドールホールディングスの広報担当者は8日、QR決済終了の告知について取材にこう説明した。

    キャッシュレス決済についてはお客様からのご要望もございますため、全店舗へ導入が出来るよう準備を進めております。準備に向け一部システムの改修を行っておりますため5月22日から一時的に使用を停止させていただいております。システム変更が整い次第順次再開を予定しております。今しばらくお時間頂戴出来たら幸いです」

    J-CASTニュース編集部 野口博之)

    丸亀製麺の店頭に出されたお知らせ(写真は、moji@キャッシュレスリーマン@MojiMojiBTCさん提供)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    丸亀製麺、QRコード決済「終了」告知が話題 運営会社に意図を聞くと...


    これ確かに気になりますね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【丸亀製麺、QRコード決済「終了」告知が話題 運営会社に意図を聞くと...】の続きを読む


     2019年10月1日消費税率引き上げに合わせて、需要平準化対策としてスタートしたキャッシュレス消費者還元事業が6月30日をもって終了する。スマートフォンスマホ)決済サービス各社が展開している独自のキャンペーンと合わせて利用できることもあり、恩恵を受けた消費者は多いはずだ。

    画像付きの記事はこちら



     キャッシュレスポイント還元事業について、改めておさらいをしておきたい。同制度は、対象店舗でキャッシュレス決済(クレジットカード交通系ICカードスマホ決済など)を利用すると、最大5%を還元するというもの。還元率は中小企業、または個人事業主が運営している店舗で5%、コンビニなどの大手フランチャイズチェーンで2%となっている。

     勘違いされがちだが、キャッシュレス決済に対応する全ての店舗が対象となっているわけではない。事業者は事前に申請が必要だ。対象店舗は、店頭にキャッシュレス消費者還元事業のマークの入ったポスターを掲示している場合が多い。また、地図で対象店舗を検索できるサービスなどもあるので、目当ての店が対象かどうかは事前に調べておくこともできる。

     経済産業省6月1日に発表した直近の利用状況によると、現在加盟店は全国で約115万店。このうち、5%還元が約105万店舗、2%還元のフランチャイズチェーンコンビニ以外)約5.2万店舗、コンビニが約5.5万店舗。実は、圧倒的に5%還元の店舗が多い。ちなみに決済手段としては、クレジットカードが約64%で、スマホ決済が約7%にとどまっている。

     実際に利用するとき、注意したいのが還元方法と上限だ。事前の手続きなどは必要ないが、決済手段によってそれぞれ異なっている。例えば、クレジットカードはほとんどが上限金額を1万5000円相当/回・月に設定。ただ、還元方法は請求金額から相殺されるパターンポイント付与のパターンがあるようだ。

     スマホ決済の場合はサービスによってばらつきがある。1回の決済の還元上限を2万5000円相当に設定しているPayPayと楽天Payでも、PayPayが月の上限があるのに対して楽天Payが設定していない。また、LINE Payは3万円相当の月上限を設けている。もし、数十万円する高額な買い物を考えているなら、利用する決済手段の設定を確認しておくのがおすすめだ。

     なお、キャッシュレス消費者還元事業は6月いっぱいで終了するが、次の政府主導のお得な施策としてチェックしておきたいのが「マイナポイント事業」がある。これは、マイナンバーカードと特定のキャッシュレス決済手段を紐づけると、2万円の利用もしくはチャージで1人当たり5000円相当のポイントが付与されるというもの。25%の高還元なのでぜひ活用したい。

     期間は2020年9月~2021年3月までと7か月あるが、ICチップ付きのマイナンバーカードの取得、マイキーIDの設定、マイナポイント事業の申し込みなど、事前にやらなければいけないことが多い。特別定額給付金の手続きに関連して話題のマイナンバーカードだが、これからのことも考えてしっかりとその全容を把握しておくことが重要だ。(BCN・大蔵大輔)

    増税後の需要平準化対策としてスタートしたキャッシュレス消費者還元事業は6月30日で終了する


    (出典 news.nicovideo.jp)

    キャッシュレス消費者還元事業が今月で終了、最後の1カ月で知っておきたいこと

    これ今月いっぱいにお得にしましょう笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【キャッシュレス消費者還元事業が今月で終了、最後の1カ月で知っておきたいこと】の続きを読む


     LINEモバイル6月9日まで、「ロックの日まで最大6,900円相当プレゼントキャンペーン」を実施している。さらに、5月25日から7月31日までの期間限定で「Visa LINE Payクレジットカードで月額利用料6ヶ月間20%還元キャンペーン」を実施中。このほか、LINEモバイル限定特典として「SoftBank Air」契約で6000円キャッシュバックを行っている。

    画像付きの記事はこちら



     考え方は人それぞれだが、時間帯によっては通信速度が遅くなる格安SIMの通信サービスメイン回線ではなく、サブ回線での利用がおすすめだ。また、トヨタの新型カローラなどでは、機器とスマートフォンケーブルで接続してスマホのナビアプリを表示する新しいタイプの車載オーディオ機器「ディスプレイオーディオ(DA)」が標準仕様となり(車種によってはオプション扱い)、買い物のたびに、いちいちスマホを取り外す手間が発生しないので、DAにつなぎっぱなしにする「2台目のナビ専用スマホ」があると便利とアドバイスしたい。

     運転時に使う、2台目のナビ専用スマホセットして利用するなら、音声通話SIMで最安月額1100円(ロックの日まで最大6,900円相当プレゼントキャンペーン対象プランは、3GBプランデータフリーオプション、合計月額1760円から)と安いLINEモバイルは、キャンペーンがなくとも十分に魅力的だ。

     残り1週間を切った「ロックの日まで最大6,900円相当プレゼントキャンペーン」の適用条件は非常に多い。もらえるLINE Pay残高(LINEポイント)も、条件によってだいぶ変わる。簡単にまとめると、今回は「SIMのみの契約」がおすすめ。SIMロック解除した手持ちの回線に使えるLINEモバイル回線(ソフトバンク/ドコモ/au)を選び、LINE Pay残高がもらえる「LINE Payコース」を選ぶキャンペーンコード「PB069」を入力して申し込み、手順に沿ってLINEアカウントLINE Payアカウントと紐付ければ、20年9月末にLINE Pay残高6900円が付与される。

     より初期費用を抑えたければ、家電量販店などで、LINEモバイルの初期費用(通常3400円)が抑えられる「エントリーパッケージ」を事前に購入してから申し込もう。MNP転出手数料は通信事業者によって若干異なるが、このキャンペーンで、全員6900円相当がもらえるなら、転出・転入に伴う事務手数料は実質無料になるはずだ。もちろん新規契約ならMNP転出手数料が発生しないので、契約するだけで2500円相当をゲットできる。

     最大2カ月、月額料金無料に加え、LINEモバイルの支払方法をVisa LINE Payクレジットカードに登録・変更すると、「月額利用料6ヶ月間20%還元」として、誰でも6カ月分、支払金額の20%がLINEポイントで戻ってくる。当初2カ月間はそもそも無料なので、審査に時間がかかるVisa LINE PayクレジットカードLINEモバイルを同時に申し込んでも適用される大盤振る舞いだ。既存のLINEモバイル契約者もVisa LINE Payクレジットカードを保有していれば、支払先を切り替えるだけで、20%ポイント還元が6カ月適用される。このキャンペーンは大容量プランの契約者ほど得するので(最安プランだと期間中、もらえるLINEポイント1000ポイント未満)、動画視聴の多いメインの回線をLINEモバイルに切り替えるのもアリだろう。

     なお、有料オプションSNSデータフリー」または「SNS音楽データフリー」を契約すると、FacebookTwitterLINEミュージックがカウントフリーになり、テザリングでも適用される。この3つのアプリを頻繁に利用するならコストパフォーマンスはかなり高いといえるだろう。LINEのヘビーユーザーLINEモバイル契約者は、三井住友カードの新クレジットカードLINE Payクレジットカード」は保有して損なしと言い切れてしまうLINEグループ戦略に今年は注目だ。(BCN・嵯峨野 芙美)

    LINE Payクレカ、「初年度3%還元」を得るため


    (出典 news.nicovideo.jp)

    LINEモバイル、誰でも最大6900円相当還元 Visa LINE Payクレジットカード払いでさらに得

    これお得ですね!!

    皆さんもGETしましょう!!






    <このニュースへのネットの反応>

    【LINEモバイル 最大6900円相当還元 Visa LINE Payクレジットカード払い】の続きを読む


     新型コロナウイルスは、キャッシュレス決済サービスの当面の方向性を定めるものでもあった。即ち、キャンペーン還元対象を実店舗決済からオンライン決済に限定するというものだ。

     緊急事態宣言が解除されたとはいえ、今の時点では新型コロナに対する特効薬もワクチンもない。なるべくなら外出したくない、という人のほうが多いのではないか。だからこそ、オンラインショッピングにはかつてない需要が生まれている。6月から始まるPayPayのキャンペーン「ペイペイジャンボ」は、未だステイホームを余儀なくされる日本人の生活を考慮した還元企画だ。

    ◆「ペイペイジャンボ」は、1000%還元の可能性も

     6月1日~同30日までの期間が設定されているペイペイジャンボは、抽選方法のキャンペーンである。1等1000%還元2等100%還元が用意されていて、PayPay残高で支払いをしたその場で抽選が行われる。当選本数は前者が1500本、後者が1万5000本。ポイントの付与上限は10万円相当/回・期間である。

     これらを鑑みると、ペイペイジャンボは夏物家電の買い替えを考慮した大型消費よりも、毎日行う数百円分の消費に対してより親和的な内容かもしれないというのが筆者の見解だ。「日常的に利用するオンライン決済なんてあるのか?」という声もあるかもしれないが、ペイペイジャンボの対象ストアにUber Eats出前館が名を連ねている。

     現在注目されているオンライン出前サービスを活用しつつ、多額のポイント還元を狙うことも可能だ。

     仮に500円の決済が5000円相当分のポイントになるとしたら、これは巷の人々にとっては相当なインパクトではないか。

    ◆「滑り止め」の10%還元が付与

     また、このキャンペーンとは別にオンライン決済10%還元企画も実施される。これは対象ストアでの買い物に決済額の10%相当のポイントが付与されるというものだが、嬉しいことに当選本数は設定されていない。要するに、上記のペイペイジャンボが当選しなかった場合の「滑り止め」である。5000円相当/回・期間の付与上限だが、誰でも確実に10%還元が得られる仕組みになっている。

     先ほど「ペイペイジャンボは大型消費よりも日常的な買い物により親和的」と書いてしまったが、この10%還元を加味すれば話は多少変わってくる

     たとえば5万円の洗濯機を購入した場合、まず10%還元の付与上限いっぱい5000円相当は確実に入手できる。その上でペイペイジャンボの1等に当選すれば、洗濯機の購入費はまるまる取り返せる計算だ。

     ただ、ペイペイジャンボはあくまでも抽選だから、それに頼った大型の買い物は無理して行うべきではない。結局は普段の生活リズムに沿った買い物に適合させるのがベターではないか、というのが筆者の考えである。

    クレカ紐付け決済は対象外

     この還元キャンペーンを利用する上で、ひとつ気をつけておきたいことがある。それは還元対象が「PayPay残高からの決済」に限られているという点だ。PayPayヤフーカードを含むクレジットカードに直接紐付けができるが、此度のキャンペーンではクレカ紐付け決済とPayPayあと払いは対象外。あくまでもPayPay残高にチャージすることが前提である。

     なお、ポイント還元は決済から30日後にPayPayボーナスという形で付与される。<文/澤田真一>

    【澤田真一】
    ノンフィクション作家、Webライター1984年10月11日生。東南アジア経済情報、最新テクノロジーガジェット関連記事を各メディアで執筆。ブログたまには澤田もエンターテイナー

    画像は、PayPayのサイトより(以下同)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    1000%還元の可能性も「ペイペイジャンボ」の得する使い方

    これ使ったら得しますね!!

    皆さんも最近キャッシュバック無くなってきたので

    使ってみましょ!!笑




    <このニュースへのネットの反応>

    【1000%還元の可能性も「ペイペイジャンボ」の得する使い方】の続きを読む


    楽天グループの楽天ペイメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中村 晃一、以下「楽天」)と東日本旅客鉄道株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:深澤 祐二、以下「JR東日本」)は、スマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」において、JR東日本が提供する交通系ICカードSuica」の機能をご利用いただけるサービス(以下、「本サービス」)を2020年5月25日より開始いたしましたのでお知らせします。

     本サービスの提供開始により、「楽天ペイ」アプリ内で「Suica」の発行やチャージができるとともに(注1)、同アプリで全国の鉄道約5,000駅、バス約5万台のほか、交通系電子マネーとして約94万店舗(注2)で「Suica」による支払いが可能となりました(注3)。また、楽天グループクレジットカード楽天カード」を支払い元に設定し、「楽天ペイ」アプリで「Suica」にチャージすることで、200円につき1ポイントの「楽天ポイント」を貯められるようになりました。
     今後、さらなるサービスの向上として、「楽天ペイ」アプリ内で「楽天ポイント」から「Suica」へのチャージもできるようになる予定です。

     なお、本サービスは、「おサイフケータイ(R)」機能が搭載されたAndroid™端末(注4)に対応しています。iOS端末をご利用のお客様も、本日より、「楽天ペイ」アプリ内のリンクからアクセスできるキャンペーンページでエントリーのうえ、「モバイルSuicaアプリもしくは「Apple Pay」(注5)にて「楽天カード」を利用して「Suica」チャージすることで、200円につき1ポイントの「楽天ポイント」を貯めることが可能になりました(注6)。

     両社は、今後もさらなるアップデートや新機能の搭載により、お得で利便性の高いサービスの提供に努めてまいります。

    (注1) チャージ可能クレジットカードは、「楽天カード」(Visa/Mastercard/JCB/American Express)が対象です。
    (注2) 2020年3月31日時点。
    (注3) 定期券Suicaグリーン券の購入等は、「モバイルSuicaアプリの利用が必要です。
    (注4) 「おサイフケータイ」は株式会社NTTドコモの登録商標です。AndroidGoogle LLC. の商標です。
    (注5) iOSCiscoの米国およびその他の国における商標または登録商標であり、iOSライセンスに基づき使用されています。Apple PayApple Inc.の商標です。
    (注6) 対応する端末はiPhone 7以降のiPhoneApple Watch Series 2以降のApple Watchです。iPhoneApple WatchApple Inc.の登録商標です。本キャンペーンは毎月のエントリーが必要となります。詳細はサービス紹介ページよりご確認ください。

    ■□ サービス概要 □■

    サービス開始: 2020年5月25日(月)※アプリアップデートが必要です。
    ■対象端末: 「おサイフケータイ(R)」に対応したAndroid™端末
    iOS端末からもキャンペーンにエントリーすることで、200円につき1ポイントの「楽天ポイント」を付与いたします)
    ■概要: 対象端末の「楽天ペイ」アプリ内で「Suica」の発行やチャージができ、同アプリで鉄道・バス等の交通機関や交通系電子マネー加盟店で「Suica」による支払いが可能となります。また、支払い元に「楽天カード」を設定した「楽天ペイ」アプリから「Suica」へチャージすると、200円につき1ポイントの「楽天ポイント」が貯まります(注1)。なお、iOS端末においては、「楽天ペイ」アプリ内のリンクからアクセスできるキャンペーンにエントリーのうえ、「モバイルSuicaアプリもしくは「Apple Pay」にて「楽天カード」を利用して「Suica」へチャージすることで、200円につき1ポイントの「楽天ポイント」を貯めることが可能です。
    <「楽天ポイント」が貯まるサービス

    サービス紹介動画: https://youtu.be/84ws4PnUnJo
    サービス紹介ページhttps://pay.rakuten.co.jp/topics/suica/
    サービスイメージ


    アプリイメージ

              アプリホーム画面           サービス開始画面

            楽天ペイのSuicaホーム画面            チャージ完了画面

    【楽天ペイメント株式会社について】
    楽天ペイメント株式会社は、楽天グループにおいて決済・マーケティング分野を中心としたサービスを展開する企業として2019年4月に設立されました。現在、「楽天ペイ(実店舗決済)」、「楽天ペイ(アプリ決済)」、「楽天ポイントカード」、「楽天Edy」、「楽天チェック」、「楽天ウォレット」といったサービスを運営しています。お客様には親しみやすく便利で安全な決済サービスを、加盟店様には業種・業態に合わせた幅広い決済サービスと、データを活用したマーケティングプログラムを通じたビジネス支援を提供しています。
    https://payment.rakuten.co.jp/

    【楽天ペイ(アプリ決済)について】
    「楽天ペイ(アプリ決済)」は、クレジットカード楽天銀行口座を登録して、スマホアプリで簡単に支払いができるサービスです。利用者は、対象店舗でお買い物の際、店舗のタブレット端末に表示されるQRコードや印刷されたプリント型QRコードスマホアプリで読み取る、または、スマホアプリQRコードバーコードを表示させて店舗側に読み取ってもらうことで、お支払いが可能となります。本サービスをご利用いただくことで、「楽天ポイント」を貯めたり、支払いに使ったりすることもできます。
    https://pay.rakuten.co.jp/detail/

    以 上

    配信元企業:楽天株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    楽天とJR東日本、「楽天ペイ」アプリで「Suica」の発行やチャージ、「Suica」による支払いを可能に

    これいいですね!!

    これは使えますね!!


    最速キャッシュバックキャンペーン中!【スマホ乗り換え.com】

    <このニュースへのネットの反応>

    【楽天とJR東日本、「楽天ペイ」アプリで「Suica」の発行やチャージ】の続きを読む

    このページのトップヘ