ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > QRコード決済


    【なぐもんGO・52】Visa LINE Payクレジットカードサービスが始まり、すでにカードを受け取った人もいるだろう。初年度は還元率が3%とお得なクレジットカードだが、ポイント還元を受けるためにも、忘れてはならないことがある。スマートフォン決済サービスLINE Pay」アカウントとの連携だ。

    画像付きの記事はこちら



     Visa LINE PayクレジットカードLINE Payクレカ)は、LINE PayとVisaが提供するクレジットカード。初年度の年会費0円で、サービス開始から1年間は3%還元、さらにVisaタッチ決済に対応する。初年度以降も、1年間に1回以上のカードショッピングで使えば、その年の会費(税別1250円)が無料になる。

     先日、記者の家にもLINE Payクレカが届いたが、そのまま使うとポイント還元が受け取れないので注意したい。さまざまなメリットを得るには、LINE Payアカウントと連携する必要がある。

     連携方法は次の通り。LINEの「ウォレット」画面からLINE Payのメイン画面を開く。そこから、すこし下にスクロールすると出てくる「カードを申込み・登録」をタップ。さらに画面下部にある「クレジットカードを登録」をタップし、カード情報を入力する。ポップアップの内容を確認しながら進み、ポイント還元を受けられる旨のポップアップが表示されると、登録完了だ。

     登録完了後、早速、ローソンタッチ決済を使ってみると、タッチ決済のメリットがいくつかわかった。ひとつは、カードデザインが画期的な点。カード番号や名義、有効期限などは全て裏に記載されているので、周囲からは見えにくくなっている。タッチ決済によるスキミング防止効果とあわせて、セキュリティ面も期待できそうだ。

     もうひとつは、現金を使わないタッチ決済により、スタッフとのやり取りが商品のみで済むという点。接触でも感染するといわれている新型コロナウイルスの影響下で、人との接触機会を減らすことができるので、来店客とスタッフ双方の感染防止につながる。

     さらにLINE Payの画面で利用明細や還元される予定のポイントなどを確認できるのも便利だ。「チャージ&ペイ」設定を完了すれば、LINE Payのコード支払いを利用する際に、事前に残高をチャージしていなくてもクレジットカードの請求に回すことで会計を済ませることも可能だ。使えば使うだけ還元率が高くなるお得な制度もある。

     一方、LINE Payは今後、同じく決済サービスを提供するPayPayと提携する可能性もある。PayPay擁するヤフーと、LINE Payを展開するLINEが経営統合するからだ。2019年11月の会見時は、1年弱は両社の競争関係を続けるとのことだったが、今後はどうなるか、いまだに不透明な部分はある。

     お得以外にも便利な点があるので、LINE Payクレカをまだつくっていない人は検討してみるのもありだ。なお、利用前に、裏面への署名も忘れずに済ませておきたい。(BCN・南雲 亮平)

    5月からサービスを開始したLINE Payクレジットカード


    (出典 news.nicovideo.jp)

    LINE Payクレカ、「初年度3%還元」を得るために必ずすべきこと

    QRコードクレカって、いいですね!!
    連動していると使いやすいでしょうね!!






    <このニュースへのネットの反応>

    【LINE Payクレカ、「初年度3%還元」を得るために必ずすべきこと】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     PayPay5月14日日本放送協会NHK)が発行する請求書(払込票)が「PayPay請求書払い」に対応し、放送受信料が「PayPay」で支払い可能になったと発表した。対応開始は5月15日から。

     PayPay請求書払いは、電気・ガス・水道料金などの公共料金の請求書(払込票)に記載されたバーコードPayPayアプリで読み取り、その場で支払えるサービス。自宅にいながら24時間いつでも税金や公共料金などを支払えるため、支払いのための外出が不要になる。

     現金を引き出す時間や手間、引き出しの際にかかる手数料を節約でき、支払額の0.5%~1.5%がPayPayボーナスとして付与される。

    NHKの受信料がPayPayで支払えるように


    (出典 news.nicovideo.jp)

    NHKの受信料がPayPayで支払えるように

    って、これ身近すぎる笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【【QRコード決済】NHKの受信料がPayPayで支払えるように】の続きを読む


    クレジットカードでの買い物で"節約"を意識するなら、クレカ会社のアプリが必須なんですっ! 

    どの会社のアプリも、利用した金額、利用可能金額、支払い方法の変更、そして超重要な引き落とし日などをひと目でチェックできる便利仕様。そして、見逃せないのが、お得なキャンペーン情報だ。

    特に人気の楽天カードアプリは、利用するカードとひもづいたキャンペーン情報を厳選して、お届け中!! メールだとスルーしがちだが、アプリ上では【◯◯◯◯ポイント獲得】とバナーでひと目で確認でき、情報の取りこぼしナシかと!

    アプリはすべてAndroidiOSに対応しています。

    ★お得なキャンペーン情報も配信中! 節約の大基本となるクレカ会社のマネー管理アプリ

    楽天カード 
    Rakuten Card Co.,Ltd./無料

    楽天カードでの支払い履歴、楽天スーパーポイントなどをまとめて管理OK。楽天は、とにかくキャンペーンが豊富なので、それらをチェックして即エントリーできるのも便利ですよ!

    三井住友カード Vpassアプリ 
    三井住友カード株式会社/無料

     

    三井住友系のクレカほか、Amazon Mastercardにも対応。三井住友銀行の口座を登録すれば、クレカの利用歴と口座の残高も一括管理できる。強力な20%還元キャンペーンを見逃すな!

    MyJCB 
    株式会社 ジェーシービー/無料

    JCBと、銀行や企業のJCB提携カードで利用可能。アマゾンビックカメラなど、獲得ポイントが倍増するECの優待店舗へのリンクもあって、ショッピングもここから!

    クレカ、銀行口座、さらには各種ポイントも一括管理できる!

    Moneytree 
    Moneytree KK/無料

     

    各社のクレカ、銀行、さらにはポイントカードまで、お金案件をまとめて管理。クレカの引き落とし日や引き落とし口座残高をひと目でチェックできるので、使いすぎ防止には、これ!

    LINEクレカの登場を見据えて今から活用したいアプリ

    LINE 家計簿 
    LINE Pay Corporation/無料

    LINEメッセージに支払い金額を入力したり、レシートを撮影して出金を管理。LINEの新クレカを見据えて今から、ぜひ!

    クレカでショッピング後はポイントサイトでポイ活開始!

    ポイントインカム 

    クレカの契約や、新規のネット回線などの加入でガッツリとポイントを獲得できるポイントサイト。獲得ポイントは楽天、Tポイントnanacoなどの主要ポイントに交換が可能。在宅でも手軽に各種ポイントを入手できますよ。

    取材・文/直井裕太

    LINEクレカの登場を見据えて今から活用したいアプリ!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    クレカやバーコード決済と併用してECでの出費をチェックできる! 有能な「マネー管理アプリ」を紹介

    これって便利ですよね!!
    私も色々なQRコード決済使っていてだんだんわからなく
    なっていますもんね!!
    店によって取り扱いが違うし、キャンペーンあればそれ使いたくなりますもんね!笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【【マネー管理アプリ】クレカやバーコード決済と併用してECでの出費をチェックできる! 】の続きを読む


     新型コロナウイルス感染症の影響が各所に出ている。小売店では、「店員がつり銭を素手で渡した」と憤り、トラブルに発展するケースもあるという。飛沫、接触で感染するといわれているので懸念は理解できるが、トラブルは避けたい。そこで、買い物をするときに少しでも接触の可能性を下げるため、キャッシュレス決済の活用をおすすめしたい。

    画像付きの記事はこちら



     新型コロナウイルス感染症は、飛沫や接触で感染するとされている。つまり、買い物をする際は店員との会話やつり銭の手渡しなど、感染リスクを完全に回避するのが難しい。近ごろは、店員がマスクを装着する、レジに透明なビニールカーテンを設置するなど、飛沫に関する対策が取られているが、限界はある。

     特に、つり銭は手で渡すケースが多く、店員がビニール手袋を装着したり、トレーを使って間接的に渡したりしても、いつ他の客の手を触ったか、あるいは他の客が触った金銭を手に取ったかは分からない。現金で買い物をした場合、接触するリスクは避けることができないのだ。

     一方、キャッシュレス決済なら、接触の回数を極力減らすことができる。中でも、PayPayLINE Payなどのスマートフォンスマホ)決済サービスなら、自分以外が触らないので安心だ。電子マネー(ICカード)もタッチするだけで決済できるなら、接触の可能性は低い。クレジットカードキャッシュレス決済ではあるが、タッチ式ではない場合、一度店員に渡す必要がある場合が多いので、接触する可能性は現金とほぼ変わらない。

     なお、スマートフォン決済サービスで支払う場合は、2通りの方法がある。ひとつは自身のスマホに提示したコードを店員にリーダーで読み取ってもらう方法、もうひとつは店舗が提示するコードを読み取って支払う方法だ。店舗によって異なるが、いずれの場合も店員と接触する機会はない。


    ●キャッシュレスはお得



     キャッシュレス決済には、接触機会を減らす以外にも、現金よりお得に買い物できるというメリットもある。サービスごとに多少異なるが、クレジットカードスマホ決済に備わっている「還元」という仕組みだ。現金の場合は、支払った分だけ資産は減るが、キャッシュレス決済なら1%前後の金額がポイント電子マネーで戻ってくるのだ。さらに今なら、国が「キャッシュレス・消費者還元事業」を展開しており、対象店舗では5%、フランチャイズは2%の還元がある点も見過ごせない。

     現金で支払う際もポイントカードを提示すれば、ポイントは戻ってくるが、現金とは別に管理する手間がかかる。その点、キャッシュレス決済なら一度の手間で、ポイント使用も支払いも済ませることができる。とりわけスマホ決済は、電子マネー残高と特典の残高(ポイントと同じ扱い)をアプリ上で一括管理できるので手軽だ。ICカードの場合は、「おサイフケータイ」対応のスマホなどと連携すれば、物理カードを所持する必要はなく、荷物を減らすことができる。


    ●デリバリーやテイクアウトの活用



     感染拡大の防止に向けて、3密を避けるためにも飲食店のデリバリーサービステイクアウトサービスも注目を集めている。これらを利用する手段として使い勝手がいいのは「LINE」だろう。デリバリーサービスLINEデリマ」とスマホ決済「LINE Pay」を同一アプリ上で展開ており、登録する店舗数も多い。LINE Payは「出前館」「Uber Eats」などの支払いに対応している点も強みだ。

     また、各飲食店ではデリバリーサービステイクアウトを対象にしたキャンペーンを展開している。感染拡大を防止しつつお得に買い物をしたい場合は、ぜひ活用してほしい。買い物をすることは、売上が減少している店舗の存続を支えることにもつながるので、積極的に使っていきたい。

     スマホ決済は「使いにくい」といった声もあがっているが、感染拡大防止に向けた接触機会の低減には役立つ。家にいる時間が長いこの時期なら、しっかりと使い方を確認することもできる。その上お得なので、普段使っていない人も、この機会にチャレンジしてみるのがオススメだ。(BCN・南雲 亮平)
    新型コロナウイルス感染症の拡大防止にキャッシュレス決済の活用が期待される


    (出典 news.nicovideo.jp)

    新型コロナ拡大防止にキャッシュレス決済が活躍、現金よりもお得なメリット

    これその通りですよね!!

    皆さんも恩恵受けてますか?笑




    <このニュースへのネットの反応>

    【【QRコード決済】新型コロナ拡大防止にキャッシュレス決済が活躍】の続きを読む


     新型コロナ感染拡大に伴う外出自粛によって普段の食生活にも影響が出始めている。気軽にスーパーに食材を買いに行けなかったり、買い占めで目当ての商品を買えなかったりという状況が全国的に発生しているようだ。そんな中で需要が増しているのが、テイクアウトやデリバリーだ。特に牛丼チェーン吉野家は複数のキャンペーンを展開しており、組み合わせれば実質半額にすることも可能になっている。

    画像付きの記事はこちら



     半額にするためのキーとなるのが、PayPay4月1日から実施しているスマートフォン決済サービスPayPay」の「全国の有名飲食チェーンが対象!春のグルメまつりキャンペーン」だ。20%(Yahoo!プレミアム会員は25%)と高還元で、付与上限が2000円相当/回、3000円相当/期間と余裕がるのもうれしい。

     これに組み合わせたいのが、吉野家が独自に実施している「テイクアウトの牛丼・牛皿全品15%オフ」のキャンペーン。期間は4月1日11時~22日20時まで。消費者の生活支援を掲げる施策だが、記者が店舗を訪問したところ、店内で飲食している客はおらず、人を滞留させないという役割も果たしていた。

     最後に合わせたいのが、モバイルTカードキャンペーンだ。4月12日までだが、決済時にモバイルTカードを提示すれば、10回までTポイントが80ポイントもらえる。紹介してきた三つのキャンペーンを組み合わせれば、380円の牛丼並盛で約200円ほど得することができる。

     また、4月13日からは単独で牛丼が半額になるキャンペーンも始まる。それが「吉野家 d払いミニアプリ限定! 50%dポイント還元キャンペーン」だ。「d払い」内のミニアプリから決済することで、50%還元するというもの。決済方法が異なるのでPayPayキャンペーンとの併用はできないが、期間が5月10日までなので、タイミングをズラせば、無理せずにどちらも活用することができる。(BCN・大蔵大輔)

    現在、吉野家では複数のキャンペーンを展開中! 組み合わせることで実質半額で牛丼を食べることができる


    (出典 news.nicovideo.jp)

    外出自粛で需要増の吉野家、PayPayキャンペーン+αで実質半額に!

    これ使えますね!!

    皆さんも活用しましょうね!!


    今なら最大30,000円キャッシュバック♪さらに新規工事費無料でおトクに開始♪【Drive光】


    <このニュースへのネットの反応>

    【【QRコード決済 キャンペーン】外出自粛で需要増の吉野家、PayPayキャンペーン+αで実質半額に!】の続きを読む

    このページのトップヘ