ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > QRコード決済


     スマートフォン決済サービスPayPay」の通常還元率が1.5%から0.5%に下がった。クレジットカードと同程度だ。使い慣れないうえに手間も多いコード決済は還元率の高さが強みだったが、今後はユーザーの流出が進むかもしれない。一方で、使い続ける人にとっての朗報もある。下がってしまった還元率は、条件を満たせば1.5%に戻すことができるのだ。

    画像付きの記事はこちら



     通常還元率が適用されるのは、PayPayの加盟店での支払い時にPayPay残高かヤフーカードを利用した場合、またはPayPayの請求書払いサービスを利用した場合だ。

     通常還元率を引き上げる条件は二つある。ひとつは、前月に100円以上の決済を10回以上行っていること。達成していれば、当月の通常還元率に0.5%加算される。カウントされるのは、PayPay残高かヤフーカードを使った決済。なお、PayPayオンライン加盟店、請求書払いサービスYahoo! JAPANの対象サービスではヤフーカードでの支払いは利用できない。

     もうひとつは、前月の利用金額が10万円以上であること。こちらも達成すると通常還元率に0.5%加算される。カウントの条件は同様。どちらの条件も満たしていると、当月の通常還元率が1.5%になる。2000円の会計を50回繰り返すか、一度大きな買い物をした後に少額ずつ繰り返し使うか、条件を満たす方法はさまざま考えられる。

     付与上限は7500円/回、1万5000円/期間。自分が条件を満たしているかどうかは、PayPayの決済履歴の「PayPayステップ」項目で確認することができる。なお、「Yahoo!ショッピング」など、Yahoo! JAPANの対象サービスで利用すれば通常還元率は1%スタートになる。先述の条件を満たせば、最大2%まで引き上げることができる。

     同じような施策は他社でも展開されている。例えば、LINE Payには「マイカラー」がある。前月の利用金額に応じて、当月の通常還元率が変動する制度だ。還元率は大きく変わらないが、PayPayよりも細かく段階分けされている。

     還元率が下がったとはいえ、通常還元の概念がない現金よりもお得なのは確か。多少、手間に感じることがあるかもしれないが、PayPayを利用する場合は、通常還元率を意識して使うと、さらにお得な買い物ができるだろう。(BCN・南雲 亮平)

    PayPayの通常還元率を元に戻すには二つの条件をクリアする必要がある


    (出典 news.nicovideo.jp)

    PayPay、今月から通常還元率ダウン、元に戻す条件は“2つ”!

    これは実行したほうがよさそうですね!!
    皆さんの決済方法は何ですか?笑

    参考にしてくださいね!!


    NURO光月額ワンコインで超高速回線を体験!
    “"

    <このニュースへのネットの反応>

    【【QRコード決済】PayPay、今月から通常還元率ダウン、元に戻す条件は“2つ”!【キャンペーン】】の続きを読む


     今後、銀行のATMがますます減少し、同時に休日・夜間や、他行ATM利用時の手数料が大幅に引き上げられると予想する。実際、みずほ銀行は、3月1日適用分から優遇プログラムを改定し、コンビニATM手数料無料の対象を「イーネットATM」のみに絞ったため、これまでセブン銀行ATMを利用していた顧客からは「改悪」と指摘されている。

    画像付きの記事はこちら

     しかし、これから紹介する三つの回避策を知っていれば、手数料ゼロで、異なる口座間の資金移動や口座からの現金引き出しが可能だ。特に、最後に紹介する「LINEの銀行振込サービス」は通常、有料なので、お得なのは「手数料無料キャンペーン」実施中の今だけ。キャンペーンは、2020年3月31日23時59分までと短いので早めに利用しよう。


    ●回避策1. 入金・出金手数料無料の証券口座を作成する



     「楽天証券」「SBI証券」「マネックス証券」など、インターネットユーザーを対象としたオンライン証券会社は多数あり、買い物で得た共通ポイントがたまる・使えるといったポイントプログラムを含め、他社対抗の熾烈なサービス競争を繰り広げている。

     それぞれサービス内容や使い勝手が異なるが、証券口座への入金・出金は無料のケースが多い。事前に証券口座を開設し、例えば、入金先として「A銀行(ネット銀行)」と「B銀行(都市銀行)」を設定し、出金先として「C銀行(都市銀行)」を設定しておけば、A銀行からもB銀行からもC銀行へ、無料で自分の資金を移動できる。営業日ベースで1日程度、タイムラグがあるが許容範囲だろう。証券口座の開設は無料、取引を行わなければ何も負担はない。

     入金先・出金先として設定可能な銀行の口座を一つも保有していない場合は、次の「回避策2」を利用しよう。


    ●回避策2. 無料送金アプリ「pring」を使う



     pring(プリン)は、対応する銀行口座からチャージした残高から支払いが可能な無料送金アプリ。決済アプリとしても、「コメダ珈琲店」「ローソン」「ヤマダ電機」など導入店舗は増えつつある。ユニークな「投げ銭」にも対応し、この新機能をプッシュしている今は「投げ銭アプリ」を自称している。

     入金(チャージ)は、1日当たり100万円、出金は1日当たり10万円という制限があるものの、スマホアプリの操作だけで他行振込手数料を支払うことなく他の口座へ資金を移動できる。出金の上限が低いので、こまめにチャージし、セブン銀行ATMで必要に応じて現金を引き出すよう徹底すれば、使い過ぎを抑止できそうだ。

     利用可能銀行として、みずほ銀行三井住友銀行ゆうちょ銀行などが対応している。三菱UFJ銀行信用金庫は利用不可。ただし、他金融機関についても、順次追加していく予定。


    ●回避策3. LINE Payの銀行振込サービスを利用する



     LINE Payの送金機能を拡充した「銀行振込サービス」は、LINE Pay残高を法人・個人の銀行口座へ振込できるサービス。一律1回176円の手数料はかかるが、口座番号または名前(口座名義)と携帯電話番号・Eメールアドレスのいずれかが分かれば送金できる。

     支払い方法が「口座振込」指定の場合、従来は銀行のATMや窓口、インターネットバンキングの振込で支払うしかなかった。前述の通り、それらは総じて手数料が高く、しかも、金額や振込先といった条件に応じて手数料の金額が変動するため、分かりにくかった。対して、LINE Payの銀行振込サービスなら一律で分かりやすく、手数料もATMや窓口払いに比べれば安い。

     現在、預金に対する利子よりも各種手数料の方がはるかに高い。昨年、スマートフォン決済の覇権を賭けた還元競争に参戦して敗れたイメージの強いLINE Payだが、送金アプリとしては競合を一歩リードしている。「リピートなしの一回限り、10万円以下の口座振込ならLINE Payの銀行振込サービス」と、ぜひ覚えておこう。(BCN・嵯峨野 芙美)
    激しいサービス競争を繰り広げる主要オンライン証券。本人名義の証券口座経由なら口座間の資金移動に手数料はかからない


    (出典 news.nicovideo.jp)

    高い振込手数料を回避する三つのコツ LINE Pay銀行振込は今なら手数料無料

    これいいですね!!
    さすがに手数料は払いたくないですもんね笑


    【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

    <このニュースへのネットの反応>

    【【QRコード決済】高い振込手数料を回避する三つのコツ LINE Pay銀行振込は今なら【手数料無料】】の続きを読む


     3月24日に終了したau PAYの「誰でも!毎週10億円!還元もらえるキャンペーン」は、au PAYで支払うと総額の20%という高率のポイント還元(還元上限は3000ポイント1000ポイント)が実施されたこともあり、還ってくるポイントを楽しみにしているユーザーも多いだろう。だが、獲得したポイントを残高にチャージする方法で悩んでいるユーザーはいないだろうか。そんな人のために、残高へのチャージ方法を紹介しよう。

    画像付きの記事はこちら



     まず同キャンペーンの三つのステージ別のポイント還元予定日は次のとおり。ステージ1(2月10日3月1日)は3月10日ごろ、ステージ2(3月2~22日)は3月30日ごろ、ステージ3(3月23~29日)は4月14日ごろとなっている。多少の前後はあるようだが、既にステージ1の買い物で得たポイントは還元済みになっているはずだ。

     ポイント履歴の確認方法は、ホーム画面下の左から2番目にある「ポイントボタンタップすると「ポイント獲得・利用履歴」という項目が表示される。なお「ポイントボタンの一列上に数字で表示されている「ポイント」をタップしても同じ画面に飛ぶ。「ポイント獲得・利用履歴」の中にある「もっと見る」をタップすれば、これまでの獲得や利用履歴の詳細が確認できる。

     獲得したポイントを残高にチャージをするときは、「ポイント獲得・利用履歴」にある「WALLETポイント」のオレンジ色のバーの「残高にチャージする」を選択する。なお、残高にチャージする際は、最低でも100ポイントが必要になる。99ポイント以下の場合は「残高にチャージする」が表示されない。

     ほかにもオレンジ色のバーには「ポイントを交換する」「ポイントでお買い物をする」「ポイントを使う」「ポイントを貯める」などいろんな種類のバーが表示されるが、これらはau PAYとリンクしたショッピングや電気代、保険などの各種サービスを使うときに必要になるので、ここでは省略する。

     さて「残高にチャージする」をタップすると、「ポイントチャージ(入金)」画面に移行するので、チャージする金額を入力しよう。入力できるチャージ額は100円単位で、合計金額は月2万円となっている。数字を入力したらオレンジ色の「チャージする」をタップして、次に表示される確認画面で金額に間違えがないかを確認したら再度、「チャージする」をタップすれば終了だ。

     チャージ中の処理画面を眺めていればチャージは無事に完了するだろう。

     チャージが完了した後の確認画面では、残高が増えているのと、残りのポイント数(100円未満のポイントなど)が確認できるようになっている。最初のホーム画面に戻ってみると、残高が増えていることが確認できるはずだ。

     なお、ポイントの詳細を確認する必要もなく、ショートカット的にポイントをチャージしたいときは、ホーム画面の中央にある「チャージ」アイコンタップする方法もある。

     この場合、チャージ方法として「auじぶん銀行」「クレジットカード」「ポイント」「セブン銀行ATMチャージ」「ローソンチャージ」「auショップ」「au WALLETチャージ」など複数のチャージ方法が表示されて少し面食らうかもしれないが、「ポイント」をタップして「次へ」をタップすれば、前述の「ポイントチャージ(入金)」画面に飛ぶ仕組みになっているので安心だ。

     ぜひとも、キャンペーンで得たポイントを残高チャージしてお得感を体験してほしい。そうすれば、決済時の利便性だけではない、キャッシュレス決済のもう一つの楽しみ方が分かるはずだ。(BCN・細田 立圭志)

    ナックの子会社レオハウスを買収するヤマダ電機


    (出典 news.nicovideo.jp)

    au PAYでゲットした還元ポイント、「残高にチャージ」する方法

    これは皆さん実施しましたか?

    参考に使ってくださいね!!


    フィットネスサブスクリプションサービス「mozaiq」

    <このニュースへのネットの反応>

    【【au PAY】還元ポイントGET】の続きを読む


     冠婚葬祭の場でキャッシュレス決済はアリか、ナシか?

     先月末、1本の動画が日本のテクノロジージャーナリストの注目を集めた。NTTドコモが企画した「#キャッシュレスご祝儀」というもので、d払いを使って結婚式のご祝儀を決済する内容だ。あらゆる場面においてキャッシュレス決済が活用されているが、まさかご祝儀までとは……。しかし、現金のご祝儀ははっきり言って面倒くさい。細かいマナーに厳しい日本という国では、現金をご祝儀袋に包むだけでも一苦労である。

     その手間を省くことができれば、どれほど効率的だろうか。

    ◆ご祝儀袋はもういらない!?

     2019年12月21日。小林家・志澤家の結婚式の場面からNTTドコモの動画は始まる。受付に並ぶ人がスマートフォンを取り出す。どうやらd払いアプリを立ち上げているようだ。そして受付係が差し出したQRコードカメラで読み取り、3万円と入力する。これでご祝儀は新郎新婦に渡った。



     ご祝儀袋も、筆ペンも、それを扱うテクニックもいらない。出席者にとっては、それだけでも相当な労力軽減につながる。慣れない筆ペンで一字一句、うずら卵を握るかのように字を書く。失敗したら最初からやり直しだ。しかも袋に入れる現金はいわゆるピン札でなければならず、ご祝儀の額によって「のし」と「水引き」の種類も異なる。

     ならば、最初からご祝儀をキャッシュレスにしてしまえばいいのではという意見が出てくるのは、自然の流れとも言える。

    SNSでも「煩わしいマナー」が話題に

     Twitterでは時折、「煩わしいマナー」というような内容の投稿が拡散される。先日、友人の結婚式に行った。受付でご祝儀を出したら「その袋はマナー違反だよ」と注意されてしまった。どうやら、袋の種類と金額が合致しないという。そういうマナーは、いい加減終わりにしてほしい――。

     この投稿が万単位でリツイートされた。我々ライターの間では「好意的な拡散」を「バズる」と呼ぶのだが、これはまさにバズッた例。ご祝儀マナーが煩わしいと思っている日本人が相当数いるという証明でもある。

     筆者はインドネシアの友人の結婚式に赴いたことがある。この国の冠婚葬祭にもご祝儀やご霊前に相当するものはあるが、いずれも募金箱のようなものに裸のままの紙幣を入れる方法だ。このあたりの習慣の違いが、キャッシュレス決済普及にも少なからず影響を与えている。インドネシアは富裕層から労働者層にまでキャッシュレス決済サービスが浸透している国でもある。

     それに比べて日本は……と、自国の遅れている部分を嘆くことは誰にでもできる。それよりも肝心なのは、「遅れているからこそ伸びしろがある」と発想を転換してその国に合った新しい仕組みを思案することだ。

    ◆当事者の意向次第で……

     ご祝儀のキャッシュレス化は、当然ながら新郎新婦側にも多大な利便性をもたらす。仮に式の出席者全員がキャッシュレス決済を選択したら、新郎新婦はご祝儀の総額をリアルタイムで把握できる。全ての計算はアプリがしてくれるから、それだけで諸々の手間を省くことができるのだ。

     以上は冠婚葬祭の「冠婚」に限ったことであるが、これが「葬祭」であればどうだろうか。本人はおろか親戚一同が幸せな気分に包まれている結婚式とは違い、葬式は故人の送り出しである。さすがに赤の他人が気軽な感じで「キャッシュレスご霊前を導入しましょう」とは言えない

     が、他人ではなく当事者である遺族、もしくは故人の意向で「葬式のご霊前はキャッシュレス」となればどうだろうか。結局は結婚式と同様、当事者の意向次第でアップデートが可能ということではないか。

     キャッシュレスによる効率化は、様々な方面に多大な影響を及ぼしている。<文/澤田真一>

    【澤田真一】
    ノンフィクション作家、Webライター1984年10月11日生。東南アジア経済情報、最新テクノロジーガジェット関連記事を各メディアで執筆。ブログたまには澤田もエンターテイナー

    ※画像はイメージです(以下同)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    NTTドコモの「#キャッシュレスご祝儀」が話題、面倒なマナーはもういらない?

    「#キャッシュレスご祝儀」ってすごいな!!
    まあ、集計とか入れ間違えとか数え間違えとか、
    受付する方への配慮にもなりますよね!!
    まあ、味気ない気もしますがワラ

    【ドコモ光】比較して納得!えらべる25種類のプロバイダー!

    <このニュースへのネットの反応>

    【【キャッシュレス】NTTドコモの「#キャッシュレスご祝儀」が話題、面倒なマナーはもういらない?】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     最近のスマホ決済では、「au PAY」の最大20%還元キャンペーンが話題です。1日あたりのポイント還元額が引き下げられ、軽く炎上するほど盛り上がっていましたが、中盤からは新型コロナウイルスの影響か、すっかり落ち着いています。

     消費が大きく落ち込み、景気後退の懸念が指摘される中、キャッシュレススマホ決済が果たす役割を考えてみます。

    ■大規模還元が始まるも、条件変更やシステム障害に不満の声も

     au PAYの最大20%還元は、3つのステージを通して最大7万ポイントという大型のキャンペーンです。春の新生活を前に、家電など大きな買い物をする準備をしていた人も多いのではないでしょうか。

     しかしキャンペーンの3週目には、1日あたりの還元額が最大6000ポイントに引き下げられ、不満の声が続出しました。本来であれば1日あたり6000ポイントでも破格のオファーとはいえ、最初に3万ポイントと言ってしまった以上、損をした気分になることは明らかです。

     ライバルPayPayがほぼゼロの状態から20%還元を始めたのに対し、au WALLETの会員数は2000万を超えています。毎週10億円を2000万人に配れば、単純計算で1人50円にしかなりません。「攻略法」を身につけたユーザーが増えたことも相まって、大型還元はそろそろ難しくなってきた感があります。

     さらに3月18日にはシステム障害が発生し、決済やチャージができない事態に陥りました。レジに行列ができているときにスマホ決済に失敗すると、ばつの悪い思いをするものです。キャンペーン終了後も安心して使えるよう、信頼性の向上を求めたいところです。

    新型コロナウイルスで状況が激変、オンラインに注目

     滑り出しは良かったau PAYですが、2月後半からは新型コロナウイルスの影響で状況が一変します。当初は週の始まりと同時に10億円を使い果たしていたキャンペーンも、3日目まで持続することが常態化しています。

     対照的に自宅で過ごす時間は長くなり、オンラインで買い物する機会が増えています。au PAYで面白いのは、獲得したポイントをau Wowma!限定のポイント50%増量で交換できる点です。オフラインで得たポイントを、オンラインでも活用できます。

     これまでスマホ決済各社は実店舗への展開で競争してきましたが、ここへ来てオンラインでの連携が重要になってきたといえます。筆者の場合、自宅での仕事が増えたことで、不要品をメルカリヤフオクに出品する時間が生まれました。その売上金はメルペイやPayPayの残高として使えます。

     メルペイはドラッグストアの実店舗で50%を還元する「メルペイフィーバー」、PayPayPayPayモールヤフオクでの20%還元を展開するなど、いずれもオンラインとオフラインをうまく連携させています。

     新型コロナウイルスの影響により、世界経済の混乱や景気後退の懸念が高まる中で、政府による経済対策が期待されています。最優先されるべきは経済的に困窮した個人や企業への直接的な支援ですが、それに続く景気刺激策として、キャッシュレス還元を延長する案が報じられています。

     2019年消費税引き上げに合わせて始まった「キャッシュレスポイント還元事業」は、「5%還元」の赤いポスターを目印に全国的に広まっており、「キャッシュレスはオトク」という認識を確立しつつあります。

     現在の制度は2020年6月に終わる予定ですが、新型ウイルスの流行が長引けば経済の低迷は長期化する恐れがあります。その中で確実に消費を刺激する効果を見込めるキャッシュレス還元は5%と言わず、日本全国での「20%還元」を期待したいところです。

    新型コロナ「キャッシュレス還元」延長に期待


    (出典 news.nicovideo.jp)

    新型コロナ「キャッシュレス還元」延長に期待

    確かにこれは期待したい!!

    「キャッシュレス還元」ずっとやって欲しいな笑


    コンセントに繋ぐだけの簡単Wi-Fi【SoftBank Air】

    <このニュースへのネットの反応>

    【【キャッシュレス】新型コロナ「キャッシュレス還元」延長に期待】の続きを読む

    このページのトップヘ