ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ: その他ニュース


     基本的にAmazonは、「大安売り」をするためのプラットフォームではない。さまざまな商品が手軽に買えるのは便利だが、ドラッグストアや量販店、業務スーパーと比べると割高なことが多い。しかし、Amazonの商品を安く購入する方法はいくつかある。

    5d92e3

    画像はイメージです
     定期的に開催される「タイムセール」がそうだし、「マーケットプレイス」からバルク品(ロット売り製品をバラ売りしたもの)を買うこともできる。これらはともに有名で、多くのユーザーに常用されている。いっぽう、Amazon公式が行っているお得な「Amazonアウトレット」というサービスはあまり知られていない。今回はこれを紹介したい。

    「アウトレット」の仕組みとは

     Amazonで中古品を販売しているのはマーケットプレイスが主だが、「Amazonアウトレット」では、Amazon本体が売り主になり、自社倉庫から直接発送する形態を取っている。したがって、正規ルートで製品を買うのと同様の安心感で買い物ができる。

     この「アウトレット」に並ぶのは、外装に傷や汚れなどがあるものの、機能には問題のない商品が中心となる。膨大な品数を扱っているAmazonでは、誤配達などを理由として返品されたり、倉庫内の事故で傷がついてしまう商品などが多数生じる。これを割引して販売しようというわけだ。

     本体の機能に問題がある場合には、通常と同じ手続きで返品することも可能。特に外装の状態を気にしないなら、おトクなサービスだといって間違いないだろう。

     PC用のハードディスクなど、中古を手に取る際に抵抗のある商品もあるが、アウトレットなら問題ないはず。あらかじめ商品の状態を確かめてから購入すべきなのはもちろんだが、「ほぼ新品」と書いてあれば大丈夫だろう。

    アウトレット品だけを探すには

    Amazonアウトレット」と入力して検索することで、アウトレットトップページを表示することができる。ここでカテゴリを選択すると、商品の一覧ページに移動できる。

    amazon
    Amazonアウトレット」のトップページからは、アウトレット商品だけを探すことができる。検索も可能だ
     ただし、一覧ページで表示される金額は、Amazonアウトレットの価格と一致しないことが多い。ここでは、「マーケットプレイス」の中古品も含めた最低価格が表示されている(2020年7月時点)。この仕様は不便なので、修正を望みたいところだ。

     なお、アウトレットでPC・スマホなどのガジェットを買う際には、対象商品についてあらかじめ調べてから購入するほうがベターだろう。機種によっては「新品同様」のデッドストックがだぶついている場合もあり、Amazonが最安値とは限らないからだ。

    amazon
    一覧画面に表示される「1円」という価格はマーケットプレイスのものであり、アウトレット価格ではない。これは不便な仕様だ

    食品・飲料品は賞味期限に注意

     Amazonアウトレットでは、普段は割高な食品・飲料品もディスカウントされている。こちらは返品歴や、外装の傷などはないことが多い。

     ではどういった商品がアウトレットに並んでいるのかというと、倉庫に長く保管され、賞味期限が迫ったものだ。したがって長期保存には向かないが、届いたそばから消費していくスタイルならば、これはお買い得である。

     ただしAmazonでの食品・飲料品は、「箱買い」を前提とした分量で売られている。1食あたりの単価が安いからと安易にカップ麺を頼むと、しばらくは麺暮らしになるだろう。想像力を働かせて活用したい。

     なお、コンビニスーパーで問題になっているのと同様に、Amazonでも賞味期限が過ぎた商品は廃棄されてしまう。アウトレットを賢く使えば「フードロス」の抑制にも貢献でき、エコロジーとなる。

    アウトレットの本当の“目玉”は

     Amazonアウトレットトップページでも筆頭に掲げられている商品ジャンルが、「本・雑誌」である。実はこれが、アウトレットの最大の目玉だ。さて、書籍の安売りというのはふつう、古本以外ではあり得ない。

     書籍・雑誌・新聞には、ほとんどの場合「再販価格維持制度」が設定されており、本を勝手に安売りすることができない契約になっているからだ。

     そのかわり書店は、売れ残った本を出版社に“返本”することができる(これを「委託販売制」という)。商慣習としては特殊だが、書店・出版社の儲けの程度を一定に保ち、多様な出版文化を守るための仕組みだ。

     しかしAmazonでは、「新品同様」の古書を扱っていることがある。ここではこの事実について、すこしだけ考えてみたい。

    「アウトレット」で本を買うのはアリ!?

     Amazonアウトレットで購入可能なコミック本をチェックしたところ、状態は「可」と「ほぼ新品」の2種類が確認できた。「可」の場合には、「カバーに損傷」などの状態が明示されている。おそらくは、Amazonの倉庫か輸送中に傷が生じたものだろう。

    amazon
    「可」の本では、状態が詳細に示されている。「ほぼ新品」と表示されている場合、おそらく在庫品の安売りである
     書店の場合には、立ち読みなどで多少の傷がある状態の本でも、売れ残れば出版社に返本してしまうケースが多い。Amazonはそういう本でも返本せず、アウトレットとして流通させているのだろう。

     いっぽう「ほぼ新品」の場合には、傷のない在庫品をアウトレット網に載せていることになる。これは町の書店ではあり得ない売り方だ。Amazonは、出版社との協議のうえ、一部の書籍を値下げ販売する旨を公にしている

     この場合には前述した再販価格維持制度の対象外となるので、アウトレット価格で販売されている本は別に“禁制品”というわけではない。

    お得なのは間違いないが…

    amazon

     そういうわけでAmazonアウトレットでは「ほぼ新品」の書籍を安く買うことができる。もちろん消費者が「安いものを買う」のは正当な行為であり、咎められるものは何もない

     とはいえ、このAmazonアウトレットが普及するにつれ、出版文化・書店文化が影響を受ける可能性も否定できない。出版の多様性と書店の利益を守るための数々の仕組みが、有名無実になってしまいかねないのだ。

     もっともAmazonも、売れ筋の新刊書については正価販売を続けており、影響は限定的との観測もある。また、大嵐となっている電子書籍の存在に比べれば、出版社・書店への影響は軽微だ……という見方も、おそらく正しいだろう。

     何はともあれ、Amazonアウトレットは、目ざといユーザーほどお得に買い物ができるサービスになっている。願わくば、アウトレット商品を探す際の、一覧性の低さが解消されることを望みたい。

    TEXTジャンヤー宇都>

    【ジャンヤー宇都】

    「平成時代の子ども文化」全般を愛するフリーライター。単著に『多摩あるある』と『オタサーの姫オタク過密時代の植生学〜』(ともにTOブックス)ほか雑誌・MOOKなどに執筆



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Amazonアウトレットで何でも安く買う裏技。業務スーパーよりも安い


    これ気になりますね!!



    <このニュースへのネットの反応>

    【Amazonアウトレットで何でも安く買う裏技。業務スーパーよりも安い】の続きを読む


    Image: PixieMe / Shutterstock.com

    Alexaさん、いつも楽しませてもらってます。

    7月8日から、モバイル端末のAmazon AlexaアプリAlexaのハンズフリー操作が可能になりました。Alexaアプリなのに、なんで音声認識してくれないのよ、ということなんでしょうね。まぁ、最もな気がします。でもねー、Alexaに囲まれている我が家ではちょっと困った問題が起こっちゃったんですよー。では、Alexaアプリのハンズフリー機能をオンにする方法と、我が家のちょっとした困りごとを紹介しますね。

    Alexaアプリを機能させる方法

    Image: 中川真知子

    まずAlexaのアプリが必要です。

    1)Alexaアプリを開いて

    2)設定にいき

    3)「このスマートフォンAlexa」を選択して

    4)「ハンズフリー」のオンとオフを切り替えます

    5)マイクと位置情報のアクセス権限を許可して

    6)Alexaがウェイワードを認識したら、オッケー

    このAlexaハンズフリーで何ができるのかというと、「アレクサ、午前7時に『ゴミ出し』をリマインドして」とか、スマートホームがあれば「アレクサ、電気を消して」とかですね。

    家中のAlexaが反応...

    我が家にはいろんなAlexa対応デバイスがありまして、まずEcho Show 5がキッチン、夫の部屋、私の仕事部屋で計3台、Amazon Fire StickFitbit Versa2、Jabra Elite Active 65t、そして今回、アプリAlexaが加わりました。アプリ版に話しかけてみたのですが、仕事部屋のEcho Show5が速攻で青く光りました。Fitbit Versa2とJabra Elite Active 65tはボタンを長押ししないとAlexaが起動しないようになっているのですが、試しに同時に起動してみたところ、全てがスタンバイ状態になりました。なんか、メイドが私の発言を漏らさず訊こうとしている姿勢が感じられて気持ちがいい! 

    唐突な「宇宙とは何か」

    ただ、問題があります。それは、Alexaの精度にばらつきがあること。Fitbit Versa2は、ほぼほぼ使えません。例えば、「タイマーを7時に設定して」というと、「Thinking…」からの「Unsupported Request」になり(タイマー機能があるの知ってるぞ!)、Echo Show 5は何を勘違いしたのか「宇宙とはなに」を説明しだしました。一方のJabraはなぜかSiriを起動するという謎行動(ボイスアシストAlexaって設定してあるのに!)。なんというカオス…、じゃなくて喜劇。

    一方のAlexaのアプリは精度が良くて、Alexa呼び出しボタンを押して「タイマーを7時に設定して」というと、きちんと反応してくれました。さすがアプリさんやでぇ…。

    Alexaアプリのハンズフリーは便利?

    ただ、Alexaアプリのハンズフリーはそこまで使わないかなと思いました。というか、私の場合(精度を抜きにすれば)、ハンズフリーFitbit Versa2もJabraもあります。わざわざAlexaのアプリを開いて、ハンズフリーを使う必要性があまりないかも。

    ハンズフリーの場合、やりたいことを覚えておく必要があるので、そこが大変。アプリAlexaをスタンバイしたはいいけれど、何をしてほしいのかを忘れてしまって「アウアウ」言ってしまうことも。タッチすればいろいろ操作ができるのに、Alexaとお喋りしているのがもどかしい…!

    アプリは今まで通り、目で見て手で操作する方が私的には便利だと感じました。でも、操作の選択肢が増えたことはいいこと。友人に全盲の人がいますが、やっぱり読み上げやハンズフリー必要不可欠ですもん。

    最近思うことは、なんだかAlexaがジワジワと我が家を侵食し始めているな〜ということ。ただ、そこに居心地の悪さを感じているわけではなくて、全てのAlexaが足並み揃えてコマンドを聞いてくれるようになるには、あとどれくらい時間が必要なんだろうと、成長を見守るような感じで楽しんでいます。ま、予期せず「宇宙とはなに」を聞かされるのも、また一興ではあると思うんですけど。

    Source: Amazon Alexa



    (出典 news.nicovideo.jp)

    アレクサのスマホアプリがハンズフリー対応。アレクサだらけの家で試したら...


    これ試してみたいですね!!


    <このニュースへのネットの反応>

    【アレクサのスマホアプリがハンズフリー対応。アレクサだらけの家で試したら...】の続きを読む


    Google7月16日(米国時間)、Gmailを中心としたG Suiteの刷新を発表した。自宅でもより柔軟かつ効率的な働き方を実現するため、ビジネス向けG Suiteの各機能をよりシームレスに使えるよう統合する。

    G Suiteは、GmailGoogle DriveGoogle Meet、GoogleカレンダーといったGoogleサービスをまとめたビジネス向けツールGoogleは、Web会議やリモートでの共同作業など、フレキシブルな働き方が標準になってきた一方で、仕事用のツールタスクが多岐にわたってしまっているとした。そこで今回、家で仕事をする場合でも、各サービスをより便利に使えるよう連携させることを目的に、G Suiteを改善した。

    具体的には、Gmailアプリテキストチャット機能(Chat)、ビデオチャット機能(Google Meet)、グループ機能(Rooms)が統合される。チャット機能では、ファイル共有やタスク管理ができるようになり、必要なドキュメントの共有や、作業の担当者などがわかりやすくなる。グループ機能では、複数人がリアルタイムドキュメントを共同編集できる機能も搭載する。

    また、Google Meetやチャットに新しいセキュリティ機能が加わる。「Knocking controls」は、一度退出した出席者が再び同じ会議に入る場合、ホストが再招待しないと入れないというもの。「Safety locks」は、出席者の発言や発表についてホスト側が決定するというもの。

    Gmailは「new integrated workspace(新しい統合されたワークスペース)」となり、各サービスにシームレスにアクセスできる仕事用ツールとして提供される。今回の統合によりアプリの切り替え作業が不要となり、同社はチャットからすぐWeb会議に移行したり、チャットメッセージからタスク作成ができたり、メールチャットを横断した検索が行えたりすることがメリットだとしている。

    新しいG Suiteは、G Suiteユーザー向けに今後数週間かけて試用版が提供される。
    (村田奏子)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    G Suiteが刷新、Gmailにチャットやビデオ会議機能を統合

    これ今のビジネス向けに刷新された感じですね!!

    使ってみよ笑




    <このニュースへのネットの反応>

    【G Suiteが刷新、Gmailにチャットやビデオ会議機能を統合】の続きを読む


    Photo: Google

    かっけーっす!

    先週、次世代Google Homeらしき画像がリークして注目されました。が、リークがなんのその。そんなもんに注目してるなら、こっち見ろ!とばかりにGoogle公式ティザー画像&動画を公開しました。

    リーク画像にとても似てはいますが、ブラッシュアップされより洗練されたデザインですね。丸角縦長のファブリックボディ。サイズ感としては、Nest MiniGoogle Home Maxのちょうど真ん中というところ。ボディ中央には4つのライトがあり、これがユーザーの声やタスクに応じてピカピカっとね。

    動画に登場しているのは、くすみ系のグレーブルーピンクのようですね。これに黒があれば、Nest Miniのカラバリと同じですね。新Google Home(仮)の方が、ちょっと色味が薄くて暗いかな? Googleは、その時のトレンドカラーラインナップに加えることが多いので、いざ発表となったらカラバリが増えている(変更されている)かも。今年っぽいというと、くすみグリーンパープル? タイダイデザインも注目されてますが、まさかそれはないかと。

    ティザー投下で、ついに2016年初代リリースGoogle Homeデザインが一新!とますます期待はつのるものの、公式が出したのはあくまでも見た目だけ。詳細は一切不明。新製品の名前、価格、はたまた発売時期に関する情報公開はなし。

    ちなみに、リークがでた後に公式が画像を出すというの、実は去年もGoogleやってるんですよね、Pixel 4で。さんっざんリーク情報や噂が出回っていた6月、Googleが1枚だけ公式ティザー画像を投下して盛り上がりました。Pixel 4は10月発表だったので、4月前に画像を投下したということですね。今回のスマートスピーカーも似たようなタイムラインかな。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    画像リーク? 別にいいけど? 公式が新Google Home(仮)ティザー画像&動画を公開


    これカッコイイですね!!

    欲しくなる笑

    Google Home 完全ガイド
    kazumasa
    2018-03-29




    <このニュースへのネットの反応>

    【画像リーク? 別にいいけど? 公式が新Google Home(仮)ティザー画像&動画を公開】の続きを読む


     東京大学と大日本印刷(DNP)は7月13日、皮膚に貼り付けられる薄型・伸縮自在の「スキンディスプレイ」をフルカラー化したと発表した。スマートフォンBluetoothで接続し、カラフルな画像などを離れた場所からディスプレイ上に送信、表示できる。「従来は単色しか表示できなかったが、駆動回路を簡略化・小型化することでフルカラー化を実現した」と、研究チームの染谷隆夫教授(東京大学)は話す。

    【その他の画像】

     利用者は、遠隔地にいる友人や同僚からハートマークや「いいね」マークを送ってもらい、肌の上に表示することで、温かみのあるコミュニケーションができるという。東大とDNPは「遠隔コミュニケーションでの感情伝達を補う効果を期待している」としている。

     連続稼働時間は約30~40分で、9000色以上の表現が可能。12×12個(144画素)のマイクロLEDチップを厚さ約2mmのゴムシートに等間隔で埋め込んでおり、ユーザーの皮膚の形状に合わせて貼り付けられる。130%の伸縮を約100万回行っても電極が壊れないという。

     皮膚に張り付ける際は、医療用の粘着剤を使うため、ばんそうこうのような感覚で着け外しできる。マグカップペットボトルにも貼り付けられるが、画素数が少ないため文字の表示は難しいという。

     20年度中に利用者のニーズや製造プロセスの検証を始め、2~3年以内の実用化を目指す。染谷教授は「今後は解像度を上げつつ、より頑丈・安価な製造を実現することで普及につなげたい」としている。商品化の際には、バッテリーや通信回路が入ったパーツのさらなる小型化も検討する。

     旧型のスキンディスプレイは、東大とDNPが2018年に発表。当初は16×24個(384画素)のマイクロLEDチップを厚さ約1mmのゴムシートに埋め込む構造で、1色しか表示できなかった。

    実際の使用イメージ。黒いパーツに駆動回路やバッテリーが入っている


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「皮膚に貼れるディスプレイ」がフルカラー化 スマホと連携、肌にハートや「いいね」マークを表示

    とうとう「皮膚に貼れるディスプレイ」って

    すごいですね!!

    こんな技術あればもっと応用できそうですね笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【「皮膚に貼れるディスプレイ」がフルカラー化 スマホと連携、肌にハートや「いいね」マークを表示】の続きを読む

    このページのトップヘ