ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ: その他ニュース


    【元記事をASCII.jpで読む】

    Root(ルート
    2月19日発売
    直販価格 2万9800円
    アイロボットジャパン
    対象年齢 6歳以上

    https://www.irobot-jp.com/root/

     0歳児&3歳児と暮らしております盛田諒ですこんにちは。小学校プログラミング教育が必修化されたことを受け、最近おもちゃ売り場に行くとかならずプログラミング・トイが目に入るようになりました。方向を指示して動かすクルマロボット、謎のヘビなどなど。全体にどこかカチッとした理知的なおもちゃが多い中、ルンバのアイロボットが遊び心をくすぐる感性的なおもちゃを出してきました。ホワイトボードに絵を描き、楽器のように音を鳴らせて、ピカピカと7色に光る小さなロボット、その名も「Root(ルート)」。家で試してみましたが、これ自分用に欲しいです。

    センサー満載 さながらミニルンバ

     Rootはアイロボットが手がける初の教育用ロボット。教育用ロボットを開発するハーバード大学発のスタートアップRoot Roboticsを買収して開発したものです。これまでもアイロボットは北米で「iRobot Create 2」という研究開発向けのルンバを出してきましたが、Rootはもっとやさしく6歳から遊べるおもちゃという建てつけ。法規制の関係で日本の推奨年齢は6歳以上ですが、海外では4歳からということで売られています。4歳からのプログラミング教育!

     ミニサイズでありながらルンバ並みのセンサーを搭載。目のようなところは光センサー、白いボディはさわると感知するタッチセンサー、十字に入った黒い模様はLEDセンサー。本体の前には障害物を検知できるバンパーセンサー、本体の下には段差を見分ける段差センサールンバにはない色を見分けるカラーセンサーも備えます。充電用のUSB-C端子があり、将来的には拡張デバイスや電子回路を載せられるようにもなっています。

     こうしたセンサーへの入力をきっかけに、様々なことをできるのがRootです。走るほかにできることは「描く」「鳴らす」「光らせる」の3つ。

    1. 付属のペンをさすとホワイトボードに絵を描く
    2. 曲を作ったり本体にさわって音を鳴らす(8音階)
    3. LEDを7色に光らせたり点滅させる

     絵を描くときは、ペンを本体中央にグサッとつきさします。ホワイトボード用のペン(青・緑)が入っているので、それを使う形。

     本体の内側にマグネットが入っているので、ホワイトボードなどにくっつけて垂直に移動させることもできます。試しに冷蔵庫につけているホワイトボードに置いたところ見事にくっつきました。

     動きを組み合わせれば、たとえばRootをラジコンのようにレーシングコースを走らせたり、タッチセンサーにふれてピアノのように鳴らしたり、バンパーセンサーが家の中にある障害物にぶつかると向きを変えて脱出するという、まさにルンバロボットを作ることもできます。

    ●やさしいアプリ さながらホームページビルダー

     Rootを動かすにはアプリ「iRobot Coding」を使います。iOS/Androidに加えてChromeEdgeなどウェブブラウザーでも動作可能。BluetoothでRootにつながり、アプリで作ったプログラ厶どおりに動かせます。

     プログラムを作る方法は難度ごとに3レベル

    レベル1 文字がないブロックをつなぐ
    レベル2 ブロックテキストの組み合わせ
    レベル3 一般的なテキストコーディングSwiftベース

     ただプログラミングブロックを組み合わせるだけのレベル1、自分でパラメーターを指定できるレベル2、そしてテキストコーディングレベル3に分かれます。Swiftベースってところもいいですね。ブロックは「プログラムがかいしされたとき」「かいてんする(みぎ)(90)ど」「セット(マーカーをしたへ)」など、やさしい言葉で作られています。

     レベルを切り替え、ブロックで組み上げたプログラムが実際にどんなコードになっているかを見ることもできます。ブログのCMSでプレビューソースコードを切り替えるような感覚ですね。

     プログラミングエリアの隣にはシミュレーターが表示されていて、Rootを動かす前に動作をシミュレーションできるようになっています。Rootを持っていなくてもシミュレーターは使えるので、たとえばプログラミング教室などでRootを使ったプログラミング教育を習っているとき、自宅でプログラムを作っておいて、教室でそれを動かすということもできます。

     パスコードを入れて新しいプログラムダウンロードすることもできます。試しにダウンロードしたプログラムを実行すると、Rootがホワイトボードにアイロボットのロゴを描いてくれました。

     海外ではこのシステムを使って有料の課金コンテンツも配信されているようですが、日本では当面すべてのコンテンツが無料で遊べるようです。

     このアプリがかなり良くできていて、初心者とっつきやすい作りです。基本的な部分をブロックで組んで、細かいところをテキストベースで調整するという遊び方がしやすく、大昔にホームページビルダーでテキストサイトを作っていたときのことを思い出しました

    ●いっしょにルンバをつくろう

     なぜルンバのアイロボットが教育用ロボットに参入するのか。

     実はアイロボットはこれまでもエンジニアを育てるSTEMプログラムを世界中で展開してきました。日本でも3年前から東京や大阪のオフィスでSTEMプログラムを展開しています。このSTEMプログラムをよりたくさんの人に体験してもらうためRootを出しましたという流れ。アイロボットはこのSTEM教育を「アイロボットエデュケーション」と命名し、ロボットエンジニアを育成する活動をしたいと考えています。

     同社のコリン・アングルCEOは「もしロボット作りやプログラミングに興味を持ったら、エンジニアとしてアイロボットで私たちと一緒に未来のロボットを開発していただきたいと本気で思っているのです」とコメントしていました。いっしょにルンバをつくろうぜということですかね。

     まだRootビジネスは始まったばかり。今後は課金コンテンツを増やしていく方向も考えているということですが、将来的にはアイロボットがレゴスクールやレゴクラスのような教室を運営することもあるんでしょうか。いずれにせよRootそのものが抜群によくできているので、親子でハマるところも十分に想像できます。今後の動きにも注目したいですね。

     
    小さいルンバが絵を描く 教育用ロボット「Root」は大人が欲しくなる


    (出典 news.nicovideo.jp)

    小さいルンバが絵を描く 教育用ロボット「Root」は大人が欲しくなる


    このおもちゃ最高ですね!!

    定額制ウォーターサーバー【AQUA STYLE】

    <このニュースへのネットの反応>

    【小さいルンバが絵を描く 教育用ロボット「Root」は大人が欲しくなる】の続きを読む


    Photo: 武者良太

    コンテンツを! 対応コンテンツを! もっと!

    フラットな視点で見たAirPods Maxファーストインプレッション:ハイエンドになった「いつものAppleの音」、今回はスルーしようと感じた僕がAirPods Maxを買わない3つの理由をお届けしました。ここからは、それでも僕がAirPods Maxに期待したい理由を記します。

    というのも、AirPods Maxを取り巻く状況が(仕方ないにしろ)未熟だと思えるんですよね。ハードウェアとしてではなく、サービス側にあと1ターンの進化が必要なんじゃないかと。

    1.リラックスさえできるストレスフリーな装着感

    アップルとしては初のヘッドホンですが、アップルらしいミニマルなデザインを追求しながらも装着感をないがしろにしていない、いや、つけ心地の良さも追求しているところは、本当に素晴らしい。1本のバンドなのに頭頂部に重さを感じないってのは、ヘッドホンの歴史を振り返ってもすごいことよ⁉︎

    数時間つけつづけても疲れなさそうと思える装着感で、ワイヤレスで、マイクつき。1日に複数のテレミーティングをしなければいけない方だったら、ここにお金を払っていいはず。自分の身体に合った椅子や靴、マットレスを選ぶがの如く。ウェアラブルなものだからこそ、UX重視の視点で考えると6万円というプライスはアリだよなと思える自分がいるのです。

    2.高性能チップ内蔵ヘッドホンが普及するキッカケになるはず

    原音に忠実なサウンドと、AirPodsならではの魔法」というAirPods Maxキャッチコピーが興味深い。きっと逆で、AirPodsならではの魔法があるから原音に忠実なサウンドを目指せるものなのではないかと思えます。結果としてAirPods Maxは、ストリーミングEDMサウンド今現在のスタンダードナンバーの再生において超キラッキラなゴキゲントーンを聴かせてくれるものでしたし。

    アナログ的なアプローチは、いままでオーディオ一筋に生きてきたエンジニアの思想が見えてくるようで素敵なもの。しかしデジタル的なアプローチによってドライバー径やハウジング内の空気量を拡大しなくても豊かな低音が鳴らせるようにもなるのです。ダウンサイジングが求められている現在において、パッシブ機器が多かったオーディオの世界にデジタル技術はとてつもなく重要だと感じます。

    その上でH1チップx2のAirPods Maxには可能性があるんじゃないかなって。強化された計算力をノイズキャンセリング以外に活用してくれたら、どんな体験ができるのだろうと。ハウジング内側のマイクで外耳道の反響音をキャッチして、そのデータを元にヘッドホン単体でコンサートホールの広大なサウンドステージを再現することも可能になるんじゃないかって。音質ではなく音場の再現性で選ぶと、価値あるモデルになるんじゃないかなって夢想してしまいます。

    3.ご自宅ライブにかかせないヘッドホンになるんじゃないか

    今回AirPods Maxを使いながら感じた最もたるポイントが、空間オーディオ対応コンテンツの少なさAirPods Proでは「イヤホンだし、まあこんなもんか」と思えた空間オーディオが、広い。映画館サウンドとはよくいったもの。マジでiPhoneAirPods Maxの組み合わせで、ポータブルホームシアター環境の完成ですよ。

    だからこそ! もっとコイツの凄さが実感できるコンテンツがほしい! Apple TV+とDisney+だけじゃ足りないっ! サラウンド音声対応のコンテンツを配信しているNetflixAmazonプライムビデオAirPods Maxに対応してくれたら、もうビクトリーの文字しか見えません絶対に。

    ご自宅時間が長い現在、オンラインライブ配信も増えていますが、ここですここ。ここもAirPods Maxに対応してくれる動画配信プラットフォームが登場したら、僕もおとなもこどもおねえさんもみんながAirPods Maxを欲しくなるはずです。

    AirPods Max関連記事

    AirPods Maxファーストインプレッション:ハイエンドになった「いつものAppleの音」

    僕がAirPods Maxを買わない3つの理由

    Source: アップル



    (出典 news.nicovideo.jp)

    それでも僕が、いつかAirPods Maxを買うかもしれない理由


    これすごいですね!!


    最速キャッシュバックのインターネットSoftBank光

    <このニュースへのネットの反応>

    【それでも僕が、いつかAirPods Maxを買うかもしれない理由】の続きを読む


    ヨドバシカメラ12月14日11時から、電化製品を福袋形式で購入できる「2021年 夢のお年玉箱」の追加販売を実施している。抽選の申し込み受付期間は2020年12月15日午前10時59分まで。購入は抽選となり、抽選結果は2020年12月15日午後6時から順次発表される。

    恒例のヨドバシカメラ福袋企画「2021年 夢のお年玉箱」は、2020年12月6日で一度締め切り、抽選結果が12月8日に発表されていた。今回好評につき、短期間ではあるが追加受付を実施している。三密回避のため、ヨドバシカメラ店頭での「2021年 夢のお年玉箱」販売は行われないので注意したい。

    申込みはWebの特設サイトからのみ行え、ヨドバシドット・コムの会員登録が必要。なお、第1回の申し込みで「2021年 夢のお年玉箱」に当選したユーザーは、第2回(今回)は当選対象外となる(申し込み自体は可能)。

    また、2020年11月29日時点でクレジットカードGOLD POINT CARD+」の会員であり、かつヨドバシドット・コム会員ID共通化済みのユーザーや、2020年1月1日から同年11月29日の期間中にヨドバシドット・コムで購入履歴があり、かつポイント共通化済みのユーザーは、当選確率が優遇される。

    2020年12月14日20時30分時点での1番人気は、「夢のお年玉箱2021 ミラーレス一眼ダブルズームの夢」(60,000円・税込)で、当選倍率は692倍。次いで「夢のお年玉箱2021 ミラーレス一眼レンズキットの夢」(35,000円・税込)が当選倍率426倍となっている。
    (村田奏子)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ヨドバシ「2021年 夢のお年玉箱」が追加販売! 一番人気はミラーレス一眼

    これ楽しみな福袋ですね!!


    DMM FXは初心者向け

    <このニュースへのネットの反応>

    【ヨドバシ「2021年 夢のお年玉箱」が追加販売! 一番人気はミラーレス一眼】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

    バッグの側面にはUSB充電ポート付き! SPIEL MADISON LARGE BOSTON with USB-PORT

     アスキーストアで販売中、USB充電ポート付きのマジソンバッグ「SPIEL MADISON LARGE BOSTON with USB-PORT」を紹介します。

     本体側面にUSB充電ポートを備えるマジソンバッグです。内側にはケーブルが付いているので、手持ちのモバイルバッテリーを接続すればスマホなどを充電できます。

     生地には撥水性のあるナイロンを採用。丸みを帯びた半円形のデザインで、容量は30リットル。ファスナーで開口部を大きく開けられるので通勤や通学に最適です。また、キャリーバッグに連結できるキャリーオンポケットも備え、海外出張や旅行時もラクに持ち運べます。

     本体前面には、定期やキーホルダーなどをぶら下げられるDカン付きのオープンポケットを装備します。背面にもスマホや手帳の収納に便利な3つのオープンポケットを備えます。

     本体サイズ/重さは、およそ幅50×厚さ22×高さ29.5cm/およそ572g。カラーバリエーションブラックとネイビーの2色を用意します。

     アスキーストアでは、5390円で販売中。さらに詳しい情報はアスキーストアでチェックしてください。

     ※ロゴとして「Madison Square Garden」と入っていますが、アメリカのマジソンスクエア―ガーデンとは関係ありません。

    バッグの側面にはUSB充電ポート付き! SPIEL MADISON LARGE BOSTON with USB-PORT

    アスキーストア送料変更に関するお知らせ

     このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。アスキーストアの公式TwitterFacebookメルマガでは、注目商品の販売開始情報をいち早くゲットできます! これであなたも買い物上手に?

    スマホなどが充電できるUSBポート付き! 人気のマジソンバッグLサイズ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    スマホなどが充電できるUSBポート付き! 人気のマジソンバッグLサイズ

    これ欲しくなりますね!!

    DTI SIM お試しプラン

    <このニュースへのネットの反応>

    【スマホなどが充電できるUSBポート付き! 人気のマジソンバッグLサイズ】の続きを読む


     小学館の生活情報誌「DIME」は、12月16日発売号(2021年3月合併号)の特別付録が「LED照明付きコンパクト撮影スタジオ」と明らかにした。ネットオークションなどに出品する物をスマートフォンできれいに撮影できるという。価格は990円(税込)

    【その他の画像】

     プロの現場でも使用する“撮影ボックス”をコンパクト化。20個のLEDをつなげたライン状の照明が付属し、ボックスに取り付けると内側全体が明るくなって光量不足や影による撮影の失敗を防ぐ。白と黒の背景シートが付属する。

     本体は指輪や香水などの撮影を想定した大きさ。折りたたみ式のため、使わないときはコンパクトに収納でき、バッグなどに入れて持ち運べる。

    「LED照明付きコンパクト撮影スタジオ」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「DIME」の付録に小型“撮影ボックス” フリマやオークションの出品に LED照明付き


    これ綺麗に撮影するなら最高ですね!!


    au PAY


    <このニュースへのネットの反応>

    【「DIME」の付録に小型“撮影ボックス” フリマやオークションの出品に LED照明付き】の続きを読む

    このページのトップヘ