ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ: その他ニュース


    私たちが仮想世界で生きている可能性は50%

    この世界がシミュレーションで作られている可能性は50% / Pixabay

     我々は、何者かによって作られたコンピューターシミュレーションの仮想世界に生きているのではないか?人類が生活しているこの世界は、コンピューターによって構築されたシミュレーションであるという説を「シミュレーション仮説」という。

     まるで冗談のような話だが、東洋でも西洋でも古くからある概念で、たとえば荘子の「胡蝶の夢」やプラトンの「洞窟の比喩」に見ることができる。また前世紀の終わりには、現実と仮想現実を舞台とした映画『マトリックス』が大ヒットした。

    ―あわせて読みたい―

    この世界がゲーム内シミュレーションではないという証明は可能なのか?アメリカで有識者によるパネルディスカッション
    この現実は幻想?我々の住む世界は悪の天才によってコントロールされたシミュレーションであるかもしれない(哲学者)
    我々が認識している現実は脳が描いた虚像である。過去の経験や知識で判断するでっちあげの世界(ドイツ研究)
    現実はたった1つの絶対的なものではない?量子レベルでは、人によって別の現実が存在するという結論(英研究)
    残念なお知らせ。タイムトラベルで過去を変えても未来は修正されない(オーストラリア物理学者)

    この世界はシミュレーションなのか?

     より近代では、オックスフォード大学の哲学者ニック・ボストロム博士がシミュレーション仮説に関する論文を発表しセンセーションを巻き起こした。

     ボストロム博士は、どこかの高度文明が強力な演算性能を誇るコンピューターを開発し、それを用いて意識を持つ存在が暮らすシミュレーションを行う可能性について考察し、現実の状況は次の3つのうちのいずれかだろうと結論づけている。


     1. 人類を含む知的生命体は、高度なシミュレーションを行えるくらい発達する前に、ほぼ必ず絶滅する。

     2. 知的生命はその段階にまで到達すると、そのようなシミュレーションになど関心を持たなくなる。

     3. 私たちがシミュレーションの住人である可能性は100%に近い。


     これをめぐって、仮説を証明する手段を論じたものや、それが現実である確率を論じたものなど、さまざまな議論が交わされてきた。

    シミュレーション仮説

    iStock

    物理世界と仮想世界の確率は50%:50%と仮定した研究者


     アメリカコロンビア大学の天文学デビッド・キッピング博士は、シミュレーション仮説がどれだけ現実的なものか考察するために、「ベイズ推定」という確率的な推論を試みることにした。

     ベイズ推定は、ある出来事が発生する確率(事前確率)を仮定し、それがある条件の下で発生する確率(事後確率)を求める推論法だ。

     キッピング博士はまず先ほどの状況の1つ目と2つ目をまとめた。なぜなら、どちらの状況でもシミュレーションは行われないことになるからだ。

     するとあり得る世界は、シミュレーションが行われない世界(物理仮説)と、物理世界のほかにシミュレーションによる仮想世界がある世界(シミュレーション仮説)の2種類ということになる。

     現時点で、一体どちらの世界なのかを推測できるデータは一切ない。そこでキッピング博士は「無差別性の原則」にしたがって両仮説に事前確率を与えている。つまりはどちらも50%50%の確率であると仮定した。

    物理世界と仮想世界の確率は50%:50%

    Pixabay

    生産現実と非生産現実


     さらにシミュレーション世界が生成されることがある「生産現実」と、そのようなことが行われない「非生産現実」について考察が進められる。

     もし物理仮説が正しいのであれば、話は早い。私たちの世界が非生産現実である確率は100%だ。

     だが、仮にシミュレーション仮説が正しいのだとしても、ほとんどのシミュレーション世界は非生産現実だと考えられるという。

     なぜなら、シミュレーション世界がさらなるシミュレーション世界を作り出してしまったら、意識的な存在が暮らす現実を構築するだけの演算能力が足りなくなってしまうからだ(なお、”意識的"の意味についてはキッピング博士は詳しく論じていない)。

    人類にシミュレーション世界を作り出すことができたら?

     こうした考察をベイズ推定に当てはめると、次のような答えが導き出される。

     我々が物理世界で暮らしている事後確率とシミュレーション世界で暮らしている事後確率はほぼ同じ。ただし、ほんのわずかだけ物理世界である確率が高い。

     だが、もし私たち人類にシミュレーション世界を作り出すことができるとしたら、この確率はがらりと変わる。シミュレーション世界がないことを前提とした物理仮説が崩れてしまうからだ。

     すると、確率的にはほぼ間違いなく私たちは現実の住人ではないことになってしまうという。

     なお、これについてボトスロム氏は”ただし書き”付きで同意している。同氏が問題視するのは、分析の最初の時点で、物理仮説とシミュレーション仮説の確率を半々にしていることだ。

     「無差別性の原則が妥当なのかどうか、はなはだ怪しいでしょう」と、Scientific American誌で述べている。確かに、これに関する証拠はどこにもない。

    物理仮説とシミュレーション仮説

    iStock

    シミュレーションを見破る方法はあるのか?


    はたして推論以外にこの世がシミュレーションであるかどうか見破る方法はないのだろうか?

     これについて考察しているのがカリフォルニア工科大学のコンピューター数学者フーマン・オワディ氏だ。

     彼によれば、もしシミュレーションを実施するコンピューターに無限の演算性能があるのならば、この世の真実を見抜く術はないという。しかし、それが可能なものならば、それは演算リソースの限界が突破口になる。

     そのもっとも有望な手段は量子物理学的な実験である。量子系は「重ね合わせ」という状態で存在でき、これは「波動関数」によって数学的に記述される。そして観測という行為によって波動関数がランダムに崩壊し、いくつもあるあり得る状態のうちの1つに落ち着く。

     この崩壊プロセスについて、それが現実なのか、それとも量子系についての知識の変化を反映したものなのか、物理学者の見解は二分されている。

     だがもしこの世が純粋にシミュレーションであるのならば、崩壊は実際には存在しないというのがオワディ氏の見解だ。物事は観測によって決定され、後のプロセステレビゲームのようにシミュレーションとして行われる。

     一体どちらが本当なのか明らかにするべく、オワディ氏はシミュレーションにバグを引き起こすよう設計された「二重スリット実験」の応用に取り組んできた。ただし現時点では、それらが上手くいくのか知ることは不可能であるとのことだ。

    二重スリット実験

    iStock

    時空は連続的か、非連続的か?


     メリーランド大学カレッジパーク校の物理学者ゾフレ・ダバディ教授は、演算能力の限界からシミュレーション世界を見抜こうという意見にインスピレーションを受けた人物だ。

     彼女のテーマは、素粒子の間で働く「強い相互作用」だ。この力はクォークをまとめて陽子や中性子を形成させるものなのだが、複雑すぎて分析することができない。

     そこで数理シミュレーションが利用されるが、人類のコンピューターは演算能力が有限であるゆえに、複雑なその動きを再現するためにある誤魔化しが必要になる――時空が連続的なものではなく、非連続的なものと仮定するのだ。

     もしこの世の中がシミュレーションであるならば、それを作り出している世界シミュレーターは演算能力を節約するために時空を非連続的なものと仮定している可能性が高い。

     そしてその痕跡が、高エネルギーを持つ宇宙線に見られるかもしれない。「回転対称性」を破り、好みの方向を持つ宇宙線があったとすれば、それはリソース節約のためかもしれないというのが、ダバディ教授のアイデアだ。

     今のところこうした特性は観測されておらず、仮にされたとしても、すぐさまシミュレーション仮説の正しさを証明するわけではない。物理世界であっても、そうした特性はあるかもしれないからだ。

    シミュレーション仮説

    Pixabay

    人間の脳をシミュレーションできる未来


     ちなみにこうした物理シミュレーションの最先端の成果は、陽子2つと中性子2つで構成されるヘリウム核の挙動を再現することだ。

     現時点ではたった1つの原子核をシミュレーションできるだけに過ぎない。だがダバディ教授はこのように想像している。

    10年後にはもっと大きな原子核をシミュレーションできるようになるかもしれません。2、30年すれば分子のシミュレーションもできるかもしれません。さらに50年後なら数センチの物質だって行けるかも。そして、100年後には人間の脳ですら再現してしまうのです

     従来型のコンピューターではじきに壁にぶち当たるだろうと、ダバディ教授は考えている。そこで彼女が注目するのが、重ね合わせなどの量子効果を利用した量子コンピューターだ。

     「量子コンピューティングが大規模なスケールで信頼できる選択肢になれば、シミュレーションはまったく違う次元に突入するでしょう」と、ダバディ教授。

     その日、人類は意識を持つ存在が暮らすシミュレーション世界を誕生させてしまうのだろうか? それは我々もまたシミュレーションの住人である可能性が限りなく高いことを示す状況証拠になるのだが...

    References:futurism/ written by hiroching / edited by parumo

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52295627.html
     

    こちらもオススメ!

    ―サイエンス&テクノロジーについての記事―

    未来感が凄い!皮膚に直接印刷して使う健康管理用ウェアラブル・センサー(米研究)
    耳鳴りを改善したい?舌への刺激と電子音の組み合わせが効果的(アイルランド)
    男の子発達の科学。性染色体に隠されていたパーツを発見、マウス実験で(日本研究)
    12歳で核融合炉を作った少年がギネス世界記録に認定(米テネシー州)
    コーヒーメーカーが身代金を要求。スマート家電のハッキング実験

    ―知るの紹介記事―

    アメリカ大陸の発見を祝う「コロンブス・デー」を公式に「先住民の日」に変更する動き
    未来感が凄い!皮膚に直接印刷して使う健康管理用ウェアラブル・センサー(米研究)
    トランプ大統領がコロナに感染したのは魔女の呪いが原因?アメリカで囁かれている陰謀論
    ゾクっとする怪談話「未来からの電話」
    お得な物件情報:映画「羊たちの沈黙」の撮影に使用された家が約3千万円で売り出し中(アメリカ)
    我々がコンピューターの作ったシミュレーションで生きている可能性は50%(コロンビア大学研究者)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    我々がコンピューターの作ったシミュレーションで生きている可能性は50%(コロンビア大学研究者)


    これ気になりますね!!




    <このニュースへのネットの反応>

    【我々がコンピューターの作ったシミュレーションで生きている可能性は50%(コロンビア大学研究者)】の続きを読む


    輸入代理業などを手がけるGloture(東京都港区)は、4Kカメラ「Snoppa Vmate(ブイメイト)」を2020年10月末に順次発売するのに先だち、直販サイト「Gloture」にて予約受付を行っている。

    スマホと連携すれば大画面で映像の確認が可能に

    125グラムと軽量な手のひらサイズソニー製の1200万画素CMOSセンサーマイクロメカニカル3軸安定ジンバルを搭載し、毎秒60コマのなめらかな4K映像の撮影が可能。8倍のスローモーション撮影にも対応する(1080p)。

    カメラレンズは90度回転可能で、水平と垂直を自由に切り替えられる。音声録音は内蔵マイクのほかスマートフォンマイクBluetoothマイクを選べる。

    1.22型のタッチ対応液晶モニターを備えており単体での撮影が可能なほか、iPhone/AndroidスマートフォンWi-Fiで連携すればスマートフォンの画面で映像の確認ができる。ピクチャー・イン・ピクチャー(PiP)撮影にも対応する。

    専用の「Vmate」アプリではジンバルの細かな制御が行えるほか、「YouTubeユーチューブ)」や「Facebookフェイスブック)」などへのライブストリーミングの機能を備えるなどVlogにも適するという。

    別売の専用ブラケットを使用すれば、一般的な自撮り棒や三脚にも装着可能。また幅80ミリ、厚さ9ミリまでのスマートフォンにも取り付けられる。

    対応する記録メディアmicroSD(最大512GB)。容量2100mAhリチウムイオンバッテリーを内蔵。IEEE802.11ac準拠の無線LANBluetooth 4.1をサポートする。

    価格は2万9100円(以下全て税別)。

    直販サイトでは本機単品のほか、ブラケット・三脚のセット(価格3万1310円)、128GB microSDカードとのセット(3万1700円)、上記3点に加えNDフィルターを含むコンプリートセット(3万9120円)などを用意する。<J-CASTトレンド>

    Vlog撮影に最適、コンパクトながらなめらかな4K撮影が可能


    (出典 news.nicovideo.jp)

    軽量・手のひらサイズにソニー製センサー&3軸ジンバル 4Kカメラ

    これ欲しくなりますね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【軽量・手のひらサイズにソニー製センサー&3軸ジンバル 4Kカメラ】の続きを読む


     NHK9月28日ネット同時配信サービスNHKプラス」の利用登録が100万件を超えたと発表した。

    【その他の画像】

     NHKプラスは、NHKの総合テレビEテレの番組をテレビ放送と同時にインターネットで配信するサービス。午前6時から翌日午前0時までの18時間、NHK放送センター南関東)の放送を常時同時配信。放送が終了した番組を1週間限定で視聴できる見逃し番組配信も提供する。3月1日に試験運用を始め、4月1日に本格スタートした。

     利用登録は9月26日時点で累計100万847件。

     Webブラウザスマートフォンアプリ経由で利用可能。利用登録にはNHKの受信契約が必要で、契約者の家族5人まで追加料金なしで利用できる。

    「NHKプラス」公式Webサイトより


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ネット同時配信「NHKプラス」、利用登録100万件を突破


    これすごいですね!!


    ゲーミングPCは【FRONTIER】

    <このニュースへのネットの反応>

    【ネット同時配信「NHKプラス」、利用登録100万件を突破】の続きを読む


    Twitterユーザーの、もの(@mono39392)さんが投稿した写真に「かわいいイタズラ」「楽しそう」といった声が寄せられています。

    ものさんは仕事中、働いている店の休憩室で自身のスマートフォンを充電していました。

    仕事から休憩室に戻り、スマートフォンを見たところ勝手に写真が撮られていたといいます。

    その写真がこちら!

    なんだか楽しそう!

    充電中のスマートフォンで勝手に写真を撮っていたのは、店で一緒に働いているスリランカ人の2人。

    ものさんとは、仲がよく、とてもいい人たちだといいます。

    さらに、このような写真も撮られていました。

    スマートフォンの機種によっては、ロック中でもカメラの起動が可能です。

    2人は充電中のスマートフォンを見つけ、写真を撮って驚かせようと思ったのかもしれません。

    投稿には、たくさんのコメントが寄せられていました。

    ・めちゃくちゃ楽しそうですね!いい職場。

    かわいい!おもしろすぎます。

    ・平和ですねー。楽しそうで何よりです

    大きな反響が上がったこの投稿。ものさんが2人に伝えたところ、喜びを叫んでいたといいます。

    きっと、仲がいいからこそのかわいいイタズラだったのでしょうね!


    [文・構成/grape編集部]

    出典
    @mono39392
    ※写真はイメージ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    スマホを充電していたら勝手に撮られていて… その写真に反響が上がったワケとは


    これ楽しすぎる!

    私もやってみよかな笑



    <このニュースへのネットの反応>

    【スマホを充電していたら勝手に撮られていて… その写真に反響が上がったワケとは】の続きを読む


     スマートフォンユーザーの69.8%が「スマホ依存」を自覚している――MMD研究所は8月19日、こんな調査結果を発表した。内訳は「やや依存している」が52.5%、「かなり依存している」が17.3%。「依存していない」(23.2%)や「分からない」(7.0%)を上回った。

    【その他の画像】

     スマホ依存の実態については、「寝る時、スマホを枕元に置いて寝る」(60.4%)、「ちょっとした待ち時間にスマホをいじる」(59.3%)などの声があった。中には、「着信していないのに着信音や、振動を感じたりすることがある」(10.4%)、「対面でいるのにチャットで対話する」(1.8%)など依存度が深刻な層も見られた。

     「財布とスマホのうち、紛失して困るものは?」という質問に対して、スマホを選んだ人は42.1%。2019年の調査から7.0ポイント増えた。

     スマホをなくして困る理由は「個人情報が入っているから」(66.1%)が最多。「連絡が取れなくなるから」(56.8%)、「スマホ決済で支払いができなくなるから」(34.7%)と続いた。

     調査では、コロナ禍スマホ利用への影響についても質問。政府が緊急事態宣言を発令した後に、スマホを1日に7時間以上利用したヘビーユーザーは13.4%で、宣言前の10.0%から増えた。

     歩きスマホについては、計29.6%が「日常的にしている」「時々している」と回答。歩きスマホを「危ないと思う」「やや危ないと思う」が回答した人は計93.6%だったが、危険性を理解していてもやめられない層がいることも分かった。

     歩きスマホを「規制する必要がある」と答えた人は73.4%。具体的な規制内容は「法律(道路交通法など)」が56.9%で最多。「罰金」(43.6%)、「警察からの注意」(35.8)と続いた。

     調査はスマートフォンを所有する15歳~69歳の男女を対象に、7月10日から11日までインターネット上で実施し、560人が回答した。

    スマホ依存の自覚


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ユーザーの7割が「スマホ依存」を自覚 「枕元に置いて寝る」「待ち時間にいじる」などの声


    これやってしまいますよね!!

    寝落ち確定ですね笑



    <このニュースへのネットの反応>

    【ユーザーの7割が「スマホ依存」を自覚 「枕元に置いて寝る」「待ち時間にいじる」などの声】の続きを読む

    このページのトップヘ