ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > AR,VR


    Photo: HP

    今や会議もコレ、だそうです。

    デフォルトになっているかどうかはさておき、先日ロックダウンが解除されてフランス人の起業家の友達と久々に会ったときに、最近の会議じゃあVRを使うのが彼の中では当たり前になってきているという話になりました。まさに「ニューノーマル」ですね。

    残念ながら彼が使っているのはHPの機器ではなかったのですが、製品のプロトタイプなんかについて話し合うのもVRが都合がいいんだとか。一介の翻訳者でしかない私にとってはせいぜいZOOMニューノーマルくらいで、VRはまだまだ未知の世界ではありますが、業界にしてみれば、まるで実際に手に取るようにして製品について説明したりするのには都合がよいのかもしれませんね。これでボクシングの練習もするんだとか。

    さて、それでは第二世代のHPのヘッドマウントディスプレイHMD)HP Reverbについての米ギズモードの記事をご覧ください。

    ビジネスシーンと家庭の両方がターゲット

    第一世代のHP Reverbは、昨年HP(ヒューレット・パッカード)が打ち出した、当時解像度は世界最高と銘打ったVR ヘッドセットでした。ただし、販売対象はあくまでも大企業向けで、一般の消費者向けではなかったことが残念な点。

    そこで第二世代にあたるReverb G2で、HPはゲーム会社Valve(バルブ)と提携しビジネスシーンでも家庭でも同様に使えるヘッドマウントディスプレイを作ったのです。

    ビルトインディスプレイについては片目の解像度がそれぞれ2160 x 2160ピクセルで、視野角が114という点では、Reverb G2も第一世代と同じだけど、Valveコラボしたことで大きく変わった点は、新しいレンズの搭載によりコントラストとシャープネスが向上した点でしょうか。さらに、非常に高度な解像度ディスプレイときどき見られる不完全さや視覚的なアーティファクト(歪みの発生)などのユーザーに認識される「ムラ」の発生を抑えてもいます。

    ふき取りや除染が簡単にできる点がReverb G2の改善点。コロナ対策にはうれしい。 Photo: HP

    レンズの刷新と新しいスピーカー機能

    Reverb G2では、レンズの仕様変更が大きな影響をもたらす結果となりました。第一世代のReverbは高解像度 (片目につき2160 x 2160)のため 、ヘッドセットディスプレイのひとつひとつのピクセルを認識する能力によって起こる、低い解像度HMDや古い機種によく見られるようなスクリーンドア効果を防ぐことができています。

    しかし、この小さな体にこんだけのピクセルを詰め込むわけですから、高解像度のVRディスプレイだからこその小さなドットが見えるなどの副作用的な影響が見えやすくなってしまうことがマイナス効果となっていました。Reverb G2ではレンズが刷新され、これが解消されています。

    HPとValveコラボはそこまでにとどまりません。新しいレンズに加え、Reverb G2にはValve Indexと同じスピーカー機能が搭載されているのです。新しいスピーカー機能で、これまでになく一貫性がとれた没入感豊かな3Dサウンド体験が可能になったということです。ただし、自分のヘッドホンを使用したい場合は、スピーカーを取り外して自前のヘッドホンを取り付けることができます。

    Photo: HP

    さらに、Reverb G2の目玉機能はコントローラーです。全機種にあったビルトインのタッチパッドはなくなり、使いやすい4つのボタンに。コントローラーの横には機能性アップされたグリップボタンがあり、アナログ入力に対応しています。さらに、HPではReverb G2ではカメラモーションキャプチャーの性能が1.4倍も向上しています。 これにより、Valve IndexVive Cosmos Eliteなどのように外部センサや 「Lighthouse」技術を必要とせずに、高いトラッキング機能が得られます。

    Reverb G2とValve Indexのどちらにするか迷っている方に伝えたい情報としては、 Reverb G2では公式にIndexオシャレコントローラーと特殊なグリップセンサをサポートしていないことがあげられます。でも時間をかけて工夫すれば、 Half-Life: Alyx で使えないことはないです。こういうゲーム用にもってこいなのがHMDなんですね。

    Reverb G2にビルトインされたオーディオ機能はヘッドホンではなくむしろスピーカーであるといった方がよい。使用中に耳にじかに触れることはない。Photo: HP

    新型コロナを意識したふき取りやすい表面

    最後に、HPはReverbデザインにいくつかの変更を施しています。第一世代のReverbの本体を覆っている布製のカバーは、シンプルマット感のプラスチック製に。これで汚れのふき取りが簡単になっています。また顔にあたるクッションとヘッドバンド部分もReverb G2では長時間着用しても快適なものにアップグレード。Reverb G2ではヒンジも改良されており、ディスプレイが90度開くようになっています。ゲームの最中に用事があって抜ける場合など、仮想世界と現実世界との切替えも素早くスムーズになり、より快適になっています。

    Reverb G2で、もっともよいなと思える点は価格かもしれません。Vive Cosmosよりも100ドル安い600ドル(6万4800円)とお得で、 Valve Indexと比較すると400ドルもお安くなっています。もう一度言いますが、Reverb G2はビジネス用途にも使え、家庭でも使えるVR ヘッドセットです。誰でもVRを楽しめる時代がきたのです。

    Photo: HP

    Reverb G2は米国では本日から予約注文可能ですが、実物を手にできるのは2020年の秋ですよ。

    最後に、HPではReverb G2の出荷について、初回の製造は限定数量にするとしています。機器の予約注文自体あまりお勧めできるものではありませんので、HPのVRヘッドセットの第二世代を誰よりも早く手にしたい人でも、とりあえずはすぐに飛びつくのは抑えて、Reverb G2の公式リリースを見てからにしたいものです。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    プロ向けハイエンドVRゴーグル「Reverb第二世代」はご家庭でも使えそう


    これ使いたいですね!!

    自宅でもビジネスでも充実しそうですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【ビジネスシーンと家庭の両方 ハイエンドVRゴーグル「Reverb第二世代」】の続きを読む


    大人も子供もワクワクのやつです。

    アサヒビール株式会社が、オンライン上で工場見学を体験できる「アサヒスーパードライVR工場見学」なる特設WEBサイトを公開しています。リモート化の影響でVRの活用もいろいろ見出されてるこの頃ですが、これは面白そうな使い方ですな〜。


    ブラウザ上で動画をみる場合は、画面をグリグリ動かすと360度視点を動かせます。お姉さんの案内と共に、アサヒビール神奈川工場の施設内を見学していきましょう。

    現実では入ることができない窯の中の様子は、CGで再現しつつ360度映像で周囲を見渡せたりと、現実の映像とCGを上手く組み合わせていますね。生産ライン内部の様子も実際の見学ルートでは見えない部分ですし、普通の工場見学よりも情報が多彩かも。

    現実のアサヒビール工場見学は現在休止中ですが、例えばZoom中に画面共有でVR工場見学の様子をみんなで眺めつつ宅飲みするのも面白そう。子供の頃に神戸ワイナリーの見学に行った記憶がありますが、工場見学って、どうしてこうも楽しいのかしら。

    Source: アサヒスーパードライVR工場見学 via PRTIMES



    (出典 news.nicovideo.jp)

    アサヒビールがVR工場見学を公開中。試飲(宅飲み)の準備をしてから見ましょうね


    これ楽しそうですね!!


    VR体験笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【アサヒビールがVR工場見学を公開中。試飲(宅飲み)の準備をしてから】の続きを読む


     3月15日に開催したeスポーツイベントRAGE Shadowverse 2020 Spring GRAND FINALS」は、新型コロナウイルスの影響で、無観客試合となった。現地での観戦はできなくなったが、動画配信は従来通り実施。さらに新たな試みとして、バーチャルラットフォーム「Cluster」を使い、VR空間での観戦「V-RAGE」も行われた。

    画像付きの記事はこちら



     VR空間でのeスポーツの試合観戦は、通常の動画配信と違い、同時に観戦する人を身近に感じることができる。没入感の高さや、現場感の高さは他にない特徴だ。例えば、「PlayStation VRPSVR)」には“シネマティックモード”と言う機能がある。使用すると、Blu-ray Disc(BD)の映画やアニメなどをVR空間で視聴することができる機能だ。

     ヘッドマウントディスプレイの場合、目の前にスクリーンが固定されており、首を上下左右に動かしても絶えず真正面にある。どんな格好でも同じクオリティで視聴できるので便利だ。一方、VR空間で視聴する場合、首を動かすとスクリーンが視界から外れてしまう。映画館で視聴しているような状態になるため、より臨場感を味わうことができるのだ。

     Clusterを使った視聴も、コンテンツの見やすさよりも現場で体感できる没入感を重視している。「もともと当社の社長が引きこもりで、その所為で水樹奈々さんのライブに行けず、家に居ながらにしてなんとかライブが観られないかと考えたのがClusterです。今ではVtuberイベントなどで使用され、2019年には200回以上のイベントが開催されました」と語るのは、Cluster エンタープライズ事業部 部長を務める成田暁彦氏だ。

     そもそも実態のないVtuberにとって、バーチャル空間でのライブは、存在感を感じられる唯一無二の手段と言えるだろう。V-RAGEもそういった現場で感じられるフィジカル感を重視し、視聴者自身が「そこに居る」と思える状況を再現している。

     同時にバーチャルならではの演出もある。リアルイベント会場では屋内の場合、消防法の規定や物理的な問題により限定された演出方法になってしまうが、バーチャル空間では現実世界のような期制はなく、なんでもできる。盛り上げるためなら、屋内でありながら打ち上げ花火を上げることも問題ない。

     今回のRAGEは、無観客試合と言うことでV-RAGEでの対応となったが、本来であれば、会場とバーチャルの両方で展開し、現場のアクションがそのままバーチャルに反映される。したがって、地方在住のファンなど、会場に訪れることが難しい人たちにも現場の臨場感を体感することができるわけだ。

     好きな場所から視聴できるという点も、バーチャル空間で視聴するメリットだ。現実の会場では席が決まっていたり、自由席だったとしても、頻繁に動くことは難しかったりと、制約がある。また、有料イベントの場合、S席A席など席にランクがあり、価格や運によってステージの見やすさも変わってくる。

     しかし、バーチャル空間であれば、どこへ移動するのも自由で、他の観客に気を遣うことなく移動ができる。物理的な席が存在がないので、誰もが最前列中央に陣取ることができ、快適な観戦が楽しめる。サーバー容量の限界があり、現段階では同時視聴が1万人までとなっているが、それでも通常のeスポーツイベントでは数百人、多くても2000人程度の収容となるので、チケットが購入できなくて、来場できないと言うこともない。つまりプラチナチケットの争奪戦も転売行為もバーチャル空間では無意味なものとなる。

     「将来的にはバーチャル空間での物販も考えています。ライブ会場でマフラータオルTシャツなどを買い求めるように、アバターに着せるライブ限定のアイテムを販売していきたいです。また、同じデザインリアルグッズも後から届けるようにし、実物のグッズが手に入るようにもしたいですね。グッズ通販だと会場で盛り上がっている時に身につけられませんが、それはアバターに任せ、後日、実物が届くようにするわけです」(前出の成田氏)。

     ライブ会場において物販は大きな収益源のひとつ。動画配信では、eスポーツに限らずスポーツや音楽ライブでもマネタイズが難しいのが現状であり、アバターリアルの両方でグッズが購入できるシステムは、動画配信の収益化の根幹になり得る可能性はある。

     VR機器の普及率やVR機器の映像の解像度、VR機器の価格など、バーチャル観戦が定着するには問題が山積している。しかし、技術やコンテンツ開発が進めば、現地、中継に続く第3の観戦方法として、将来的には当たり前の観戦方法として定着していくだろう。(ライター・岡安 学)

    バーチャル空間に広がるeスポーツ会場の様子はVRゴーグルを使用することで臨場感が増す


    (出典 news.nicovideo.jp)

    次世代の“eスポーツ観戦スタイル”、遠隔地でも現場感


    これって在宅でもできますよね!!

    最高です。


    受講者満足度90%以上のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
    “"

    <このニュースへのネットの反応>

    【【eスポーツ VR】次世代の“eスポーツ観戦スタイル”、遠隔地でも現場感】の続きを読む


    Image: Fresh Gadgets

    家中どこでもタッチスクリーン

    プログラマー兼UXデザイナーの男性が、Unityハンド・トラッキングを持つOculus Questを使い、たった1日でテーブルや壁を巨大なタッチスクリーンに変える、自宅VR空間化計画を完成させました。

    まるで『マイノリティ・リポート』か『ブレードランナー 2049』

    Oculus Quest越しの室内はちょっと暗く見えるようになっており、テーブルにはFirefoxGoogle マップSlackGoogle Driveといったショートカットアイコンが表示されています。

    そしてアイコンタップすることで、たとえばテーブルが巨大な地図になります。電子ピアノの前にも、スクロールができる楽譜が壁に表示され、テレビが伸ばした手の延長線上にくると、そこもディスプレイとしてVR空間に絵が表示されました。隣りにあるソファにも例のアイコン類が並び、FirefoxYouTubeインターフェイスが空中に現れます。

    家具類がちょっと無機質だったり、現実世界にあるものが置かれていなかったりするので、この技術は一度部屋の中をマッピングしてマスクするのでしょうね。ですがそのあとは、壁や机やTVなど任意の位置をスクリーン化させるよう設定したり、外の景色や照明なども、お好みで変えることができるみたい。

    過去の作品もステキにサイバーしてる

    このプログラマーであるグレッグ・マディソンさんは、これまでにもVRやARを使ってこうした仮想ガジェットを作ってきた方です。

    こういうアイテムが身近になったら、いまや誰もが持つスマートフォンを遥かに超えた利便性と、クールなSF世界を手に入れることになるのでしょう。

    どれも普及して欲しいなぁと思う反面、常にゴツいゴーグルを被っているのは面倒だなぁ、とも思うのでした。そのためには、早くスリムなARメガネコンタクトレンズが普及しないと、ですね。

    Source: YouTube (1, 2) via Fresh Gadgets



    (出典 news.nicovideo.jp)

    まるで『マイノリティ・リポート』か『ブレードランナー 2049』
    って、映画の再現ですね!!
    カッコイイ実現できれば最高ですね!!

    <このニュースへのネットの反応>




    AKSソフトバンクは、AKB48グループ(以下48G)の劇場公演のVRライブ配信を、スマホ向けVR視聴アプリ「LiVR」で、AKB48SKE48NGT48のVRライブを、2月3日から配信開始します(有料。料金は後述)。

    ↑左から、NGT48 本間日陽さん、NMB48 白間美瑠さん、AKB48 柏木由紀さん、SKE48 須田亜香里さん、HKT48 田中美久さん、STU48 瀧野由美子さん

     

    LiVR(ライブアール)は、ソフトバンク2019年3月から提供している、VRプラットフォーアプリ福岡ソフトバンクホークスの試合を様々な角度で観戦したり、格闘技や演劇など豊富なコンテンツを、VRで楽しめます。キャリアを問わず、iOS11.0以降、Android6.0以上の端末に対応しています。

    ソフトバンク 寺尾洋幸氏

     

    公演が行われる各地の劇場では、ステージ正面と、両脇(上手と下手)にVRカメラが設置され、3つの視点からVRライブ視聴できます。なお、正面カメラは客席最前列の席よりも前にあるので、普通に劇場に行くだけでは味わえない“最前よりも近い「神席」”で、迫力のステージを楽しむことができます!

    ↑正面カメラ

     

    料金は、「AKB48チャンネル」「SKE48チャンネル」「NGT48チャンネル」が各月額3300円、前述の3組の劇場公演が視聴できる「AKB48グループチャンネル」が月額8400円となっています(1日視聴券は1100円)。LiVR特製ゴーグルと各劇場の30日間分の視聴券がセットになったVRパックも、オンラインショップAKB48グループショップ」にて現在発売中で、販売価格は4500円です。

    ↑LiVR特製VRゴーグル

     

    先日、メディア向け記者発表会が東京・秋葉原AKB48劇場で行なわれ、AKB48柏木由紀さん、SKE48須田亜香里さん、NMB48白間美瑠さん、HKT48の田中美久さん、NGT48の本間日陽さん、STU48の瀧野由美子さんが登壇し、代表して柏木さんがLiVRを体験。柏木さんは「めちゃ近い! 触りたい! 覗きたい! 最高に楽しいです」と大興奮の様子でした。

    ↑覗き込もうとしている柏木さん

     

    そして、筆者も実際にLiVRのAKB48ライブを視聴してみました!

     

    迫力のあるVRで、本当に手が届きそう!! これはもうバーチャルでしか味わえない“気持ち良さ”、ドキドキ感がありますね! ライブビューイングや、DVD、BDなどとは違って、カメラを自分のタイミングで自由に切り替えられるのも嬉しいですね! 視点切り替えで普段見ているステージとは違う“新しい発見”もあるかもしれませんからね。

    VRゴーグルと端末

     

    アイドル系ではないにしろ、毎年40~50回程度好きなアーティストバンド)のライブに足を運ぶ、「生(ナマ)の感動こそ至高!」というポリシーを持った、典型的な“現場至上主義”タイプの筆者ですが、これはこれで「リッチなライブビューイング」としての需要があると思います! しかも、スマホさえあれば自宅で気軽に楽しめますからね! 自宅なら周りを気にしなくてもいいから気楽!

    ↑LiVRの画面

     

    距離的な問題だったり、チケットの抽選に落選したりで、ライブに行けないファンも、ライブの臨場感を月3000円ちょっとで、手軽に味わえるのはおトクでしょう!

     

    今回は48GのVRライブでしたが、この先、他のアーティストライブもどんどんVRで視聴できるようになっていくのでしょうか!? 期待してますよ、ソフトバンクさん!

    ↑48Gの6人とSB寺尾氏

     

    【フォトギャラリーGetNavi webにてご覧になれます)】

    ゆきりん、VR「超神席」に大興奮! ソフトバンクの「LiVR」で、48G劇場公演が“触れそうな距離”で楽しめる!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    野球からAKBですか、すごい!!
    ってか、ファンにからすると最高でしょうね!!笑

    <このニュースへのネットの反応>



    このページのトップヘ