ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > AR,VR


     NTTドコモ1月22日、音楽ライブなどのリアルタイム配信サービス「新体感ライブ」を刷新すると発表した。サービス名を「新体感ライブ CONNECT」に変更し、8KのVR映像を配信する「8KVRライブ」機能を3月18日に追加する。今後は5Gの商用化を見据えてコンテンツを拡充し、新規ユーザーの獲得を狙う。

    【その他の画像】

     8KVRライブ機能は、複数台のカメラからの映像をつなぎ合わせて360度映像を作るリアルタイムスイッチング技術と、利用者の視聴範囲のみを高解像度で配信し、再生処理負荷を軽減する配信技術を活用する。

     ドコモの吉澤和弘社長は「(あたかも会場の最前列にいるかのような)“バーチャル最前列”を体験できるサービスになる」「高速、大容量を生かした5Gを象徴する体験ができるもの」と期待を寄せる。

     リニューアルを記念し、アイドルグループSixTONESとSnow Manが出演する音楽イベントを都内で3月18日に開催する。ライブの模様は、別途設けるライブビューイング会場に5Gで伝送する他、視聴者スマートフォンにもリアルタイムで配信する。視聴者スマホに別売のVRゴーグル(税別3300円)を装着すると、最前列から撮影した8KVR映像を体験できる。

    ソフトバンクKDDIもVR配信に熱視線

     ドコモだけでなく、他の携帯キャリアも5Gの商用化を見越して、芸能人などのライブのVR配信に注力し、ユーザー獲得を狙っている。いずれのサービスも、ステージの最前列などにVRカメラを設置し、臨場感ある映像を提供しているのが特徴だ。

     ソフトバンクAKB48グループの劇場公演の配信を2月に始める。KDDIは、日本一の漫才師を決める「M-1グランプリ 2019」のVR映像を、大会終了後にネットで配信した。

     各社がコンテンツ配信サービスに注力する中、ドコモも本腰を入れる。同社は今後、アーティストライブ映像に限らず、演劇やスポーツイベントなどにVR配信の幅を広げる考えだ。動画配信サービス「dTV」、音楽聞き放題アプリ「dヒッツ」とのシナジーも期待できることから、既存サービスと融合させたサービス展開も検討するという。

     ソフトバンクも今後、VR配信するコンテンツを拡充する方針だ。5Gの商用化が近づくにつれて、その強みを生かせるVRコンテンツ市場で、携帯キャリア各社の動きが加速していくとみられる。

    「新体感ライブ CONNECT」を発表するNTTドコモの吉澤和弘社長


    (出典 news.nicovideo.jp)

    8KVRライブって、時代が早すぎてついていけません!!
    まだ4Kでもないので泣
    皆さんはVR、4Kとかお持ちですか?笑

    <このニュースへのネットの反応>




    ソニー・インタラクティブエンタテインメントSIE)は、PlayStation VRPS VRアプリケーション輝夜月 LIVE@ZeppVR2」を、2020年1月16日から配信する。価格は2,200円(税込)

    輝夜月 LIVE@ZeppVR2」は、バーチャルYouTuber輝夜月が、2019年5月1日に行ったVRライブPS VRアプリケーションでは、ライブ中に披露した4曲のパフォーマンスを追体験できる。

    さらに、「ZeppVRの楽屋」にて輝夜月が楽曲を振り返るスペシャルコメントも収録。セットリストは、Beyond the Moon / Dirty Party feat. エビーバー/ Dance With Cinderella ! / NEW ERAの4曲だ。

    PlayStation Musicでは、PS VRアプリケーションの配信を記念して、輝夜月の特集を公開。PS VRアプリケーションと、1月15日リリースされた輝夜月1stアルバム『XXX』がまとめて楽しめるという。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    今はもうこんなことできるんですね!!
    皆さんも興味ありませんか?笑

    <このニュースへのネットの反応>




    【VR】重たいVRはもういらない!軽量150gのパナソニックVRグラスを体験 - CES 2020 | ニコニコニュース


    軽くてメガネ型がいいですね!画質はどんどん向上していくでしょうから笑笑

    パナソニックは眼鏡型VRグラスを新開発し、家電・テクノロジー見本市「CES 2020」に参考出展した。メガネっぽいコンパクトサイズで軽いだけでなく、パナソニックのAV関連技術を投入して圧倒的な高画質を実現している点も大きな特徴だ。筆者は今回、このVRグラスの試作機を短時間ながら体験することができた。

    パナソニック1月7日に発表した眼鏡型VRグラス。その最大の特徴は、「4Kを超える高解像度で、世界で初めてHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応」したことだ。かけたところは、ぱっと見では映画「マトリックス」のモーフィアスや、SFアニメ攻殻機動隊」のバトーっぽい雰囲気で個人的にニヤリとしてしまうのだが、中身は既存のどのヘッドマウントディスプレイ(HMD)にも引けを取らないハイエンド仕様になっている。

    VRグラスの左右には、大手のVRグラス向けデバイスメーカーであるKopinとパナソニックが共同開発したマイクロ有機ELパネルを搭載しており、画素境界が網目のように見えて精細感が削がれる「スクリーンドア効果」の発生も抑制。これに、Kopin社、3M、パナソニックの3社で新たに共同開発した超薄型パンケーキレンズを組み合わせ、クリアで歪みのないHDR映像を実現した。

    試作機では4K相当の解像度とHDR表示を実現しているが、今後、1.3型/2,560×2,560ドット(5K相当、2,245ppi)で、HDR/120Hz表示に対応したデバイスを搭載予定だ。

    テクニクブランドの高級イヤホン「EAH-TZ700」で採用されている磁性流体ドライバーを備えたイヤホン部や、テクニクスのデジタルアンプも採用するなど、VRグラスとしては異例といえるほど音質にこだわっているのも大きな特徴といえそうだ。

    今回体験した試作機は、VR映像を出力するパソコンと様々なケーブルで有線接続されていた。製品化するときは、VRグラスと映像出力デバイスUSB Type-Cケーブル1本でつないで映像・音声を伝送することを目指している。音声についてはワイヤレス伝送にすることも含めて検討中とのことだ。さらに、VRグラスそのものをスタンドアロン(単体)で動作することも検討している。

    試作機のデザインは通常のメガネに似ており、レンズ部は分厚い楕円の円筒状にしたような形状だ。装着するときは、既存のVRゴーグルのように頭にかぶるのではなく、普通のメガネと同じようにスッと掛けるだけで良い。

    内部に視力矯正用のレンズを追加できるため、眼鏡をかけているユーザーは、自分の視力に合った矯正レンズを追加してVRグラスを眼鏡代わりに装着するだけで高精細なVR体験ができる。強度の近視でメガネが手放せない筆者にとっては、メガネ無しでVR体験できる仕組みを備えていたのはありがたかった。

    表示される映像は精細感が高く、動画もなめらかに流れていく。ジャイロセンサーを備えているので、顔の向きを変えるだけで別のアングルの映像が目の前に広がる。

    空撮映像のデモでは、周囲に水平線や地平線、見下ろすと地上の市街地の様子が見え、頭上を見上げると撮影時に使われた大型ドローンがすぐ手に取れる場所にあるかのように映し出された。感覚としては、ドローンにぶら下がって大都会の上を飛んでいる感じで、視野の周辺が通常のVRグラスのようにぼやけないため、足元の風景が本物の視界のようにリアルな説得力を持っており、ずっと見ていると高所恐怖症になりそうだった。

    今回は試作機のレンズ側(前方)に重量があって手で支えなければならなかったが、装着時や外すときに髪が乱れたり、バンドをひっぱって頭に固定するといったひと手間がかからないのは嬉しい。

    VRグラスの小型軽量化は、この眼鏡型VRグラスの開発の狙いのひとつとして上がっていたもの。パナソニック アプライアンス社技術本部 デジタルトランスフォーメーション戦略室 室長の小塚雅之氏は、「現状のVR HMDは重さが1kg~500g程度もあって重い。特に、髪形を気にする女性には受け入れがたい」と話しており、今回は150g以下という軽さを実現した。

    既存のハイエンドHMDが両手に余るほど大きなサイズであることを考えると、パナソニックのVRグラス試作機が普通の眼鏡よりもひとまわり程度大きい程度のサイズで済んでいるという事実は驚くべきものだ。

    また、小塚氏はVR体験の画質について、「AVメーカーから見た場合、既存のVR端末はTVに例えればSDやHD(フルHDではない)レベルに留まっており、4K/HDRの大型有機EL TVユーザーからみれば、十分とは言えないレベル」と指摘。「特にハイエンドデザイン等のビジネス用途に使うことを考えると、現実に近い画質で表現できることが重要。“本物と間違うようなVR体験”を提供したい」としている。

    「今どきVR機器は珍しくないのでは?」と思う人もいるかもしれない。しかし、これまで様々なVRグラスを体験してきた筆者にとって、テレビをはじめとする本格的なAV機器の開発技術を有するパナソニックが手がけた眼鏡型VRグラスは、従来のHMD製品とは一線を画す機器に仕上がっていると感じた。

    見た目は普通のメガネ風でスマートに装着でき、HMDみたいにゴツくはなく(かけている姿はレトロフューチャーっぽいが)、それでいて映像のクオリティは非常に高い。実力を引き出すには、映像と音質のクオリティを高めたVRコンテンツが必要だが、それらを十分に楽しめるのはそう遠い未来のことではないだろう。

    パナソニックの眼鏡型VRグラスは、発売時期や価格などは未定だが、当初はB to B向けの展開を考えており、5G商用サービスの本格化に向けてさまざまな用途に応用できるよう開発を進めていくとのこと。今回のデモの中で、説明員が「2021年のCESでブラッシュアップした眼鏡型VRグラスを出展したい」と話しており、今後の動向に注目だ。
    (庄司亮一)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    wachi5238

    wachi5238

    重たくないが外見笑えるVRだね!解像度8K以上で視野角180度以上なら20万でも買うよ。

    すライム

    すライム

    「目玉描きたい」って思った。

    UniIkuradon

    UniIkuradon

    でっかい水中眼鏡にしかみえない ※水につけてはいけません

    cheo

    cheo

    いくら技術高いって言っても既存の物と比較すると30〜40万くらいになりそうだが大丈夫か? もしこういう値段の場合でも買う人はいても一部の熱狂的な人だけだから売り上げも上がらんだろし



     米国ラスベガスで開催されているエレクトロニクスショー「CES 2020」で、パナソニックがHDR対応のVRコンテンツが見られる眼鏡型ウェアラブデバイスを参考展示している。実際に試用し、VR体験の質は画質に大きく左右されることを再確認した。

    【その他の画像】

     パナソニックがCESにVR対応のヘッドマウントディスプレイを出展したのは2017年以来。当時は視野角220度のワイドアングルビューによる没入感を掲げていたが、今回の試作機では4Kを超える高精細で、ダイナミックレンジも広げて“画質真っ向勝負”を挑んだ。

     外観は眼鏡に近づけ、さらに映像に没入できるようにレンズの周囲をシールドで覆っている。テンプルにスピーカーバッテリーは内蔵されておらず、本体の質量は最終製品ではないため公開されていないがとても軽い。試作機はイヤフォンを装着して音を聞くスタイルになっている。

     超小型の有機ELパネルは、VRデバイス向けのコンポーネント開発に実績を持つ米Kopinとパナソニックが共同開発した。3Mを加えた3社で共同開発した光学モジュールとの組み合わせにより、ゆがみのない立体表示を実現している。

     CESの会場で試作機のVR映像を視聴した。コンテンツネイティブ8Kで、HDR対応の映像ソースをPCでフォーマット変換した後、USB Type-C経由で入力している。

     目の前に広がる映像は画素の粗密がほとんど分からない。鮮やかな色彩、自然なコントラスト感が掛け値なしの「のめり込めるVR空間」を作り出した。映像については、これまでのVRヘッドセットとはケタ違いにリアルであり、まるで8K/4Kテレビのパネルに顔を近づけて映像を見ているような感覚だった。

     今回の試作機はサウンドテクニクスの技術を注入したイヤフォンで聞く仕様だった。磁性流体を使ったドライバースピーカー)を搭載するカナル型イヤフォンは軽量で、負担を感じることはない。それだけコンテンツへの没入感も高まる。

     パナソニックとしては、今後も画質を徹底的に追求したVRヘッドマウントディスプレイとしてブラッシュアップしていく考え。PCやスマホとの接続を必要とするか、あるいはストレージを内蔵するスタンドアロンタイプにするかなど、デザインも含めた各部の設計仕様については、今回の出展から得た成果もフィードバックして検討していくという。

     VR/AR関連のエンターテインメントは、5Gの高速通信サービスの魅力を一般に広めるためのけん引役にもなるといわれているが、画質が良くなければすぐに飽きられるだろう。VRエンターテインメントも「高画質」という基本に立ち返ることの大切さを、パナソニックの展示を通して理解した。

    パナソニックが参考展示しているHDR対応のVRゴーグル


    (出典 news.nicovideo.jp)

    高画質のVR出てくるんでしょうね!!
    5Gとかなればもっと大容量のVRってほぼ現実に見えるんでしょうね!!笑笑

    <このニュースへのネットの反応>

    USBケーブルが重いんですよね。あれもなんとかしてくれないですかね?


    ほう。HDR対応はもう少しかかると思っていたが、やるなパナソニック!参考出展ってことは市販までに超えなければいけないハードルがあるんだろうが、まずは作ることが大事。これで画質競争になってくれればユーザーとしてはありがたい。だが他メーカーからしてみれば痛し痒しだろうなぁw





     カプコン1月9日ユニバーサル・スタジオ・ジャパンUSJ)にオープンするフリーウォーク型のVRアトラクション施設「XR WALK」の第1弾コンテンツが「モンスターハンターワールド:アイスボーン XR WALK」になると発表した。プレイヤーは自分の足で歩いてVR空間を移動し、アイテムを採取したり等身大モンスターと戦ったりできるという。3月20日から8月30日までの期間限定で開催する。完全予約制で、チケット料金は2500円(税別、入場券別)。

    【その他の画像】

     モンスターハンターワールド:アイスボーン XR WALKは、カプコンハンティングアクションゲームモンスターハンター」の世界をVRで再現したVRコンテンツ。VR映像や施設内の特殊効果によって「等身大モンスターの(ほうこう)や巻き起こる風圧、握りしめた武器で攻防を繰り広げる際の衝撃を全身で感じることができる」(同社)という。

     最大4人での協力プレイが可能で、ボイスメッセージ機能でプレイ中に会話も行える。

     XR WALKは世界最大(USJ調べ)となる430平方メートルの面積を持つVRアトラクション施設。ゲーム空間と実際のプレイフィールドサイズを同一に設計することで、プレイヤーVRゴーグルをかぶり、自身の足で歩き回るようなVRアトラクションを楽しめる。

     USJは「あこがれの作品世界の中に自分自身が等身大で登場し、実際のプレイヤーとなって物語を生き生きと駆け抜ける“未知のリアル”を体験できる」とアピールしている。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    USJもやりますね!!
    VRアトラクションチャレンジしてみたいですね!!
    モンハン好きには最高ですね!!

    <このニュースへのネットの反応>



    このページのトップヘ