【ICT】今、塾や学校で選ばれているICT教材はどれ? タブレット通信教材「デキタス」が、2020年1月9日(木)に「塾・教育総合展」に出展します! | ニコニコニュース


これからはこういった教材を取り組んでいくんですね!みなさんも参考にしてくださいね笑笑

株式会社城南進学研究社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:下村勝己)が運営する小中学生対象のタブレット通信教材「デキタス」は、2020年1月9日(木)に、「2020年 塾・教育総合展」に出展いたします。

混迷する大学入試制度改革、続々登場するEdTechやICT教材による指導方法の変化など、教育業界は大きな変化にさらされています。塾経営や指導法についてお悩みの方、最新情報をピンポイントで入手したいと考える塾・学校関係者の方も少なくありません。
そんな中、今回で28回目を迎える「塾・教育総合展」は、塾経営に必要な情報が一堂に会したイベントです。
塾経営者や私学の先生方が、教具や教材について、企業の担当者と直接商談できるとして、毎年多くの来場者でにぎわいます。

当社が出展する「デキタス」は、経済産業省が主催する平成31年度「未来の教室」創出事業における実証事業での採択を受けたタブレット通信教材。2分~5分のコンパクトな授業と演習問題で、子供が1日10分で気軽に楽しく学習できるように作られたICT教育ツールとして、全国で使用が広がっています。休んだ授業内容を取り返したいお子さんや、授業に遅れがちなお子さんにも、楽しみながら授業を理解してもらえると評判です。

イベントでは、実際にデキタスをご利用いただき、塾や学校、スイミングクラブなどへの導入事例などもご紹介。
本当に学習習慣が身につくと話題の「デキタス」について、担当者が丁寧にご説明させていただきます。

当日は、先着順で無料ミニセミナーを開催するほか、恒例の“新春福引”もあります。
この機会をどうぞお見逃しなく!

イベント概要】
開催日時:2020年1月9日(木)10:30~14:30
会  場:東京国際フォーラム ホールE(2)
入場料金:無料
主  催:全国学習塾協同組合(AJC)
展示内容:通年・春期教材など塾教材関連商品、新しいEdTech、ICT教育エリアの充実、各種システムアプリ・OA機器(コピー機、タブレット、電子黒板など)、募集チラシなど塾運営関連、英会話・幼児教育・プログラミングなどの多角経営ノウハウ、販促アイテムのご提案など

全国学習塾協同組合ホームページ
http://www.ajc.or.jp/





【デキタスとは】
学校の勉強を確実に理解していく事を目指し開発された、小中学生タブレット学習教材です。教科書内容に合った授業や、演習問題。さかのぼり学習で1学年前の授業に戻ったり、定期テスト対策問題を作成して挑戦したりと、学校の勉強を自宅で、自分のペースで自由に行えます。監修は、毎年多くの受験生を難関校合格へと導く「城南予備校」や「城南医志塾」、成績保証の個別指導塾「城南コベッツ」などで構成される城南進研グループの講師陣。ポイントを押さえた授業と選りすぐりの良問で、しっかりと学習内容を身につけていくことができます。

ホームページ
デキタス http://dekitus.johnan.jp/

株式会社城南進学研究社について】
当社は、総合教育ソリューション企業として、大学受験教育事業の「城南予備校」「城南予備校DUO」「城南ONE’S」「城南AO推薦塾」「城南医志塾」、個別指導教育事業の「城南コベッツ」を軸に、乳幼児・児童教育事業の「くぼたのうけん」「城南ルミナ保育園」「ズー・フォニックス・アカデミー」「りんご塾」「放課後ホームステイE-CAMP」、タブレット学習教材の「デキタス」等を運営し、「城南進研グループ」を形成しております。

【本プレスリリースに関するお問合せ先】
株式会社城南進学研究社 マーケティング戦略部
TEL:044-246-2071
FAX044-246-5575
担当:下村友里
MAILYuri_Shimomura@johnan.co.jp

配信元企業:株式会社城南進学研究社

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ



(出典 news.nicovideo.jp)

【【ICT】今、塾や学校で選ばれているICT教材はどれ? タブレット通信教材「デキタス」が、2020年1月9日(木)に「塾・教育総合展」に出展します! | ニコニコニュース】の続きを読む