ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > iPad


     アップルが新しい第4世代のiPad Airを発売した。10.9インチの全画面デザインになったLiquid Retinaディスプレイを採用。最新のA14 Bionicチップを載せてビジネスツールとしての性能をグンと高めた実力機に進化した。

    画像付きの記事はこちら




    ●全画面デザインに生まれ変わったiPad Air



     iPadシリーズの中で、iPad Airフラグシップの「iPad Pro」と、3万円台で購入できるハイCPなスタンダードモデルの「iPad」の中間に位置付けられる。第1世代機のiPad Airは9.7インチiPadの薄型・軽量モデルとして2013年に発売された。

     以降はスタンダードモデルiPad、上位のiPad Proがともに薄型化・軽量化を達成してきたが、今回iPad Airが待望の大型モデルチェンジを果たしてその個性を際立たせた格好だ。Wi-Fiモデルが458g、Cellular+Wi-Fiモデルが460gという軽さをキープしつつ、上位のiPad Proに迫る高機能モデルに生まれ変わっている。

     まず、その外観が大きく変わったところに注目したい。10.9インチというサイズビジネスバッグに入れて持ち歩きやすい。iPad Proのように側面をシャープに立たせたデザインになったので、指の掛かりがよく、バッグからスムーズに取り出せる。iPadとしては初めてとなるスカイブルーグリーンを加えた5色のカラーバリエーションが揃う。

     本体前面の隅々まで広がるオールスクリーンデザインとしたことで、iPadOSの画面を分割して二つのアプリを同時に立ち上げられる「Split View」による作業がとても快適になった。

     第3世代のiPad Airフロントパネルのフレームに配置したホームボタンに指紋認証センサーTouch IDを内蔵していたが、新しいiPad Airは本体の側面に電源ボタンを兼ねた「トップボタン」を載せて、ここにTouch IDセンサーを埋め込んだ。画面のロック解除やApple Payによる決済認証が指紋を登録した指でTouch IDに触れることによって素速く行える。

     外出先でクライアントを相手にプレゼンテーションやビデオ会議を行う場面では、口元に着けたマスクを外さずにiPad Airの画面ロックが素速く解除できる。コロナ禍が続く中で顔認証センサーFace IDのみを搭載する上位のiPad Proよりも、iPad Airの方が使い勝手が良いと感じるポイントだ。


    ●アップル純正のキーボードと第2世代のApple Pencilに対応



     テレワークや在宅学習のツールとして、ノートPCの代わりにiPad Airの活用を検討しているのであれば、ぜひ独自のSmart Connectorで接続してiPadから給電ができる“充電不要”の純正キーボードを一緒に揃えたい。春に発売されたMagic Keyboardを含めて11インチiPad Pro向けの純正キーボードが新しい第4世代のiPad Airでも使える。

     コンパクトで軽い第2世代のApple Pencilによる手書き入力にも対応する。第2世代のApple PenciliPad Airの側面にマグネットで装着すれば充電とペアリングが自動でできる。

     iPad AirLiquid Retinaディスプレイサイズと輝度、そしてパネルを120Hzのハイフレームレートで描画するProMotionテクノロジーに対応していないことを除いて、ほぼ上位のiPad Proと同じ仕様をだ。Apple Pencilによるペンの書き味はiPad Proとほとんど変わらない。ただスタンダードモデルiPadiPad miniに比べると、新しいiPad Airの方が書き味は数段優れていると筆者は感じた。

     iPadイラストや絵を描きたいクリエイターには、iPad Airの最も安価な内蔵ストレージ64GBのWi-Fi単体モデルが6万2800円で買えることを強調して伝えたい。iPad Pro 11インチの中で最もストレージ容量が小さい128GBのモデルよりも2万2000円も安く購入できるからだ。


    ●ノートPCと変わらない使い方ができる



     新しいiPad Airデジタル接続端子がLightningからUSB-Cに変わっている。外部USBストレージなどを接続すれば、ノートPCと同じようにファイルの読み書きもできる。iPadOS標準のアップル純正アプリファイル」は、フォルダにまとめたファイルZIP圧縮したり、反対にZIP圧縮ファイルの解凍もできる。

     iPad AirノートPCのような使い勝手を期待するのであれば、筆者は迷わずiPad専用Magic Keyboardを買うべきだと思う。キーボードによる文字入力がはかどるだけでなく、Magic KeyboardUSB-C端子を経由してiPad Airを充電しながら、iPad本体のUSB-C端子にストレージを装着してファイルの読み書きが行える。Magic Keyboardにはトラックパッドも搭載されているため、iPad Airの画面に直接触れずに操作ができる。屋外でのテレワークの機会が多い人にとっては衛生面で安心できるし、感染症対策としても有効だと考えられる。

     筆者は現在iPad Pro 12.9インチCellular+Wi-Fiモデルを使っている。SIMカードを装着すれば外出先でWi-Fiスポットを探したり、スマートフォンからのテザリングを使わずにセキュアなインターネット接続ができる。iPad Airの機動力をビジネスシーンでもフルに発揮したい場合はセルラーモデルを選びたい。iPar Proに迫るほど高い性能を獲得したiPad Airは、テレワークの効率アップが実感できるデバイスになるはずだ。(フリーライター・山本敦)
    最新A14 Bionicチップと10.9インチのLiquid Retinaディスプレイを搭載する第4世代のiPad Air


    (出典 news.nicovideo.jp)

    新iPad Airはテレワーク活用で真価を発揮! 全画面デザインなのにTouch ID指紋認証付き

    これ使いたくなりますね!!

    ってか、欲しい!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【新iPad Airはテレワーク活用で真価を発揮! 全画面デザインなのにTouch ID指紋認証付き】の続きを読む


    使う人によっては、iPadProで写真を撮ることはほとんど無いかもしれないが、実は、iPadProカメラ性能はかつてよりも非常にアップしており、スマートフォンで撮るよりも綺麗な画像を大画面で確認することができるようになっているかもしれない。そんなiPadProカメラをしっかり保護するのが今回紹介するNimaso 【2枚セット】 iPad Pro 11 / 12.9 インチ (2020) 用 カメラ レンズだ。


    使い勝手はそのままに!本体との一体感も抜群!


    Nimaso 【2枚セット】 iPad Pro 11 / 12.9 インチ (2020) 用 カメラ レンズは、iPad Pro 11 (2020)およびiPad Pro 12.9 ( 2020)で使えるカメラレンズ保護カバーレンズ枠は軽くて丈夫なアルミ合金素材でつくられており、指紋が付きにくいだけでなく擦り傷や衝撃からカメラレンズをしっかりと守ってくれる。

    貼り付け後、レンズの周辺がレンズよりも0.3mmほど高くなっており、衝撃を吸収することのみならず、レンズに傷のできそうな物質との接触を断つことで、レンズをきちんと保護してくれる仕組みになっている。

    ほとんどのケースに干渉しない設計で耐磨耗性を向上させ、 ブラック仕上げにて違和感を無くし、抜群な一体感を追求。透過率を求めるガラスレンズフィルムと違って、Nimaso 【2枚セット】 iPad Pro 11 / 12.9 インチ (2020) 用 カメラ レンズレンズのところに穴が開いていて撮影機能に影響が出ないので、アルミ合金素材を採用している。軽い上、割れることもない。

    カメラ周辺を綺麗に拭き、保護シールを剥がし、レンズに合わせてはめこむように貼り付けて、軽く押し付けるように密着させるだけ。 粘着力の強い3Mテープを使用しているだけでなく嵌め込み式であるため、 剥がれにくい構造になっている。大事なiPadProの保護に、是非使ってみてはいかがだろうか。

    Amazon:
    Nimaso 【2枚セット】 iPad Pro 11 / 12.9 インチ (2020) 用 カメラ レンズ 保護カバー アルミ合金/貼り付け簡単/衝撃吸収/剥がれ防止/指紋防止(ブラック)
    楽天:
    Nimaso 【2枚セット】 iPad Pro 11 / 12.9 インチ (2020) 用 カメラ レンズ 保護カバー アルミ合金/貼り付け簡単/衝撃吸収/剥がれ防止/指紋防止(ブラック)

    iPadPro用のカメラ保護レンズ!擦り傷や衝撃からカメラをしっかり守る!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    iPadPro用のカメラ保護レンズ!擦り傷や衝撃からカメラをしっかり守る!


    このレンズカバー最高ですね!

    【BB.excite光 Fit】

    <このニュースへのネットの反応>

    【iPadPro用のカメラ保護レンズ!擦り傷や衝撃からカメラをしっかり守る!】の続きを読む


    Image: Apple(日本)

    いつ出るのよ?なAir待ちの方々に朗報(かもしれません)。

    先日のAppleのイベントで発表された、新しいiPad AIrイベントでは「発売は10月中」とふんわりとしたアナウンスでしたが、時が経つのは早いもので、暦はすでに10月に突入しました。

    「さぁ、10月なったぞ、いつでも来いよ!」と両手開いて待ち構えている方も多いとは思いますが、本当に間もなく登場する可能性が出てきました。

    Bloombergの記者、Mark Gurman氏は「新しいiPad Airのマーケティング資料が小売店に到着し始めている」と、iPad Airがまもなく販売されることを匂わせています。

    おなじみのJon Prosserもまた、「iPad Airの購入資金を準備しよう」と匂わせツイート

    ふむ…。なんだか本当にまもなくな気がしてきました。とりあえず、いつ出てもいいように色くらいは決めておいた方がいいかもしれませんねー。

    あっ、諭吉の準備もね。64GBモデルで6万2800円(税別)からです。

    Source: Twitter1, 2), MacRumors



    (出典 news.nicovideo.jp)

    10月になったけど、iPad Airの発売っていつ? えっ、そろそろなの?

    これ気になりますね!!

    いつかな?笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【10月になったけど、iPad Airの発売っていつ? えっ、そろそろなの?】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     アップル2021年初頭に12.9インチのミニLEDバックライト付きiPad Proを、2021年後半に同MacBookを発売する。台湾メディアDigiTimesが9月29日に報じた。

     同紙は業界筋からの話として、2021年初頭に発売するiPad Proには台湾最大のLEDメーカーのEpistar社がミニLEDを独占的に供給すると報道。

     また、アップル2021年後半のミニLEDバックライト付きハイエンドMacBookの安定供給のために、追加のサプライヤーを探す予定もあるという。

     ミニLED搭載以外の情報はないものの、来年の早いうちに新型iPad Proの姿を拝めるかもしれない。

    ミニLED搭載iPad Proが2021年初めに登場?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ミニLED搭載iPad Proが2021年初めに登場?

    この新型ニュースよく見かけますね!!

    早く出ないかな!





    <このニュースへのネットの反応>

    【ミニLED搭載iPad Proが2021年初めに登場?】の続きを読む


    突然、iPadの動きがかなり遅くなったと感じることはありますか?

    昔は最新型だったデザインに今では感動することもなく、アプリ選択肢が少なくなったことで、自分のiPadが古くなったことに気づきます。

    自分のiPadサポート対象外のデバイスになっていないかを確認しましょう。今回は、iPadの買い替え時がわかるサインをお教えします。

    目次

    1. iOSの互換性に問題がある

    2. アプリがよくクラッシュする

    3. 常に容量不足

    4. 新しいアクセサリーに互換性がない

    5. バッテリー寿命が短い

    6. 表示されない、画面の調子が悪い

    7. ボタンが反応しない

    新しいiPadはどれを買うべきか?

    iPadはどれくらいもつのか?

    これは単純な質問ではありません。色々な意味で、iPadをどれくらい定期的に使っているかによります。

    ハードウエアやバッテリーの寿命という点では、たまにしか使わないiPadは長持ちする可能性が高いです。しかし、OS、アプリ、ストレージ、ハードウエアなどについても考慮すべきでしょう。

    自分のiPadが買い替え時なのかを知るには、以下の点について見てみましょう。

    iOSの互換性に問題がある アプリが強制終了/機能停止する ストレージの空きが少ない アクセサリーに互換性がない バッテリー寿命が短い ディスプレイに問題がある ボタンの反応が悪い

    経験から言うと、5年以上前のiPadは、パフォーマンスが悪く(遅く)なっています。一方で、6〜7年前から使っていても、大きな問題なく快適に使えるiPadもあります。

    自分のiPadがどれくらい保つのかを知るには、自分のiPadのモデルを知ることから始めましょう。それから、いつ新しいiPadを買うべきか判断できます。

    さらに助けが必要な人は、iPadの買い替え時を知らせる重要なサインについて見ていきましょう。


    1. iOSの互換性に問題がある

    すべてのOSは、時々アップグレードしなければなりません。

    それによって、セキュリティパッチや新機能が追加されることもあれば、古い機能が削除されることもあります。iPadのOS(2019年9月以降のiPadOSとそれ以前のOS)も例外ではありません。

    最新版のiPadOSに対して、自分のiPadが古過ぎる場合は、重要なセキュリティパッチや便利な機能を逃している可能性があります。

    例えば、この記事を書いている時点で、2019年iPadOS 13が動作するデバイスは、2014年に発売されたiPad Air 2までです。

    それ以前のモデルを持っている場合は、最新のiPadOSアップグレードできないので、新しいiPadを買うべき時と言えるでしょう。


    2. アプリがよくクラッシュする

    新しいモデルiPadはさらに高性能なので、多くのアプリゲームをすることができます。時代について行くには、iPadアップグレードするしかありません。

    OSがアップデートされると古いソフトウエアが動かなくなるというのは、悲しいかなテクノロジーの事実です。

    例えば、元々iOS 7のために設計されたアプリは、開発者がiPadOS 13用に更新した可能性があります。しかし、最新のOSがiPadインストールできない場合、そのようなアプリアップデートもできません。

    最新版のiOSを使っていれば、新機能やバグ修正、セキュリティにも対応している最新版のアプリを使い続けることができます。自分のiPadアプリがよくクラッシュする場合は、新しいiPadを買う時かもしれません。


    3. 常に容量不足

    定期的に容量不足になるのも、新しいiPadを買ったほうがいサインです。何らかの理由でストレージの容量が足りなくなるのは、たまにはあることですが、頻繁に起こるようであれば、問題がある可能性があります。

    Androidタブレットのように、iPadはストレージを拡張することができませんが、iPad外部ストレージだけでなく、クラウドでストレージ問題を解決する方法がたくさんあります。

    ただ、iPadの容量が常にいっぱいな場合は、インストールしているアプリサイズが原因の可能性があります。いつも使うツールの場合は、アンインストールするという選択肢はないでしょう。

    アプリアップデートされると、以前のバージョンよりもサイズが大きくなることはよくあります。

    その結果、インストールして実行するだけの余裕のないiPadで、アプリを使わなければならなくなります。

    iPadのストレージをキレイにするTIPSが役に立たなかった場合は、間違いなく新しいiPadを買うべき時です。


    4. 新しいアクセサリーに互換性がない

    ケース充電器iPadの定番アクセサリーですが、iPadデザインが変わると、アクセサリーが合わないという問題が出てきます。

    例えば、古い30ピンの充電ケーブルが使えなくなった場合、Appleの代替品を見つけるのは難しいでしょう。ほとんどのお店には、現在使われているライトニングケーブルしか在庫がありません。

    ドックステーションスピーカーでも同様の問題があります。

    もしくは、iPad Airの新しくていい感じのケースを探そうとしても、新しいモデル用のものしか見つからず、小さすぎて合わない可能性もあります。スクリーンプロテクターも、古いいPadに合わないものしか見つからないかもしれません。

    このようなことがよくある場合は、iPadが古くなっています。自分のiPadに合うものを、eBayやAmazonで目を凝らして探し回るか、iPadアップグレードしましょう。


    5. バッテリー寿命が短い

    iPadは、かなり使用時間の長い充電式のリチウムイオンバッテリーが内蔵されていますが、数年使用するとバッテリーが長時間保たなくなります。

    リチウムイオンバッテリーは時間が経つと劣化し、バッテリーの充電回数には限りがあります。したがって、古いiPadになれば、それだけ充電した回数も多いということです。

    極端に熱い、もしくは寒い気温も、バッテリーに悪い影響を及ぼし、すべて放電する可能性もあります。

    そんなにアプリを使っていないのに、iPadバッテリーが数時間で著しく減ることがありますか?

    その場合は、iPadアップグレードしたほうがいいかもしれません。


    6. 表示されない、画面の調子が悪い

    タッチスクリーンが十分に機能するというのは、iPadを使う上では欠かせません。スクリーンタッチやジェスチャーを認識しない場合や、内容を正しく表示しない場合は、問題があります。

    テレビノートパソコン、その他液晶画面と同じように、古いiPadも表示されない部分が出てくることがあります。

    画面をなでて軽減されることもありますが、表示されないことが何度もある場合は、新しいiPadを買うべきだということです。

    画面が割れたり、ヒビが入っていたり、欠けていたりする場合も、反応が悪くなって困ります。古いiPadを使っていない場合でも、画面が損傷しているiPadの寿命は間違いなく短いです。


    7. ボタンが反応しない

    ボリュームや画面の回転の問題は回避することができますが、ホームボタンが動かないのは別問題です。

    画面上でホームボタンの代わりを表示させるには、「設定 > アクセシビリティタッチ >AssistiveTouch」で解決できます。しかし、覚えておいて欲しいのは、ボタンが正しく機能しないというのは、ハードウエアの他の部分にも問題がある可能性があります。

    iPadの電源を入れたり、操作ができないくらいなら、買い替えた方がいいでしょう。ボタンが反応しないというのは、iPadが消耗しているという重要なサインです。


    新しいiPadはどれを買うべきか?

    新しいiPadを買おうとしている場合は、現在購入できるモデルを知ることが大事です。数年おきにiPadモデルは代わりますが、現在購入できるのは以下の5つです。

    iPad Pro 12.9インチ iPad Pro 11インチ iPad Air iPad iPad Mini

    予算や用途によって合うモデル違います。例えばiPad Proは、生産性が高く、持ち運びにも便利なので、ノートパソコン代わりにもなります。

    一方、標準的なiPadは、恋人や家族にプレゼントとして贈れるような手頃な価格です。iPad Airは、バッテリー寿命と携帯性を兼ね備えています。

    しかし、各モデルには大きな欠点もあります。特に下位モデルでは、ストレージ容量が少ないのが難点です。新しいiPadを買う時は、各モデルをきちんと念入りに調べてから買いましょう。

    古いiPadをどうするか?

    iPadを買い換えるのに十分な理由があった場合は、古いiPadのことは忘れてしまうかもしれません。

    しかし、古いiPadにもまだ使いみちがあるというのをお忘れなく。車内の動画やエンタメ用に、またはデジタルフォトフレームとして、再利用することもできます。

    誰かにあげないのであれば、売るというのもひとつの手です。iPadの状態が良い場合は検討してみましょう。

    あわせて読みたい

    iPhoneとiPadのデフォルトブラウザをGoogle Chromeに変更する方法

    マストバイ! iPadの実力を引き出す8つの神器

    Image: MakeUseOf

    Original Article: 7 Signs It's Time to Upgrade Your iPad by MakeUseOf



    (出典 news.nicovideo.jp)

    症状出てる? iPadの買い替え時がわかる7つのサイン


    これ気をつけたいですね!!

    私のまだ大丈夫です笑

    皆さんは大丈夫かな?





    <このニュースへのネットの反応>

    【症状出てる? iPadの買い替え時がわかる7つのサイン】の続きを読む

    このページのトップヘ