ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > iPad


    【元記事をASCII.jpで読む】

     アイ・オー・データ機器は7月22日パソコン不要でライブ配信ができるiPad連動型ストリーミングBOX「LIVE ARISER」の第2弾として「GV-LSMIXER/I」を発表。8月下旬に出荷予定で、想定価格は12万7600円。

     GV-LSMIXER/Iは、配信に必要なビデオスイッチャー、オーディオミキサー、画面合成機能などを搭載した「オールインワン」の配信機器。本製品にiPadを接続し、背面に機材(ゲーム機パソコンビデオカメラ)をつなぐだけでリアルタイム配信が可能としている。なお、Lightning端子を搭載したiPadを使う、またはiPadを給電しながら使う場合は別途ケーブルが必要となる。

     加えて、本製品は4Kパススルー機能も搭載し、HDMI端子から直接映像を出力できる。会場で資料映像のみを出力し、配信映像では合成した映像を流すなどの使い分けが可能だ。そのほか、YouTubeTwitchなどのさまざまな配信プラットフォームに映像を送信できるRTMP配信、SSL通信対応のRTMPS配信にも対応している。

     本体サイズはおよそ幅289×奥行190×高さ91mmで、重さは約2.0kg(本体のみ)。対応機種はiOS 11.0以降のOSをインストールしているiPadシリーズインターフェースUSB 3.2 Type-A、HDMI×5基(入力×3、出力×2)、Stereo RCA、MIC 6.5mm、イヤフォン端子(3.5mm ステレオミニジャック)。通信規格は有線LAN(1000BASE-T)。

    PC不要、iPad連動でライブ配信ができるストリーミングBOX「LIVE ARISER」の第2弾がアイ・オー・データから


    (出典 news.nicovideo.jp)

    PC不要、iPad連動でライブ配信ができるストリーミングBOX「LIVE ARISER」の第2弾がアイ・オー・データから

    これいいですね!!
    ライブ配信できるって最高ですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【PC不要、iPad連動でライブ配信ができるストリーミングBOX「LIVE ARISER」の第2弾がアイ・オー・データから】の続きを読む


    Image: mama_mia / Shutterstock.com

    みんな大好きミンチー・クオ氏!

    Appleアップル)製品の有名アナリスト、ミンチー・クオ氏の発言は、常にAppleファンの気にするところですが、今回は、iPadが2モデルチャンでくるという話。

    クオ氏いわく、今年後半に新iPad10.8インチリリースされ、それに続き来年前半には8.5インチiPadがでるというのです。これまたビミョーなサイジングできましたね。10.8インチは、既存のiPad(第7世代、10.2インチ)の後継機ということなのかな。いや、それともiPad Air(第3世代、10.5インチ)かな。クオ氏のメモを入手したというネタ元のMacRumors的には、iPad Proではないようですが(その昔、2017年iPad Proは10.5インチでしたけど、すっかり11インチにとってかわっちゃったものね)。8.5インチは、iPad mini(第5世代、7.9インチ)の後継機のようですね。

    iPhone 12(仮)はやれEarPodsがない、やれ電源アダプタもないと噂されていますが、この2連チャンiPadは、20W電源アダプタが同梱されるという話です。

    それにしても、来年のiPadは大幅アップデートなんて噂もでてますから、iPadの買い時、買い換え時は難しいですねぇ。単なるサイズアップなのか、中身もぐぐんと変わるのか…。サブ端末使いしている人は、ますますタイミングがわからない。悩ましいなぁ。

    Source: MacRumors



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Appleアナリスト・クオ氏いわく「10.8インチiPadからの8.5インチiPadくる」

    新iPad楽しみですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【Appleアナリスト・クオ氏いわく「10.8インチiPadからの8.5インチiPadくる」】の続きを読む


    ARMOR-Xの正規代理店である株式会社FOX(本社:東京都千代田区、代表取締役:五十畑 理央)は、11インチiPad Pro(第2世代)用/12.9インチiPad Pro(第4世代)用の防水・防塵・耐衝撃ケースWaterproof Protective Case」を6月22日(月)に発売致します。
    Waterproof Protective Caseについて
    Waterproof Protective Case』は、様々な耐久性を要求される建設現場や工事現場をはじめ、水物や粉物を多く取り扱う飲食店に至るまで、これまで幅広いジャンルで採用されてきました。完全に端末を密閉するタイプで、防水・防塵性能も最高レベルのIP68の基準を満たしており、海やキャンプなどのアウトドアからキッチンやお風呂などの日常の水回りはもちろんのこと、建設現場などの過酷な環境下でも使用することができます。1.5メートルの水深でも浸水なく使用できる防水ケースで、耐衝撃性能は1.2メートルの高さからの落下に耐えられる設計となっており、不意の落下でも安心して使用できます。背面にはハンドトラップが付いており、片手でも安定して操作することが可能です。また、デスクワークなどの作業でも重宝するスタンド機能も有しております。


    主な機能
    ・1.5メートルの水深でも浸水なく使用可能(IP68取得)
    ・1.2メートルの高さからの落下に耐えられる耐衝撃性能
    ハンドトラップ付き
    スタンド機能

    ■対応端末
    ・11インチiPad Pro(第2世代)
    ・12.9インチiPad Pro(第4世代)

    ■販売価格
    ・11インチiPad Pro:¥12,900(税別)
    ・12.9インチiPad Pro:¥13,600(税別)

    ■主な取り扱い店舗およびサイト
    FOXオンラインストア
     11インチiPad Prohttps://caseplay.jp/products/armor-x-waterproof-protective-case-with-new-adaptor-and-hand-strap-for-ipad-pro-11-2nd
     12.9インチiPad Prohttps://caseplay.jp/products/armor-x-waterproof-protective-case-with-new-adaptor-and-hand-strap-for-ipad-pro-12-9-4th
    FOX STORE 楽天市場
    FOX STORE Yahooショッピング
    ヨドバシカメラ.com
    ビックカメラ.com

    FOX会社概要
    会 社 名:株式会社FOX
    所 在 地:東京都千代田区有楽町2-2-1
    代表取締役:五十畑 理央
    FOX.INC URLhttp://foxinc.jp
    FOX STOER URLhttp://caseplay.jp

    <事業内容>
    FOXでは創業以来、海外からの豊富な調達ルートや国内での多様な販路を開拓し、「日本向け」のブランディングプロモーションを軸に、海外製品を国内マーケットへ展開しています。主にスマートフォンタブレット関連のケースアクセサリーIoT商品を世界中から厳選し、お客様のライフスタイルに「驚き」や「ワクワク」をプラスする製品やサービスの提案をコンセプトに事業を進めております。そこで培った確かなコネクションとノウハウをベースに、単なる輸入販売代理店としてだけでなく、海外メーカーの日本進出のサポートや国内メーカーの販路拡大のサポート、各メーカーの商品開発のコンサルティング業務など、商品からサービスの開発まで幅広い領域で活動しています。これからも「ビジネスデザインする」という新たな視点で、課題の発見から解決までの一貫したサポートとイノベーティブなソリューションを提供してまいります。

    ■本件に関するお問い合わせ先
    株式会社FOX
    電話番号:03-3572-4094
    Eメール:press@foxinc.jp

    配信元企業:株式会社FOX

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    様々なシーンで活躍する防水・防塵・耐衝撃のiPad Proケース

    この防水・防塵・耐衝撃って、最高ですね!!




    <このニュースへのネットの反応>

    【様々なシーンで活躍する防水・防塵・耐衝撃のiPad Proケース】の続きを読む


    iPadメイン機にするか、サブ機にするか。

    今年の4月から始まった特集「Stay Home, Stay Postivie」では、iPadの活用術を紹介してきました。

    iPadノートPCライクに使ったり、リモートワークで使ったり、iPadタブレットではなく、モバイルPCとして使うための検証をしてきました。

    マストバイ! iPadの実力を引き出す8つの神器

    iPadとリモートワークの相性は? 最新OSで検証してわかったこと

    そんな最中、今年の4月にAppleがひっそりと、新しいiPadキーボードMagic Keyboard」を発表! 従来の「Smart Keyboard Folio」とはまったく異なる、トラックパッドのついたキーボードメイン機として使うための足りなかったピースがやっと揃った、そう思いました。

    その一方で、「そこまでしてMacBookに寄せる必要ある? MacBookで十分では?」と思ったのも事実。

    そこで、Magic Keyboardを実際に使い、その実力を検証してみました。

    目次

    1. Magic KeyboardiPadMacBook

    2. Multi-Touchジェスチャーがとにかくすごい

    3. デザイン面も優秀だけど、それよりも…

    4. でも、MacBookで十分では?

    5. iPadだからこそできること

    6. 「iPad Pro × Magic Keyboard」が適した人


    Magic KeyboardでiPadがMacBook化

    Photo: 島津健吾

    去年、iPadOSリリースされ、今年のアップデートトラックパッドマウスに対応。iPadは、ノートPCライクに使えるタブレットになりました。そこに唯一足りていなかったのが、完成度の高いキーボードトラックパッドです。

    従来のiPadキーボードSmart Keyboard Folio」は、キーボードの打ちにくさがどうしても気になってしまい、毎日愛用できるものではありませんでした(あくまでも私にとって)。さらに、トラックパッドもついていないため、マウスカーソルを動かすためには、別売のマウスが必要です。

    一方、Magic Keyboardは、バックライト付きで、静かなシザー式キーボード。さらに、トラックパッドMulti-Touchジェスチャーに対応しています。使いやすさは、まさにMacBookキーボードトラックパッドのようです。


    Multi-Touchジェスチャーがとにかくすごい

    Photo: 島津健吾

    Magic Keyboardの肝と言えるのが、トラックパッドのMulti-Touchジェスチャー。Appleホームページでは、以下のように解説されています。

    Multi-Touch トラックパッドまたは Magic Mouse を使って、タップスワイプ、ピンチしたり、2本指または2本指を広げたりして、便利な操作を実行できます。

    たとえば、二本指で横にスワイプすると、ホーム画面をスライドできます。また、ブラウザ上で上下に動かせば、画面をスクロールすることも。

    Photo: 島津健吾

    私は特に、3本指のジェスチャーがお気に入りです。アプリを開いた状態で、3本指を横にスワイプすると、アプリを簡単に切り替えられます。わざわざアプリを一度閉じる必要がないので、重宝しています。

    Photo: 島津健吾

    また、アプリを開いた状態で上にスワイプすると、ホーム画面に戻ることも。これが地味に一番便利です。というのも、iPadで仕事をする時、ホーム画面に戻る方法って、画面にタッチするしかなかったからです。仕事中に何度も画面に手を伸ばしていると、生産性が落ちるし、とにかく手間。

    「やっぱり、iPadは仕事には使えない」と思ってしまう原因の1つでした。でも、トラックパッドホーム画面に戻れるようになり、このストレスがついに解消されました。


    デザイン面も優秀だけど、それよりも…

    Photo: 島津健吾

    Magic Keyboardが発表されて話題になったのが、独特なデザイン。まるでiPadが浮いているかのよう。Appleらしいスマートなデザインですね。

    でも、もっと重要なのが、iPadの角度を調整できるようになったこと。これも、「Smart Keyboard Folio」にはなかった機能です。

    iPadは、その小ささから、働く場所を選ばないデバイス。でも、カフェや自宅、オフィスなど、デスクや椅子のサイズが異なる環境で働くためには、画面の角度調整は必須。スマートなデザインという前に、場所に合わせた使いやすさが何よりも大切です。この角度調整も、かなり重宝しています。

    それでいて、Apple Pencilで描いた際もぐらつきがなく安定していました。ヒンジが固めで安心感があります。


    でも、MacBookで十分では?

    Photo: 島津健吾

    Magic Keyboardは、iPadメイン機として使えるレベルまで引きあげてくれました。高い処理能力が必要なければ、iPadMagic Keyboardの組み合わせで十分と言ってもいいでしょう。

    その一方、iPadが使いやすくなればなるほど、「MacBookで十分では?」という疑問が湧いてきます。特に、重量と金額の比較をすると、そう思うのも無理はありません。

    iPad Pro 12.9インチCellularモデル)の重量は643g、Magic Keyboardは700g。Apple Pencilと合わせれば、約1.4Kg。

    画面が少し大きい、MacBook Pro 13.3インチも1.4Kg。

    そう、重量、同じなんです。

    実際、Magic Keyboardを持ってみて、重いと感じました。旅行で持っていくことを考慮すると、合計で1Kg以下にしてほしいところ…。

    また、金額にも注目。

    12.9インチ256GB(Cellularモデル):132800円 12.9インチMagic Keyboard37800円

    合計、170600円。一方、MacBook Pro 13.3インチ256GBは、一番スペックの低いもので134800円

    もちろん、まったく異なるデバイスですので、単純比較はできません。iPadには11インチもあるので、12.9インチよりは軽く、金額もお手頃。でも、そこまで差がないことを知ってしまうと、MacBook Proで十分と思うのも当然でしょう。


    iPadだからこそできること

    Photo: 島津健吾

    だからと言って、最初から選択肢から外してしまうのは、少し早いかもしれません。iPadだからこそできることもあります。

    たとえば、タッチ操作、特にApple Pencilを使った操作はiPad独自のもの。イラストを書いたり、PDFに直接書き込んだり、議事録をとったり、ビジネスシーンiPadを選ぶ人はこの辺りの機能を重視しているはず。

    また、カメラがついているため、ホワイトボードの写真を撮って、書き込んだり、シェアしたりも簡単にできます。Cellularモデルを使っているなら、LTE回線に接続し、どこでも仕事ができるというメリットも。

    Photo: 島津健吾

    さらに、Magic Keyboardは取り外し自由。キーボードが不要なシーンでは、iPad単体で使うのもあり。タブレットノートPCを行ったり来たりできるのが、iPadのいいところと言えるでしょう。

    そこに、Magic Keyboardプラスすれば、MacBookとは異なるデバイスということがよくわかるはずです(それが魅力的かどうかは人によりますが…)。


    「iPad× Magic Keyboard」が適した人

    ここまでの内容に基づき、「iPad × Magic Keyboard」の組み合わせが適している人を以下のようにまとめてみました。購入を検討している方は、参考にしてみてください!

    1. Apple Pencilが使える"パソコン"を探している人

    iPadApple Pencilが使えることが、ノートパソコンとの違い。イラストを書いたり、議事録やメモをとったりする人は、メイン機にしてもいいでしょう。そして、 Magic Keyboardの操作性を組み合わせれば、仕事にも使える頼もしいデバイスになります。

    2. パソコンが苦手な人・抵抗感がある人

    iPadOSは、iOSiPhone)のような直感的なユーザーインターフェースが採用されています。カーソルキーボード操作が基本のmacOSとは、全く異なるものです。

    iPhoneのように直感的にアプリを使いたいという人、もしくはパソコン操作は苦手だけど、iPhoneは使えるという人なら、「iPad Pro × Magic Keyboard」の組み合わせはアリ。

    私の親は、念のために持っていたデスクトップPCをやめ、中古のiPadに買い換えていました。

    3. パソコンのヘビーユーザーではない人

    ネットサーフィンをしたり、WordExcelPowerPointなどの基本的な使い方しかしないなら、メイン機にしてもいいでしょう。自宅用のPCとしてもアリです。自宅での勉強用や学生用としてPC代わりに検討してもいいでしょう。

    逆に、Adobeのような、処理能力が必要なソフトを使う場合は、パソコンの購入をおすすめします。

    4. メイン機がデスクトップPCの人

    iMacデスクトップPCのサブ機としては、アリだと思いました。実際、そのように使っている人は多いかもしれません。イラストを書いたり、出張の時のPCとして使ったり、カフェで仕事をしたり、デスクトップPCとは利用シーンが異なるので、サブ機としての魅力は十分あります。

    まとめ

    iPadが発売された当初、「画面の大きなスマホ」という印象がありました。でも、iPadOSリリースされてからは、全く別物となり、真剣にビジネスユースとして検討できるレベルになってきました。

    そして、今回のMagic Keyboardメイン機として使える実力を十分に備えているという印象を受けました。下手に安価なPCを買うよりは、iPadを買ったほうがサクサク動くし、画面もきれいです(ただ金額も高いです)。ハイスペックなPCにはまだまだ及びませんが、iPadノートパソコンの地位を脅かす存在になってきているのは間違いないでしょう。

    あわせて読みたい

    iPadのノートパソコン化が進んだ!マウスやトラックパッドに正式対応してよかったこと

    iPadとリモートワークの相性は? 最新OSで検証してわかったこと

    マストバイ! iPadの実力を引き出す8つの神器

    Photo: 島津健吾

    Source: Apple



    (出典 news.nicovideo.jp)

    MacBook化のジレンマ。最新の「iPad×Magic Keyboard」はメイン機にふさわしいか?

    まあ、確かに、って感じですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【MacBook化のジレンマ。最新の「iPad×Magic Keyboard」はメイン機にふさわしいか?】の続きを読む



    Image: illuminare

    こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

    ライフハッカー[日本版]より転載:

    姉妹サイトmachi-yaで、クラウドファンディングに挑戦中の「無限フック」。2500人以上から800万円を超える支援額を集めている人気プロダクトです。

    カバンをかけたり、吊るしたり、リモートワーカーに必須のアイテムなのですが、今回実際に使ってみたところ、持ち運びに最適なiPadスタンドでもあることが分かりました!

    無限フックとは?

    カバンを床に置くことなく、吊り下げておけるのが無限フック。無限と言うように、スマホスタンドになったり、キーホルダーにもなったり、3wayで使えるアクセサリーです

    カフェや飲食店でカバンを床におきたくない時ってありますよね? また、自宅で鞄の置き場所に困ることも。多くの人が共通の悩みを持っているからこそ、1,000人以上の方から支援を集めているのだと思います。無限フックレビューは以下からご確認いただけます。

    Image: illuminare

    そして無限フックは、タブレットスタンドとしても優秀なんです!

    iPadのスタンドとしても使える

    iPadは、Macセカンドディスプレイとして使えるSideCar(サイドカー)と言う機能が搭載されています。ケーブル不要で、ボタン1つで画面を共有できる機能です。

    Image: illuminare

    この便利な機能、スタンドを持っていないと100%活用できません。もちろん、Apple純正のMagic KeyboardやFolioを持っている人もいると思いますが、キーボード一体式は移動するとき重いし、かさばるしで、使いづらいことも。こんなときに無限フックはとても役立ちます。スマホスタンドになる機能を使えば、簡単にiPadを設置できるのです。

    Image: illuminare

    タブレットの角度は斜め70度くらい

    Image: illuminare

    実際に、iPadを置いてみました。角度は大体70度くらい。操作するには十分な角度です。

    Image: illuminare

    フックひっかけられるので、iPad自体は安定しています。今回使ったのは、iPad Pro 12.9インチ。11インチなら、もっと安定するはずです。

    ただ、平面なら問題ありませんが、クッションやソファなど柔らかい素材の上に置くのは難しそうでした。デスクで作業する際の、セカンドディスプレイスタンドとして使うには絶対アリです!

    そのほか、iPadスマホをみながら料理するときにも、このスタンドは活用できそうです。カラビナがついているので、キッチンの隅っこにつるさげておくのもいいかも。

    自宅でも外出先でも活躍する心強いツール

    無限フックは、カバンかけにもなるし、iPadスタンドにもなるし、マルチツールの良さを存分に発揮してくれる存在。自宅でも十分使えます。

    今後、コロナウイルスが落ち着き、外出できるようになったら、さらに持ち運ぶ機会が増えるでしょう。カフェやコワーキングスペースで仕事するとき、カバンを引っ掛けたり、iPadスタンドにしたり、大活躍している姿が目に見えています。

    もし気になった方は、この機会に支援してみては? 1つ2,090円というリーズナブルな価格設定がまたいいんですよね〜。

    >>掛ける、吊るす、立てる。3way キーホルダー「 無限フック」の詳細はこちら

    Image: illuminare

    Photo: 島津健吾

    Source: machi-ya



    (出典 news.nicovideo.jp)

    70gで持ち運びも楽!iPadスタンドにもカバンフックにもなる「無縁∞フック」

    これイイですね!!

    カバンフックになるのが最高ですね!!




    <このニュースへのネットの反応>

    【iPadスタンドにもカバンフックにもなる「無縁∞フック」】の続きを読む

    このページのトップヘ