ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > iPad


     初代iPadは日本で2010年5月28日に発売となり、それ以降、タブレット端末市場は本格的に立ち上がった。内閣府の消費動向調査によると、タブレット端末の普及率は20年3月の調査で41.4%に達している。変貌を遂げたこの10年を振り返っていく。

    画像付きの記事はこちら



     タブレット端末市場は、「iPad」が発売になったことで本格的に立ち上がったといっていい。当時はスレートPCとも呼ばれ、屋内での利用を想定した製品であった。市場がどう推移したかを示すために、10年5月の販売台数を「100.0」とした台数指数を算出してみると、最初の一年間の市場規模はほぼ横ばいであったことが分かる(図1)。

     市場が大きく動いたのは12年10月。きっかけは9月にASUS7インチの「Nexus 7」を発売したことだ。リリース直後から売れ行きは一気に高まり、注目機器の一角を担うようになった。このNexus 7の2カ月遅れで、アップルは「mini」を12年11月に発売。人気モデルがそろったことで、市場は一気に活気づくこととなった。その年の12月の販売台数指数は「775.9」に達し、市場規模は10年5月比で8倍に膨張したことを示している。iPadに関しては、発売当初想定されていた屋内での利用ではなく、消費者はモバイル機器として小型の製品を望んでいたことが明らかとなった。ただ、小型製品は需要に供給が追い付かず、店頭では入荷待ちの状態が続き、指数は右肩下がりの推移を余儀なくされた。

     13年11月に従来のモデルよりも薄くて軽量の「iPad Air」が発売になり、市場は再び活性化。14年3月の台数指数は「1021.2」と、10年5月比で10倍の規模に達した。同時期の内閣府による消費動向調査では、タブレット端末の普及率は20.9%だった。その後、指数は緩やかに右肩下がりで推移していたが、18年の年末頃から市場は再び活況に転じ、Windows 10サポート終了の直前にあたる19年12月の台数指数は「900.8」と、13年12月以来の規模に達した。

     メーカー別の販売台数シェアをみると、競合製品はほぼ存在せず、最初の2年間はアップルの独擅場だった(図2)。12年9月に発売したNexus 7で、ASUSシェアは急速に伸びアップルを上回る月もあった。その後、14年の年央までアップルASUSは首位争いを展開していたが、次第にASUSは勢いを失っていく。代わりにHuawei Technologiesがシェアを伸ばし、アップルの優勢は再び崩れ、この2社が首位争いを展開していくことになった。しかし、18年半ばに米中の貿易摩擦が悪化するとHuawei Technologiesのシェアは急落する一方、アップルシェアは4割から7割へと再び伸びていった。

     20年に入ると、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために中国では多くの工場が操業を停止した。アップル製品の多くは中国で組み立てられていることもあり、需給バランスが崩れ、20年4月のアップルシェアは18年3月以来の3割台にまで落ち込んだ。

     パソコンライトユーザータブレット端末へと切り替えていく流れは今後も進むだろう。こうした中、パソコンタブレット端末の性能差はほぼなくなりつつあり、消費者はライフスタイルに合った製品を購入し、形状についてはあまり意識しなくなることが考えられる。今回の在宅勤務リモート授業などがきっかけで、タブレット端末の需要が格段に広がっていることは想像に難くない。

    *「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    初代iPad発売から10年、タブレット端末市場を振り返る


    これ懐かしいですね!!







    <このニュースへのネットの反応>

    【初代iPad発売から10年、タブレット端末市場を振り返る】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     デュアルコネクターを搭載し、PCとモバイル端末の両方で使用できるSanDiskUSBメモリー「SanDisk Ultra Dual Drive Luxe USB Type-C」に512GBモデルが登場。テクノハウス東映と東映ランドにて、9780円で販売中だ。

     フルメタル仕様を特徴とする、USBコネクターType-A)とType-Cコネクターデュアルコネクターを搭載したUSBメモリー。32GBから1TBまでの容量をラインナップしているが、新たに512GBモデルが店頭に並んだ。

     接続インターフェースUSB 3.1 Gen 1で、転送速度はシリーズ共通で最大読込150MB/秒。PCやスマートフォンiPad Proなどに対応、デバイス間で手軽にデータをやり取りできる。

     
    iPad Proで使えるフルメタル仕様の512GBのType-Cメモリー


    (出典 news.nicovideo.jp)

    iPad Proで使えるフルメタル仕様の512GBのType-Cメモリー

    これ使えますね!!

    試してみよかな!!笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【iPad Proで使えるフルメタル仕様の512GBのType-Cメモリー】の続きを読む


     東京都港区は5月20日、国が掲げるGIGAスクール構想の実現に向けて4年かけて整備する予定であったタブレット端末約1万1000台分を、予定を前倒しして、令和2年(2020年)度中に整備すると発表した。

    【その他の画像】

     1人1台端末としてiOS端末の「iPad」を賃貸借で用意する。

     既に1人1台端末を整備しているモデル校(芝小学校と御成門中学校)においては、現行のWindows端末を賃貸借期間が終わるまで使用した後、iPadに切り替える。

     東京都渋谷区では区立小中学校向けに「Surface Go 2」を1万2500台導入することを決めている。

    [MACお宝鑑定団]

    iPad


    (出典 news.nicovideo.jp)

    東京都港区、区立小中学校の「1人1台端末」にiPadを導入 GIGAスクール構想を前倒し1万1000台

    この時期にちょうどいいですね!

    勉強追いかけないとですね!!

    頑張って欲しい!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【東京都港区、区立小中学校の「1人1台端末」にiPadを導入】の続きを読む


    Image: suzuko

    iPadの進化は、まだまだ止まりそうにありません。

    実績あるアナリストことミンチー・クオ氏が新たな報告をしています。今回は次期iPad次期iPad mini、そしてAppleアップル)製スマートグラスについてです。

    iPadの画面が大型化

    次期iPadは、現行モデルの10.2インチから10.8インチに画面サイズが大型化。さらに「廉価な価格ながら最新のチップを搭載」する、iPhone SE(第2世代)のようなアプローチが検討されており、2020年後半に登場すると伝えています。また次期iPad miniも8.5インチ〜9インチへと画面が大型化し、2021年前半に登場するようです。

    これまでのiPadモデルチェンジからも推測できるように、新モデルでの画面の大型化はある意味当然の流れ。しかし、8.5インチ〜9インチiPad miniは、本当にminiなのでしょうか…。通勤電車では、すこし持て余してしまうかもしれません。

    結局いつくるの、Apple製スマートグラス

    クオ氏はさらに、アップルスマートグラスは早ければ2022年に登場するとも報告しています。どうやらこのスマートグラスは「AR(仮想現実)/MR(複合現実)を重ね合わせた体験」をもたらしてくれるものの、製造は複雑かつコストがかかるそうなのです。う、ということは、販売価格も高額に…? 若干気になってしまいますね。

    アップルのARグラスについては以前から数多くの噂があったものの、その投入時期やコンセプトはいまだはっきりしません。スマートグラスといえば「Google Glass」のような苦戦した先行者もいるので、アップルもその利用用途を慎重に検討しているのかもしれませんね。

    Source: 9to5Mac



    (出典 news.nicovideo.jp)

    次期iPadは大型化するってウワサ。8.5〜9インチのiPad miniはミニと言えるのか…


    って、やっぱり片手でモテるのが最高ですね!
    それこそminiですよね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【次期iPadは大型化するってウワサ。8.5〜9インチのiPad miniはミニと言えるのか…】の続きを読む


    Image: iFixit

    お高いのも納得。

    新型iPad Proと同時に登場した、大進化したMagic Keyboard。その内部構造を、いつものiFixitが分解して報告しています。

    まずiFixitは、Magic KeyboardをX線写真で撮影。すると、そのトラックパッド物理ボタンのような構造が存在するのを発見しました。これは、モーターの振動によってクリック感を再現するMacBookなどに搭載された「Haptic Touch」とは、どうも様子が異なります。

    Image: iFixit

    そしてiFixitは、トラックパッド部分を入念に分解。すると、1つの物理ボタンとそれを支えるプレート部品が発見されたのです。これにより、トラックパッドのどの部分を押し下げても同一のクリック感が得られるのです。

    さらにiPad Proを支えるヒンジに関しても、2つのスプリングによるシステムが採用されています。あの小さなヒンジで重いiPad Proを支えるのですから、それにあわせて構造が強化されているようですね。

    Magic Keyboardは11インチモデルが3万1800円、12.9インチモデルが3万7800円(ともに税別)とかなり高価ですが、こうして内部を覗いてみると、その理由がわかったような気がしますよ。

    Source: iFixit via 9to5Mac



    (出典 news.nicovideo.jp)

    iPad ProのMagic Keyboardを分解詳細。トラックパッドに違いあり?

    これ興味ありますよね!!

    一度使ってみたいな!
    ってか、ずっとかも笑


    コンセントに繋ぐだけの簡単Wi-Fi【SoftBank Air】

    <このニュースへのネットの反応>

    【iPad ProのMagic Keyboardを分解詳細。トラックパッドに違いあり?】の続きを読む

    このページのトップヘ