ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > iPad


    iPad Pro向けに用意されたアクセサリMagic Keyboardハードウエアとしてのこの製品をインプレッションした「iPad ProMagic Keyboardレビュー 独創的なハードウエアに死角はないか 」に続いて、実際にiPad Proに装着したときの「体験」にフォーカスを当てたレビューをお届けする。

    iPadによるコンピューティングの再定義は、世代によってはうまくいっている。スマートフォンタブレットだけで必要なことをこなし、パソコンでできる同じこと以上の体験を作り出している人たちはたくさん生まれているのだ。

    しかし、Smart Keyboard以来、iPad向けのキーボードAppleリリースし、最終的に今回のiPad ProMagic Keyboardを登場させたことは、iPadをPCのリプレイス需要に合わせるためにマウスキーボードが必要で、これらをスマートに実現する必要があった、ということだ。
    フラットタイピング

    Magic Keyboardを搭載するモバイルデバイスは3つ目となるが、iPad Pro用のMagic Keyboardはこれらの中で、キートップが最も机の面に近い製品だ。キーボード側のデバイスに厚みがないためで、テーブルの上をタイピングしているような感覚に近い。手首の角度も自然で、ポジションとしては最も良いレベルに調節されていると感じた。

    実際の打鍵感は、Magic Keyboard搭載のMacBook Airなど、これまでレビューしてきたものと基本的には変わらない。すなわち、1mmという決して深いわけではないストロークも、ラバードームの組み合わせによって底打ちまで適度な反発があり、その力を使って次の運指へと指を運ぶことができる。

    キートップは、これまでのファブリックからプラスチックになり、指の表面のざらついたストレスがなく、キーを押したことをはっきりと認識できる。そして打鍵の音は、少し乱暴に叩けばカシャッという音が出るが、基本はラバードームの「もこもこ」とした音が主体で、高い音ではないため、耳障りになりにくいと感じた。

    デバイスの剛性や質量、内部構造によってキーボードの音は変化する。例えば、MacBook Pro 16インチモデルと比較すると、キーボードの下に何もないiPad ProMagic Keyboardはラバードームの音がわずかに大きく、ダイレクトに漏れてくるような印象だ。また、リターンキーを押した時のカシャという音はMacBook Proにはなかったため、少し気になってくる。
    デスクトップでの活用

    多くの人にとって、Magic Keyboardは“キーボード付きデスクスタンド”という印象を覚えるかもしれない。iMacのようにiPadが宙に浮いた形で固定され、USB-Cポートには電源を差し込むことができ、デスクの上でのiPad Proの居場所という印象すらある。

    キーボードが机の面にあり、そこからヒンジでディスプレイが立ち上がる構造は、ノートパソコンのそれに近い。だが、ノートパソコンよりも画面がより手元に近く、トラックパッドがありながらも、iPad Proタッチデバイスであるという特性に合わせた距離感になっている。

    iPad Proは、上のヒンジで90度から130度まで角度を調節できるが、個人的にはもっと寝かした角度に設定できたほうがよいと感じた。

    というのも、Magic Keyboardに限った話ではないが、個人的に高さ調節ができるデスクを使っており、一般よりも低い60cmに調節している。この高さにすることで、肩が上がらず、腕を自然に下ろした手元にキーボードを位置できるからだ。しかし、iPad Proの画面は少し立ちすぎていて、真っ直ぐ見下ろす形にはならない。

    ただ、角度をつけすぎると別の問題が生じる。キーボードと画面が近いが故に、ディスプレイ下の側面にキータイプをしている指が当たる問題が発生するのだ。

    実際、100度ぐらいから数字キーを入力すると指が当たり始める。指にiPad Proが干渉する問題は、キーボード面に下端を接地させて支えているSmart Keyboard系のアクセサリでは発生しなかった。もう少し様子を見たいが、改善が必要なポイントといえる。
    ラップトップは不安

    筆者は、iPad Proを携えて取材に出かけ、テーブルがない場所でもSmart Keyboard Folioを装着したiPad Proを膝の上に載せてメモを取る。また、時々電車の中でも原稿をまとめたりする。そうした活用をMagic Keyboardで実現しようとすると、メリットデメリットが出てくる。

    メリットは、トラックパッドが用意されたことで生まれたパームレストの存在だ。膝の上で操作する場合、このパームレスト部分を使ってMagic Keyboardを腿と手首で挟んで押さえ込むことで、iPad Pro全体が膝の上でとても安定するのだ。これは、パームレストがないSmart Keyboard Folioではできなかった支え方であり、ノートパソコンと同じようにどんな椅子の環境でも支えやすくなった点は便利だ。

    その一方で、キーボード奥側のヒンジに重心があるためか、パームレストから両手を離すとiPad Proは奥に転げ落ちてしまう。これは、iPad Proの角度をどんなに調節しても改善することはなかった。

    Smart Keyboard Folioにはデスク用、ラップトップ用の2種類の角度が用意されており、ラップトップ用のポジションでは膝の上でも比較的自立してくれた。そのことを考えると、写真を撮りながらメモを取るイベント取材の場合は、これまで通りSmart Keyboard Folioで出かける必要がありそうだ。
    Smart Keyboard Folioにはない新たな問題

    デスクの上では、Magic KeyboardMacBookシリーズ以上のタイピング体験をもたらすと評価できる。その理由は、机の面にほぼ張り付くようなフラットさで、手首を自然な角度で保てるからだ。しかし、その机がなくなると、膝の上で自立できるSmart Keyboard Folioのほうが優位となる。

    重量バランスの問題から仕方がないとはいえ、Magic Keyboardは「デスクがある場所での最高のiPad Proキーボード」という評価であり、オールマイティな存在ではない。つまりモバイル向きではないということだ。

    モバイル性に関しては、2つの新しい問題も発生している。

    1つは、バッテリー消費がSmart Keyboard Folioに比べて速いこと。キーボードにはバックライトが搭載され、トラックパッドにも通電していることから当然の結果ではあるが、感覚的に3~5割増しでバッテリーを消費していく、と感じた。最近は、充電器すら持ち歩かずに丸1日iPad Proを携えて出かけることもあり、そういったモバイル性を最大限に活かす使い方をしたい場合、Magic Keyboardは向かない。

    もう1つは重量だ。12.9インチ向けのMagic Keyboardは約680gと、実にiPad Pro本体よりも重量がある。装着して折りたたむめば、厚みは倍、重さは倍以上になってしまう。これは、同じくMagic Keyboardを搭載する2020年モデルMacBook Airの1.29kgよりも重くなる。Smart Keyboard Folioも決して軽くはないが、前述のバッテリー消費と合わせて考えると、モバイル時にはSmart Keyboard Folioが最適だ。

    iPad Proを自宅やオフィスデスクテーブルで活用する機会が多い人にとって、仕上がりのよいキーボードとともに作業環境を丸ごと持ち運べる点は、Magic Keyboardの大きなメリットとなる。そして、デザインiMacのようであり、どこかレトロな雰囲気のスタイルであるとも感じる。

    iPad Proタブレットからコンピュータへと発展するために必要なステップであり、その狙いは成功していると感じた。
    (松村太郎)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    iPad Pro用Magic Keyboardレビュー 体験して見えた「○」と「×」

    iPad Pro用Magic Keyboardって、良さそうですよね!!
    私も昔のやつ使ってますが最高に使いやすいですもんね笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【iPad Pro用Magic Keyboardレビュー 体験して見えた「○」と「×」】の続きを読む


    今や、スマートフォンはもはや一人一台持つパソコンだ。iDiskk Apple認証(1TB iOS13 対応) 1000GB 外付けハードドライブは、そんなスマートフォンハードディスク容量を拡張できるHDD。しかも10000mAhの大容量バッテリーを備えているのでモバイルバッテリーとして使うこともできる。

    繋いだまま使えば撮影しながらそのまま保存も可能!写真や連絡帳含め、いろんなデータのバックアップにも!

    iDiskk Apple認証(1TB iOS13 対応) 1000GB 外付けハードドライブは、10000mAhモバイルバッテリー+1TB HDDハードドライブが一体となったハイブリッドな外付けハードディスクiPhoneiPadMacbookAndroidなどのスマートフォンタブレットなどのストレージスペースを拡張することだけでなく、デバイスに充電するモバイルバッテリーとしても使うことができる。

    小型な手のひらサイズなので簡単に持ち運びでき、USB3.0で転送速度も高速。写真やビデオ、音楽、ドキュメントの保存や家族や友達とのデータのやり取りにもとても便利に使える。しかも、繋ぐだけで新しい写真・ビデオ・音楽・ドキュメントのみを自動的にバックアップUSBケーブル1本でパソコンにつなぐだけで手軽に使用できる。

    Apple製品にはうれしいMfi認証済み。 認定されたチップとコネクタにより、データを安全に転送できる。OSのバージョンが上がっても安心して使える。

    HDDの容量は1TBと大容量なので、写真や動画データをたっぷりと保存可能。ビジネスでの利用はもちろんのこと、旅行で撮影した動画データの受け渡しもオフラインでできる。スマートフォンで見るための大容量動画データを一時保存するのもいいかもしれない。使い方によって可能性が広がるアイテムだ。

    Amazon:
    iDiskk Apple認証(1TB iOS13 対応) 1000GB iPhone 11 Pro iPad 外付けハードドライブ iPhone USBメモリ Macbook Pro Windows Computer コネクタ搭載外付USB 3.0 容量不足解消 iPad Ai rmini iPhone XR X XS MAX 6 7 8 plus iOS 用フラッシュドライブ対応

    iPhoneやiPadの外付けドライブに最適!認証取得の1TBドライブで、モバイルバッテリーにもなる!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    iPhoneやiPadの外付けドライブに最適!認証取得の1TBドライブで、モバイルバッテリーにもなる!

    これ便利ですね!!
    外付けドライブって!!すごい!!

    iPadで仕事するにはいいですね!!

    しかもモバイルバッテリーにもなるなんて面白い!


    簡単に使える360°カメラ【PanoClip】

    <このニュースへのネットの反応>

    【【iPhone iPad】iPhoneやiPadの外付けドライブに最適!】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     アップルは当初5月末と案内していたiPadMagic Keyboardを、予定より1ヵ月以上早め、4月15日に予約を開始。4月20日には最初にオーダーしたユーザーに届きはじめました。

     2018年モデル2020年モデルiPad Proに装着することで、アップル2019年末から導入を進めているMagic Keyboardと、iPadOS 13.4で標準サポートとなったトラックパッドをワンタッチで利用可能にできるものです。

    Magic Keyboard with トラックパッド

     このアクセサリiPad Pro背面の3つの接点を持つSmart Conncectorを通じて接続します。Magic Keyboardのヒンジ右側にUSB-Cポートがあり、電源供給ができますが、Smart Keyboardを使ったアクセサリはこれまでキーボード接続しかなかったため、トラックパッドの信号や電源供給ができるという明かされていない仕様が明らかになりました。

     Magic Keyboardは1mmのキーストロークとラバードームによる反発力を備えた、シザー構造のキーボードMacBook ProMacBook Airとまったく同じものが搭載されています。日本語キーボードでは、少し「かちゃ」っというリターンキーの音が気になりますが、それ以外はラバーのモコモコとした音が中心で、静かな部類だと評価できます。

     打鍵感はMacBook Airレビューをご参照。しかし搭載される筐体が違うことから、音の感触は若干異なります。また、パームレストの高さはほぼないため、机の面にぺったりと吸い付き、フラット。実はMagic Keyboardとしては、机の面からキートップまでの高さが最も低いのです。個人的には非常に好みのポジションです。

     加えて、ノートパソコンではお馴染みの場所にトラックパッドが備わっています。こちらは正直なところ、つい使うのを忘れてしまいます。というのも筆者は2016年の9.7インチiPad Pro登場時から、キーボードタッチスクリーンという作業環境に慣れてきました。そのため、タイピングをしていて必要なときにはついに画面を触ってしまうのです。

     ただ、トラックパッドが装着されたことで、パームレストの領域が生まれました。机がない、椅子に座って作業する際、このパームレスト部分で全体を支えて安定させることができるため、移動中に作業する機会が多い人にとっては、導入のメリットが大きいと感じました。

    ●ちらつくMacBook Air

     筆者は仕事の大半をiPad Proでする #iPadOnly な生活を送っています。その点からMagic Keyboardアクセサリとして登場したことは、プラスでしかないのです。ほとんど起動しないMaciPadの組み合わせが長らく続いてきましたが、ではMagic Keyboard目当てで12.9インチモデルiPad Proを新調すべき! と多くの人におすすめしないかもしれません。

     たとえばメインマシンがない場合、iPad Proではなく、MacBook Airの方がおそらく汎用性が高く、オフィスアプリからプログラミングまで幅広くカバーできるでしょう。そしてiPad Pro 12.9インチMagic Keyboardを合計した重さより、MacBook Air単体の方がわずかに軽く、かなりオプションを積まないとiPadと同じ金額にならないほど、MacBook Airは安い価格が設定されています。

     その点、モバイル性、システム重量の軽さを考えると、これからiPad Proを考えている人は、11インチモデルMagic Keyboardの組み合わせの方が、良さを実感しやすいのではないでしょうか。個人的には、リターンキーやその周辺の記号キーが細くなってしまうので、やはり12.9インチMagic Keyboardの方が「完全体」だと思うのですが……。

    ●解決すべき問題もいくつか発生している

     Magic Keyboardは、iPad Proノートパソコンに遜色ないインターフェイスで固めることができるアクセサリとして、非常に意欲的な製品だと感じました。iPadに対して、「PCのように使えない」「マウスがない」といったユーザーの「活用しない理由」を、1つ、また1つと、ソフトウェアハードウェアの両面から解決し、外堀を埋めてます。その視点から見ても、Magic Keyboardは大きな意味を持つアクセサリ、というわけです。

     ただし、じゃあ筆者はSmart Keyboard Folioを全く使わなくなるか? と言われると、おそらく答えはNoです。当面併用していくことになるのではないかと考えています。

     その理由は、重量に加えて、iPadで最も重視していた性能であるバッテリー持続性です。極上のタイピング体験と引き換えに、Magic Keyboard接続時のiPad Proは、バッテリー持続時間が3〜5割の幅で短くなってしまうようでした。iPadLTE通信をしていたとしても、充電器を持たず1日使い続けられるスタミナが重宝していました。Wi-Fiスポットも電源も、iPadなら探さなくて良くなるのです。

     しかしMagic Keyboard装着時だと、夕方の仕事までバッテリーが持つか、あやしくなってきます。その点、Smart Keyboard Folioはバッテリー消費の問題がないため、取材や出先での原稿など、長丁場になりそうな場合に残しておくかもしれません。

     とはいえ、現状家にこもる生活が続いているため、MaciPad Proと、快適なMagic Keyboardで満たされる生活に浸っているのです。

    iPad Pro+Magic Keyboard、重さと充電の減りが課題


    (出典 news.nicovideo.jp)

    iPad Pro+Magic Keyboard、重さと充電の減りが課題


    これ意味わかりますね!!

    気になりますもんね!!

    そうなるとMacBookAir

    になっちゃいますよね!!

    でも取り外しもできますもんね!!

    悩みますね!!笑




    <このニュースへのネットの反応>

    【【iPad アクセサリ】iPad Pro+Magic Keyboard、重さと充電の減りが課題】の続きを読む


    今回紹介するエレコム マウス Bluetooth Sサイズ M-BT12BRは、シンプルで使いやすいBluetoothマウス。電池2本で約8カ月も電池交換が不要なので、毎日使ってもなかなか電池交換のタイミングが来ない。シンプルで使いやすくお安めのBluetoothマウスだ。

    Bluetooth接続なのでUSBポートを塞がない!非常にコンパクトでモバイル環境にぴったり!

    エレコム マウス Bluetooth Sサイズ M-BT12BRは、マルチOS対応のBluetoothマウスデスクトップパソコンノートパソコンだけでなく、iPad等のタブレットにも対応している。

    省電力で電池が長持ちするIR LEDセンサーを搭載。それにより約10カ月も連続で使用することが可能となっている。使用する電池は単四電池で簡単に手に入るので、もし急に電池が切れてしまっても問題ないだろう。もちろん、電源があるので使わない時には電源を切っておくこともできる。

    Bluetooth接続なので、一般的なワイヤレスマウスと異なりUSBポートを占有しない。Bluetoothを搭載しているパソコンタブレットならペアリングを済ませればすぐ使えるようになるので、使い勝手もいい。マウスの機能自体は非常にシンプルゲーミングなどには向かないが、仕事や普段使いには十分。価格も抑えられていて使いやすいので、ぜひおススメしたい。

    Amazon:
    エレコム マウス Bluetooth (iOS対応) Sサイズ 小型 3ボタン IRセンサー 省電力 ブラック M-BT12BRBK
    エレコム マウス Bluetooth (iOS対応) Sサイズ 小型 3ボタン IRセンサー 省電力 ピンク M-BT12BRPN
    エレコム マウス Bluetooth (iOS対応) Sサイズ 小型 3ボタン IRセンサー 省電力 レッド M-BT12BRRD
    エレコム マウス Bluetooth (iOS対応) Sサイズ 小型 3ボタン IRセンサー 省電力 ブルー M-BT12BRBU
    エレコム マウス Bluetooth (iOS対応) Sサイズ 小型 3ボタン IRセンサー 省電力 シルバー M-BT12BRSV
    楽天:
    エレコム Bluetooth IR LEDマウス 3ボタン M‐BT12BRBK (ブラック)

    省電力の長持ちワイヤレスマウス!Bluetooth接続でiPadでも使える!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    省電力の長持ちワイヤレスマウス!Bluetooth接続でiPadでも使える!

    電池長持ちっていいですよね!!

    私も昨日マウス使ってみましたが便利ですよね!!

    私はこれにしちゃいましたが笑



    <このニュースへのネットの反応>

    【【iPad】省電力の長持ちワイヤレスマウス!Bluetooth接続でiPadでも使える!】の続きを読む


    Photo: amito

    矯正されたい。

    iPad Pro 12.9インチ用のMagic Keyboardが届きました。Magic Keyboardキーボードトラックパッドが内蔵されたケース型のiPad Proアクセサリで、装着するとまるでMacBookのようなスタイルで作業をすることができます。

    実物をハンズオンしたところ、これはかなりiPad上級者向けプロダクトだなぁと思いました。

    下記から動画でのハンズオンもご覧いただけます。記事とあわせてどうぞ!

    重さは? どこまで開く?

    Photo: amito

    まずは重さ。想像より結構重いです。12.9インチMagic Keyboardの重量は703gでした。iPad Pro 12.9インチと合わせると1,344gにもなります。MacBook Pro 13インチの重量は1,370gですから、ほとんど変わりません。

    Photo: amito

    さらにヒンジは上の画像の角度までしか開きません。つまり、Magic Keyboardをつけている間はiPadタブレットして使うことができませんApple Pencilで書いたり、読書するときは本体を取り出して裸で使うことになります。かなりラップトップぽいスタイルに振り切られているのが分かります

    Photo: amito

    Photo: amito

    Photo: amito

    しかし、ヒンジの感触そのものはかなり高級感があります。重たいiPad Pro本体を支えるためにかなり硬いヒンジになっていますが、ゆっくりスムーズに可動してくれるのがえらいです。ディスプレイを傾けるための上のヒンジも、中身は金属になっているようで、しっかり本体を支えてくれます。

    Photo: amito

    USB-Cポートは充電専用。あくまでiPad Pro本体に給電するためのもので、Magic Keyboardにはバッテリーは入っていません。

    キーボードとトラックパッドはほとんどMacBook

    Photo: amito

    肝心のキーボードトラックパッドはめちゃくちゃに物欲を刺激してきます。

    Photo: amito

    キーボードはシザーキーを採用していますが、MacBook AirPro 16インチのものとは打鍵感が違います。少し軽めで、程よいパチパチとしたタイプ音は2015年までのMacBookシリーズに使われていた旧シザーキーに似ているような。一度使ったらSmartKeyboard Folioには戻れなくなりそうな、限りなくMacに近いキーボードです。

    Photo: amito

    トラックパッドもとても使いやすいです。全面が均等に沈み込み、しっかりしたクリック感があります。MagicTrackpad 2 と比べるとやや沈み込みが深く、音も大きいですが、これはこれで心地いいです。

    Magic Keyboardってなんだろう、iPadってなんだろう

    Photo: amito

    Magic Keyboardは本当に質感がよくて、iPadが好きなら間違いなく欲しくなるアクセサリです。

    でもMagicKeyboardは、SmartKeyboard Folioのように平たく広げることもできないし、iPadの背中側にたたむこともできません。だから読書やお絵かきのようなタブレットとしての使い方はこれを着けたままでは難しいんです。

    つまり、iPadにあえてMagic Keyboardを着けることは「キーボードトラックパッドバリバリ作業する」ことを意味します。そういう人しか着ける意味がないんです。

    Photo: amito

    もしかしたらMagic Keyboardは、iPadをお仕事デバイスに進化させるための矯正ギプスなのかもしれません。

    タップスワイプ、頑ななシングルタスクファイル拡張子の概念がないシステム…。思えばiPhoneの登場以降、僕たちはAppleコンピュータの使い方を1から強制されながら、矯正されてきました。

    そして僕たちが慣れてきたところで、マルチタスクファイルドラッグアンドドロップ、トラックパッドライブ変換…。なんだか仕事に使えそうな機能がもりもり追加されました。

    そこに登場したMagic Keyboardは、iPadを一時的にラップトップスタイルに矯正する存在。「ねぇ、そろそろこれで仕事してみない?」っていうAppleからのお誘いです。僕らの矯正が無事成功すれば、トラックパッドで使えるアプリもどんどん増えて、いつかiPadで仕事をするのが普通のことになる日が来るのかも。

    誰が買うべき?

    Photo: amito

    とはいえ、値段や重さを考えると(特に12.9インチに関しては)MacBookシリーズを買ったほうがお得なように見えます。

    それでもあえてiPad ProMagic Keyboardを選ぶべき人はこんな人でしょうか。

    iPadでめっちゃ文字入力する人・すでに仕事の大半をiPadでこなせている人・iPadだけで仕事をすることに恋焦がれている人(僕です)

    逆に、こんな人はSmartKeyboard Folioを使ったほうがいいと思います。

    iPadタブレットとして使うことが多い人・Apple Pencilもけっこう使う人

    今のところトラックパッド最適化されたアプリは少ないですから、Appleのこのお誘いに乗るかどうかはゆっくり考えてみてもいいのかなと思いました。

    Source: Apple



    (出典 news.nicovideo.jp)

    iPad Pro用「Magic Keyboard」ハンズオン:お仕事デバイスに進化するための矯正ギプス

    これ便利ですよね!!

    一度使うと止めれません!!笑笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【【必見】iPad Pro用「Magic Keyboard」】の続きを読む

    このページのトップヘ