ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > Androidタブレット


    ●「MatePad Pro」などタブレット3機種
    ファーウェイジャパン6月2日、日本向けの新製品を一挙発表しました。新発売となるのはスマートフォン3台、タブレット3台、ノートPC 1台、完全ワイヤレスイヤホン1製品の計8種類。タブレットの上位モデルMatePad Pro」など、タブレット/ノートPC/完全ワイヤレスイヤホンの実機写真を交えて各製品の特徴をお伝えしましょう。

    狭額縁タブレットMatePad Pro」、ペンやキーボード

    MatePad Proは、ハイエンドスマートフォン並みの性能を備えたAndroid 10搭載タブレット。ここ数年、高性能なタブレット製品はiPad以外の選択肢が乏しかっただけに、出色の製品と言えます。

    iPad Proに似たデザインで、角に丸みのある10.8型ディスプレイコンパクトなボディに収めています。画面右上にインカメラを備えるパンチホールデザインを採用し、上下左右のベゼルは約4.9mmiPad以上に切り詰めました。

    ファーウェイのハイエンドスマホP40 Pro」にも使われているチップセットKirin 990」と6GBメモリを搭載し、処理能力の高さが強み。ファーウェイスマホの画面をタブレット上に表示する機能などを搭載しています。4つの独立したスピーカーを搭載し、HUAWEI Histen6.0サラウンド効果とHarman Kardonによる音響チューニングを採用。映画や音楽、ゲームなどのサウンド高音質に楽しめるとしています。

    さらに、ファーウェイタブレットとして初めてワイヤレス充電に対応。ワイヤレス充電では15Wで本体を急速充電できます。また、タブレットからスマホや完全ワイヤレスイヤホンへ最大7.5Wで給電する機能も備えています。

    別売の「スマートワイヤレスキーボード」(税別14,900円前後)や、最大4,096段階の筆圧感知で繊細なタッチを再現するスタイラスペン「M-Pencil」(税別9,990円前後)に対応し、アイビスペイントメディバンペイントといったイラストアプリMicrosoft Officeなどで活用できます。専用ペンはMatePad Pro本体に磁石でくっつけて充電できるのもポイントです。

    6月12日発売で、価格はオープンライス、店頭価格は税別59,800円前後を見込んでいます。Androidタブレットとしては値段が高めですが、iPad Proに近い性能にしてはお手ごろな価格設定とも考えられます。後ほど紹介する“Googleサービスが使えない”問題を踏まえても、活用のしがいのある1台と言えるでしょう。

    DCI-P3色域対応で10.8型/2,560×1,600ドットディスプレイを搭載(四角とした想定で算出した場合の数値。角丸デザインのため、実際に見える範囲はわずかに小さくなります)。大きさは約246×159×7.2mm(縦×横×厚さ)、重さは約460g。ストレージは128GB。microSDには非対応ですが、ファーウェイ独自規格のメモリデバイス「NMカード」により、最大256GBまでストレージ容量を追加できます。

    モバイル通信は非対応で、IEEE802.11ac/a/b/g/n対応の無線LANBluetooth 5.1をサポートします。3.5mmイヤホンジャックは非搭載ですが、USB Type-C-3.5mm変換アダプターが付属します。

    バッテリー容量は7,250mAhで、1080pローカル動画をタブレット単体で再生した場合、約12時間の稼働が可能。2.5時間でフル充電できます。インタフェースはUSB Type-C(USB 3.1)。カラーミッドナイトグレーの1色のみとなります。
    10.4型「MatePad」はLTEモデルも用意

    MatePadは、上位のMatePad Proは手が届きにくい人も選びやすい、性能と価格のバランスが取れたタブレットです。6月12日発売で、店頭価格はWi-Fiモデルが税別29,800円前後、LTEモデルは税別36,182円前後となる見込みです。

    画面サイズは10.4型とMatePad Proよりやや小さいものの、狭額縁デザインや7,250mAhの大容量バッテリーは共通。MatePad Proにはない、LTE対応モデルも用意されています。

    MatePadチップセットは“フラッグシップレベル”のチップセットKirin 810」を搭載。ライバルのクアルコム「Snapdragonシリーズで例えるなら、Snapdragon 730に近い性能となっています。メモリは3GB。

    ストレージは32GBで、MatePad Proと比べて少なめです。写真を撮りためたり、ゲームをよく遊ぶような人には容量が不足しそうですが、動画や電子雑誌を見放題サービスで楽しむような使い方であれば、特に問題にはならないでしょう。

    MatePad Proと同様にMatePadも4つのスピーカーを搭載し、Harman/Kardonのチューニングを採用。オーディオは上位機種ゆずりと言えます。

    別売のスタイラスペン「M-Pencil」に対応していますが、MatePad Proのようにくっつけて充電することはできません。M-Pencilの充電アダプターを介してUSB端子から充電できます。

    10.4型IPS液晶ディスプレイを搭載し、解像度は2,000×1,200ドット1080pローカル動画をタブレット単体で再生した場合、約12時間の稼働が可能。3.8時間でフル充電できます。

    大きさは約245×155×7.4mm(縦×横×厚さ)、重さは約450g。LTE版は国内4キャリアの4G LTE通信をサポートしています。インタフェースはUSB Type-C(USB 2.0)を搭載します。カラーミッドナイトグレー1色です。
    約1.4万円のコンパクトな8型タブレットMatePad T8」

    ファーウェイタブレット入門機といえる一台が、8型ディスプレイ搭載の「MatePad T8」。Wi-Fiモデルのみで、発売は7月初旬を予定しており、店頭価格は税別13,900円を見込んでいます。

    エントリーモデルですが、左右のベゼル幅は約4.9mmと上位機種MatePad Pro並みの狭額縁デザインを採用。コンパクトに持ち運べて、電子雑誌やマンガを読むのに適したサイズ感です。

    バッテリー容量は5,100mAhと大きく、1080pローカル動画をタブレット単体で再生した場合、約12時間の稼働が可能です。カラーはディープシーブルー。見た目は価格相応ながら、メインパーツサンドブラスト仕上げのメタル素材を用いることで、質感を高めています。

    メディアテックのオクタコアCPU「MT8768」を搭載。メモリは2GBで、ストレージは16GB。最大512GBのmicroSDが利用できます。インタフェースはmicroUSB。低価格タブレットではAmazonFireシリーズがありますが、MatePad T8はスペック的にも有望な対抗馬となりそうです。

    独自のアプリストア「AppGallery」でアプリ不足に対応

    今回発表されたファーウェイスマートフォン/タブレットはすべてAndroid 10を搭載していますが、ファーウェイが米国から受けている制裁の影響により、Googleモバイルサービス(GMS)には非対応となっています。GmailYouTubeといったGoogleアプリだけでなく、アプリストアのGoogle Playも使えないので、多くの有名アプリファーウェイAndroidデバイスで利用できない状態です。

    代わりに、ファーウェイは独自のアプリストア「AppGallery」にテコ入れを図っており、たとえばLINEMicrosoft Office、ナビタイムアイビスペイントといったメジャーアプリがストアに並びはじめています。

    また、Androidでは「サードパーティアプリストア」が存在します。代表的なのがAmazonアプリストアで、ファーウェイスマホタブレットにも同ストアからアプリを追加できます。このストアを利用して、MatePadシリーズTwitterFacebookといったアプリを追加することも可能です。

    解決手段は存在しますが、それでもファーウェイAndroidデバイスを使う際には、「アプリ不足」に悩まされることになりそうです。使いたいアプリの対応状況を見定めてからの購入をおすすめします。

    Win 10搭載の薄型ノートPC、NC対応完全ワイヤレスも
    キーボードからカメラが飛び出す「MateBook X Pro

    ファーウェイWindows 10搭載ノートPCラインナップに、第10世代Coreプロセッサー搭載のフラッグシップモデルMateBook X Pro」を追加。6月5日から順次発売します。店頭価格はCore i5モデルが税別179,800円前後、Core i7モデルが同239,800円前後の見込みです。

    上位版の Core i7-10510U搭載モデルは、ディスクリートGPUNVIDIA Geforce MX250を搭載し、16GBメモリと1TB SSDを装備。Core i5-10210U搭載モデルグラフィックスはインテルUHD Graphics 620(CPU内蔵)で、16GBメモリと512GB SSDを備えています。いずれも縦方向へ画面が広い13.9型/3,000×2,000ドットの液晶ディスプレイを採用し、タッチ操作にも対応します。

    スリムなメタルユニボディに約14型の液晶と高い処理性能を詰め込んだ……というMacbook Proを強く意識しているかのようなモデルですが、ディスプレイを閉じたときのパームレスト側の厚みは4.9mm、最厚部14.6mmと薄いデザインに仕上げており、設計の完成度が高さは疑いようがありません。左側面にUSB Type-C×2とイヤホンジャック、右側にはUSB-A×1を備えています。

    ユニークなのが、キーボードの中に「カメラキー」が存在すること。押すとキーボードに潜んでいたインカメラが飛び出します。広角レンズを採用しており、ビデオ会議などでもくっきりと顔を写せます。また、キーボード右上には指紋センサー一体型電源ボタンを備えています。

    音楽に集中できるデュアルNC完全ワイヤレス「FreeBuds 3i」

    AirPodsが流行を作った完全ワイヤレスイヤホン(TWS)。ファーウェイFreeBudsシリーズノイズキャンセリング(NC)機能をいち早く取り入れてきました。最新のFreeBuds 3iでは、デュアルマイクによるアクティブノイズキャンセリングに対応し、最大ノイズを32dB低減可能です。

    実際に装着してみると、ガヤガヤと聞こえていた周りの話し声が一切なくなり、音楽だけが流れてくるという感覚。完全ワイヤレスイヤホンとしては「しっぽ」の部分が長いため、耳に垂れ下がるかたちで安定して装着できます。

    Bluetooth 5.0準拠で、イヤホン部はカナル型。10mm径のダイナミックドライバーを搭載しています。ファーウェイ製品以外と組み合わせても使えますが、ファーウェイ製品では近くに置くだけでペアリングできる利便性も備えています。

    電池持ちはイヤホン単体で約3.5時間、充電ケース併用で14.5時間(音楽再生時)。既存の完全ワイヤレスイヤホンFreeBuds 3」では充電ケースのワイヤレス充電に対応していましたが、FreeBuds 3iはUSB-C充電のみに対応します。

    カラーによって発売時期が異なり、セラミックホワイト6月12日発売、カーボンブラックは7月以降に発売予定。店頭価格は税別14,800円前後を見込んでいます。
    (石井徹)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ファーウェイ注目タブレット「MatePad Pro」に触れた! - 薄型ノートPC、NC対応TWSも


    これ気になるタブレットですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【必見!触れた! ファーウェイ注目タブレット「MatePad Pro」】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     アマゾンジャパン5月19日Kindle(第10世代)の8GBモデルを発売した。価格は従来の4GBモデル同様、8980円。

     容量を4GBから8GBに倍増したことで、さらに多くの書籍や漫画を楽しめる。ディスプレーは6型。サイズ160×113×8.7mm。重量は174g。

     なお、4GBモデルは通常価格8980円のところ、現在は3000円引きの5980円で販売している。4GBモデルは在庫がなくなり次第、販売を終了する。

    アマゾン、Kindle(第10世代)の8GBモデル 8980円


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【アマゾン、Kindle(第10世代)の8GBモデル 8980円】の続きを読む


    Amazon5月13日タブレット端末Fire HD 8」の新モデル3機種を発表しました。お手頃価格な8インチタブレットが基礎体力をアップして魅力が増しています。Amazon.co.jpでは13日より予約を受け付け、6月3日より出荷されます。

    Fire HD 8別売カバー付き

     

    性能アップ「Fire HD 8」は9980円から

    標準モデルの「Fire HD 8」(第9世代)は、前世代モデルの弱点をカバーして基礎体力を向上させてきました。価格は32GB版が9980円、64GB版が1万1980円(価格はすべて税込)。Amazon.co.jpだけなく、ビックカメラヤマダ電機などの家電量販店でも販売されます。

     

    ボディは上下の幅が縮まり、横長になって、より正方形に近い形状になりました。8インチディスプレイ解像度1280×800ドットと、前世代モデルから変更はありませんが、インカメラが上部から左側に移動したため、横持ちしたときのビデオ通話での写りが自然になっています。

    ↑画面サイズは変わらずも携帯しやすい形になった

     

    チップセットは2.0GHzのクアッドコアに増強。メモリRAM)も2GBに増量したことで、前世代モデルと比べて30%高速化されたとしています。本格的なゲームを遊ぶには少々力不足ですが、動画再生やネットサーフィンをする時の動作も快適です。

     

    アプリの保存領域となるストレージも32GBと64GBに増強。SDカードは最大1TBまで対応します。バッテリービデオ・音楽再生時で最大12時間と長時間もつようになりました。また、Wi-FiIEEE 802.11ac(Wi-Fi 5)に対応。外部端子は最近のスマホでも多く採用されているUSB Type-C形状(USB 2.0)に変更されました。

     

    2018年発売の前世代モデルでちょっと見劣りしてしまっていた性能面の弱点を補ってきた新型Fire HD 8。Amazonプライム・ビデオKindleマンガを楽しむのにぴったりな性能で、1万円で手に入るお手頃感も備えたタブレットです。

    カラーは画像のブルーのほか、ブラックホワイトの3色をラインナップ

     

    なお、Fireタブレットシリーズに共通の注意点として、Google PlayストアやGmailなどは利用できません。アプリを追加する手段としては、Amazonアプリストアが用意されています。

     

    スマートディスプレイ的に使える「Fire HD 8 Plus」

    派生モデルとして展開される「Fire HD 8 Plus」は、第9世代 Fire HD 8を“ちょっとグレードアップした”モデルです。具体的には、メモリRAM)の容量が3GBに増強されているほか、FireタブレットシリーズとしてはじめてQi互換のワイヤレス充電に対応。別売のスタンドに置くだけで、充電できるようになりました。

    Fire HD 8 Plusの専用スタンドは横に立てかけるタイプFireタブレットAlexa対応のスマートディスプレイとして使える「SHOWモード」が自動で起動する設定も用意している

     

    SHOWモードでは、Alexaのスマートスピーカーとほとんど同じ使い方ができます。たとえば朝に「Alexa! 天気を教えて」と話しかけて天候を知ったり、料理中のタイマーとして使用が可能。今回発表された3モデルはいずれもSHOWモードに対応していますが、充電スタンドが使えるFire HD 8 Plusならより便利に利用できます。

     

    普段はリビングの隅っこにでも置いておいてスマートスピーカーとして使い、ちょっと映画や読書を楽しむ時に取りはずしてタブレットになるという取り回しの良さが、Fire HD 8 Plusの最大の持ち味。スマートスピーカー以上の便利さが体感できるはずです。このほか、付属の充電器も9W対応のものとなっており、Fire HD 8よりも高速で充電できます(約4時間で満充電)。

    カラーは画像の「スレート」のみ

     

    Fire HD 8 Plusの32GB版は税込1万1980円、64GB版は1万3980円で販売されます。専用充電スタンドは別売で、単体で買うなら4600円。本体と同時購入する場合、32GB版+スタンドで1万4980円、64GB版+スタンドで1万6980円という割安なセットも用意されています。

     

    壊しても安心! な「Fire HD 8 キッズモデル」

    新型のFire HD 8でも「キッズモデル」がラインナップされます。2年間の限定保証と子ども向けサービスFreeTime Unlimited」が付いて、価格は1万4980円です。

     

    キッズモデルタブレットは、ポップカラースタンド付きケースに入っていますが、中身はFire HD 8 32GBモデルと全く同等の仕様となっています。割高なようにも思えますが、価格に含まれる強力な保証サービスが隠れた魅力となっています。

    ピンクブルーパープルの保護カバーを用意。本体カラーはいずれもブラック

     

    キッズモデル限定保証は、落下や水濡れなどで壊したとしても、保証期間内であれば無料で新品と交換できるというサービス子どもが荒く扱ってしまってもお財布へのダメージは軽減できる、子育て世代には安心のサービスになっています。

     

    1年無料で使えるFreeTime Unlimitedは、Amazon子ども向けに用意する月額サービスで、児童書や学習マンガや図鑑といった電子書籍や、子ども向けの知育ゲームが選び放題で楽しめます。飽きずに使えるように、子どもの学年にあわせたコンテンツを表示する機能も用意されています。

    ↑保護カバーキックスタンド付き

     

    使い過ぎを防ぐための機能として、親が15分単位で利用できる時間を制限できるほか、アプリや本などジャンルごとにアクセス制限も設定できます。子どもが体験した内容や時間は、親向けの報告ページで確認できるなど、ペアレンタルコントロール機能もしっかり備えています。

     

    つまり、「子どもタブレットを渡すと、教育上ふさわしくない情報に触れてしまうのでは…」と心配する親にとってもしっかり対策できる機能を揃えているのが、Amazonキッズモデルというわけです。単純にスマホタブレットを禁止するよりも「一日何時間まで」といった約束を決めて、専用のタブレットを楽しんでもらう方が、子どもの成長の糧になりそうです。

     

    ■第9世代 Fire HD タブレット 8 主なスペック

    Fire HD 8 Fire HD 8 Plus Fire HD 8 キッズモデル
    価格(税込) 32GB版:9980円
    64GB版:1万1980円
    32GB版:1万1980円
    64GB版:1万3980円
    【充電スタンドセット
    32GB版:1万4980円
    64GB版:1万6980円
    32GB版:1万4980円

    キッズケース同梱
    ※2年保証、FreeTime Unlimited 1年分付属

    メモリ(RAM) 2GB 3GB 2GB
    CPU MediaTek 8168(2.0GHz駆動、クアッドコア)
    ストレージ(ROM 32GBまたは64GB 32GBまたは64GB 32GB
    外部ストレージ microSDXCカード対応(最大1TB)
    ディスプレイ 8インチタッチスクリーン
    解像度1280×800ドット画素密度189ppi
    カメラ インカメラ:2MP
    背面カメラ:2MP
    オーディオ Dolby Atmos対応デュアルスピーカー
    3.5mm ステレオイヤホンジャック
    ネットワーク デュアルバンドWi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac)
    Bluetooth A2DP/LE対応
    バッテリー 通常使用時最大12時
    付属充電器 5W出力対応 9W出力対応 5W出力対応
    外部端子 USB Type-C(USB 2.0)
    大きさ/重さ 233 x 184 x 26mm、550g
    ※製造工程により異なる可能性もあります
    その他 SHOWモード対応 SHOWモード対応
    ワイヤレス充電対応(Qi互換)
    SHOWモード対応

     

    【フォトギャラリー】※画像をタップすると閲覧できます。一部SNSからは閲覧できません。

    Amazonの高コスパ8インチタブが刷新! 新「Fire HD 8」 3モデルをこってり紹介します


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Amazonの高コスパ8インチタブが刷新! 新「Fire HD 8」 3モデルをこってり紹介します


    これイイですね!!自宅で使うのにもってこいですね!!
    しかも、今の期間最高に便利でしょうね!!

    って、なんか徐々に外出できそうですが笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【Amazonの高コスパ8インチタブが刷新! 新「Fire HD 8」 3モデル】の続きを読む


    【Androidタブレット】ドコモからリリースされていた超軽量で防水なARROWSタブレットが1万円切りでセール中 | ニコニコニュース


    ドコモからリリースされていた超軽量で防水なARROWSタブレットが1万円切りでセール中この金額ならいいですね!動画用にも使えそうですね!!

    【元記事をASCII.jpで読む】

     高解像度ディスプレーを搭載し、防水・防塵に対応した富士通製の10.5型タブレットARROWS Tab F-03G」がアキバで特価販売中だ。取り扱っているのはイオシス アキバ中央通店などのイオシス各店で、店頭価格は9980円

     WQXGA解像度2561600)の美麗なディスプレーを搭載する、10.5型サイズ富士通タブレット。防水・防塵仕様でフルセグも内蔵、重さも約433gで超軽量という、機能性バツグンな端末だ。

     今回入荷したのは、目立った外傷などがない中古Bランク品。見た目にもキレイで状態がよく、1万円切りはかなりお買い得だ。ショップによれば「在庫は120台以上」とのことで、それなりに在庫に余裕はあるようだ。

     主な仕様は、プロセッサーがクアッドコアのSnapdragon 801メモリー2GB、ストレージ64GBなど。OSはAndroid 4.4を搭載、ドコモLTEに対応している。

     
    ドコモからリリースされていた超軽量で防水なARROWSタブレットが1万円切りでセール中


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Androidタブレット】ドコモからリリースされていた超軽量で防水なARROWSタブレットが1万円切りでセール中 | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ