ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > eスポーツ


    マウスコンピューター3月31日、日本eスポーツ連合(JeSU)公認のデスクトップゲーミングPCを発表しました。今回発表されたのはビギナーも安心して使える標準タイプの「G-Tune HM-BJ」と、上級者向けのハイスペックモデルG-Tune HN-ZJ」の2種類。価格はG-Tune HM-BJが21万9780円、G-Tune HN-ZJは24万1780円で発売中です。

    ↑日本eスポーツ連合認定の2機種は、ゲーム好きにぴったりのスペックとなっています

     

    【紹介製品の細部を写真で見る】※画像をタップすると閲覧できます。一部SNSからは表示できません。

    日本eスポーツ連合に認定された高スペックでゲームもサクサク

    マウスコンピューターでは開発するにあたり、両モデルユーザーの意見を反映させました。入出力ポートはケース天板に配置し、デスクトップPCでありながら、椅子に座ったままでもアクセスが可能。HDMI端子を搭載して、映像出力を簡単に行えるように配慮しています。eスポーツプレイヤーがPCに対して持つ心配を減少し、ゲームに没頭できる環境に寄与しているのです。

     

    さらに、ダストフィルターマグネット式を採用。取り外して水洗いすることができるので、手軽にメンテナンスすることも可能です。

    ケースに盛り込まれた3つの特長

     

    標準タイプG-Tune HM-BJは、価格も抑えられているため、ゲーム初心者でも安心して購入することができるでしょう。

    初心者には標準モデルがおすすめ

     

    一方、ハイスペックモデルであるG-Tune HN-ZJは、グラフィックス・アクセラレーターに大容量のNVIDIA GeForce RTX 3070/8GB (DisplayPort×3/HDMI×1)を採用しているため、精緻なグラフィックスを実現しています。シューティングゲームなど、画質を高めながら高速描写を求めている人には絶好のモデルといえるのではないでしょうか。

    ↑ハイスペックモデルG-Tune HN-ZJは、標準モデルと比較してビジュアル面の美しさが大幅に向上しました

     

    日本eスポーツ連合とは、eスポーツコンピューターゲームスポーツとして捉えたときの名称)の普及を目的とした団体で、eスポーツ大会の認定やeスポーツ選手の育成や支援を行っています。今回発表されたG-Tune HM-BJとG-Tune HN-ZJの2機種は、その日本eスポーツ連合の公認モデルです。

     

    マウスコンピューターと日本eスポーツ連合では、本モデルを開発するに先立ち、2つの検証を行いました。プレイヤー視点の検証では、プロゲーマーへのヒアリングを実施。シューティングゲームなどフレームレートを重視するゲームでは、素早い場面切り替えが必要とされます。そのため、意図的に画質設定を下げてプレイする傾向グラフィック設定を最低ランクにした状態で、最低120FPS以上でゲーム動作ができるスペックを実現しています。

    プレイヤー視点のレギュレーション

     

    運営・法人視点の検証では、視聴者に向けてゲームを配信するのに60FPSを超える必要はないとの結果を得たため、最大固定FPSもしくは60FPS以上出ていることを公認スペックの要件とする、と定めました。

    ↑運営・法人視点でのレギュレーション

     

    PCでオンラインゲームプレイする場合、機種によっては画面がカクカクすることがあり、ストレスが溜まりがちなものです。しかし、日本eスポーツ連合公認の本モデルでは、2視点からのレギュレーションクリアしているため、スムーズな動作で楽しむことができます。

     

    G-Tune HN-ZJとG-Tune HM-BJでは、「eFootball ウイニングイレブン 2021 SEASON UPDATE」(海外版)、「グランブルーファンタジー ヴァーサス」、「ストリートファイターV チャンピオンエディション」、「DEAD OR ALIVE 6」の4タイトルで検証を実施。マウスコンピューターでは、今後も検証済みタイトルを増やしていく方針としています。

    ↑現在の検証済みの4タイトル

     

    今回発表されたG-Tune HM-BJ、G-Tune HN-ZJの日本eスポーツ連合公認の2機種は、日本eスポーツ連合が主催する大会でも利用されること決定済み。プロゲーマーたちのプレイでその真価を発揮するでしょう。

     

    マウスコンピューターでは、今後の要望次第でノートPCの開発も検討するようです。

     

    エキシビジョンマッチで美しく、スムーズな動作を実証

    発表会当日は、プロゲーマー板橋ザンギエフ選手とナウマン選手による「ストリートファイターV」のエキシビジョンマッチも行われました。

    ↑エキシビジョンマッチに挑んだ板橋ザンギエフ選手(右)とナウマン選手

     

    早速、鮮明で美しいグラフィックスとキャラクターの滑らかな動きを披露し、板橋ザンギエフ選手が勝利を納めました。

    ↑エキシビジョンマッチでは板橋ザンギエフ選手が勝利しました 『ストリートファイターV チャンピオンエディション』©CAPCOM U.S.A., INC. 2016, 2020 ALL RIGHTS RESERVED.

     

    G-Tune HM-BJとG-Tune HN-ZJはあらゆるゲームプレイすることを前提に開発されたデスクトップゲーミングPCです。どちらもこれまで以上にゲームを楽しむことができるでしょう。

     

    マウスコンピューターの最新「G-Tune」で知る、「日本eスポーツ連合(JeSU)公認」PCの中身


    (出典 news.nicovideo.jp)

    マウスコンピューターの最新「G-Tune」で知る、「日本eスポーツ連合(JeSU)公認」PCの中身


    これ最高ですね!!

    欲しいなー笑笑


    Wi-Fiで家中ネット使い放題【SoftBank Air】

    <このニュースへのネットの反応>

    【マウスコンピューターの最新「G-Tune」で知る、「日本eスポーツ連合(JeSU)公認」PCの中身】の続きを読む


    東京地下鉄とゲシピは、南北線赤羽岩淵駅3番出入口横に、日本初となるeスポーツ専用ジム「eスポーツジム」を5月19日オープンします。それに伴い、4月26日メディア向け内覧会を開催。今回はその様子をレポートします。

    今回の試みは、東京メトロ2016年から行っている「Tokyo Metro ACCELERATORプロジェクト2019年に採用された案件。「Tokyo Metro ACCELERATOR」は、東京メトロのリソースを活かし、外部事業者のアイデアと組み合わせるプロジェクトです。eスポーツジム以外に、観光ツアーアプリなどの開発も行っています。

    eスポーツジムが日本初となる所以(ゆえん)は、プロ選手やプロチームコーチやアナリストなど、第一線で活躍している人たちから、レッスンを受けられるところです。

    東京メトロは元々社員教育に熱心な企業。模擬駅を擁した研修センターを所有しており、教育分野への関心が高いと言えます。eスポーツジムは、基本的にeスポーツ施設と同様にゲーミングPCを利用する感じですが、スポーツジムと同様にインストクターによる指導を受けることもできるわけです。

    料金体系も特殊。eスポーツ施設は都度払いが多いのですが、月額制の利用料金を用意。月額5,500円で、毎日3時間まで利用できます。さらにオプション料金として、1時間2,750円でインストクターによるレッスンを受けられます。もちろん、都度の会員制度もあり、その場合は3時間で1,430円です。

    営業時間は平日が15時から22時まで。休日が11時から23時まで。緊急事態宣言の発令など、新型コロナウイルス感染症拡大の状況によっては、営業時間を短縮する予定です。公式サイトで予約の申し込みや予約の埋まり具合を確認できます。

    現時点で指導してもらえるのは、『VALORANT』『リーグ・オブ・レジェンド』『レインボーシックスシージ』『ぷよぷよeスポーツ』『アイデンティティV』の5タイトル。指導するインストクターは、Crest Gaming、Glory be esportsdelta選手です。いずれもトップリーグで活躍する選手やチームなので、初心者からプロを目指す人まで、幅広い人にマッチするでしょう。今後はゲームタイトルや指導者を順次増やしていく予定です。

    ジムの設備は、12台のゲーミングPCを用意。PCは協賛したレノボが提供する「Legion」でした。

    店舗は、元々駅近に展開するマッサージ店だっただけに、既存のeスポーツ施設と比べるとかなり小さめな印象。なので、大会をしたり、大人数でイベントを楽しんだりといった使いかたには不向きと言えます。

    ただ、地下鉄駅の出入口と直結しており、住宅街や商業地区のどちらからもアクセス良好。そういった意味では、eスポーツ施設ではなく、あくまでもeスポーツジムとしての位置づけが適切だとわかりますフィットネスジムのように学校帰りや会社帰りなどに立ち寄る感じと言えば、イメージがつきやすいのではないでしょうか。

    店内は大きなガラスで覆われており、日中はかなりの明るさです。ゲームeスポーツ施設は、暗く閉鎖された印象を持っている人もいると思いますが、実際に見た限りでは開放的で入りやすそうな印象を受けました。

    もちろん、日光の方向によっては窓にブラインドをかけて、モニターが外光で見にくくならないようにできます。明るい店舗でインストクターがいるのであれば、子どもを通わせるにも安心できるのではないでしょうか。

    東京メトロとしては、自社所有の遊休地の有効活用と地下鉄移動の需要の創出、新規事業の展開などが目的として挙げられています。また、ゲシピとしては、eスポーツ市場の裾野を拡げることやeスポーツプレイヤーセカンドキャリアの創設、働く場を増やすことが目的。ゆくゆくは学習塾のように、街の至るところにオープンし、東京メトロ9路線での展開も考えていると言います。

    現役もしくは引退したeスポーツプレイヤーが、そのキャリアを活かして次世代の選手の育成やレッスンを生業とすることができれば、eスポーツのエコシステムの構築が確立し、より市場として強くなるのではないでしょうか。

    著者 : 岡安学 おかやすまなぶ eスポーツを精力的に取材するフリーライターゲーム情報誌編集部を経て、フリーランスに。様々なゲーム誌に寄稿しながら、攻略本の執筆も行い、関わった書籍数は50冊以上。現在は、Webや雑誌、Mookなどで活動中。近著に『みんなが知りたかった最新eスポーツの教科書』(秀和システム刊)、『INGRESSを一生遊ぶ!』(宝島社刊)。@digiyas この著者の記事一覧はこちら
    (岡安学)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    プロのレッスンを受けられる! 日本初の「eスポーツジム」に行ってきた

    これすごいですね!!
    「eスポーツジム」って最高ですね!!


    高速通信IPv6接続対応【@nifty with ドコモ光】
    “"







    <このニュースへのネットの反応>

    【プロのレッスンを受けられる! 日本初の「eスポーツジム」に行ってきた】の続きを読む


    ガーミンジャパン(Garmin)は、タフネスGPSアウトドアウォッチINSTINCT Esports Edition(インスティンクイースポーツ エディション)』の発売を記念し、eスポーツプレイヤーインタビューを発信するスペシャルWEBサイトをオープンした。

    このスペシャルWEBサイトでは、Garminスポンサー契約を締結したプロチームSCARZ」のメンバーへのスペシャルインタビューと、ストリーマーグループの「Gamers×Gamers」へのインタビューを掲載。また、それぞれのコラボレーション動画を公開する予定だという。

    さらに、eスポーツプレイヤーゲーマー向けの機能を搭載したスマートウォッチINSTINCT Esports Edition」についても、スペシャルWEBサイトにて製品ラインアップを紹介する。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ガーミンがeスポーツのスペシャルサイトを公開、選手へのインタビューを掲載


    これ気になりますね!!



    <このニュースへのネットの反応>

    【ガーミンがeスポーツのスペシャルサイトを公開、選手へのインタビューを掲載】の続きを読む


     フィットネスクラブの運営などを手掛けるJR東日本スポーツ東京都豊島区)は1月14日、JR松戸駅千葉県松戸市)の中央改札口前にeスポーツ施設「ジェクサー・eスポーツ ステーション」を1月24日オープンすると発表した。

    【その他の画像】

     店内にはPCエリアイベントエリアを開設。PCエリアにはゲーミングPC20台を設置し、eスポーツとして人気の高いタイトルを中心に約30のゲームプレイできるようにする。イベントエリアは休憩やプレイヤー同士の情報交換の場として提供。テレワークや勉強目的での利用も認める。

     PCエリアの利用料金は最初の30分が350円、以降10分ごとに100円イベントエリアは最初の30分が250円、以降10分ごとに50円。初回のみ入会金100円が必要。

     今後は全国での展開や、eスポーツ大会の開催など新規事業の創出を目指す。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    JR東日本、千葉・松戸駅のエキナカにeスポーツ施設をオープン

    エキナカにこんな施設あるなんて最高ですね!!


    無料会員登録してくわしくみる

    <このニュースへのネットの反応>

    【JR東日本、千葉・松戸駅のエキナカにeスポーツ施設をオープン】の続きを読む


    筑波大学茨城県NTTe-Sports、東日本電信電話(NTT東) 茨城支店は、スポーツ科学とICTの融合によるeスポーツの健全な発展と普及に資する研究開発や実証実験を行うことを目的に、産学官の連携協定を締結した。

    筑波大学が持つスポーツ科学の知見を基に、「eスポーツプレイや観戦がフィジカルスポーツのように人間の心身に有益な効果をもたらすか」「eスポーツプレイヤーパフォーマンスを高めるスポーツ栄養・休養戦略」といった研究を行っていく。

    また、プロジェクトを推進するために筑波大学スポーツイノベーション開発研究センター(SIRC)において、eスポーツの価値をスポーツ科学で探求する“eスポーツ科学”プロジェクトチームを設置した。

    研究開発や実証実験の開始にあたり、取組に賛同する企業、団体(機器メーカー、食品メーカーパブリッシャー、プロチームなど)を募集する。

    <主な研究テーマ
    (1)eスポーツはフィジカルスポーツが心身にもたらす有益な効果をどこまで再現できるか?
    (2)eスポーツとフィジカルスポーツは互いに好影響を及ぼすか?
    (3)eスポーツのハイパフォーマンスを引き出す栄養・休養戦略は何か?
    (4)eスポーツプレーや観戦は一体感やチームワーク醸成、コミュニティ促進に有効か?
    (5)eスポーツの普及を促進するイメージブランド戦略とは?

    ビジョンプロジェクトで目指す未来)>
    (1)eスポーツを活用したインクルーシブで活力ある健康長寿社会を実現
    (2)eスポ―ツプレイヤーパフォーマンス向上と健康・競技寿命増進を両立
    (3)eスポーツによる茨城県の振興と日本全国への発信・普及
    (4)上記の研究開発の成果を通じ、eスポーツとフィジカルスポーツWin-Win関係の構築

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    筑波大学や茨城県、NTTe-Sportsらが産学官連携、eスポーツの共同研究へ

    これいいですね!!

    お名前・電話番号の入力不要。無料会員登録はこちら



    <このニュースへのネットの反応>

    【筑波大学や茨城県、NTTe-Sportsらが産学官連携、eスポーツの共同研究へ】の続きを読む

    このページのトップヘ