ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > eスポーツ


    ドコモ2021年2月から、新たなeスポーツリーグPUBG MOBILE JAPAN LEAGUE(以下PMJL)」を開催すると発表した。使用されるタイトルは、世界累計6億ダウンロードを達成しているバトルロイヤルゲームPUBG MOBILE」だ。

    ドコモのチャレンジは、日本のeスポーツ界に新たな風を吹き込むのか

    リーグ2021年2月から2021年4月にかけてフェーズ1、2021年7月から2021年9月にかけてフェーズ2が開催される。チーム数は16チームで、年間で合計100試合を戦う。試合形式は1チーム4人構成で16チームが同時に対戦を行う。シーズンの賞金総額は3億円と、日本国内のeスポーツリーグ戦としては破格の金額だ。リーグ戦を勝ち抜いたチームはさらに世界大会への出場権を獲得できる。

    日本国内で賞金総額が1億円を超えるeスポーツイベントは「Shadowverse World Grand Prix」や「MONSTER STRIKE GRANDPRIX」などのトーナメント式大会での事例はあるが、リーグ戦ではこれが初めてとなる。

    現在はリーグに参加するチームの募集が行われており、11月18日オンライン質問会が開催される。その後オーナー募集の一次締め切りが11月27日の23:59まで、最終締め切りが12月10日の23:59に設定されている。

    また、本リーグ戦に参加するプロ選手には賞金とは別に、年間350万円以上の収入が保証される。安心して競技に打ち込むためには必要な措置ではあるが、1チームはサブメンバー含めて5名で構成されており、16チーム全員分で2億8千万円が必要となる。この金額を見るだけでもドコモの意気込みがうかがえる。

    ゲーム端末モバイルに...ドコモの計算

    ドコモ2020年8月から10月にかけて、「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON 0」を開催しており、このときの賞金総額は1000万円となっていた。そこから一気に3億円+2億8千万円へと舵を切った理由は、ゲームに使用されるハードウェアゲーム機からモバイル端末へと徐々にシフトしていることが大きく影響しているだろう。

    現状でeスポーツに使用されるハードウェアはPC、ゲーム機モバイル端末の3種が使用されているが、モバイル端末でプレイできるタイトルは場所を選ばず手軽にプレイできるため、ドコモにとっては通信量の増大による収入確保を狙うチャンスともなっている。

    さらにドコモは、世界的な人気を誇るタイトルLeague of Legends」の家庭用ゲーム機及びモバイル版である「Wild Rift!」によるリーグ戦を2021年に開催すると発表している。ドコモのチャレンジeスポーツ界をどのように動かすのか、注目が集まるところだ。

    eスポーツライター 早川清一朗)

    ドコモのチャレンジがeスポーツ界を動かすか


    (出典 news.nicovideo.jp)

    PUBG MOBILE「賞金総額3億円」のeスポーツリーグ ドコモが乗り出す思惑


    これ楽しみですね!!

    消費カロリー、歩数などを記録。ランニングの走路を表示できる。【EarBand (V08S/J】

    <このニュースへのネットの反応>

    【PUBG MOBILE「賞金総額3億円」のeスポーツリーグ ドコモが乗り出す思惑】の続きを読む


    Image: G-SQUARE

    究極のPCメガネ現る!

    ブルーライトカットするPCメガネはピンキリですが、眼科医療機器メーカーeスポーツ選手が共同開発した「G-SQUARE」が、疲れ目に悩む現代人のよき相棒になりそうです。

    特筆すべきポイントがいくつもある

    PCメガネはやや黄色がかったレンズが使われていますが、これにはその黄色みが抑えられ、超細かいハニカム状のレアメッシュコーティングが光のチラつきも抑えるだけでなく、30~40%ブルーライトカット率を実現しています。

    視野を広くするレンズ

    軽くて強いチタンフレームは、メガネで有名な福井県鯖江市製。全体的に顔のカーブに沿うようになっていますが、レンズの両端が少し前方に飛び出しているので、視野が広くなるのもよいところ。

    レンズモバイル用のワインレッド色、FPS用のグレー無彩色、そして格闘ゲーム用のブラウン3色が用意されています。それにツルの先端は角度を自由に変えられるので、耳の裏に当たって頭痛の原因になることもなさそうです。

    Image: G-SQUARE

    2年かけてやっと完成

    eスポーツチームDetonatioN Gaming」からの意見を反映し、試行錯誤の末に完成まで2年を要したのだそう。1日10時も画面を見るプロゲーマーたちの要望にバッチリ応えているので、普段からPCを相手にしているオフィスワーカーにもよさそうですね。

    安くはない分、期待値は高い

    プロフェッショナルモデルの「フルリムタイプ」は3万800円で、その他カジュアルモデルが2万900円、ユニセックスタイプが1万7600円。種類だけでなくそれぞれカラバリも豊富です。自分に合った1本を見つけたいですね。

    Source: YouTubeG-SQUARE



    (出典 news.nicovideo.jp)

    プロのこだわり。眼科医療機器メーカーとeスポーツ選手が作ったブルーライト眼鏡「G-SQUARE」



    これ最高ですね!!

    このめがね欲しい!!

    月額追加料金なしで【OCN v6アルファ】が利用可能!!『OCNforドコモ光』

    <このニュースへのネットの反応>

    【プロのこだわり。眼科医療機器メーカーとeスポーツ選手が作ったブルーライト眼鏡「G-SQUARE」】の続きを読む


    今年で3回目を迎える全国高校eスポーツ選手権が、2020年11月14日に開幕する。開催種目は「ロケットリーグ」及び「リーグ・オブ・レジェンド」の2部門となっており、予選大会を経て2021年3月に決勝大会が予定されている。

    今年度は新型コロナウイルスの影響で決勝まで含めてすべてオンラインでの開催となったが、すでに数多くのチームがエントリーを果たしている。第1回は153チーム、第2回は222チームが参戦し、熱い戦いを繰り広げた大会に、果たして第3回は何チームが参戦するのか注目が集まるところだ。

    高校対抗大会に多くの視聴者が

    高校生を対象とした大会は、他にも存在している。高校対抗のeスポーツ全国大会「STAGE:0 2020」は9月に決勝大会が開催され、4日間のライブ配信視聴者数747万人という驚くべき数字を叩き出し、高校生eスポーツ大会を視聴する文化が根付きつつあることを明らかにした。

    日本各地の高校ではここ数年の間にPCの学習機会を増やす、チームプレイを通じて協調性を高める効果などの理由から多くのeスポーツ部が立ち上げられている。また、通信制高校の中にはeスポーツ科を設立し、新世代のeスポーツプレイヤーや運営者の育成を進めるところも出始めており、若い世代へのeスポーツの定着は確実に進んでいる。

    eスポーツに必要な機材は高価な物も多いが、ハイエンドPCレンタル株式会社サードウェーブは高校のeスポーツ部支援プログラムとして高価なゲーミングPC光回線を1年間無償でレンタルするなど、企業側からも高校生に対する支援が積極的に行われている(すでに申し込みは終了)。

    すでに主催、ライターなどで活躍する高校生も

    また、eスポーツプレイする、視聴するという関わり方だけではなく、すでにeスポーツの関連業務に就いている高校生すら出始めているのが実情だ。個人でスポンサーを集めて数百人が参加する大会を開いた方や、ライター募集に応募してeスポーツライターとして活動している方など関わり方は様々だが、高校生の内から社会に出て何かを動かす、何かを作るという貴重な経験を積んでいるのは間違いない。将来、eスポーツの世界をより大きくし、より存在感を強めていくには、彼らのエネルギーが必ず必要になっていくだろう。

    そしてこれらの事から見えてくるのは、高校生が「eスポーツでなにかをしたい」と訴えたとき、その声に応えた大人たちが少なからず存在しているということだ。香川県ゲーム禁止条例などゲームに対しマイナスイメージで捉える大人たちも少なからず存在しているが、それでも、若者たちを支える大人は確実にいる。もし何かをしたいと考えている若い方がいたとしたら、積極的に声を挙げてみることをお勧めする。

    eスポーツライター 早川清一朗)

    全国高校eスポーツ選手権公式サイト。今回も熱戦が期待できそうだ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    高校生に「eスポーツ」浸透進む 盛り上がる大会、教育現場にも...企業も積極支援


    頑張って欲しいですね!!


    1時間2円から、国内最速・高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

    <このニュースへのネットの反応>

    【高校生に「eスポーツ」浸透進む 盛り上がる大会、教育現場にも...企業も積極支援】の続きを読む


    株式会社CyberZとエイベックス・エンタテインメント株式会社株式会社テレビ朝日が共催する、国内最大級のeスポーツイベントRAGE」は、PUBG株式会社が主催する『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(プレイヤーアンノウンバトルグラウンズ)』(以下PUBG)のMOBILE版『PUBG MOBILE』の国内公式大会「PUBG MOBILE 企業対抗戦 2020 powered by RAGE」の出場チームが決定したことをお知らせいたします。

    PUBG MOBILE企業対抗戦のエントリーは、芸能事務所広告代理店メーカー企業・通信会社など、過去最多の100企業を超える参加となります。オンライン開催のため北海道から沖縄まで全国各地の企業がエントリーしています。

    当日は、実況をOooDaさん、解説に数々のFPSタイトルでの優勝経験を持つDeToNator所属のストリーマーのYamatoNさんが行います。
    またMCには、eスポーツ実況の第一人者 平岩康佑さん、ゲストにはご自身も積極的にゲーム実況を行っている狩野英孝さんが登場し、会場を盛り上げます。
    企業間の垣根を超え、最強企業の名誉を賭けた日本各地の企業チームによる“社会人だけ”の熱き戦いは必見です。ぜひお楽しみください。
    ※出場企業一覧はホームページにて公開しております。
    U R L:http://rage-esports.jp/pubgm-company2020/

    ■「PUBG MOBILE 企業対抗戦 2020 powered by RAGE」開催概要
    ・開催日時11月8日(日) 13:00~(予定)
    ・開催形式:オンライン
    ・優勝賞品:トロフィー、PRタイムゲーム内看板、PUBG オフィシャルグッズ
    ・配信プラットフォーム:PUBG.Corpアカウントの「OPENREC」「YouTube」「Twitchチャンネルで放送
     ※当日の大会配信URLに関しては、近日発表予定

    U R L:http://rage-esports.jp/pubgm-company2020/

    ■「PUBG MOBILE」とは
    PUBG MOBILE』は最大100人のプレイヤーが、マップ内にある装備などを駆使して"最後の1人"になるまで生き抜くバトルロイヤルゲームです。プレイヤーは段々狭くなる安全地帯内で、ランダムに配置されている武器や車両、装備アイテムを駆使して生存競争に臨みます。
    最後の1人まで生き残ったプレイヤーの画面には「勝った!勝った!夕飯はドン勝だ!!」というメッセージが表示されるため、プレイヤーは「ドン勝」を目指して戦います。
    日本では2018年5月16日(水)にサービスを開始し、全世界6億ダウンロード数を突破いたしました。(※App Annie のデータより算出)
    RAGEとは
    RAGEレイジ)とは、次世代スポーツ競技「eスポーツ」に様々なエンターテイメント性を掛け合わせた、株式会社CyberZ、エイベックス・エンタテインメント株式会社株式会社テレビ朝日の3社で協業し運営するeスポーツイベントおよび、eスポーツリーグの総称です。
    RAGEでは、主にオフラインで開催する一般参加型の「イベント」と、プロ選手による競技をオンラインで配信する観戦型の「プロリーグ」、2つのプロジェクトを実施しています。「イベント」では、複数のジャンルに渡るゲームタイトルが一堂に介し、各タイトルの最強王者を決めるeスポーツ大会のほか、会場限定の大会や新タイトルの試遊会、アーティストライヴなども実施。
    公式サイト:https://rage-esports.jp/
    公式Twitterhttps://twitter.com/eSports_RAGE
    公式Facebookhttps://www.facebook.com/eSportsRAGE/
    公式Instagram: https://www.instagram.com/esports_rage/

    CyberZについて
    スマートフォンに特化した広告マーケティング会社として2009年に設立しました。スマートフォン広告における運用・効果検証、交通広告やウェブCMの制作など、幅広いマーケティング事業を展開。日本に加えて、サンフランシスコ、韓国、台湾にも支社を構え、国内広告主の海外進出および海外広告主の日本展開支援も行っております。また、メディア事業としてゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」、eスポーツ事業として、国内最大級のeスポーツイベントRAGE」を運営しております。CyberZ100%子会社としては、フィギュア販売やオンラインくじなどのオンラインエンタテインメント事業をおこなう「株式会社eStream」、eスポーツに特化した広告マーケティング事業「株式会社CyberE」の事業展開をしております。

    ■ 本リリースに関するお問い合わせ
    株式会社CyberZ  広報担当:城戸
    E-mail: press@cyber-z.co.jp  Tel:03-5459-6276   Fax:03-5428-2318

    配信元企業:株式会社CyberZ

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    国内最大級eスポーツイベント「RAGE」による『PUBG MOBILE』公式大会『PUBG MOBILE企業対抗戦2020 powered by RAGE』の出場チームが決定!

    これすごいですね!!

    みたくなりますね!


    オプションなしでも最高金額のキャッシュバック【@nifty with ドコモ光】

    <このニュースへのネットの反応>

    【国内最大級eスポーツイベント「RAGE」による『PUBG MOBILE』公式大会『PUBG MOBILE企業対抗戦2020 powered by RAGE』の出場チームが決定!】の続きを読む


    マウスコンピューター9月24日、一般社団法人日本eスポーツ連合「JeSU(ジェス)」とオフィシャルPCサプライヤー契約を締結したことを発表した。

    「すべてはゲーマーのために」を掲げる国内生産のゲーミングPCG-Tuneシリーズを中心に、JeSUが主催するeスポーツ大会やゲーム大会をはじめとして、様々な大会に対して機材を提供していく。

    パソコンゲームを徹底的に楽しむため最適にチューニングされたゲーミングパソコンブランドG-Tune』。今まで多くのeスポーツ大会に協賛した実績と第一線で活躍するプロゲーマーにご支持いただいてきました。今後もプレイヤーのためのパートナーとして更なるeスポーツの普及と発展に寄与してまいります」(マウスコンピューター 代表取締役社長 小松永門氏)

    パソコンゲームを徹底的に楽しむため最適にチューニングされたゲーミングパソコンブランドG-Tune』を通じてサポート頂ける、こんなに心強いことはありません。是非、一致団結して日本におけるeスポーツの発展、普及、若手選手の育成に共に努めていきたいと思っております。長いお付き合いになりますよう、今後ともどうぞよろしくお願いいたします」(JeSU会長 岡村秀樹氏)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    マウス、日本eスポーツ連合(JeSU)のオフィシャルPCサプライヤーに


    これ楽しみですね!


    <このニュースへのネットの反応>

    【マウス、日本eスポーツ連合(JeSU)のオフィシャルPCサプライヤーに】の続きを読む

    このページのトップヘ