ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > Apple Watch


    スタンフォード大学の研究チームは、Apple Watchユーザーの「フレイル(健康な状態と要介護状態の中間)」を正確に評価できると主張しています。

    この研究は2018年5月から2019年5月の間に行われ、110人の被験者全員が何らかの形で心血管疾患(CVD)を患っていました。

    Apple Watchは臨床現場の「フレイルテスト」と同レベルに正確

    研究に使用されたテスト方法は、6分間の歩行テスト(6MWT)でした。

    フレイルは、クリニック内の6MWTで300m未満の歩行と定義されました。

    さらに、この調査は「VascTrac」という特別に設計されたアプリを使用して実施されました。このアプリは、1日の総歩数、停止しないで歩いた最大歩数(MSWS)、1日あたりの総歩行距離などのデータを受動的に収集しました。

    PLOS Oneで公開されたこの調査によると、Apple WatchiPhoneと組み合わせることで、監視下にある臨床環境で「感度90%、特異度85%で『フレイル』を評価」できました。

    監視されていない在宅の条件では、感度は83%、特異度は60%になり、効果が低下しています。

    こうした結果は、Apple WatchiPhoneが実際に心血管疾患の患者の「フレイル」を正確に測定できることを明確に示しています。しっかりした臨床環境の6MWTと比較しても、この数値は実に見事です。

    Appleがこの研究に資金提供していた

    ただし、この研究に関しては、注意すべき重要な点がかなりあります。その1つは、この研究は独立して実施されてはいますが、Appleが資金提供しているということです。

    さらに、被験者の層がかなり狭い点も指摘されます。被験者は99%が男性でしたが、これは被験者がパロアルト退役軍人病院から提供されているという事実に起因する可能性があります。

    また、6MWTは今ではApple Watchのビルトイン機能になったので、VasTracアプリを使用する必要はなくなりました。

    コロナ禍では在宅での疾患検知がこれまで以上に重要

    COVID-19が蔓延する時代には、心血管疾患がある人々は最も危険にさらされている集団の1つです。やたらと医療機関に行くと、コロナウイルスに晒される可能性が高くなるかもしれません。

    その観点から、ウェアラブルがCOVID-19の検出にも役立つ可能性があることが研究で実証されています。

    AppleのCEOであるTim Cookも、ウェアラブル技術はAppleの未来であり、同社のウェアラブルの売上は、そのピーク時にはiPodの売上を上回っていると述べています。

    スタンフォード大学の研究から得られた結果は、心血管疾患などのリスクを査定することに関して、Apple Watchなどのウェアラブデバイスが将来重要になることを明確に示しています。

    また、Apple Watchから得られる評価は「臨床的に正確で意味のある洞察」を提供し、心血管疾患のある患者の生活をはるかに楽にするという結論に至っています。

    最新 Apple Watch SE(GPS + Cellularモデル)- 40mmスペースグレイアルミニウムケースとチャコールスポーツループ

    38,280

    あわせて読みたい

    Apple Watchの動作を改善する6つの解決策

    VO2maxが表す数値の意味と活用法を徹底解説

    Source: PLOS One

    Original Article: Study: The Apple Watch Can Accurately Assess a Person's Frailty by MakeUseOf



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Apple Watchは心血管疾患を検知できる可能性|スタンフォード大学


    この機能最高ですね!!


    工事不要!インターネット使い放題【SoftBank Air】
    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【Apple Watchは心血管疾患を検知できる可能性|スタンフォード大学】の続きを読む


    Image: Sirichai Puangsuwan/Shutterstock.com

    アスリート向けですって。

    耐水性能を達成するなど、着実にタフに成長しているApple Watch。しかしAppleアップルG-Shockのように頑丈なApple WatchExplorer Edition」を検討している…のかもしれません。

    BloombergMark Gurman記者が伝えた、今回の情報。それによると、このExplorer Editionはアスリートや登山家、ハイカーを対象としたタフネスモデルとなり、本体ケースにも耐衝撃性能を備えた頑丈なデザインが採用されるそうです。おお、これは楽しみ!

    現在のApple Watchアルミニウム、スチール、チタンの3つの素材が用意されています。ここからは予測ですが、Explorer Editionはラバーのような衝撃をしっかりと吸収してくれる素材が採用されるのかもしれません。

    Apple Watchは上記のように耐水性能を実現したことで水場にはある程度強くなりましたが、それでもディスプレイガラス部分などはいつ傷がつくかどうかハラハラしてしまいます。もしExplorer Editionが本当に登場したら、アスリートだけでなくタウンユースでもバッチリ活躍してくれそうな予感です。

    Source: Bloomberg via 9to5Mac



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Gショックみたいに頑丈なApple Watch「Explorer Edition」が登場するかも!?


    これこんなの最高ですね!!

    キャンプにも使えますね笑笑


    初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール

    <このニュースへのネットの反応>

    【Gショックみたいに頑丈なApple Watch「Explorer Edition」が登場するかも!?】の続きを読む


    Apple Watch素晴らしいツールでありますが、アプリを使ったり、長時間使ったりしていると動作が遅くなります。

    そこで今回は、Apple Watchが新品の時と同じくらいスムーズに動くようにする方法をご紹介します。

    Apple Watchの動作が遅くなったと感じたら、試してみてください!

    目次

    1. Apple Watchアップデートする

    2. Apple Watchの視差効果を減らす

    3. アプリを削除してストレージ容量を空ける

    4. 「Appバックグラウンド更新」を無効にする

    5. Apple Watch再起動する

    6. Apple Watchの情報を消去する


    1. Apple Watchをアップデートする

    以前よりも動作が遅くなった問題やバグを修正したい場合、常にApple Watchを最新の状態にしておくことが重要です。

    ソフトウェアアップデートによって、動作だけでなくセキュリティの問題も修正されることはよくあります。したがって、Apple WatchiPhoneや他のデバイスと同じように、定期的なアップデートは最優先事項です。

    iPhoneもしくはApple Watchを使って、ソフトウェアアップデートをすることができます。

    iPhoneでApple Watchのアップデートをチェックする方法:

    iPhoneで「Watchアプリを開く。 「一般」をタップする。 「ソフトウェアアップデート」を選ぶ。

    Apple Watchでソフトウェアアップデートをチェックする方法:

    Apple Watchデジタルクラウンを押し、ホーム画面を開く。 「設定アイコンタップする。 「一般」を開く。 「ソフトウェアアップデート」を選ぶ。

    アップデートある場合は、すぐにインストールします。また、自動アップデートを有効にすれば、Apple Watchが自動的にアップデートしてくれます。


    2. Apple Watchの視差効果を減らす

    Apple Watchは、アプリを開く時などに短いアニメーションを表示します。

    視覚的には楽しいものですが、このアニメーションによって、通常よりApple Watchの動作が遅くなることがあります。

    うれしいことに、「視差効果を減らす」の設定を有効にすれば、このアニメをオフにすることができます。

    iPhoneで視差効果を減らす方法:

    iPhoneで「Watchアプリを開く。 「アクセシビリティ」に行く。 「視差効果を減らす」をタップする。 「視差効果を減らす」のトグルをオンにする。

    Apple Watchで視差効果を減らす方法:

    Apple Watchデジタルクラウンを押し、ホーム画面を開く。 「設定アイコンタップする。 「アクセシビリティ」に行く。 「視差効果を減らす」を選ぶ。 「視差効果を減らす」のトグルをオンにする。

    この変更は非常に微妙なものなので、最初は違いがわからないかもしれません。それでも、長い目で見ればApple Watchの負担は減るはずです。


    3. アプリを削除してストレージ容量を空ける

    Apple Watchは、iPhoneで入手できるアプリを自動的にインストールするので、それに気づかないと、すぐにストレージが一杯になることがあります。Apple Watchのストレージ容量を空けることで、動作が速くなることがあります。

    iPhoneでも、Apple Watchでも、やらなければならないのは以下の通りです。

    iPhoneでApple Watchのアプリを削除する方法:

    iPhoneで「Watchアプリを開く。 下までスクロールダウンすると、Apple Watchインストールされているアプリの一覧が表示される。削除したいアプリタップする。 iPhoneアプリがまだ表示されている場合は、「Apple Watchアプリを表示」を無効にする。iPhoneからすでに削除されている場合は、「Apple Watchアプリを削除」をタップする。

    Apple Watchのアプリを削除する方法:

    1. Apple Watchデジタルクラウンを押す。

    2. App表示が「グリッド表示」になっている場合:

     a. アイコンが震えだすまで何でもいいのでアプリを長押しする。

     b. 削除したいアプリの右上にある「×」をタップする。

     c. 「削除」をタップしてアプリの削除を確定する。

    3. App表示が「リスト表示」になっている場合:

     a. 削除したいアプリを押して、左にスライドする。

     b. 赤い「削除アイコンタップする。

     c. 「アプリの削除」をタップして削除する。

    上級者向けのTIPSiPhoneダウンロードしたアプリApple Watchに自動的にインストールするのを止めることもできます。

    Apple Watchか、iPhoneWatchアプリで、「一般」に行き、「アプリの自動インストール」を無効にしましょう。


    4. 「Appのバックグラウンド更新」を無効にする

    Appバックグラウンド更新」というのは、一時停止しているアプリバックグラウンドで稼働させるので、アップデーとをチェックしたり、必要な時にコンテンツを取りに行ったりすることができます。

    便利な機能ですが、Apple Watchパフォーマンスバッテリー寿命にも影響を与えることも。

    幸いにも、以下の手順にしたがって、この機能を無効にすることができます。

    iPhoneで「Appのバックグラウンド更新」を無効にする方法:

    Watchアプリを開く。 「一般」に行く。 「Appバックグラウンド更新」をタップする。 「Appバックグラウンド更新」を無効にするか、無効にしたいアプリを選ぶ。

    Apple Watchで「Appのバックグラウンド更新」を無効にする方法:

    Apple Watchで「設定」を開く。 「一般」を選ぶ。 「Appバックグラウンド更新」をタップする。 「Appバックグラウンド更新」を無効にするか、無効にしたいアプリを選ぶ。

    5. Apple Watchを再起動する

    それでもApple Watchのうときがまだ遅かったり、タイムラグがある場合は、再起動してみましょう。再起動には、通常の再起動と強制再起動の2つの方法があります。

    しかし、Apple Watchの強制再起動は最後の手段としてやるだけにした方がいいです。両方の再起動のやり方は以下の通りです。

    Apple Watchを再起動する方法:

    Apple Watchサイドボタンを、「電源オフ」のスライドが表示されるまで長押しする。 「電源オフ」のスライドを左にドラッグする。 Apple Watchの電源が切れたら、サイドボタンを長押しして電源を入れる。

    Apple Watchを強制再起動する方法:

    Apple Watchデジタルクラウンサイドボタンを10秒ほど長押しする。 Appleロゴが表示されたらボタンから手を離す。

    6. Apple Watchの情報を消去する

    何をやってもダメな場合は、Apple Watchの情報を消去し、新品のように使うこともできます。しかし、設定や文字盤、インストールしたアプリなど、Apple Watchのあらゆる情報が削除されることはお忘れなく。軽い気持ちでやることではありません。

    それを踏まえた上で、どうしてもやる必要がある場合は以下の手順にしたがってください。

    iPhoneでApple Watchの情報を消す方法:

    Watchアプリを開く。 「一般」をタップする。 スクロールダウンして「リセット」を選ぶ。 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップする。 「すべてのコンテンツと設定を消去」をしたいか確認する。 パスコードを入力し、「すべてを消去」をタップして確定する。

    Apple WatchでApple Watchの情報を消す方法:

    Apple Watchで「設定」を開く。 「一般」をタップする。 下までスクロールダウンして、「リセット」をタップする。 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップする。 パスコードを入力し、「すべてを消去」をタップして確定する。

    どちらの場合も、Apple WatchiPhoneは再度ペアリングし、一から設定する必要があります。

    速くなっているはず

    これで、Apple Watchが新しくなったように感じるのではないでしょうか。

    どんなデバイスも、しばらく使っていたら動作は遅くなるので、Apple Watchがまた遅くなってきたと感じたら、また上記のTIPSを試してみてください。

    何をやってもダメな場合は、Apple Watchの情報を消去することもできます。Apple Watchが新品に戻るような感じがするだけでなく、動作の遅さも無くなりますが、最初にやるべき選択ではありません。

    あわせて読みたい

    生産性を向上させる、7つのおすすめApple Watchアプリ

    Apple Watchが反応しない? バグの対処法&無償修理対象か確認しよう

    Original Article: Is Your Apple Watch Slowing Down? Here Are 6 Tips to Fix it by MakeUseOf



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Apple Watchの動作を改善する6つの解決策


    これ皆さんも動作遅くなってますか?

    私は時々ありますね笑笑


    SoftBank Air
    “"





    <このニュースへのネットの反応>

    【Apple Watchの動作を改善する6つの解決策】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     アップルが今年発売する新型のApple Watchには血糖値モニタリング機能が搭載されるという。韓国メディアETNews1月24日に報じた。

     同誌はサムスンの新型スマートウォッチGalaxy Watch 4に無採血で血糖値を測定する機能が搭載されることを伝える中で、Apple Watch Series7にも同様の機能が搭載されると報道。

     販売国の政府が許可すれば、Apple Watchをつけることで血糖値を測定できるようになり、糖尿病の予防にもつながりそうだ。

     
    アップル新型「Apple Watch」血糖値の測定可能に?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    アップル新型「Apple Watch」血糖値の測定可能に?

    これできたら最高ですね!!





    SoftBank Airはコンセントに差すだけで簡単開通

    <このニュースへのネットの反応>

    【アップル新型「Apple Watch」血糖値の測定可能に?】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

    USB-CポートからいつでもどこでもApple Watchを充電!
    Maco Go USB-C Apple Watch 磁気充電ドック

     アスキーストアでは、USB Type-Cポートからケーブル不要でApple Watchを充電できる「Maco Go USB-C Apple Watch 磁気充電ドック」を販売中。

     USB Type-Cに対応し、Apple Watchを充電できるコインサイズの超小型磁気充電ドック。充電はUSB Type-C端子に直接接続してApple Watchを置くだけ。

     ケーブルがないのでケーブルが絡まる煩わしさから解放。Apple Watchマグネットで充電部へ固定するので安定・安全に充電できる。USB Type-Cポートがあれば、パソコンタブレットモバイルバッテリーUSB充電器のほか、スマホからでも充電可能。

     対応Apple Watchは以下のモデル

    Apple Watch Series 6
    Apple Watch Series SE
    Apple Watch Series 5
    Apple Watch Series 4
    Apple Watch Series 3
    Apple Watch Series 2
    Apple Watch Series 1

     本体サイズはおよそ幅32×高さ44(USB Type-Cコネクター含む)×厚み10mm、重量およそ10g。入力5V/1A、出力2.5W。

     アスキーストアでは、3680円(税込み)で発売中。さらに詳しい情報はアスキーストアでチェックしてください。

    USB-CポートからいつでもどこでもApple Watchを充電!
    Maco Go USB-C Apple Watch 磁気充電ドック

    アスキーストア送料変更に関するお知らせ

     このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。アスキーストアの公式TwitterFacebookメルマガでは、注目商品の販売開始情報をいち早くゲットできます! これであなたも買い物上手に?

    ミニマムサイズのApple Watch 磁気充電ドック


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ミニマムサイズのApple Watch 磁気充電ドック


    これ便利そうですね!!


    公式だけの限定カラー!ハニーイエロー

    <このニュースへのネットの反応>

    【ミニマムサイズのApple Watch 磁気充電ドック】の続きを読む

    このページのトップヘ