ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > Google


     Googleが提供する写真・動画向けのオンラインストレージサービスGoogleフォト」を利用している人は多いはず。筆者もここ10数年のデジタルデータの写真はすべてGoogleフォトに保存している。なぜなら、高画質圧縮で写真を保存すると保存容量が“無制限”だからだ。

    画像付きの記事はこちら

     しかし、Googleは容量無制限のアップロード2021年5月末に終了することを発表。これまでにバックアップした写真や動画はそのまま保存されるが、2021年6月1日以降にバックアップされるデータGoogleアカウントの保存容量を消費する。

     GmailGoogleドキュメントなどと合わせて15GBまでは無料でバックアップできるものの、写真を撮る枚数が多いとあっという間に足りなくなる。そこで、年末年始に考えたいGoogleフォト有料化の対処法を紹介しよう。


    ●対処法1:「Google One」で追加の保存容量を購入する



     そのままGoogleフォトを使い続けたいと考えているなら、GoogleのストレージサービスGoogle One」で追加の保存容量を購入するといい。料金は100GB月額250円(年額2500円)、200GBが月額380円(年額3800円)、2TB月額1200円(年額1万3000円)、10TB月額6500円、20TB月額1万3000円、30TB月額1万9500円となっている。

     普段から使うならと、毎月の固定費として諦めるのも一つの手だ。iPhoneユーザーの場合、「iCloud」を使っている人も多いだろうが、iCloudは50GB月額130円、200GB月額400円、2TB月額1300円となっており、Google Oneのほうがわずかながら料金は安い。


    ●対処法2:Amazonプライム会員なら写真のみ無制限にアップロード可能



     写真を保存できるクラウドサービスGoogleフォト以外にもいろいろある。OSに関係なく利用でき、写真の自動アップロード機能を搭載したものといえば、「OneDrive」「Dropbox」「Amazon Photos」が主要なサービスといえるだろう。

     すでにAmazonプライム会員になっているユーザーであれば、「Amazon Photos」は乗り換え先として最有力候補だ。理由は、プライム会員なら写真のみ無制限にアップロードできるから。Amazonプライム会員は月額500円もしくは年額4900円なので、すでに加入しているなら使わない手はない。しかも、写真は圧縮されることなく、そのままの画質で保存できる。

     ただし、注意したいのが、動画は容量を消費する点だ。最大容量は5GBまでの制限があるので、動画も保存するとなると追加容量の購入が欠かせない。100GB月額250円(年額2490円)、1TB月額1300円(年額1万3800円)、2TB月額2600円(年額2万7600円)、3TB年額4万1400円となっており、最大30TB(年額41万4000円)までの複数のプランが用意されている。

     写真のみの保存であればAmazon Photosに移行する価値はありそうだが、動画も保存したいとなると要検討。100GBプランGoogle Oneと同額ではあるものの、2TBプランは倍以上の金額となっている。動画はYouTubeの非公開アカウントアップするなど、少し面倒な対策が必要そうだ。

     「OneDrive」の無料の保存容量は5GBで、追加容量は100GB月額224円。もしくは月額1284円の「Microsoft 365 Personal」を契約すれば1TBが使える。「Dropbox」の無料の保存容量は2GBと少なく、追加容量は2TB月額1500円(年額1万4400円)、3TB月額2400円(年額2万4000円)。いずれもこれよりも大容量のプランがないので、長期的に使うとなると容量不足になりそうな不安がある。

    ●対処法3:外付けのハードディスクに保存する



     一番安価かつ手軽にデータを移行できるのが、外付けのハードディスクに保存する方法だ。ポータブル型の外付けハードディスクであれば、2TBモデルが1万円前後で購入できる。

     ほかのサービスに移行する場合も、まずはパソコンデータダウンロードする必要がある。ダウンロードするには、「Google Takeout」にログインする。「追加するデータの選択」で「Googleフォト」のみにチェックを付け、「次のステップ」をクリックする。

     続いて、配信方法は「ダウンロードリンクをメールで送信」を選択し、頻度は「1回エクスポート」にチェックを付け、ファイル形式とサイズを選ぶ。ファイル形式は「.zip」と「.tgz」が選べるので「.zip」を、ファイルサイズは2~50GBから好きなものを選ぶ。

     Googleフォトからエクスポートするためのファイルの作成にかかる時間は保存しているデータ容量により異なり、数時間から数日が必要。エクスポートが完了するとGmailメールが届く。メール内の「アーカイブを管理」→「エクスポートを表示」→「ドライブで開く」→でダウンロードを開始すれば、圧縮ファイルの解凍が始まり、データを保存できる。あとはこれらのデータを外付けハードディスクや移行するクラウドサービスに保存しよう。

     ただし、外付けハードディスクの場合はハードディスク自体が壊れるとデータも消えてしまう。確実にデータを残したいのであれば、外付けハードディスククラウドサービスを併用したい。


    ●現行のPixel端末ユーザーはデータ移行の必要なし



     現状、Google製のスマホの「Pixel 2」「Pixel 3」「Pixel 4」「Pixel 5」から高画質アップロードした写真は、引き続き無料で容量無制限で保存できるとアナウンスされている。ただし、2021年6月1日以降に他のデバイスからバックアップしたデータは保存容量を使用する。

     ただし、次に登場するPixelスマホが容量無制限で保存できるかは言及されておらず、対象外ではないかと予測されているのも事実。ひとまず、Pixel 2~5を使っている人はGoogleフォトの移行を考える必要はなさそうだ。

     Googleフォトの有料化まではあと半年ある。それまでに手元の写真をオンラインストレージ上にアップしておきたいところ。紙の写真をスマホカメラスキャンして保存できる「フォトスキャン」というアプリもあるので、今年の年末年始は思い出の写真をデータ化してみてはどうだろうか。(TEKIKAKU・今西絢美)
    「Googleフォト」はiPhone、Androidスマホの両方で利用可能。写真や動画のバックアップ先として利用している人が多い


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「Googleフォト」がついに有料化! 年末年始に見直したい写真保存


    これ参考になりますね!!


    安心のNTTグループ『OCNforドコモ光』

    <このニュースへのネットの反応>

    【「Googleフォト」がついに有料化! 年末年始に見直したい写真保存】の続きを読む


     12月14日、突如としてGoogleの提供するサービスが停止した。これは世界的現象だったが、日本では21時を迎えようとする時刻に事態が発生。約1時間でサービスは復旧したが、実は極めて深刻な問題を人類に突きつける出来事でもあった。

     GmailYouTubeGoogleドキュメント等のサービスが使えなくなったのはもちろんだが、何とGoogle Homeまでも停止してしまったのだ。これにより、部屋の家電が一切操作できなくなるという人が続出した。

    ◆すべての家電をGoogleと連携できる現代

    「OK,Google」という言葉をかけると反応し、指示通りの操作を行ってくれるGoogleの音声アシスタントと、それを搭載したGoogle Home。対応デバイスや家電製品は、このアシスタントと連携して家の住人の声に従う。空調の操作、照明のON/OFFテレビオーディオ機器のチャンネル切り替え、ドアの錠前の開閉等。

    「OK,Googleテレビをつけて」と言えば、テレビの電源がONになる。部屋中のあらゆる家電を声で操作することにより、まさに人類が長年夢見た「完全ハンズフリーの生活」が実現するのだ。

     が、この夢は僅か1時間の停止で悪夢と化した。

    ◆照明すらつけられない事態に

     Twitter等のSNSでも、12月14日Google Homeの機能が使えなくなったという報告が多数上がっている。

     Google Home以外に家電を操作する手段を省いてしまったため、部屋の照明すらONにできない、或いは寒い夜中に暖房すらつけられないという内容だ。そう、北半球に位置する日本の12月は寒い。南半球の国ならまだ我慢だけで済むかもしれないが、ヒトは寒さに対して極めて脆弱である。

     暖房もない、すっかり冷め切った部屋で1時間。実はこれだけならまだ運が良いほうで、もしも玄関のドアにGoogle Home対応のスマートロックを設置していた場合、自宅から締め出されてしまう可能性もある。

    ◆「オールGoogle化」の落とし穴

     2011年東日本大震災直後、日本では「オール電化の脆弱さ」について議論されたことがある。給湯から調理まで、ガスを使わず電力で賄うという仕組みは、停電が起こればすべての機能が停止してしまうのでは……というものだ。

     それと同じ構図を「オールGoogle化」にもあてはめることができる。Googleの提供するサービスは、今やインフラストラクチャー同然であることは誰にも否定できないはずだ。それ故にGoogleそのものの停止は、たとえ1時間弱でも現代人の生活に大きな影を落としてしまう。照明のON/OFFを紐で引っ張って操作していた時代にはあり得なかったことでもある。

    リモコンの存在を再確認しよう

     このトラブルの予防策としては、「スマホアプリスマートスピーカー以外の操作方法を再確認する」ということ以外になさそうだ。言い換えれば、各家電製品のリモコンを手に届く場所に置いておくということ。これと同質のことは、キャッシュレス決済の分野でも言われている。PayPayにしろSuicaにしろ、今後システム障害が発生しないとは誰にも断言できない。もしも外出中にそのようなことが起こった場合、ズボンのポケットに1000円札があればそれは何よりも心強い存在になるはずだ。

    「複数の手段を用意する」というのは、急なトラブルを回避する基本策である。<文/澤田真一>

    【澤田真一】
    ノンフィクション作家、Webライター1984年10月11日生。東南アジア経済情報、最新テクノロジーガジェット関連記事を各メディアで執筆。ブログたまには澤田もエンターテイナー

    写真は、Google Home Mini


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Google全世界停止で露呈した「Google Home」の落とし穴。電気がつかない


    これ確かに教訓ですね!!


    売りたいMacの価格がスグに分かる!Macの高価買取専門店

    <このニュースへのネットの反応>

    【Google全世界停止で露呈した「Google Home」の落とし穴。電気がつかない】の続きを読む


     米Google12月15日(現地時間)、AIで写真の奥行きを推測し、被写体にゆっくりズームするエフェクトの生成機能などを「Googleフォト」に追加すると発表した。リリース予定は2021年1月。

    【その他の画像】

     「Cinematic photos」では、1枚の写真からAIが奥行きを推測する。被写体の前後関係を決めることで、映画の1シーンのように被写体にゆっくりズームするエフェクトを自動生成する。

     複数の写真を1つの写真にまとめる「コラージュ」の機能も強化し、組み合わせる画像によって文字のフォントや背景など変化させる機能を追加。AIが写真内容に適したレイアウトデザインに自動的に加工してくれる。Google12月コラージュ機能をリリースアプリのユーティリティー画面などから使用できるが、従来はただ写真を組み合わせるのみだった。

     その他、アプリ画面の上部に大切な思い出ハイライトを自動で表示する機能も搭載する。特定の人や期間をユーザー側の設定で非表示にすることもできる。

    映画の1シーンのように被写体にズームする


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Googleフォトに新機能 AIで1枚の写真から映画のような1シーンを自動生成

    これすごいですね!!

    カッコいい!!

    光コラボレーション

    <このニュースへのネットの反応>

    【Googleフォトに新機能 AIで1枚の写真から映画のような1シーンを自動生成】の続きを読む


     12月14日午後9時ごろから「Gmail」「YouTube」など米Googleが提供する複数のサービスが使えない障害が発生したが、同日午後9時50分ごろに復旧した。

    【その他の画像】

     WebブラウザGmailを開くと「申し訳ございませんが、このアカウントは一時的にご利用いただけません」というメッセージが一時表示された。スマートフォンアプリiOSAndroid)からも同様にメールが読み込めない状態だった。

     一時的に利用できなかったサービスGmailYouTubeの他、「Googleカレンダー」「Googleドライブ」「Googleスプレッドシート」「Googleドキュメント」「Googleスライド」「Google Meet」「Google AdSense」「Google Playストア」など。

     「Googleマップ」はアクセスできた。GoogleアカウントからログアウトするとYouTubeアクセスできるようになるとの声もあったが、一度ログアウトすると再ログインできない状態だった。

     Googleサービスの稼働状況を表示する「Google Workspace ステータス ダッシュボード」では、午後9時40分時点で全てのサービスが停止状態になっていた。

    Gmailのエラー画面


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Googleで障害 GmailやYouTubeなど複数サービスが使えず【追記あり】

    これやばいですね!!

    高速通信IPv6接続対応【@nifty with ドコモ光】

    <このニュースへのネットの反応>

    【Googleで障害 GmailやYouTubeなど複数サービスが使えず【追記あり】】の続きを読む


    Googleマップアプリに、やりたいことや、その場所への経路を見つけるのがとても簡単になる、いくつかの新機能が追加されました。

    一番大きなアップデートは、AndroidiOSアプリ[スポット]タブ内に追加されたコミュニティ機能です。

    最新のコミュニティ機能でできること

    この新しいセクションには、SNSフィードのように、自分が住んでいる地域のニュースアップデートマップ検索の履歴やロケーション履歴が表示されます。

    コミュニティ機能にはさらに、新着のレビュー、訪れた場所や検索した場所の最近の写真、近くのイベントハイライトローカルユーザーの評価に基づいたおすすめ情報なども表示されます。

    また、ビジネスを「フォロー」して、新着のフィードや、ユーザーレビューを確認することも可能。

    旅行先や、別の場所のアクティビティを探したい場合は、フィードの上部にある場所の名前をタップして、場所を変更できます。

    Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部

    新型コロナウイルス感染者増の関係で、屋外のアクティビティはまだ楽しみづらい状況ですが、コミュニティ機能ではほかにも、店舗の営業時間や入場数制限の変更など、新型コロナウイルスに関連する重要な最新情報を入手できます。

    フィードの上部にある「地域の COVID-19 最新情報」をタップするだけです。

    いつからコミュニティ機能を使えるの?

    コミュニティ機能は、すべてのAndroidiOSユーザーに公開されています。

    サーバー側で行われるアップデートなので、スマホアプリ等をインストールする必要はありませんが、このフィードがあなたのGoogleマップアプリでいつ利用可能になるのかは、正確には予測できません。

    利用可能になっていれば、アプリを開いて[スポット]タブをタップしてから上にスワイプすると、コミュニティフィードが展開されます。

    そのほかに追加された機能は?

    コミュニティ機能に加えて、Googleはナビゲーションをさらに快適にする、2つの小さなアップデートベータテストも行っています。

    マップビューの建物番号

    Googleマップで、建物番号がマップに直接表示されるようになりました。目的の場所に到着しても、どの建物が正解なのかわからないときに便利です。

    ただし、建物番号を表示するにはマップズームインする必要があるので、くれぐれも運転中は使わないようにしましょう。

    この機能は、リリース時点ではいくつかの都市でのみ利用可能ですが、将来的に適用範囲は広がるはずです。

    より正確なライドシェア情報

    Googleマップでは、ライドシェアの推定運賃と到着時間がすでに提供されていますが、こうした数値の正確性が向上する予定です。

    少なくともこの機能がGoogleマップアプリの安定版に追加される頃には、かなり良くなっているでしょう。

    ***

    AndroidGoogleマップのベータプログラムにオプトインすれば、この2つの機能を早めに試すことができます。

    すぐには表示されない場合がありますが、ベータ版に登録してアプリを最新の状態に保っていれば、いずれ表示されるはずです。

    Google式10Xリモート仕事術――あなたはまだホントのGoogleを知らない

    1,760円

    あわせて読みたい

    iPhoneのウィジェットに「Gmail」がついに対応! 早速使ってみた

    Googleフォト以外で、5つのストレージサービスを比較検討してみた

    Image: Piotr Swat/Shutterstock.com

    Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部

    Source: Google Play

    Brendan Hesse - Lifehacker US[原文



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Googleマップがアップデート! 最新「コミュニティ」機能を使いこなそう


    これいいですね!!

    使いたくなりますね!!


    BIGLOBE WiMAX 2+のギガ放題なら、1年契約&自動更新なし★

    <このニュースへのネットの反応>

    【Googleマップがアップデート! 最新「コミュニティ」機能を使いこなそう】の続きを読む

    このページのトップヘ