ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > Google


    自分の写真を芸術作品に変換することが可能となりました。必要なのは、『Google Arts and Culture』というアプリだけ。

    秘密は、Googleがこのアプリに追加した新機能Art Transferです。この機能を使えば、好きな写真に、さまざまなアートスタイルを適用できます。

    Art Transferの使い方・手順

    Image: 島津健吾

    GoogleThe Keywordで、 Google Arts & Cultureアプリの新機能「Art Transfer」について詳しい解説しています。

    同社はこの機能を「有名な絵画の特徴をあなたの画像に適用できる」と説明しています。適用できる芸術家には、

    ヴィンセントファンゴッホ フリーダカーロ エドヴァルドムンク レオナルドダヴィンチ

    など錚々たるメンバーが並んでいます。日本からは葛飾北斎が仲間入りしています。

    Art Transfer機能を使うには:

    Google Arts and Culture」アプリを開く 中央下にあるカメラアイコンタップする Art Transferタップする 写真を撮るか、カメラロールから選択する 写真に適用するアートスタイルを選択する

    少し待つと、写真に選んだアートスタイルが適用されます。結果は静止画GIFアニメで見ることが可能。右上のハサミのアイコンクリックすれば、変換する写真の領域を指定することもできます。できた写真は保存したり、共有できます。

    私も自分の写真を1枚選んでさまざまなスタイルを適用してみました。すごくいい感じになるスタイルもあれば、そうでないものもありました。ある程度、試行錯誤する必要がありそうです。

    >>「Google Arts and Culture」をダウンロードする[Android | iOS

    芸術作品の中に自分のそっくりさんを見つける方法

    Art Transfer機能は、家で退屈している人たちにとって格好の暇つぶしになります。また、それぞれのスタイルのもととなった芸術作品について語り合うことで、教養を高める効果も期待できるでしょう。

    さらに、Google Arts and Cultureは、芸術作品から自分の顔に似ている人物を見つける機能も提供しています(現在のところ、一部の地域のみ利用可能)。

    あわせて読みたい

    Googleカレンダーで遊べるインベーダーゲームがおもしろくて、仕事どころじゃない

    Googleマップはどうやって交通渋滞を把握しているの?

    Image: 島津健吾

    Source: Google, Apple

    Original Article: Google Can Now Turn Your Photos Into Works of Art by MakeUseOf



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Googleがリリースした新機能「Art Transfer」。日本からはあの浮世絵師が仲間入り

    これ楽しいですよね!!

    自分の写真でやってみないと笑




    <このニュースへのネットの反応>

    【【新機能】Googleがリリースした新機能「Art Transfer」。】の続きを読む


    押し寄せるEメールの洪水は、いつまでもとどまることがありません。

    テレワークで時間ができたとしても、Gmailアカウントを整理して未読ゼロを達成するなんて幻想のように感じられる人が多いのではないでしょうか。

    でも、ご安心を。サードパーティ製のブラウザ拡張機能があなたを助けてくれますよ。

    しかも、ほぼ無料なのが嬉しいですね。

    目次

    1. 複数のカラムメールを管理できる『Sortd』

    2. プロジェクトごとのボードを作ってメール管理できる『Drag』

    3. 優先度に基づいてメールを区別する『ActiveInbox』

    4. メールを開かなくてもプレビューを表示する『Gmail Message Preview』

    5. 使い捨てのメルアドを発行できる『Burner Emails』

    複数のカラム でメールを管理できる『Sortd』

    ※大きな指マークは含まれません。 Image: Sortd

    GmailEメールは、受信ボックスに蓄積されていきます。しかも、そのスパルタなインターフェースのせいで、受信トレイの整理は非常にとっつきにくいものとなっています。

    そんなときは、Sortdの出番です。受信トレイをドラッグアンドドロップ方式のワークスペースに変え、未読メッセージが左側に並び、その右にいくつかのカラムが並びます。これらのカラムは、自由にカスタマイズが可能です。

    たとえば、あるカラムは即時対応が必要なメッセージを、別のカラムは今週中に対応が必要なメッセージを入れておくといった使い方が考えられます。

    ひとたびボードを設定してしまえば、あとは届いたEメールをそれぞれのカラムドラッグアンドドロップするだけ。ぱっと見ただけで、至急対応が必要なメールとそうでないメールが識別できるようになります。

    Sortdには、さらに便利なツールが含まれます。たとえば、デイプランナーという機能を使えば、メールスケジュールするとともに、対応期日をメモとして付けられます。受信トレイの上部には、その日に対応しなければならないメールと1週間以内に対応しなければならないメールの数が表示されます。

    また、メールごとにメモを付けられるので、それを見ながら返信を書くことができて便利です。

    Sortdの基本機能は無料で利用できます。メール追跡や無制限のリスト作成機能などを使うには、月額6ドルが発生します。

    対応:iOSAndroidGmail Mobile AddonGoogle Chrome

    プロジェクトごとのボードを作ってメール管理できる『Drag』

    Image: Drag

    Dragは、Sortdのスリム版と考えていいでしょう。

    Gmailの受信トレイを、カンバンボードのようにしてくれます。Sortdとの違いは、デザインシンプルオリジナルGmailデザインを邪魔しないので、使い慣れた画面のまま使えるところにあります。

    Dragのボードは自由にカスタマイズ可能で、プロジェクトごとのボードを作成することも。

    上部に表示される一連のクイックアクセスラベルを使って、届いたEメールを特定のカラムボード移動します。Sortd同様、個々のEメールにメモやタスクを追加することもできます。

    個人使用は完全に無料です。グループで使用するには、ユーザー数無制限で月額99ドル、または小規模チームならユーザー1人当たり15ドルで利用できます。

    対応:Google Chrome

    優先度に基づいてメールを区別する『ActiveInbox』

    Image: ActiveInbox

    カンバンボードは好きじゃないけど、受信トレイで動くタスク管理ツールは試してみたいという人は、ActiveInboxがオススメです。ただし、無料ではありません。

    ActiveInboxは、優先度に基づいてメールを区別します。受信トレイの上部に新しいウィンドウが固定され、期日順にメッセージリストが並びます。

    その日のタスクを決めてDo Not Disturbモードを使うと、新しいメールが届いても通知が表示されません。別にFocus Modeも用意されており、サイドバーといったGmailインターフェイスの不要な要素を隠すことが可能です。

    そうすることで、一時的なデジタル断ちの状態に入ることができます。新しいメールの洪水に巻き込まれることなく、優先順位の高いリストに集中してください。さらに、メモを箇条書きしたりサブタスクを追加したりするための専用タブも用意されています。

    ActiveInboxは有料アプリですが、14日間は無料で試すことができます。その後は毎月4.16ドルかかりますが、たったコーヒー1杯分で受信トレイを整理できると考えれば高くはないでしょう。

    対応:Google Chrome

    メールを開かなくてもプレビューを表示する『Gmail Message Preview』

    Image: Gmail Message Preview

    Gmail Message Previewは、いちいちメッセージクリックしなくてもプレビューを表示してくれる、小粋なChrome拡張機能です。

    メールについて三行分を表示してくれるので便利ですが、少し受信トレイがもっさりするという副作用もあります。あるいは、もっと大胆に、各メールの全内容を受信トレイ内で表示させることも可能です。

    このプレビューがあると、大幅な時間短縮につながります。

    なぜなら、ほとんどのメールが、最初の1、2行を読んだだけで、アーカイブすべきか、すぐに対応すべきか、はたまたゴミ箱行きかを判断できるからです。この拡張機能は無料なので、使わない手はありません。

    対応:Google Chrome

    使い捨てのメルアドを発行できる『Burner Emails』

    何とか受信トレイの秩序が保たれるようになったら、次なるステップは、受信トレイがジャンクメールに埋もれないようにすること。そのためには、Burner Emailsが必須です。

    何かのサインアップのためにメールアドレスが必要なとき、使い捨てメールアドレスを発行してくれるスーパー便利な拡張機能です。本当のアドレスを使うなんて、愚か者かスパムやメーリングリスト大好きな人かのどちらかでしょう。

    使い捨てアドレスに届いたメールはあなたの実際のアドレスに転送されますが、その必要がなくなったら、ボタンクリックするだけで使い捨てアドレスを削除できます。

    無料版では5つまでアドレスを作成でき、使い捨ての受信トレイには7日分のメールを保管できます。

    対応:Google Chrome

    あわせて読みたい

    容量オーバーで困らないために。Gmailで添付サイズの大きいメールを見つける方法

    これ知ってた? Gmailの未読メール件数をタブに表示させる方法

    Gmailのメールアドレスを無限に作る方法(アカウントは1つ)

    Image: Shutterstock

    Source: Sortd, Drag, ActiveInbox, Burner Emails, Google1, 2, 3, 4

    Shubham Agarwal - Lifehacker US[原文



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Gmailで使える! 本当に便利なChromeの拡張機能5選

    これ便利ですね!!

    捨てアドなんか最高の機能ですよね!!

    皆さんも活用してみてくださいね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【【必見】Gmailで使える! 本当に便利なChromeの拡張機能5選】の続きを読む


    Photo: Sam Rutherford/Gizmodo US

    ハードにもどんどん来ますね。

    2017年HTCハードウェア部門を11億ドルで買収し、知的財産とリソースを手にいれたGoogle。次なるステップは、もちろんGoogle印のチップですよねぇ。

    ネタ元のAxiosの報道によれば、GoogleコードネームWhitechapel」の名の下に自前のプロセッサを開発。起動できる試作品第1号が誕生したといいます。試作品は、Samsungと提携し5ナノメータ作製プロセスを採用することで実現。

    Whitechapelチップは、スマートフォン用で8コアのARMベース。将来的には、スマホだけでなくChromebookなどにも搭載する計画。Google自前チップなだけあって、Google Assistantを始めマシンラーニングやAIへのサポートが強化されているとのこと。Axiosいわく、Whitechapelのデビューは早くても来年2021年になるといいます。

    Axiosの報道を受け、米Gizmodo編集部がGoogleに問い合わせたところ、コメントは控えますというYESでもNOでもない返事でした。

    公式コメントがあってもなくても、Googleが自前チップ作ると言えば、素人だって「でしょうね」って返す自然な流れですけどね。大手スマホメーカーはどこも作っていますから。AppleはAシリーズチップSamsungはExynosチップ。そしてHuaweiKirinチップMicrosoftも、Surface ProXでQualcommと共同でARMベースのカスタムチップ=8コア Snapdragon 8cxプロセッサをもとにしたSQ1チップを試していますね。

    半導体まで作れば、自社端末の機能やパフォーマンスの舵取りがしやすくなりますGoogleはすでに、Pixel 4でTitan Mセキュリティチップや、Pixel Visualコアを開発していますが、GoogleがAIやマシンラーニングにどれだけ注力しているかを思えば、TensorコアやNPUを好きにプロセッサに組み込める自由は魅力しかない! 多くのAndroid端末がQualcommやMediatekのプロセッサに依存しており、Appleが自前チップ搭載でパフォーマンス的優位にあるので、WhitechapelにはAndroidiOSApple)に追いつくという意味もありますね。

    それにしてもWhitechapelホワイトチャペルかぁ。あくまでコードネームであって、製品化されるときはなんか違う名前だといいなぁ。いち個人的の意見です。

    Source: Axios



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Googleがとうとう自前でプロセッサも作り始めたらしい…

    Googleのプロセッサって最高ですね!!

    楽しみ!!

    ドコモスマホをご利用なら【ドコモ光】

    <このニュースへのネットの反応>

    【【Google】Googleがとうとう自前でプロセッサも作り始めたらしい…】の続きを読む


    Googleは、Googleマップにおいて、「テイクアウト」「デリバリー」のタグをタップするだけで、それぞれに対応している飲食店を一覧表示できる機能を追加した。

    以前もデリバリーやテイクアウトをしている飲食店を検索することはできたが、タブをタップするだけで周辺の「テイクアウト」「デリバリー」対応店舗を表示できるようになった。

    また、Googleでは、飲食店に向けて、テイクアウトやデリバリーを始めた場合、お店を休業する場合に、「Google マイビジネス」の情報更新を求めている。更新方法の詳細は「GMB- お店の情報を更新する方法」を参照のこと。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Googleマップに「テイクアウト」「デリバリー」タブ追加、一発検索が可能に

    これいいですね!!
    今のこの現状に一番マッチしていますね!笑

    自宅や引っ越し先にインターネットをつなぎたい!

    <このニュースへのネットの反応>

    【必見【Googleマップ 新機能】】の続きを読む


     Google4月3日新型コロナウイルス流行に伴う人の移動の変化をまとめたレポートを公開しました。最も死者数の多いイタリアでは、職場への移動が63%減するなど非常に大きな動きがあることがまとめられています。

    【画像】日本の状況

     このレポートは、匿名化したスマートフォンユーザーの位置情報を利用して作成されたもの。1月3日2月6日の同じ曜日の中央値をベースに、レストランや小売店、仕事場、自宅など場所別に人がどれほど増えたか/減ったかをまとめています。

     このレポートによると、イタリアでは小売店や娯楽施設へ訪れる人が94%減しているのに対し、自宅にとどまっている人が24%増。米国では小売店や娯楽施設が47%減、職場が38%減、自宅が12%増となっています。

     一方、日本では小売店や娯楽施設が26%減、職場が9%減、自宅が7%増。ただし県別で見ると、東京では小売店や娯楽施設が63%減、職場が27%減、自宅が14%増となっています。

     なお、さまざまな国のデータが公開されていますが、Googleはこれらのレポートについて、「位置の正確さと場所の分類は国や地域によって異なるため、国間や地域間の変化を比較することは勧めない」としています。

    イタリアの状況。上から「小売店と娯楽施設」「食料品と薬局」「公園」(画像はGoogle公式サイトから)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Google、新型コロナ流行から各国で「人の移動」がどれほど減ったのかを可視化 伊では職場への移動が63%減

    Googleってこんなことまでわかるんですね!!
    すごい!!


    まずは2週間トライアル!
    “"

    <このニュースへのネットの反応>

    【【Google】Google、新型コロナ流行から各国で「人の移動」がどれほど減ったのかを可視化 伊では職場への移動が63%減】の続きを読む

    このページのトップヘ