ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:


    シャープ、テレビやスマホの音声が耳もとで聴けるネックスピーカー


    シャープ、テレビやスマホの音声が耳もとで聴けるネックスピーカーこれ最高ですね!!自宅で映画楽しむのに最高ですね!!

    【元記事をASCII.jpで読む】

     シャープ5月21日テレビスマホの音声が耳もとでくっきり聴こえるウェアラブネックスピーカー「AQUOS サウンドパートナー(AN-SS2)」を発表した。販売開始は7月18日から。価格はオープン

     テレビスマホパソコンなどとBluetoothで接続し、首にかけて使うことで、ワイヤレスでテレビの音声やスマホの音楽などを楽しめる。マイクを搭載しており、スマホのハンズフリー通話はもちろん、パソコンとつないでビデオ会議などにも使用可能。耳をふさがないので、周囲の音も耳に入るという。

     充電時間は約2時間30分で、約16時間の音楽再生を実現するバッテリーを採用。約88gの軽量設計なので、長時間快適に使用できるという。音が効率よく耳に向かうように設計したリフレクター構造のスピーカーと、人の声を聴きやすくするクリアボイス機能を採用しており、音声がよりくっきりと聴こえるとする。同梱のBluetooth送信機は低遅延コーデック「Qualcomm aptX Low Latency」に対応し、テレビの映像と音声のズレを抑えられる。

     生活防水に対応する。通信方式はBluetooth 5.0(HSP/HFP/A2DP/AVRCP)。対応コーデックSBCMPEG-2 AAC/Qualcomm aptX/Qualcomm aptX Low Latency。カラーブラックホワイトローズゴールドレッドの4色から選択可能。サイズは幅184×奥行き185×厚さ18mm。重量は約88g。

    シャープ、テレビやスマホの音声が耳もとで聴けるネックスピーカー


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【シャープ、テレビやスマホの音声が耳もとで聴けるネックスピーカー】の続きを読む


    iPhoneでWi-Fiの電波強度を詳しく調べる方法は? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ


    iPhoneでWi-Fiの電波強度を詳しく調べる方法は? - いまさら聞けないiPhoneのなぜIPhoneにこんな機能あったんですね!!すごい!!

    iPhoneが受信するWi-Fiの電波強度は、接続中であればステータスバーのWi-Fiアイコンを、接続前であれば「設定」→「Wi-Fi」画面にリストアップされたアクセスポイント名(SSID)右端のアイコンで確認できます。しかし、扇状アイコンから読み取れるのは4段階の情報のみ、電波強度というには大雑把すぎます。

    Wi-Fi電波強度を詳しく調べるには、システム標準装備の機能では不十分です。アプリの力を借りねばなりませんが、費用をかけることもバナー広告を見ることも避けたいというのならば、Apple純正アプリから探してみましょう。

    Appleが無償公開している「AirMacユーティリティ」は、周辺にあるWi-Fiアクセスポイントの電波強度を調べるアプリとして利用できます。このアプリは、かつてAppleが展開していたWi-Fi周辺機器シリーズAirMac」(海外ではAirPort)に対応する管理ツールですが、他社製ルータ/Wi-Fiアクセスポイントを検出し、扇状アイコン以上の情報を読み取ることができます。

    アプリインストールしたら、「設定」→「AirMac」の順に画面を開き、「Wi-Fiスキャナ」スイッチをオンにしましょう。初期設定ではオフにされているため、他社製ルータ/Wi-Fiアクセスポイントの検出には使えません。

    アプリを起動して「Wi-Fiスキャンボタンタップすると、周辺のSSIDがリストアップされます。画面右上の「スキャンボタンタップすれば、最新の情報に更新されます。この画面で、対象とするWi-Fiアクセスポイントの「RSSI」に注目しましょう。RSSI(Received Signal Strength Indication)はWi-Fiの電波強度で、値(dBm)が大きいほう -- 表示はマイナスなので「0」に近いほう -- が信号が強いと判断できます。
    (海上忍)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【iPhoneでWi-Fiの電波強度を詳しく調べる方法は? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ】の続きを読む


    朝5時〜深夜24時まで選べるレッスンは100種類以上。自宅でヨガや体幹筋トレできる!


    朝5時〜深夜24時まで選べるレッスンは100種類以上。自宅でヨガや体幹筋トレできる!これイイですね!トライしよかな笑笑

    MYLOHASからの転載:

    新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため…とはいえ、家で一日中じっとしていたら、コロナ太りへの道まっしぐらです。

    STAY HOMEを続けながら、心と身体の健康をキープしたい!」そんなみなさんに、家でできて、しかも続けられると評判の、オンラインフィットネス「SOELU(ソエル)」をご紹介します。

    スマホひとつで、いつでも我が家がスタジオに

    朝5時〜深夜24時まで、30分〜60分間のプログラムを毎日開講している「ソエル」では、スマートフォンパソコンタブレットを用意するだけで、スタジオさながらのライブレッスンが家の中で受けられます。

    Image: SOELU

    ヨガや体幹トレーニングなど、選べるレッスンは100種以上。

    朝起きてすぐや就寝前、それに仕事がひと区切りつく頃を見計って予約しておけば、ずっと家にいる生活にもメリハリが生まれます。

    レッスン中はインストクターアドバイスリアルタイムで飛んでくるので、サボることはできません。ちゃんと見てくれる人がいるって、フィットネスを続けるうえで、かなり大事な要素ですよね。

    部屋着やすっぴんで、気軽に参加できるレッスン

    「ソエル」は簡単、気軽にレッスンを受られるのが大きな魅力。

    予約したレッスンの開始5分前になったら、スマホなどを見やすい位置に立てかけます。ログイン※の後に「入室する」ボタンタップすれば、入室完了。いよいよレッスンスタートです。

    ※PC:WindowsMacともにChromeスマホ/タブレットiPhoneSafariまたはSOELUアプリAndroidChromeログインしてください。

    自分の姿はインストクターにしか見えないので、寝ぐせのついた髪やすっぴん、部屋着でも、気兼ねなく参加できるのがうれしいですよね。

    都合が悪くなった場合は、レッスン開始の10分前までならキャンセルできます。また、会員になれば24時間いつでも見られるビデオレッスンも利用可能。

    5分ほどの短いものから30分のプログラムまで、ヨガや筋膜リリース、代謝アップエクササイズ……と幅広く用意されているので、ちょっとしたスキマ時間に、気分転換を兼ねて身体を動かすことができます。

    フィットネスのある暮らしをはじめよう!

    「ソエル」には、受けたいライブレッスンの受講数によって、3つのプランの中から選べます。

    (1)〈スターター〉月2回 1,980円

    (2)〈ベーシック〉月5回 3,980円

    (3)〈プレミアム〉1日2回 6,980円

    ※料金はいずれも月額、税抜。〈スターター〉と〈ベーシック〉で契約の場合、30分で1チケット、60分では2チケットが必要。

    どんなレッスンやサービスがあるのか知りたい方は、まずは無料の体験レッスンを試してみましょう。

    体験レッスンではライブレッスンに1回参加できる他、ビデオレッスンも7日間見ることができます。

    体験レッスン終了から24時間以内に申し込めば、入会金2,500円が無料になるほか、

    (1)〈スターター〉は1ヵ月分、(2)〈ベーシック〉と(3)〈プレミアム〉は12カ月コースを契約すれば、次回更新まで月額1,000円割引に!

    つまり、(1)〈スタータープランの場合なら、月額980円(税抜)ではじめられるのです。

    どんな運動も、大切なのは続けること。外に出られない今こそ、「ソエル」で“フィットネスのある暮らし”をはじめてみませんか?

    Image: SOELU(ソエル)

    Source: SOELU(ソエル)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【朝5時〜深夜24時まで選べるレッスンは100種類以上。自宅でヨガや体幹筋トレできる!】の続きを読む


    Amazon.co.jpのセール品のなかから、いまオススメしたい商品を紹介します。なお、価格は掲載時点のものなので、販売ページでも確認してくださいね
    ○BV5500 Pro (13,999円→11,899円)

    Blackviewの防水・防塵・耐衝撃能力を備えたアウトドアでも安心して使えるSIMフリーのタフネススマートフォンが、通常時より15%オフの11,899円で販売中。防水レベルはIP68と非常に高く、アメリカ国防総省が認証するMIL-STD-810G規格をクリアする頑丈さも持っている。本体背面はゴム素材で覆われており、滑りにくいように配慮されている。ディスプレーは5.5インチIPSパネルで解像度720×1,440ドット。手袋を装着しての操作も可能になっている。そのほかの主な仕様は、CPUがMT6739V クアッドコア1.5GHz、メモリが3GB、ストレージが16GB、バッテリー容量が4,400mAh、OSがAndroid 9.0。サイズはW75.5×D152×H14mmで、重量が225g。

    BV5500 Pro
    Blackview
    13,999円→11,899円
    (柴田尚)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【Amazon得報】Blackviewのアウトドアでも安心なタフネススマホ】の続きを読む


    ガーミンジャパンは、スポーツ向けスマートウオッチ「ForeAthlete」シリーズの限定“日本”モデルとして、「ForeAthlete 245 Music JAPAN Limited Edition」を発表した。国内3,000本の数量限定で発売する。価格は税別44,800円。発売日は5月22日で、予約開始は5月8日から。

    ガーミンの代表的なスポーツ向けスマートウオッチ「ForeAthlete 245 Music」に、“JAPAN”の名を冠した限定モデル。ベルトは日の丸イメージした赤と白の配色、操作ボタンや留め具にはゴールドをあしらいウォッチフェイス富士山と太陽をモチーフとしたデザインを採用した。

    時計の裏側には数量限定を表すシリアルナンバーを刻印。日本のみの特典として黒/ゴールドシリコンバンドセットになる。

    スマートウオッチの基本機能では、体を動かす/休息するタイミングを示す「BODY BATTERY」やライフログ機能、ストレスレベル計測、睡眠モニターなどのほか、接続しているスマホに届いたメールや着信の通知機能などを搭載。フィットネスレベルを示すVO2max値や、有酸素/無酸素トレーニングの効果も記録し、トレーニング不足かオーバーワークかも分析してくれる。

    音楽再生機能では、LINE Music / Spotify / AWAなどの音楽アプリを本体にダウンロードしたり、PCなどから最大500曲を保存したりできる。Bluetoothイヤホンとペアリングすることで、スマホなどのデバイスを通さずに保存した音楽を再生可能。対応ファイル形式は、.mp3 / .m4a / .m4b / .aac / .adts / .wav / .m3u / .m3u8 / .wpl / .zpl / .pls。PCとはWi-Fiでも接続できる。

    バッテリ駆動時間は、スマートウオッチモードで最大7日間、GPSと光学心拍計を起動させた状態で最大22時間、GPSと光学心拍計を利用しながら音楽再生をした状態で最大6時間。

    本体サイズはW42.3×D12.2×H42.3mm、重さは約38.5g。ディスプレイは1.2インチ240×240ピクセル)、接続機能はBluetoothANT+。防水は50m、衛星測位はGPSみちびき(補完信号)、GLONASS、Galileoセンサーは光学式心拍センサーコンパス、加速度計を搭載する。

    なお、Garminでは「ForeAthlete 245 Japan Limited Edition」の発売を記念して、同製品を活用して目標達成に挑むチャレンジャーを募る「“Garmin 7 runners” キャンペーン ~Run for Legend. 伝説に挑め。~」を、5月15日6月30日に実施する。選ばれた7人のチャレンジャーには、同製品のシリアルナンバー#0001~#0007が贈られるということだ。応募方法などの詳細はキャンペーン特設サイトを参照のこと。
    (早川厚志)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ガーミン、日本がテーマのスポーツ用スマートウオッチ - 3,000本限定

    これ最高ですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【ガーミン、日本がテーマのスポーツ用スマートウオッチ - 3,000本限定】の続きを読む

    このページのトップヘ