ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > IPカメラ


    Image: redpepper/YouTube

    まさにデジタルコピーではありますけどね!

    こんなに家でビデオチャットする時間が増えるなんて考えてもみなかったですよね。ビデオ会議続きで、もう限界がきてしまった人がすごいものを作っちゃいました。エンジニアMatt Reedさんは、自分がカメラの前に座らなくても、変わりにAIで受け答えができる自分を作っちゃったんです

    ちゃんと自分に向けられた質問を聞きとるようになっていますが、拾えなくて他の人に「聞いてた?」などの質問をされた場合は「ちょっとよく聞こえなかったんですけど」と返答するように設定されています。

    ふ、ふ、不自然...。最初の数分は気づかれないかもしれないですが、他の人も笑っちゃってますね。でもこれを「ビデオ会議に出るのがもう嫌だ!」という理由だけで作っちゃったのはすごいReedさんはTwitterで連絡くれたらこのプログラムコードを喜んでシェアするよ、と言っているので、エンジニアのみなさん、念のため作っておいて、少し席を外したい時とかにデジタルコピーAIを座らせておくのいいかもしれませんよ?

    作り方

    どうやって自動AI応答の自分を作成したかというと、まずパソコンカメラの前に座った自分の頭を動かしたり、しゃべっている様子など様々なポーズセルフィーを撮りまくります。ちゃんとパソコンカメラを見ながらです。その後、声と呼応する顔の表情を作ってくれるツールに読み込ませます。それからバーチャルウェブカメラスクリーン動画を作れるManyCamというソフトウェアを使って、そこに作ったものをはめ込みます。こうして自動で応答してくれるデジタルコピーロボットが完成!

    ちなみにこのReedさん、ぶっとんだものを作ったのは2回目。前回は「ウォーリーを探せ」のウォーリーを自動で探すため顔認証カメラ付きのロボットアームを作っちゃってました。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    ビデオ会議に出るのはもう嫌だ!あるエンジニアが考えた解決方法


    これこの時期最高ですね!!

    テレワークで会議もありそうですもんね!!


    【見放題chライト】7000本以上の動画を無料お試し
    “"

    <このニュースへのネットの反応>

    【【ビデオ会議】ビデオ会議に出るのはもう嫌だ!あるエンジニアが考えた解決方法】の続きを読む


     全天球カメラなどを手掛ける中国Shenzhen Arashi Visionの日本法人Insta360 Japan東京都港区)は1月7日レンズディスプレイバッテリーなどの各部品を用途にあわせて付け替えられるモジュールアクションカメラInsta360 ONE R」を発表した。同日からECサイト家電量販店で予約受付を始める。価格は3万9600円(以下、税込)から。

    【その他の画像】

     4Kや5.3Kの動画、5.7Kの360度動画、静止画などを撮影できるアクションカメラレンズタッチ対応ディスプレイバッテリーを組み合わせて使う。各モジュールには通信用の端子と固定用の爪を備えている。

     レンズモジュールラインアップは「4K広角モジュール」「360モジュール」「1インチ広角モジュール」の3つ。

     小型アクションカメラとしては大型となる1インチイメージセンサーを搭載する1インチ広角モジュールは、独Leica Camera AGと共同開発した。最大5.3Kの動画や静止画を撮影できる。より多くの光を取り込めることで、細部の描写や暗所での性能を高めたという。Shenzhen Arashi Visionは、Insta360ブランドで今後もLeicaとの長期的なパートナーシップを結び、新たな製品開発に取り組むとしている。

     360モジュールは、5.7Kの360度動画や最大6Kの静止画を撮影できる。カメラに取り付けた自撮り棒ソフトウェア処理で消すことで、第三者視点から撮影したような映像や、映画のようなスローモーションの映像が撮れるといった、同社製全天球カメラの特徴も引き続き使える。

    ・これはカメラ革命だ! 雪山で驚きの三人称視点動画が撮れる全天球カメラInsta360 ONE X」にほれぼれした(参考記事)

    モジュール式を採用しながら、5mの防水を実現

     Insta360 ONE Rはモジュール式を採用することで、「ディスプレイモジュールを回転させてレンズと同じ面に装着し、映像を見ながら自撮りする」「広角レンズを2つ接続し、2眼カメラとしてVR180動画を撮影する」「タッチ操作で360度動画をプレビューしながら撮影する」「バッテリーモジュールを接続せずに、給電のみで使う」といった使い方を実現。本体単体でIPX8の防水性能も備え、5メートルまでの水深に耐えられるという。

     商品ラインアップは、Insta360 ONE R本体に4K広角モジュールが付属する「Insta360 ONE R 4K版」(3万9600円)、Insta360 ONE R本体に4K広角モジュール360モジュールが付属する「Insta360 ONE R ツイン版」(5万9400円)、Insta360 ONE R本体に1インチ広角モジュールが付属する「Insta360 ONE R 1インチ版」(6万8200円)を用意。

     レンズモジュール単体でも購入できるようにする予定(価格未定)。大容量バッテリーモジュールデュアルバッテリーチャージャー、防水ケースGPS機能付きリモコンの他、ドローンInsta360 ONE Rを取り付け、ドローン本体が写り込まない360度映像を撮影できるドローンモジュールなどの周辺機器も発売する。

     Insta360 ONE R本体とペアリングしたスマートフォンや、米Appleの「Apple Watch」、専用Bluetoothリモコンから遠隔操作で撮影も行える。本体に触れずに撮影できるボイスコントロール機能も搭載する。

     本体には充電・通信兼用のUSB Type-CポートやmicroSDスロットを備え、マイクアダプターを接続すれば外付けマイクも接続できる。さらに米AppleBluetoothイヤフォンAirPods」をワイヤレス外付けマイクとしても使えるという。

    ●電子式ブレ補正の弱点だったモーションブラー問題を克服? ソフトウェアも進化

     Insta360シリーズが搭載する独自開発の電子式ブレ補正機能「FlowState」は、バージョン2.0に進化した。夜間に電子式ブレ補正を使って動画撮影を行うと被写体の像が流れてしまうモーションブラー問題を克服し、暗所でもきれいなブレ補正を実現したという。

     静止画の撮影では、昨今のスマートフォンカメラに多く搭載されている「ナイトショットモード」を搭載。一度に8枚から20枚の写真を撮影して合成し、明るい写真を作成する。

     撮影した動画の編集が行える専用アプリも強化。撮影中や撮影した360度動画の中でロックオンした被写体を自動追尾する「Deep追跡」機能は、対象が物陰などに完全に隠れても、再び姿が見えたときに自動で再追従できるようになった。

     他にも、星空をタイムラプス撮影できる「スターラプスモード」、カメラ上で動画編集を行ってからスマホに転送できる機能、ライブストリーミング機能(アップデートで対応)などの新機能を用意した。

     Shenzhen Arashi Visionリュウジンキン社長は記者向け説明会で、「これまでの5年間は、いいカメラハードウェア)を提供することで『カメラの未来を築く』ことを目標としてきた。これからの5年間はカメラの背景にあるAIやロボットの分野に注力し、『カメラマンの未来を築く』というコンセプトに変える。いい写真や動画をユーザーに届けることを考えたい」と話し、ソフトウェアの開発に重点を置く方針を明らかにした。

     リュウジンキン社長によれば、Insta360 ONE Rは同社の全天球カメラInsta360 ONE X」の後継モデルという位置付けではなく、ONE Xの後継モデルは別で開発中とした。

    モジュール式アクションカメラ「Insta360 ONE R」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    アクションカメラの新型ですね!!
    レンズの交換ができるなんて今までにないですね!!
    カスタマイズできるなんてすばらい!!
    皆さんも参考にしてくださいね!!
    ってか、アクションカメラ欲しい笑

    <このニュースへのネットの反応>



    このページのトップヘ