ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > スマートウォッチ


    スマートフォンからの通知を受けたり、モバイルペイメントに使えるスマートウォッチ。機能の進化がある程度落ち着いたこともあり、最近はファッション性を高めたデザインモデルも増えています。スマートウォッチは機能ではなくデザインで選べる時代になったのです。

    その一方で遊び心を感じさせる、ちょっと面白い機能を搭載した製品はあまり見かけなくなってきました。サムスンの初期のスマートウォッチにはカメラが搭載されていましたが、今やカメラ非搭載の製品ばかり。最近ではこちらの記事で紹介した小型のワイヤレスヘッドフォンを内蔵できるスマートウォッチが出てきたくらいで、他の製品はどれも似たようなデザインのものが増えています。

    なにか面白いスマートウォッチがないだろうかと探していたところ、子供用のスマートウォッチに驚く機能を搭載した製品が見つかりました。子供用のスマートウォッチは日本でもいくつかの製品が出ていますが、中国や東南アジアでは子供のセキュリティー対策のため単体で通話でき、カメラを使ってビデオ通話できる高性能な製品が販売されているのです。

    中国Imoo(小天才)ブランドが販売しているスマートウォッチの最新モデル「Z6 Ultra」は世界初のSnapdragon Wear 4100プラットフォームを搭載しています。Snapdragon Wearはスマートフォン向けのチップセット最大手、クアルコムがスマートウォッチ向けに開発したプラットフォームです。前モデルSnapdragon Wear 3100はファーウェイやガーミンなどスマートウォッチ大手も採用しています。その最新版を中国の子供向けスマートウォッチメーカーが採用するとは驚きですが、Z6 Ultaraはそれだけの性能を必要とする機能を搭載しているのです。

    Z6 UltraはApple Watchのような四角いフェイスに。丸い穴のようなパーツが取り付いています。実はこれ、カメラなんです。画質は500万画素で自分の顔を撮影するには十分でしょう。このカメラを使ってSF映画のようにビデオ通話も可能ですが、その程度のことならば他社の子供用スマートウォッチでも同等のことができます。

    Z6 Ultraがすごいのは時計の本体部分を手前側に持ち上げると、ウォッチフェイス部分が90度立ち上がるのです。すると背面に隠されていた1,300万画素カメラを使うことができます。さらに本体は左右に約360度回るので、その高画質カメラを自分側に向けて自撮りもできてしまうのです。1,300万画素と500万画素のデュアルカメラを備えたスマートウォッチは地球上にこのZ6 Ultraしか存在しません。

    このカメラを通して写した被写体を画像認識する機能もZ6 Ultraは備えています。草木や昆虫などを写して、それをクラウド上のデータベースマッチさせ名前や特徴などをスマートウォッチディスプレイに表示してくれるのです。他にも音声AIシステムに対応しており、天気を聞いたりスマートウォッチの音量調節なども可能。大人向けのスマートウォッチに負けない機能も搭載しているのです。

    まるでスパイウォッチのような機能満載のZ6 Ultraの価格は1,999元(約3万700円)。LTEも内蔵しており単体通話やデータ通信も可能です。日本でもぜひ販売してほしいですし、大人向けにアレンジした製品も欲しいものです。

    さてもう1つ紹介する子供用スマートウォッチは「合体変形」モデルAbardeenの「NOVUS」は3つのモジュールを取り換えることで、スマートウォッチが他の形に変形します。スマートウォッチの本体部分は「NOVUS Core」と呼ばれ、これにバンドを取り付けるとスマートウォッチとなります。

    また縦に長い電話モジュールを取り付けると、発着信ボタンを備えた携帯電話スタイルになるのです。NOVUSもLTEに対応しており単体で通話が可能ですが、長時間通話するときや自宅で腕から外した時は携帯電話スタイルのほうが使いやすいでしょう。

    さらに携帯電話になったNOVUSをスピーカーモジュールに装着すると、スピーカーから大音量で音楽を聴いたりハンズフリー通話ができるだけではなく、音声AIアシスタント機能も使いやすくなります。またスピーカーモジュールは4,000mAhバッテリーを内蔵しており家の中のどこでも使えるほか、NOVUS本体を充電することもできるのです。

    NOVUSはクラウドファンディングで資金調達を行い、2019年夏に製品が出荷されるはずでした。しかし1年たった今でも実機の情報がないということから、製品化は行われなかったようです。世界初のモジュラー合体式スマートウォッチの登場はまだ早すぎたということなのでしょう。

    子供用のスマートウォッチは遊んでいる最中に水がかかったり落としてしまっても壊れない防水性や耐久性も必要です。これからも大人向けのスマートウォッチにはない機能を搭載していくことで、独自の進化を進めていくでしょう。お子さんだけに使わせるのはもったいない、と思わせるような楽しい機能の搭載も期待できそうです。
    (山根康宏)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    海外モバイルトピックス 第209回 スパイ気分になれるキッズスマートウォッチ、子供向けでも侮れない機能を搭載

    これリアルすぎて最高ですね!!

    これは子ども買いたくなりますね!


    LGのモニター・プロジェクター購入でGoogle Chromecastが実質無料

    <このニュースへのネットの反応>

    【海外モバイルトピックス 第209回 スパイ気分になれるキッズスマートウォッチ、子供向けでも侮れない機能を搭載】の続きを読む


    『ガーミン』についてまとめてみた



    ガーミンを使ってる人が言ってたのでまとめてみました。

    サイバー攻撃って本当に怖いですね!!

    ガーミンつけてるランナーの人本当に多いですよね!!

    可哀想ですね!!


      【『ガーミン』についてまとめてみた】の続きを読む


    b650x400l-1

    Photo: Victoria Song/Gizmodo

    トラップは、黒、白、青色もアリ。

    今回、米GizmodoがレビューしているのはスマートウォッチPolar Unite(ポラール ユナイト」。睡眠と自律神経系(ANS)の情報を組み合わせた、リカバリー用のメトリックがひとつの特徴なんだそうです。ただ、ウォッチアドバイスに従うかどうかは、あなた次第!

    昨年モデルPolar Ignite」との比較も交えたレビューをどうぞ。

    フィットネスって本当は、複雑である必要はないんです。でも、スマートウォッチデータ分析が高度になるほど、ついていけないかも...と考え始める人もいるかもしれません。わたしのもとに「オススメのスマートウォッチは? 」という質問をくれる人のほとんどは、細かい指標よりもコスパや基本的なトラック機能はどうか、というところが気になっているのではないでしょうか。

    "基本"がそろったスペック

    Polar Unite」は、極めてスタンダードな機能がそろったスマートウォッチです。スマホでの通知受け取り、心拍数の計測、GPS連携、睡眠のトラッキング、呼吸エクササイズ機能などを提供してくれます。

    充電は(推定※のちに詳述あり)4日に1回必要。水深30メートルまでの防水機能(水泳には通常、最大50メートル対応の5ATMが望ましい)なのでシャワーやお皿洗い、プールの水しぶき程度なら着用したままでも大丈夫そうです。

    カラータッチスクリーンの下部には角のあるベゼルあり。解像度可もなく不可もなく。音楽ストレージ、サードパーティアプリNFCの支払いは非対応です。

    Polar Unite

    Photo: Victoria Song/Gizmodo

    これは何Polarのベーシックなライフスタイルスマートウォッチ

    いくら150ドル(日本では2万円)

    好きなところコスパよし、リカバリー機能が便利!

    好きじゃないところバッテリー寿命がちょっと残念。

    これから運動する習慣をつけたい人に

    製品リリース前のブリーフィングに参加したとき、Polarはパンデミック以降どれだけの人たちが運動に興味を持つようになったか数字を出しつつ、Polar Uniteはアクティブになりたいけど少し迷いがちな人向けだと説明されていました。

    おそらく「体動かすの、大好き!!」という人たちよりもっとカジュアルに「ちょっと運動する習慣つけようかな...」という心持ちの人たちも多くいるはず。Uniteはそんな人たちに向けたスマートウォッチということになります。

    さて、そんなPolar Uniteを腕に装着するとわかるのが、ものすごくアイキャッチングな何かがあるわけではないけれど、じわじわと愛着が湧いてくるデザインだということ。わたしレビュー用にゲットしたのは、ピンクのストラップ。おそらく自分では選ばない色ですが、数日も使うと気に入るように!

    トラップは交換可能で、Polarの公式サイトで色を選ぶこともできます。(旧モデルにはストラップを交換できないものもあったので、これは嬉しいポイントウォッチ自体は超軽量で、重量は32グラム、43 mmのケースガラス繊維強化ポリマー製です。

    特徴的なメトリクス

    個人的に1番気になったのが、リカバリー機能。たとえば、指標のひとつである「Nightly Recharge」は、睡眠と自律神経系(ANS)の情報を組み合わせたもので、心拍数の変動や呼吸数を測定して、睡眠中に自律神経系がどの程度回復したかを判断してくれます。これにより、どれくらいハードトレーニングすべきかを決めることもできます。睡眠スコアはわかりやすく、1から100までのスコアを取得します。スコアが緑色で表示されると通常よりもよく休んでいて、オレンジ色だとよく眠れていなかったことを示しています。

    こうしたリカバリーの指標は、昨年の「Polar Igniteモデルから搭載されるようになりました。自律神経系を指標として活用したウェアラブル機器は、Polar UniteのほかにWhoopがあります。「Nightly Recharge」は科学的根拠に基づいた指標ですが、FDA認証を得たものではないことも留意しておくべきかもしれません。

    Polar Uniteも、IgniteWhoopも医療機器ではありません。リカバリーの指標としていかに効果的であるかは、Polarから臨床的・査読済みの研究論文が発表されるのを待ちたいところです(Polar製品を用いた研究のホワイトペーパーリサーチライブラリなら公開されています)。

    Photo: Victoria Song/Gizmodo

    個人的には、「Nightly Recharge」の言うことに懐疑的になることもありました。それは、ウォッチによれば「体調が思わしくない」日でも、「リカバリーできていない」日でも、「ぜんぜんリカバリーできていない」日でも、わたしの身体は軽く1日で約5キロメートル以上走れていたきのこと。謎めくスコアの悪さを見ると、ちょっとやる気を阻害されそうになりました。

    でも、Polar Flowアプリの言う通りにリカバリーできていない日でも"軽め"の運動を続けることに。ときには、アドバイスよりも自分の身体のいうことを適度に聞くのも良いのかな、と思っています。

    GPS、心拍数の精度は

    さて、アクティブトラッカーとしてのPolar Uniteはどうでしょう。GPS連携機能は、スマホGPSを使うため、たとえばスマホを持たずにランニングに出かけるという身軽さは叶いません。5回ほど試してみて、4回は問題なくGPSが機能しましたが、1回は信号が掴めず。スマホ再起動したら直りました。

    Apple Watchなどと比べると、Polar Uniteはちょっとランニング距離を長めに取る傾向がありました。ただし、差異はごくわずか。最大でも数十メートルくらいです。たとえば、スマホいわく5.05キロメートルのランニングは、Polar Uniteだと5.13キロメートルApple Watch Series 5だと5キロメートルぴったり。この違いは、平均ペースが10〜20秒ズラすことになるので、おそらく1回1回のランニングで記録を少しでも伸ばそうとしている人からしたら煩わしい誤差かもしれませんが、全体的な記録や走行距離を把握したいというランナーにとってはそれほど深刻な問題ではないです。

    その他、心拍数の計測に関してはApple Watch Series 5と同等の数字が出てきて、ランニング中も休息中も両者の誤差は1分あたり5回以内といった程度でした。

    一方で、そこまで好きになれなかったのが「FitSpark」というトレーニングガイド。有酸素運動、筋力トレーニング、ストレッチのいずれかを推奨してくれるというものですが、おそらく先述の「Nightly Recharge」のスコアが考慮されているようで、自分のルーティンプランがあったこともあって個人的には相性が合わず...。フィットネスを始めようとしている人には役立つかもしれません。活用するかしないかは、あなた次第。

    Photo: Victoria Song/Gizmodo

    昨年モデルと比べるとどう?

    昨年のPolar Igniteモデルから進化を遂げたPolar Uniteですが、バッテリー寿命の長さに関しては抜群に改良されておらず...。1日の充電で推定4日間持続と言われていますが、実際はそれほど持たず、10日間で3回充電する必要がありました。(もしかすると、この期間で約170分のGPSワークアウトを記録したからかも? )というわけで、わたしの場合はですが1回の充電で平均2.5〜3日持ちました。

    対照的に、Fitbitのスマートウォッチならどれも次の充電まで最大で1週間ほど続くので、Apple Watchモデルよりも優れています。 ちなみにPolar Uniteには、小さくて持ち運び可能な専用のUSB充電器が付属されています。

    150ドルという価格を考慮すると、良いところもそうじゃないところもすべてひっくるめてすべて受け入れたくなるのがPolar Uniteなのかもしれません。Fitbit Charge 4と同価格帯ではありますが、トラッキングの精度、メトリクスの細かさ、デザイン性ともにPolar Uniteのほうが優れています。ひとつだけFitbit Charge 4が勝っているのは、GPS内蔵であることでしょうか。

    将来的にはもっと本格的なスポーツウォッチアップグレードすることを視野に入れつつ、いまは手軽なスマートウォッチが欲しいという人にもPolar Uniteは最適です。昨年モデルでのPolar Igniteは80ドル高いですが、Polar Uniteとの共通点は多く、どちらを選ぶべきかは悩むところ。

    公式ブログでも書かれていますが、要は内蔵GPSが必要かどうか。またUniteはよりインドアスポーツ向けで、Igniteはランニングに最適です。でも、個人的にはランナーとしてUniteのほうが気に入ったんですけどね。

    背面のセンサー。 Photo: Victoria Song/Gizmodo

    まずバッテリー寿命に関しては、わたしテストしたかぎり、UniteもIgniteも3日以上持ちません。Igniteの場合、ランニング中に音楽やポッドキャストは必須という人はスマホを持ち歩く必要があります。ということはGPS内蔵かどうかなんてもはやちょっと関係なし。それからIgniteを使っているあいだ、同期ができない問題に直面したこともありました。この不具合はPolarのスマートウォッチ全般にいえることですが、Polar Flowアプリに手動で同期する必要があります。時間はかかるし、うまく行かないこともあります。

    でも何故か、Uniteは例外。比較的速くて、同期に失敗することもありませんでした。ちなみにこれは、わたしPolarのウォッチを使っているなかでは同期に問題がない初めてのモデル

    最後に、Igniteには「ランニングインデックス」、「スイミングメトリクス」、「トレーニング効果」など、より高度なトレーニング機能が詰め込まれています。それが必要かどうか(あるいは、水泳するかどうか)によって、Uniteでちょうど良い人とどうでない人に分かれるかもしれません。

    正直なところ、わたしUniteのベーシックな機能でとっても十分でした!

    メモ

    Polar Ignite(ポラール・イグナイト)よりもちょっぴり安く、ミニマルなスマートウォッチ

    150ドルという手に届きやすい価格にして、アクティティトラッキング、心拍数モニタリング、睡眠トラッキング、(スマホ経由で)GPS連携など基本的な機能がすべて手に入る!

    Polarウォッチ史上最高のキュートさ。

    GPS内蔵ではない。

    ・ほかの格安スマートウォッチと比べても突出しているのが、リカバリーの指標!

    ポラール POLAR UNITE ブラック S-L

    20,002円

    ポラール POLAR UNITE ホワイト S-L

    20,002円
    b650x400l-1
     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    これぞ王道、手頃なスマートウォッチの代表選手:Polar Unite


    これ最高ですね!!
    欲しくなる!!
    でもApple Watchも安くなってるし笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【これぞ王道、手頃なスマートウォッチの代表選手:Polar Unite】の続きを読む


    今や世界のスマホシェア率でトップ5に入るメーカーとなったOPPOより、初のスマートウォッチリリースされることが決定しました。「OPPO Watch 41mm(オッポ ウォッチ41ミリ)」(メーカー小売希望価格:2万5800円)の特徴は、高いバッテリー性能で、通常使用で最大24時間、省エネモードなら最大2週間のバッテリー持続時間を実現。さらに、OPPO独自の急速充電技術により約75分でフル充電が可能です。


    OPPO初のスマートウォッチは当然ハイコスパ!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    OPPO初のスマートウォッチは当然ハイコスパ!

    これ欲しくなる!!
    ハイコスパ最高!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【OPPO初のスマートウォッチは当然ハイコスパ!】の続きを読む


    ガーミンジャパン(Garmin)は、最高級モデル「MARQ」コレクションの新製品として、最先端のゴルフ機能を搭載した「MARQ Golfer(マーク ゴルファー)」を8月6日に発売する。価格は税別27万円。ゴルフスイングセンサー「TruSwing J」をセットにした日本限定キットを限定100セット用意し、7月22日に予約受付を開始した。

    MARQ Golferは、プロウォッチ「MARQ」にゴルフ機能を搭載。国内外41,000以上のコース情報を収録し、GPS機能でポイントまでの距離を画面に表示する。さらに、風速や風向き、位置情報、過去のパフォーマンスなどから、推奨クラブショットで狙うべきポイントを表示するバーチャルキャディ機能、ラウンド中のパッティングを除くすべてのショット位置と飛距離を自動で記録するガーミンオートショット機能など、ゴルフスコアアップサポートする機能を搭載する。

    直射日光下でも見やすいという1.2型/240×240ドットの反射型Chromaディスプレイや、軽量なチタンケースを採用し、グリーンのセラミックベゼル、ジャカード織ストラップといったデザインで“勝者の風格”をアピール。雨天でもプレーできる10気圧防水に対応する。

    クラブトラッキングセンサー(Approach CT10)が3個付属し、センサークラブに取り付けて連動させることで、ラウンド中のショット位置、飛距離、使用クラブの番手を記録。アプリ上でラウンドデータとして確認できる。チップパットの各ショットも記録でき、Strokes Gained、パーオン率、フェアウェイキープ率などのスタッツで、US PGAツアーレベルの分析が可能としている。

    スポーツ関連ではゴルフ以外にも、ランニングやサイクリング、水泳、スキー、トライアスロンなどに対応。光学式心拍計を搭載するほか、高度計や気圧計、電子コンパスといったナビゲーションセンサーも備えている。

    BluetoothWi-FIANT+に対応。スマートフォンとはBluetoothで連携し、電話やメールの受信、SNSメッセージ、天気などの通知を確認可能。音楽は約2,000曲を保存でき、SpotifyAmazon Musicなどの音楽ストリーミングアプリもプリインストールしている。また、Garmin Payによる非接触型決済に対応するなど、普段使いのスマートウォッチとしても活用できる。

    GPS、GLONASS、Galileoみちびきの4衛星受信に対応しており、GPSモードでは24時間稼働し、ゴルフの複数ラウンドにも耐えるという。スマートウォッチモードでは最大12日間、GPS+音楽モードで最大9時間、UltraTracモードで最大48時間動作する。本体サイズは46×16mm、重さは88g。
    (庄司亮一)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ガーミン、ゴルファー向けの最高峰GPSプロウォッチ「MARQ Golfer」

    これいいですね!!

    でも金額がやばい笑


    <このニュースへのネットの反応>

    【ガーミン、ゴルファー向けの最高峰GPSプロウォッチ「MARQ Golfer」】の続きを読む

    このページのトップヘ