ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > Wi-Fi


    トックシステム株式会社(本社:大阪府、代表取締役 近藤正和、以下「ラトックシステム」)は、2020年7月下旬、Wi-Fi接続のワットチェッカー「RS-WFWATTCH1」の出荷を開始します。

    RS-WFWATTCH1

    本製品は、ご好評をいただいておりましたBluetooth電力計「BluetoothワットチェッカーREX-BTWATTCH1)」のWi-Fi接続モデルです。ご自宅のWi-Fiに接続し、スマホを使って家電の消費電力を測ることができます。
     手元で状況の確認をしたり操作したりするため、コンセントがどこにあっても OK。本体に画面があるタイプのワットチェッカーでは難しい機器の裏や、高所にあるコンセントにも安心して導入できます。

    Wi-Fi経由でネットワーク接続、外出先から確認
    本製品はWi-Fi経由でネットワークに接続。 スマートフォンタブレットから、今知りたい機器の電力を専用アプリで素早く確認することができます。
    また、 外出中でもスマホタブレットで測定状況を把握することが可能。
    測定データは、アプリ上に数値やグラフで表示されます。


    家電の電源きり忘れに便利な、リモート電源ON/OFF機能
    本製品の専用アプリを使用することで、外出先からワットチェッカーからの電力供給をOFFにしたり、またONにすることも可能です。 急な外出など電源を切り忘れた場合でも、アプリを使ってワットチェッカーの電源をOFFにすることで、消し忘れの防止に役立ちます。

    約50ヶ月分(日単位)の消費電力量を保存できる本体メモリー内蔵
    本製品には、1日単位で約50ヶ月分の消費電力量を保存可能。累積データ表示の1ヶ月グラフでさかのぼって確認できます。本製品をコンセントから抜いても、消費電力量・測定日データは保持されます。

    リアルタイム計測機能を搭載
    ワットチェッカーには、使用している機器の電力の1秒ごとの計測データを記録することのできるリアルタイム計測機能を搭載。たとえば、扇風機の風量調節による電力消費の違いや電源のON/待機時の電力差、時間経過とともに変化する電力量などを数字やグラフを通して確認することができます。
    Wi-Fi環境や連続計測との併用によって計測タイミングにラグが発生する場合があります。

    Wi-Fi ワットチェッカー RS-WFWATTCH1】
    ◆ 特徴一覧

    • 電気製品の今の消費電力を簡単測定
    • Wi-Fi経由でネットワークに接続、外出先から確認
    • 消費電力や消費電力量など5種類のデータを計測
    • 約50ヶ月分(日単位)の消費電力量を本体に保存
    • 電力消費を継続して計測できる「リアルタイム」計測
    • リモートで電源をON/OFF可能
    • 測定データをCSVファイルに書き出し可能
    • 接続した家電を雷サージから守る雷ガード機能
    • 100V/15A、1500Wまでの家電を接続可能


    【関連URL
    Wi-Fi ワットチェッカー(RS-WFWATTCH1)製品情報
    https://www.ratocsystems.com/products/subpage/wfwattch1.html

    配信元企業:ラトックシステム株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Wi-Fi ネットワーク経由で外出先からでも今すぐ確認・電源ON/OFFが可能な、Wi-Fiワットチェッカー(RS-WFWATTCH1) 7月下旬 発売

    これ最高ですね!!

    外出先からコントロールできるっていいですね!!








    <このニュースへのネットの反応>

    【Wi-Fi ネットワーク経由で外出先からでも今すぐ確認・電源ON/OFFが可能】の続きを読む


     NECラットフォームズは、無線LANルータなど無線LAN製品ブランド「Aterm」のEC販売強化の一環として、Wi-Fi 6対応の無線LANルータ「Atermシリーズ AX6000HP」をAmazon.co.jp6月1日に発売する。予約の受け付けは5月12日に開始している。

    画像付きの記事はこちら



     今回、Amazon.co.jpでの販売を開始する「Atermシリーズ AX6000HP」は、すでに家電量販店などで販売中の「Aterm WX6000HP」と同等の性能を備える。

     あわせて、Amazon.co.jpにて取り扱っている「Aterm」製品を独自にまとめた「Atermブランドストア」を開設し、詳細な製品カテゴリーや各機能の比較表などを通じてAtermの魅力や詳細な機能を、分かりやすく紹介していく。また、同ストアでの取り扱い機種は今後拡充を予定している。

     そのほか、まとまった数量での購入に対応すべく、Amazon.co.jpが法人や個人事業主向けに展開している「Amazonビジネス」において、Atermの販売を6月から順次開始する。決済方法には、クレジットカードのほか、請求書払いなどを選べるので、立替精算の手間を削減できる。

    NECのWi-Fi 6対応無線ルータがAmazon.co.jpで発売


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Wi-Fi 6対応ルータをAmazonで販売、Aterm製品のEC強化

    これイイですね!!
    これで高速になりますかね?
    ってか、受け側もWi-Fi 6対応にしないと笑







    <このニュースへのネットの反応>

    【Wi-Fi 6対応ルータをAmazonで販売、Aterm製品のEC強化】の続きを読む


    株式会社MAYA SYSTEM(本社:東京都新宿区取締役社長:高倉 昭)が提供するWi-Fiルーターレンタルサービスjetfi」の「国内プラン」は、2020年3月のサービス開始より多くの方に好評をいただいております。
    さらに多くのお客様にご利用いただけるよう、対応端末数の拡充・出荷体制の強化などを図り、引き続きサービスを提供してまいります。

    詳細サイトhttps://www.jetfi.jp/wifi/cp/domestic/

    新型コロナウイルス感染拡大の影響により導入の動きが広がっているリモートワーク時のネット環境の確保や、休校中に利用するオンライン授業など、国内Wi-Fiルーターの需要が高まっています。
    こうした中、購入型の国内用Wi-Fiルーターは増えていますが、面倒な契約手続きや、契約期間の縛りがあり、導入には抵抗のある方も多いかと思います。
    そこで、面倒な契約手続きが不要で、必要な時に必要な期間だけご利用いただけるレンタルでのサービスがご好評をいただいております。

    ■大口注文専用窓口
    5台以上をご希望の法人企業/教育関連団体の方は、下記よりお問い合わせください。
    メールでのお問い合わせ:info-sales@mayass.com
    電話でのお問い合わせ: 0570-017-711

    サービス概要
    プラン名   :国内プラン
    利用可能日数 :1日単位
    データ容量  :5GB/日
    特設サイト  :https://www.jetfi.jp/wifi/cp/domestic/

    サービス特徴
    ・契約期間の縛りなしで、必要な時に必要な期間だけ利用可能
    ・購入のような面倒な手続き不要
    クラウドSIMテクノロジー(※)によるマルチキャリア対応で日本全国の広範囲で繋がる
    ・大容量のデータ通信利用も安心な1日5GBのデータ容量

    クラウドSIMテクノロジーとは
    SIMカードの挿入不要でデータ通信が利用できるテクノロジーで、複数の大手通信キャリアに対応しており、最適な通信キャリアの電波を利用したデータ通信が可能です。

    MAYA SYSTEMについて
    『時間、空間、国境さえも意識しない「つながる」を実現するテクノロジーで人々を幸せに』
    MAYA SYSTEMは、クラウドSIMテクノロジーを主軸として、モバイル通信の常識を変え、国境を意識しないグローバル通信を実現していきます。
    これまで培ってきた技術と知見、ネットワークを糧として、わたしたちはこれからも更なる挑戦を続けます。

    配信元企業:株式会社MAYA SYSTEM

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    オンライン授業・テレワーク時のデータ通信環境構築に 国内WiFiルーター「jetfi」ご好評につきレンタル在庫拡充

    これイイですね!!
    オンライン授業・テレワーク時って
    今だけ必要な人も多いですもんね!




    <このニュースへのネットの反応>

    【オンライン授業 国内WiFiルーター「jetfi」ご好評】の続きを読む


    Photo: Gizmodo

    ちょっとした工夫が大事。

    おそらく、不要不急の外出制限によって通常よりも家庭用インターネットの負荷が増加していることが予想されています。すでに家族や同居人、あるいは近所に住む人たちを相手に、利用可能な帯域幅をめぐる戦いを密かに繰り広げている...なんて人もいるのでは? 今回は、自宅のネット環境を改善する方法をいくつか紹介します。

    基本のキ

    接続しているデバイスの数に関係なくインターネット最適化したい場合、まずWi-Fiルーターを見直してみましょう。どんな場所に置くべきか、どんなものを使うのが良いか...過去記事「家のWi-Fiを快適にする3つのステップ:つながらない、遅いWi-Fiとはさようなら」に詳述があります。

    要約すると、次の通り。まずルーターの設置場所については、無線インターネット信号に干渉する可能性がある障害物(壁、窓、水槽、あるいはコードレス電話や電子レンジなど電磁波を放射する家電など)の近くを避けて配置するのが良いかもしれません。また電子レンジを使用するときくらいはネットフリックスを一時停止しようぜ!といった意見もあります。

    可能であれば、有線のイーサネットケーブルを使う方法もあります。家の隅っこの部屋にいるとネットが届かない...といった問題を抱える人は、アマゾンで「有線LANアダプター」で検索しましょう。

    ここで紹介したものは、基本的に複数のデバイスが同時にWi-Fi接続しようとすることが原因のものではありません。そもそも、インターネット接続が適切に得られない状態のなかで、得られたものを最適化しようとするのは十分な効果を期待できません。必要な方は、次の項目を検討してみてください。

    ルーター自体を見直す

    高価なルーターなどには、たくさんのデバイスのニーズを管理するのに役立つオンボード機能を提供するものもあります。多少出費が増えても自宅のネット環境をどうにかしたいという人は、ルーターやブロードバンドサービスアップグレードを考えてみても良いかもしれません。

    特定のデバイスと特定のタイプのトラフィックに優先順位を付けることができるQoS(Quality of Service)設定を使えば、たまにネットをみるだけのPCよりもストリーミングの優先度を高くする...といったことも可能になります。

    追加のアンテナ、より多くの帯域や周波数のサポート、よりスマートなネットワーク管理(動的周波数選択、MU-MIMOビームフォーミングなど)によって複数のデバイス接続を管理できるルーターも(高価ですが)あります。こうした高度な機能は、ゲームルーターメッシネットワークルーターでよくみられます。

    また、最新のルーターのなかにはWi-Fi 6標準を採用するものも増えてきています。5Gと同様に多数のデバイスからの接続をより適切に処理したり、対応する最大速度を向上したり、安定性や効率性の最大化が期待できます。

    できる範囲で"調整"する

    ネット環境を良くする以外にも、ちょっとした工夫をすることでWi-Fi速度を上げる方法はあります。

    たとえばYouTubeではデフォルトの画質を下げることができます。その他ストリーミングアプリでもクオリティを下げることでインターネットの接続を維持できる場合があります。

    ビデオ通話をする時間をいつもより短くして音声通話に切り替えたり、家の誰かがWi-Fiで動画を見ているときは(キャリアのプランに余裕がある人は)スマホデータ通信を使うようにしたり。見たい映画やシリーズを夜中にダウンロードしておいて、あとでオフラインで視聴するのもアリです。

    タブレットスマホラップトップ、コンソールシステムアップデートは、夜中家の誰もネットを使わない時間に調整するのもひとつの手です。

    時間をずらす

    おそらく最も効果的なのは、インターネットでの負荷が高いようなゲームや動画再生を同時に行なわないこと。

    子供のゲームタイムは夕飯前、両親の映画タイムは夕飯後と決めておいて、オフラインの時間を意識的に確保しておくのも良いかもしれません。最新のルーターでは、子供のインターネットアクセスを制御するために特定のデバイスを特定の時間帯しか接続させない機能もあります。

    同居している家族に限らず、近所の人たちや同じアパートの人たちと帯域幅を共有していることもあります。そういった場合は普段、電車やスーパーレストランが混むであろう時間を推測して外出するように、ネットが混み合う時間をずらすことも検討した方が良いのかもしれません。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    予算ゼロからできる! 自宅のWi-Fiスピードを早くする方法

    これやってみましょかね!!
    まずは買い換えるより、設定かな笑



    <このニュースへのネットの反応>

    【【必見】予算ゼロからできる! 自宅のWi-Fiスピードを早くする方法【Wi-Fi】】の続きを読む


     「BCNランキング2020年03月09日から15日の日次集計データによると、無線LANの実売台数ランキングは以下の通りとなった。

    画像付きの記事はこちら

    1位 QRsetup エアステーション 11ac/n/a/g/b 1733+800Mbps 無線LAN親機

    ツメの折れないLANケーブル付き WSR-2533DHPL-C(バッファロー

    2位 Wi-Fiルーター 11ac 866+300Mbps AirStation

    WSR-1166DHPL(バッファロー

    3位 無線LAN親機11ac/n/a/g/b 1733+800Mbps ブラック

    WSR-2533DHP3-BK(バッファロー

    4位 QRsetup エアステーション 11ac/n/a/g/b 1733+800Mbps 無線LAN親機

    WSR-2533DHPLバッファロー

    5位 無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 866+300Mbps エアステーション

    QRsetup ハイパワー Giga Wi-Fiリモコン ブラック

    WSR-1166DHP3-BK(バッファロー

    6位 Aterm WG1200HS3

    PA-WG1200HS3(NEC

    7位 QRsetup エアステーション 11ac/n/a/g/b 1733+800Mbps

    無線LAN親機 クールブラック WSR-2533DHP2-CB(バッファロー

    8位 11ac 1300+450Mbps 無線LANギガビットルーター

    WRC-1750GST2(エレコム)

    9位 無線LAN親機11ac/n/a/g/b 1733+800Mbps ホワイト

    WSR-2533DHP3-WH(バッファロー

    10位 11ac 1733+800Mbps 無線LANギガビットルーター

    WRC-2533GST2(エレコム)

    *「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

    WSR-2533DHPL-C


    (出典 news.nicovideo.jp)

    新生活にあわせて無線LANを買い替えるなら? いま売れている無線LAN機器TOP10は?

    新生活に合わせて購入も多いですよね!!
    参考にしてくださいね!!


    今ならお得なキャッシュバック&割引キャンペーン!

    <このニュースへのネットの反応>

    【【Wi-Fi】新生活にあわせて無線LANを買い替えるなら? いま売れている無線LAN機器TOP10は?】の続きを読む

    このページのトップヘ