ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > Wi-Fi


     「BCNランキング2020年10月12日から18日の日次集計データによると、無線LANルーターの実売台数ランキングは以下の通りとなった。
     

    画像付きの記事はこちら

    1位 Wi-Fiルーター11ac 1733+800Mbps AirStation ブラック

    WSR-2533DHPL2-BK(バッファロー

    2位 無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 866+300Mbps

    WSR-1166DHPL2(バッファロー

    3位 無線LAN親機11ac/n/a/g/b 1733+800Mbps ブラック

    WSR-2533DHP3-BK(バッファロー

    4位 Wi-Fi 6(11ax)対応Wi-Fiルーター 4803+573Mbps AirStation マットブラック

    WSR-5400AX6-MB(バッファロー

    5位 Aterm WX3000HP

    PA-WX3000HP(NEC

    6位 Wi-Fiルーター11ac 1733+800Mbps AirStation ホワイト

    WSR-2533DHPL2-WH(バッファロー

    7位 Wi-Fiルーター 11ac/n/a/g/b 866+300Mbps エアステーション QRsetup ハイパワー Giga ブラック WSR-1166DHP4-BK(バッファロー

    8位 Archer AX20

    (TP-LINK Technologies)

    9位 Wi-Fi 5(11ac) 1733+800Mbps Wi-Fi ギガビットルーター ブラック

    WRC-2533GS2-B(エレコム)

    10位 Aterm WG1800HP4

    PA-WG1800HP4(NEC

    *「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

    WSR-2533DHPL2-BK


    (出典 news.nicovideo.jp)

    テレワークで自宅のネットワークを再構築! 無線LANルーター週間売れ筋ランキング


    これみんなやりたくなりますね!!

    「基本料金が0円」なので、使った分のお支払いでOK【Japan電力】

    <このニュースへのネットの反応>

    【テレワークで自宅のネットワークを再構築! 無線LANルーター週間売れ筋ランキング】の続きを読む


    世界最大級のWi-Fiコミュニティーを展開し、モバイルWi-Fiルーターレンタル事業を手掛けるフォン・ジャパン株式会社(以下「Fon」)は、2020年9月9日(水)より「縛りなしWiFi」(URLhttps://shibarinashi-wifi.jp/)にて、月間50GBまで利用できる新プランの提供を開始いたしました。


    縛りなしWiFiでは、お客様のニーズやライフスタイルに合ったプランをご提供する事をコンセプトとし、現在様々なプランを展開しております。

    毎日ご利用される方や週に数回ご利用される方、月末のみご利用される方など、ご利用方法は多種多様の中、更に多くのお客様のニーズにお応えするため、月間50GBまで利用可能な「50GBプラン」を追加いたしました。50GBプランは日の制限がないため、好きな時に好きなだけご利用出来ます。

    【新プラン概要】
    プラン
    50GBプラン
    ■料金
    ・縛りなしプラン 3,250円(税抜)/月
    ・縛っちゃうプラン 2,750円(税抜)/月

    【縛りなしWiFiプラン一覧】
    ・選べる契約期間
    ・選べる容量
    ・選べる回線
    あなたに合ったプランが見つかります。



    新型コロナウイルスの影響により、テレワークオンライン授業などが増加していく中で、モバイルWi-Fiルーターの需要も高まっております。縛りなしWiFiではご利用シーンに合わせて選べる料金プランのほか、WiMAXSoftbankの2種類の回線をご用意しております。

    プラン内容や容量・回線、その他WIFIルーターにつきまして、ご質問やご相談も承っておりますので、お気軽に下記よりご連絡下さいませ。

    縛りなしWiFiでは今後とも、お客様のニーズやライフスタイルに合ったプランをご提供出来るよう、サービス向上に努めて参ります。

    ■縛りなしWiFi HP
    https://shibarinashi-wifi.jp/

    ■縛りなしWiFi法人専用HP
    https://shibarinashi-wifi.jp/business/

    ■Fonについて
    Fonは2006年2月、「世界をWi-Fiで覆い尽くす」という目標のもと、シリアル・アントレプレナー(連続起業家)のMartin Varsavskyによって設立されました。
    Fon Wi-Fi スポットは、独自のシェアリングエコノミーおよびクラウドソーシングアプローチとして広がり、世界最大級2,300万スポット以上のWi-Fiネットワークへと成長しました。
    提携する通信事業者には、BT(英国)やDeutsche Telekom(ドイツ)をはじめ、Vodafoneスペインイタリア)、SFR(フランス)、KPN(オランダ)、Proximus(ベルギー)、Telstra(豪州)、Virgin Mediaなどが挙げられます。
    また、GoogleMicrosoftIndex Ventures、Qualcomm、BT、AtomicoIndex Ventures、Sequoia Capitalなどの世界有数企業がFonに投資をしています。

    FONウェブサイト: https://fon.ne.jp/


    【縛りなしWiFiお問合せ窓口】
    TEL:0120-541-226
    お問合せフォーム : https://shibarinashi-wifi.jp/contact

    配信元企業:フォン・ジャパン株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    モバイルWi-Fiレンタルサービス「縛りなしWiFi」が新たに月間50GBの新プランを提供開始


    これいいですね!!

    制限なしがいいですが笑


    ネットのみでも必ず3万円進呈!更に有料オプション不要!NURO光キャンペーン

    <このニュースへのネットの反応>

    【モバイルWi-Fiレンタルサービス「縛りなしWiFi」が新たに月間50GBの新プランを提供開始】の続きを読む


     「月額3480円でネット使い放題」をうたっていた、グッド・ラックの「どんなときもWiFi」が突然、無制限プランの提供を終了すると告知し、利用者から「ふざけるな」「無制限が売りだったのに」など批判の声があがっています。現状の無制限プラン10月31日で終了し、利用者はそれまでに“代替プラン”へと移行してほしいとのこと。

    【「ふざけるな」「詐欺」……利用者の声】

     「どんなときもWiFi」はこれまで「どれだけ使っても通信制限なし」「データ容量無制限」などを強みとして展開してきましたが、関係各社との協議の結果、現状の“誰にでも無制限”となるサービスは事業の採算上、継続が不可能との判断に至ったとのこと。同社としては「『どんなときも、自由に』そして最適なインターネット環境(WiFi)を届けたい」という考えは当初から変わっていないとしつつも、現状のシステムでそれを実現することは「不可能不誠実と判断せざるを得ません」とコメントしています。

     11月以降の代替プランについては、家庭用のホームルーターと、外出用のモバイルルーターの2台を、現状の「1台契約時と同程度の金額」で提供し、8月24日から随時受付を開始するとのこと。併せて、無制限プランの新規申し込みも同日をもって終了するとしています。

     Twitterでは突然の無制限プラン終了告知を受け、利用者から不満が続出。特に、当初から強く「通信制限なし」「容量無制限」をうたいながら、この段階で「無制限は不可能」との結論を出したことについては、「どんな想定をしてサービス提供に至ったんだろうか」「詐欺と言われても仕方ない」などの批判が多く寄せられることに。公式Twitterに対しても、「身勝手もいいところ」など厳しい声や、「も~困るんだけど!さっきから家族会議だよ…」と嘆く声などさまざまな反応がみられました。

     「どんなときもWiFi」を巡っては今年3月、大規模な通信障害により多くのユーザーサービスを利用できない状態に。6月には総務省が行政指導を行う事態にも発展していました。

    「どんなときもWiFi」公式サイト


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「どんなときもWiFi」が無制限プラン提供終了を突然発表 「ふざけるな」「詐欺と言われても仕方ない」と利用者から批判殺到



    これ確かに言われてもしょうがないですよね!!




    <このニュースへのネットの反応>

    【「どんなときもWiFi」が無制限プラン提供終了を突然発表 】の続きを読む


    トックシステム株式会社(本社:大阪府、代表取締役 近藤正和、以下「ラトックシステム」)は、2020年7月下旬、Wi-Fi接続のワットチェッカー「RS-WFWATTCH1」の出荷を開始します。

    RS-WFWATTCH1

    本製品は、ご好評をいただいておりましたBluetooth電力計「BluetoothワットチェッカーREX-BTWATTCH1)」のWi-Fi接続モデルです。ご自宅のWi-Fiに接続し、スマホを使って家電の消費電力を測ることができます。
     手元で状況の確認をしたり操作したりするため、コンセントがどこにあっても OK。本体に画面があるタイプのワットチェッカーでは難しい機器の裏や、高所にあるコンセントにも安心して導入できます。

    Wi-Fi経由でネットワーク接続、外出先から確認
    本製品はWi-Fi経由でネットワークに接続。 スマートフォンタブレットから、今知りたい機器の電力を専用アプリで素早く確認することができます。
    また、 外出中でもスマホタブレットで測定状況を把握することが可能。
    測定データは、アプリ上に数値やグラフで表示されます。


    家電の電源きり忘れに便利な、リモート電源ON/OFF機能
    本製品の専用アプリを使用することで、外出先からワットチェッカーからの電力供給をOFFにしたり、またONにすることも可能です。 急な外出など電源を切り忘れた場合でも、アプリを使ってワットチェッカーの電源をOFFにすることで、消し忘れの防止に役立ちます。

    約50ヶ月分(日単位)の消費電力量を保存できる本体メモリー内蔵
    本製品には、1日単位で約50ヶ月分の消費電力量を保存可能。累積データ表示の1ヶ月グラフでさかのぼって確認できます。本製品をコンセントから抜いても、消費電力量・測定日データは保持されます。

    リアルタイム計測機能を搭載
    ワットチェッカーには、使用している機器の電力の1秒ごとの計測データを記録することのできるリアルタイム計測機能を搭載。たとえば、扇風機の風量調節による電力消費の違いや電源のON/待機時の電力差、時間経過とともに変化する電力量などを数字やグラフを通して確認することができます。
    Wi-Fi環境や連続計測との併用によって計測タイミングにラグが発生する場合があります。

    Wi-Fi ワットチェッカー RS-WFWATTCH1】
    ◆ 特徴一覧

    • 電気製品の今の消費電力を簡単測定
    • Wi-Fi経由でネットワークに接続、外出先から確認
    • 消費電力や消費電力量など5種類のデータを計測
    • 約50ヶ月分(日単位)の消費電力量を本体に保存
    • 電力消費を継続して計測できる「リアルタイム」計測
    • リモートで電源をON/OFF可能
    • 測定データをCSVファイルに書き出し可能
    • 接続した家電を雷サージから守る雷ガード機能
    • 100V/15A、1500Wまでの家電を接続可能


    【関連URL
    Wi-Fi ワットチェッカー(RS-WFWATTCH1)製品情報
    https://www.ratocsystems.com/products/subpage/wfwattch1.html

    配信元企業:ラトックシステム株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Wi-Fi ネットワーク経由で外出先からでも今すぐ確認・電源ON/OFFが可能な、Wi-Fiワットチェッカー(RS-WFWATTCH1) 7月下旬 発売

    これ最高ですね!!

    外出先からコントロールできるっていいですね!!








    <このニュースへのネットの反応>

    【Wi-Fi ネットワーク経由で外出先からでも今すぐ確認・電源ON/OFFが可能】の続きを読む


     NECラットフォームズは、無線LANルータなど無線LAN製品ブランド「Aterm」のEC販売強化の一環として、Wi-Fi 6対応の無線LANルータ「Atermシリーズ AX6000HP」をAmazon.co.jp6月1日に発売する。予約の受け付けは5月12日に開始している。

    画像付きの記事はこちら



     今回、Amazon.co.jpでの販売を開始する「Atermシリーズ AX6000HP」は、すでに家電量販店などで販売中の「Aterm WX6000HP」と同等の性能を備える。

     あわせて、Amazon.co.jpにて取り扱っている「Aterm」製品を独自にまとめた「Atermブランドストア」を開設し、詳細な製品カテゴリーや各機能の比較表などを通じてAtermの魅力や詳細な機能を、分かりやすく紹介していく。また、同ストアでの取り扱い機種は今後拡充を予定している。

     そのほか、まとまった数量での購入に対応すべく、Amazon.co.jpが法人や個人事業主向けに展開している「Amazonビジネス」において、Atermの販売を6月から順次開始する。決済方法には、クレジットカードのほか、請求書払いなどを選べるので、立替精算の手間を削減できる。

    NECのWi-Fi 6対応無線ルータがAmazon.co.jpで発売


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Wi-Fi 6対応ルータをAmazonで販売、Aterm製品のEC強化

    これイイですね!!
    これで高速になりますかね?
    ってか、受け側もWi-Fi 6対応にしないと笑







    <このニュースへのネットの反応>

    【Wi-Fi 6対応ルータをAmazonで販売、Aterm製品のEC強化】の続きを読む

    このページのトップヘ