ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > Wi-Fi


    Photo: Gizmodo

    ちょっとした工夫が大事。

    おそらく、不要不急の外出制限によって通常よりも家庭用インターネットの負荷が増加していることが予想されています。すでに家族や同居人、あるいは近所に住む人たちを相手に、利用可能な帯域幅をめぐる戦いを密かに繰り広げている...なんて人もいるのでは? 今回は、自宅のネット環境を改善する方法をいくつか紹介します。

    基本のキ

    接続しているデバイスの数に関係なくインターネット最適化したい場合、まずWi-Fiルーターを見直してみましょう。どんな場所に置くべきか、どんなものを使うのが良いか...過去記事「家のWi-Fiを快適にする3つのステップ:つながらない、遅いWi-Fiとはさようなら」に詳述があります。

    要約すると、次の通り。まずルーターの設置場所については、無線インターネット信号に干渉する可能性がある障害物(壁、窓、水槽、あるいはコードレス電話や電子レンジなど電磁波を放射する家電など)の近くを避けて配置するのが良いかもしれません。また電子レンジを使用するときくらいはネットフリックスを一時停止しようぜ!といった意見もあります。

    可能であれば、有線のイーサネットケーブルを使う方法もあります。家の隅っこの部屋にいるとネットが届かない...といった問題を抱える人は、アマゾンで「有線LANアダプター」で検索しましょう。

    ここで紹介したものは、基本的に複数のデバイスが同時にWi-Fi接続しようとすることが原因のものではありません。そもそも、インターネット接続が適切に得られない状態のなかで、得られたものを最適化しようとするのは十分な効果を期待できません。必要な方は、次の項目を検討してみてください。

    ルーター自体を見直す

    高価なルーターなどには、たくさんのデバイスのニーズを管理するのに役立つオンボード機能を提供するものもあります。多少出費が増えても自宅のネット環境をどうにかしたいという人は、ルーターやブロードバンドサービスアップグレードを考えてみても良いかもしれません。

    特定のデバイスと特定のタイプのトラフィックに優先順位を付けることができるQoS(Quality of Service)設定を使えば、たまにネットをみるだけのPCよりもストリーミングの優先度を高くする...といったことも可能になります。

    追加のアンテナ、より多くの帯域や周波数のサポート、よりスマートなネットワーク管理(動的周波数選択、MU-MIMOビームフォーミングなど)によって複数のデバイス接続を管理できるルーターも(高価ですが)あります。こうした高度な機能は、ゲームルーターメッシネットワークルーターでよくみられます。

    また、最新のルーターのなかにはWi-Fi 6標準を採用するものも増えてきています。5Gと同様に多数のデバイスからの接続をより適切に処理したり、対応する最大速度を向上したり、安定性や効率性の最大化が期待できます。

    できる範囲で"調整"する

    ネット環境を良くする以外にも、ちょっとした工夫をすることでWi-Fi速度を上げる方法はあります。

    たとえばYouTubeではデフォルトの画質を下げることができます。その他ストリーミングアプリでもクオリティを下げることでインターネットの接続を維持できる場合があります。

    ビデオ通話をする時間をいつもより短くして音声通話に切り替えたり、家の誰かがWi-Fiで動画を見ているときは(キャリアのプランに余裕がある人は)スマホデータ通信を使うようにしたり。見たい映画やシリーズを夜中にダウンロードしておいて、あとでオフラインで視聴するのもアリです。

    タブレットスマホラップトップ、コンソールシステムアップデートは、夜中家の誰もネットを使わない時間に調整するのもひとつの手です。

    時間をずらす

    おそらく最も効果的なのは、インターネットでの負荷が高いようなゲームや動画再生を同時に行なわないこと。

    子供のゲームタイムは夕飯前、両親の映画タイムは夕飯後と決めておいて、オフラインの時間を意識的に確保しておくのも良いかもしれません。最新のルーターでは、子供のインターネットアクセスを制御するために特定のデバイスを特定の時間帯しか接続させない機能もあります。

    同居している家族に限らず、近所の人たちや同じアパートの人たちと帯域幅を共有していることもあります。そういった場合は普段、電車やスーパーレストランが混むであろう時間を推測して外出するように、ネットが混み合う時間をずらすことも検討した方が良いのかもしれません。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    予算ゼロからできる! 自宅のWi-Fiスピードを早くする方法

    これやってみましょかね!!
    まずは買い換えるより、設定かな笑



    <このニュースへのネットの反応>

    【【必見】予算ゼロからできる! 自宅のWi-Fiスピードを早くする方法【Wi-Fi】】の続きを読む


     「BCNランキング2020年03月09日から15日の日次集計データによると、無線LANの実売台数ランキングは以下の通りとなった。

    画像付きの記事はこちら

    1位 QRsetup エアステーション 11ac/n/a/g/b 1733+800Mbps 無線LAN親機

    ツメの折れないLANケーブル付き WSR-2533DHPL-C(バッファロー

    2位 Wi-Fiルーター 11ac 866+300Mbps AirStation

    WSR-1166DHPL(バッファロー

    3位 無線LAN親機11ac/n/a/g/b 1733+800Mbps ブラック

    WSR-2533DHP3-BK(バッファロー

    4位 QRsetup エアステーション 11ac/n/a/g/b 1733+800Mbps 無線LAN親機

    WSR-2533DHPLバッファロー

    5位 無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 866+300Mbps エアステーション

    QRsetup ハイパワー Giga Wi-Fiリモコン ブラック

    WSR-1166DHP3-BK(バッファロー

    6位 Aterm WG1200HS3

    PA-WG1200HS3(NEC

    7位 QRsetup エアステーション 11ac/n/a/g/b 1733+800Mbps

    無線LAN親機 クールブラック WSR-2533DHP2-CB(バッファロー

    8位 11ac 1300+450Mbps 無線LANギガビットルーター

    WRC-1750GST2(エレコム)

    9位 無線LAN親機11ac/n/a/g/b 1733+800Mbps ホワイト

    WSR-2533DHP3-WH(バッファロー

    10位 11ac 1733+800Mbps 無線LANギガビットルーター

    WRC-2533GST2(エレコム)

    *「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

    WSR-2533DHPL-C


    (出典 news.nicovideo.jp)

    新生活にあわせて無線LANを買い替えるなら? いま売れている無線LAN機器TOP10は?

    新生活に合わせて購入も多いですよね!!
    参考にしてくださいね!!


    今ならお得なキャッシュバック&割引キャンペーン!

    <このニュースへのネットの反応>

    【【Wi-Fi】新生活にあわせて無線LANを買い替えるなら? いま売れている無線LAN機器TOP10は?】の続きを読む


    【Wi-Fi】データ通信容量無制限! 公衆Wi-Fiスポットも利用できる、Wi-Fi新サービス「THE WiFi」 | ニコニコニュース


    データ通信容量無制限! 公衆Wi-Fiスポットも利用できる、Wi-Fi新サービス「THE WiFi」

    このサービスいいですね!!
    こんなサービスがあったなんて!!笑




    スマートモバイルコミュニケーションズは、データ通信容量無制限に加え、海外利用可能や5G対応予定など、様々な特徴を持つモバイルWiFiルーターサービス「THE WiFi」を、3月4日に開始しました。

    ↑「THE WiFiルーターグレーゴールド

     

    サービスは、毎月のデータ通信容量制限がなく、動画視聴やアプリゲーム、音楽ダウンロードも月末までストレスフリーで楽しむことができます。(※例外として、同社のネットワークを継続的かつ著しく大量に占有する通信を行なった場合、速度や通信量を制限することがあります)

     

    NTTドコモ、au、ソフトバンクの、3大通信キャリアのすべてのLTEエリアに対応しているので、利用時の場所や建物の環境によって最適な通信キャリアの回線を自動で選択します。なお、今後は5Gアップグレープログラムも開始予定とのことです。

     

    また、万が一ルーターを忘れたり、ルーターの充電が切れても、国内15万か所以上の公衆WiFiスポットが使用可能。公共の場で、データ容量を気にせず、インターネット接続が利用できます。(※「THE WiFi ライトプランは対象外)

     

    さらに、面倒な海外利用の手続きをすることなく、132か国で、本体の電源をONにするだけで1日最大3GBまでLTE通信を利用できます。海外利用時は利用した通信容量に応じて別途料金が発生し、東南アジアや韓国、台湾、香港など一部の国は1GBにつき850円/日、その他の国は1GBにつき1250 円/日(料金は使用した日数分)になります。

     

    料金プランは、「THE WiFi」が最大3か月間月額3480円、4か月目以降は月額3842円。「THE WiFi ライト」が月額3480円据え置きです。

    ↑端末サイズW127×H65.7×D14.2mm、重量151g。バッテリー容量は3500mAh

     

    また、新型コロナウイルスの影響で、在宅でのリモートワークを余儀なくされているビジネスシーンを支援するため、法人契約を対象に契約事務手数料3000円と最大2か月間THE WiFiの基本料金を無料とする特別支援サービス「「THE WiFiテレワークど“スゴイ”無料サポートプロジェクト」の提供を発表しています。詳しくは、THE WiFi公式ホームページ(関連リンク参照)をご覧ください。

    データ通信容量無制限! 公衆Wi-Fiスポットも利用できる、Wi-Fi新サービス「THE WiFi」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Wi-Fi】データ通信容量無制限! 公衆Wi-Fiスポットも利用できる、Wi-Fi新サービス「THE WiFi」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    ASUSTeKからメッシュ対応のWi-Fiルーター「ZenWiFi CT8」が発売された。最初から2台同梱されており、1台が電波を中継するノードとして動作するため、例えば3階建てなどの広い住宅でも電波が届きやすいのが魅力だ。筆者の自宅はマンションだが、それでもWi-Fiルーターが1台だけの環境よりも電波環境は向上した。使い勝手と、実際の速度を合わせて試用レポートをお届けしたい。

    筆者の自宅では2014年からASUSTeKWi-Fiルーター「RT-AC68U」を愛用してきた。高性能なCPUを持ち、高負荷な状況でも安定して動作すること、ルーター側にダイナミックDNSクライアント機能があるため、ゲームサーバーが建てやすかったというのが主な理由だが、光ファイバーが角部屋の窓際と自宅では一番の隅っこから引き込まれてるため、ルーターもそこに設置せざるを得ず、そこから離れた位置にある部屋ではどうしても通信が遅くなることがあった。RT-AC68UはASUS独自のメッシWi-FiAiMesh」にも対応しているので、もう1台追加してもよかったが、どうせなら最新のルーター乗り換えたいと考えていた。このような状況にフィットするのが「ZenWiFi CT8」だ。

    ZenWiFi CT8の魅力はシンプルさと使い勝手のよさを両立していることだろう。ASUSTeKはいかついアンテナを備える速度重視のゲーミングルーターも出しているが、本製品はアンテナは本体に内蔵しており見た目はスッキリサイズも幅160mm、奥行き70mm、高さ161mmとコンパクトだ。メッシュは複数のノード(Wi-Fiルーターなど)を一つのネットワークにすることで、通信範囲を大きく広げられるのが最大のメリットだが、本製品ならば2台目を例えば廊下のコンセント近くに設置してもジャマにならない。家の中心部など、電波を巡らせるのに最適な場所に置きやすいのは、案外重要なポイントだと思う。

    また、本製品の通信方式はIEEE802.11a/b/g/n/acといわゆるWi-Fi 5まで。Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)には対応していないので、Wi-Fiルーターとして最速クラスではないが5GHz帯×2、2.4GHz帯×1とトライバンド仕様なのがポイント。2つある5GHz帯のうちのひとつ、最大1733Mbpsの5GHz帯をノード間(ZenWiFi CT8同士)の中継専用にすることで、スマホやPCなどWi-Fi子機の接続に影響されず、安定した高速通信を可能にしている。

    5GHz帯×1、2.4GHz帯×1のデュアルバンド仕様のメッシュ対応Wi-Fiルーターでは5GHz帯がノードの通信とWi-Fi子機の通信が混在するため、どうしても速度が落ちることあるが、本製品ならノード間に専用の5GHz帯が用意されているので、その心配がいらない。これがトライバンド仕様の強みだ。

    インタフェースは背面にWAN×1、LAN×3、USB 3.1 Gen1が用意されている。USBはストレージ機器などを接続すればNASのような使い方が可能だ。メッシュ対応Wi-Fiルーターでは、デザインや小型化を優先して有線LANが1ポートしかない製品もあるが、本製品は3ポートとテレビゲーム機など有線接続したい機器が複数あっても対応できる。

    セットアップは専用アプリASUS Router」が便利

    セットアップはPCのWebブラウザでも行えるが、スマホの専用アプリASUS Router」(iOSAndroid向けを用意)を使うと簡単だ。ZenWiFi CT8とスマホBluetoothで接続され、画面の指示に従うだけでセットアップが完了できる。WANポートにケーブルが接続された側がルーターに、もう1台がノードに自動で割り当てられる。セットアップ時だけでは2台を3m以内に置く必要があるので、2台目を設置場所への移動するのはセットアップ完了後にしよう。

    ちなみに、標準では5GHzと2.4GHzは同じネットワーク名(SSID)を使用し、ルーターに接続するWi-Fi子機や通信状況によって接続帯域を自動的に切り替える「スマートコネクト」となっているが、5GHzと2.4GHzを分離し、別々のネットワーク名(SSID)を設定することも可能だ。Wi-Fi子機を高速な5GHz帯へ確実に接続したいといった場合は、分離したほうがいいだろう。

    アプリの「ASUS Router」では、セットアップだけではなく接続状況の確認や各種機能の利用もできる。Wi-Fi子機がルーター側、ノード側のどちらに接続されているので、どの5GHz帯、2.4GHz帯のどちらで接続されているかなど一発で確認が可能だ。また、子供のスマホだけ子供にとって不適切なコンテンツへのアクセスブロックするフィルタリング機能や遊びに来た友人などに対して一定時間だけネットワークアクセスを許可する機能などが便利。さらにPCのWebブラウザを使えば、IPv6ダイナミックDNSなど高度な機能の設定も行える。

    ○通信速度を実測、電波が家中の隅々まで届く

    ここからは気になる通信速度をチェックしてみよう。筆者の自宅は下記のイラスト通り。光回線の関係で「A」の箇所にルーターとなる1台目を設置、電波の届きやすさを考えて、ノードとなる2台目を廊下の「B」に設置した。速度を測る方法だが、ルーターとなる1台目に、CPUCore i7-9700Kを搭載する自作PCをギガビットイーサで接続。Linux版の「iPerf3」を使ってサーバー側とした。Wi-Fi子機にはIEEE802.11ac(866Mbps)対応のAndroidスマホ「ROG Phone II」でアプリMagic iPerf」をクライアント側として速度を測定している。

    4箇所で測定したが、「1」「2」「3」の地点では約400Mbpsと十分な速度を出した。懸念事項であった風呂場の「4」でも約300Mbpsと高速だ。「4」の地点は「A」の箇所にRT-AC68Uを1台置いただけの状況では、ROG Phone IIを使っても70Mbpsほどしか出ず、お風呂で防水タブレットを使って動画を楽しむときに通信が安定になることも珍しくなかった。それが一気に解消された。家庭内に通信が届きにくい場所がある、という場合にはその解消に本製品は役だってくれるハズだ。

    なお、ASUSTeKでは新製品としてWi-Fi 6対応のルーター「RT-AX3000」も発売した。こちらは最大2402Mbpsのワイヤレス通信に対応。速度を求めるならこちらにも注目しておきたい。ASUS独自の「AiMesh」に対応しており、RT-AX3000をルーターとしてメッシュ環境を作ることもできる。ASUSTeKルーターは多くがAiMeshに対応しているので、どの組み合わせでもメッシュ環境を作れるのが大きな強みと言えるだろう。
    (芹澤正芳)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    メッシュルーター2台同梱で家中快適! ASUS「ZenWiFi CT8」を使ってみた
    さすがASUSいいですね!!
    このレビュー参考にしてくださいね!!

    ここがウレシイ!【ひかりTV】


    <このニュースへのネットの反応>

    【【Wi-Fi ルーター】メッシュルーター2台同梱で家中快適! ASUS「ZenWiFi CT8」を使ってみた】の続きを読む


    どこに住んでいるかにもよりますが、多くの場所では無料のWi-Fiが提供されています。それを使えば、遠隔地で勉強や仕事ができますし、スマホデータ容量制限を気にせずにすみますよね。

    ですが、一部の公衆ネットワークでは、接続プロセスイライラさせられることがあります。

    そうした多くの公衆Wi-Fiネットワークは、インターネットに接続する前や、場合によっては接続に成功したあとでも、Eメールや認証情報でのログイン、広告の視聴、使用制限への同意などをユーザーに対して求めてきます。

    それは退屈で余計な手順ですが、もっとひどいのは、そうしたログインページがそもそも表示されない場合です。うまくいけばWi-Fiネットワークに繋がるかもしれませんが、大量に届く余計なもののために、デバイスの電源をオフにする羽目になるかもしれません。

    ありがたいことに、ログインページロードされない場合に、そのプロセスを強制的に開始するいくつかのワザがあります。

    デバイスもしくはWi-Fi設定を再起動する

    最初におすすめするもっとも単純な方法は、デバイス再起動することです。

    完全な再起動をしたくない場合は、デバイスWi-Fiのオン・オフを切り替えれば、同様にうまくいくこともあります。

    いずれかの方法(もしくは両方)を行ってから改めてWi-Fiネットワークに接続し、面倒なログインプロセスを開始するウェブサイトを呼び出してみてください。

    ログインページにリダイレクトする

    上記の方法がダメな場合、次のステップはルーターデフォルトログインページを強制的に読み込ませることです。

    ルーターログインページリダイレクトできるウェブアドレスは、いくつかあります。Wi-Fiネットワークに接続した状態でウェブブラウザを起動し、routerlogin.netと入力してみましょう。

    これがもっとも一般的な選択肢です。もしダメだったら、下記のアドレスを試してみてください。

    http://localhost Example.com 8.8.8.8 neverssl.com Captive.apple.com

    上記の方法がどれもうまくいかない場合は、下記の設定を確認してから再度試してみてください。

    ウェブブラウザのキャッシュを消去します。通常、ブラウザの履歴メニューから実行できます。 代替DNSサーバーを使用している場合は、一時的にそれをオフにして、デフォルトの状態に戻します。

    あわせて読みたい

    世界各国の空港で確実にFree Wi-Fiに接続する方法と注意点

    速度制限にさようなら! ギガ使い放題のモバイルWi-Fiまとめ

    2000円台のモバイルWi-Fiの実力は? 実は最大48GBも使えてコスパ最高です

    Image: panuwat phimpha/Shutterstock.com

    Brendan Hesse - Lifehacker US[原文



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Wi-Fiの認証ページ出ないのよくありますよね!
    私はミニストップでPaypayで支払おうとすると、いつもログインエラーって、えってなって、あっ、Wi-Fiのせいで支払えません笑
    いつもこの時にWi-Fi切るんですが、いつも間にかまたONになってます泣
    皆さんもこんな経験ありませんか?


    <このニュースへのネットの反応>



    このページのトップヘ